MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ランドクルーザー > トヨタ ランドクルーザー300系完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
ランドクルーザー

更新

トヨタ ランドクルーザー300系完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

新型トヨタ ランドクルーザー300系はどんな車?

2021年6月10日にトヨタが新型ランドクルーザー300系を発表しました。

先代のランドクルーザー200系は2007年にデビュー。実に15年ぶりとなるモデルチェンジとなるため、見た目だけでなく中身も大幅に進化しました。

新型モデルでは、「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」として、高い悪路走破性をもちながら、路面状況に左右されない安定感や静粛性といった快適性能も高められています。

トヨタセーフティセンスを標準搭載

トヨタ ランドクルーザー 300系

トヨタの先進安全機能「トヨタセーフティセンス」の採用により、以下の機能が搭載されています。

プリクラッシュセーフティ歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼)を検知し衝突回避または被害軽減に寄与する
対向直進車・横断歩行者検知機能交差点での対向直進車や右左折時に前方から来る横断歩行者を検知して知らせる
緊急時操舵回避支援機能ドライバーによる回避操舵をきっかけに操舵と車線逸脱抑制をサポートする
パーキングサポートブレーキ駐車場での前後障害物や、後退時の接近車両、および歩行者を認識し事故防止に寄与する
トヨタ ランドクルーザー 300系

そのほかにも、ドライバー視点で障害物を直感的に可視化できるマルチテレインモニターや、走行路面を判定し、自動でモード選択するマルチテレインセレクトなどが新たに採用されました。

指紋認証機能をトヨタ初採用

新型ランドクルーザー300系には、盗難防止の役割を果たす指紋認証機能を採用しました。

指紋センサーはスタートスイッチの中央に搭載されており、スマートキーを携帯し、ブレーキを踏みながらスタートスイッチ上の指紋センサーにタッチすることで、登録された指紋情報と照合します。もし、指紋情報が一致しなければエンジンが始動しない機構となっています。

この機能はエントリーグレード「GX」以外に標準装備されます(GXはオプションで搭載可能)。

各グレードの価格・おすすめ

トヨタ ランドクルーザー 300系

グレード別価格一覧

新型ランドクルーザーの価格はガソリンモデルが510万~770万、ディーゼルモデルが760万~800万円。

新たな最上位グレード「GR-SPORT」の価格はZXと同じ700万円台に収まっています。車両価格は各グレードのガソリンモデルと比べて30万円高くなりました。

ガソリンモデル

グレード定員車両税込価格
GR SPORT7人7,700,000円
ZX7,300,000円
VX6,300,000円
AX5,500,000円
GX5人5,100,000円

最低グレードのGXのみ5人乗り、それ以外は7人乗り(3列シート)が設定されています。

ディーゼルモデル

グレード定員車両税込価格
GR SPORT5人8,000,000円
ZX7,600,000円

各グレードの特徴

新型ランドクルーザー300系のグレードは全部で5種類。そのうちディーゼルが選択できるのは上位グレードの「GR SPORT」と「ZX」のみです。

グレード間ではエンジンやトランスミッション、駆動方式に違いはありません。

しかし、上位グレードには外観やサスペンションなどに専用パーツが用いられていたり、標準装備されているオプションが異なるといった違いがあります。

最上位グレード:GR SPORT

グレード:GRスポーツ(ガソリン)
グレード:GRスポーツ(ガソリン)

歴代ランドクルーザーとして初めて設定されたGRスポーツ。ZXに代わる新たな最上位グレードとして位置付けられています。

目に見える違いとしては、アルファベットのトヨタエンブレムやメッシュグリル、バンパー、18インチアルミホイールといった専用装備です。

パワートレインはスペックこそ変わらないものの、足回りには電子制御でスタビライザー効果を変化させる「E-KDSS」世界初採用。市街地走行と悪路走破性を高次元で両立させています。また、通常グレードでは電動でフロッグがフロントのみに搭載されますが、GRスポーツではリアにも搭載されます。

グレード:GRスポーツ(ディーゼル)
グレード:GRスポーツ(ディーゼル)

インテリアでは専用の本革巻きステアリングホイールやフロントシートなどを装備しており、他グレードよりもさらに高級感をもたせています。

上位グレード:ZX

グレード:ZX(ガソリン)
グレード:ZX(ガソリン)

200系では最上位グレードだった「ZX」。こちらもGRスポーツとはまた違った専用装備が用意されています。

分かりやすいところではフロントグリルや前後バンパーなど。

路面状況や運転操作に応じ、ショックアブソーバーの減衰力を四輪独立で制御するAVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション)には、新たにリニアソレノイドタイプを採用。これはGRスポーツとZXのみに装備されています。

グレード:ZX(ガソリン)

ZXとGR SPORTでは、快適温熱シートとシートベンチレーションをフロントシートに加え、セカンドシートにも装備しています。

グレード:ZX(ディーゼル・2列仕様)
グレード:ZX(ガソリン・3列仕様)

また、ZXはGRスポーツ同様にガソリンとディーゼルの2種類が設定されており、ガソリンは3列7人乗り、ディーゼルは2列5人乗りです。

ミドルグレード:VX・AX

グレード:VX
グレード:AX

中間グレードに位置するVX・AXは大抵の装備を標準装備としていますが、新型ランドクルーザーの特徴であるU字型のグリルフレームがありません。

しかし、だからといってチープに見えるわけでは決してなく、先代の200系を正当進化させたような外観をしています。

見た目こそ違うものの、VXに関しては標準装備がZXとほとんど同じ。AXよりも80万円ほど高いだけあって、VXとAXの間には明らかに差が生じます。

エントリーグレード:GX

グレード:GX

エントリーグレードのGXは、価格が510万円からと最も安価なグレードですが、その分標準装備にはやや物足りなさを感じます。

特に、今回の目玉である指紋認証機能は標準装備ではなくオプション設定。さらに、乗車人数は5人乗りです。逆に言えば5人乗りが選択できる唯一のガソリンモデルという見方もできます。

シートの機能もかなり絞られているため、できればもう40万円出してひとつ上のAXを購入してほしいところです。

ボディカラーは全6色

ボディカラーは以下の6種類が選択できます。

カラー名称カラーコード
ホワイトパールクリスタルシャイン070
プレシャスホワイトパール090
グレーメタリック1G3
ブラック202
ダークレッドマイカメタリック3Q3
アバンギャルドブロンズメタリック4V8

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード