MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ランドクルーザー > トヨタ ランドクルーザーの歴代モデル一覧!各世代の特徴や性能を解説
ランドクルーザー

更新

トヨタ ランドクルーザーの歴代モデル一覧!各世代の特徴や性能を解説

キング・オブ・オフローダー「ランドクルーザー」

トヨタ・ランドクルーザーは、トヨタのフラグシップSUVであり2014年で世界累計販売台数800万台も達成しており、現在、韓国、北朝鮮を除くすべての国で販売されています。

まさに全世界を制覇したキング・オブ・オフローダーといえるでしょう。

全世界で愛用されているSUV

トヨタはその耐久性と走破性、そしてユーザーへの信頼性を向上させるため、世界中で走行テストを行っています。

そのなかでもトヨタはオーストラリアが気温、地形ともに最も過酷な環境と考えており、もちろんオーストラリアで最も売れているSUV車です。

他にも国連や国境なき医師団、世界各国のNGOや政府機関でも利用されており、世界中の人々が共通して信頼を置く車です。

これほどの車がどのように誕生したのか、歴代車すべてを紹介していきたいと思います。

トヨタジープ BJ & FJ(1951年~1955年)

トヨタ ジープBJ

1950年朝鮮戦争が勃発し、アメリカは自動車メーカー・ウィリス・オーバーランド社の軍事車ジープを日本へ運びました。

その際にアメリカ政府が、ウィリス・オーバーランド社のジープと同様のスペックの車両100台の生産を、トヨタに依頼したことがランクル誕生のきっかけです。

ランクル伝説はここから始まった!

ジープ ウィリスMB

1951年にトヨタジープBJプロトタイプが完成し、これはイギリスのランドローバーシリーズ1のような軍事車両を参考に制作し、小型トラックSB型用のシャシーに6気筒3400ccのB型ガソリンエンジンを搭載して四輪駆動にしたものが最初のランクルです。

当時の車名は、米軍と警察予備隊の要請で「トヨタジープ」とし、同時期に登場した三菱ジープも同じ経緯で名付けられました。

三菱 JEEP 最終記念車
三菱 ジープ

1951年7月にテストドライバー・平一郎のドライブによってトヨタジープによる富士山6合目まで登頂ができ、テストを監視していた警察庁が目をつけ、パトロールカーとして289台注文し、トヨタジープBJは、警察車両として活躍することになりました。

その後、北米ウィリス・オーバーランド社によってジープが商標登録されたため、1954年6月に「ランドクルーザー」と改名され、民生用に転換して1953年に量産を開始しました。

車名のランドクルーザーは、英語の「Land(陸)」と「Cruiser(巡洋艦)」を合成した名前で、「陸の巡洋艦」という意味になります。

トヨタジープ BJ & FJの内装

トヨタ ジープ BJ シリーズ

乗車定員は6名で、前席に2名のみ乗車の場合は貨物部分に最大500kgまで積載可能でした。

また、警察予備隊向けに作られた車のため、さまざまな仕様のものがあります。

トヨタ ジープ BJ シリーズ

その一つの無線を装備したトヨタBJ無線車は、搭載さえる無線機に周波数変調方式無線電話を使用しスピーカーハンド・セットを装備して操作性がよく音質向上を果たしています。

さらに、トヨタBJ特殊工作車は、動力源のないところで力を発揮し、伐採、製材、ウインチ作業のパワー・テイク・オフを利用し、前部・中央部・後部の3か所から動力を誘導することが可能でした。

トヨタ ジープ BJ シリーズ

トランスミッションは前進4速、後進1速、前輪駆動用のトランスファーも装備されていました。

ランドクルーザー20系・30系(1955年~1960年)

初代トヨタジープBJが民間向けへと舵を切り売り出された20系・30系では、ホイルベース短くして小回りが利くよう改良をし、エンジンは初代から引き継いだ3.4リッター(B型)と、初代の末期に消防仕様車に搭載した3.9リッター(F型)の直列6気筒ガソリンユニット2機種を用意していました。

また、どんな用途にも対応できるように消防車、警察車両以外にも医療の診察車、貨客兼用車、ライトバン、トラック、トレーラー牽引車とさまざまな働く車に使われていました。

このモデルから北米をはじめ海外への輸出が本格的に始まり、ランクルが全世界へ浸透するようになり始めました。

ランドクルーザー40系(1960年-1984年)

1960年8月に発売した3代目で、通称「40系」。このモデルでランドクルーザーが世界中で大ヒットし、1965年に世界生産台数5万台を突破し、当時アメリカで最も売れた車がランクルでした。

その後ものすごい勢いで生産され、1973年には30万台を突破し、1984年まで24年間も生産された、超ロングヒットモデルです。

トヨタランドクルーザー 40

1973年オイルショックの影響から、1974年からランクルで初めてディーゼルエンジンを搭載。ここで搭載されたディーゼルエンジンは、トヨタの商用トラック・ダイナのエンジンでした。

日本国内でも4ナンバー(小型貨物)に属し、個人が求めやすいものとなったため、国内外で多く四駆ファンから支持を得るようになりました。

基本ボディタイプも2代目と同様で、ソフトトップ、2ドアバン、4ドアバン、ピックアップ、消防車を設定し、1967年7月、専用ボディのステーションワゴン(FJ55)を設定して4ドアバンと置き換えられました。

ランドクルーザー40系の内装

トヨタランドクルーザー 40

2ドアタイプのリアドアは観音開きで、人員の乗り降りや機材の積み下ろしにとても便利でした。そして4ドアタイプは上下開きであり、かさばる荷物の運搬に向いていました。

トヨタランドクルーザー 40

トランスミッションは前進3速です。そして、2スピード・トランスファーが装備され、前進3段からさらに上の6段にまで活用でき、トルク・牽引力を重視したローギアと高速のクルージング性能向けのハイギアを持ち合わせていました。

最新「ランドクルーザー40」中古車情報
本日の在庫数 13台
平均価格 366万円
本体価格 238~568万円

ランドクルーザー50系・55系・56系(1967年-1980年)

1967年8月、ホイールベース2650mmの4ドアバン(FJ45V)に代わるモデルとして、ホイールベースを2700mmとしたシャシーに、全く新しい丸目のヘッドライト愛らしいスタイリングに。

車体タイプの主力は、上画像のライトバン「FJ55V」であり、5人乗りで積載300kg、2人乗りで積載500kgが可能であり、海外へ売り出す主力商品でした。

その他のボディータイプは、8人乗りキャンバストップ「FJ43」、6人乗りキャンバストップ「FJ40」、4人乗りハードトップ「FJ40V」が用意されていました。

ランドクルーザー50系・55系・56系の実燃費

リッターあたり2km/Lを切るとも言われ、実用性はないように思えます。すでにビンテージカーの領域なので仕方なく割り切るしかありません。状態が良いいまま保存しておけば将来的に高額になる可能性を秘めています。

最新「ランドクルーザー55」中古車情報
本日の在庫数 2台
平均価格 428万円
本体価格 398~458万円

ランドクルーザー60系(1980年-1989年)

55系の後継モデルとして登場したランクル60系は、海外向けはステーションワゴンで、一方日本国内向けはバン(商用車)カテゴリーで販売しました。

ガソリンエンジンは排気量を4.2リッターに増やして性能向上した2F型と、新たに3.4リッターディーゼルエンジンを搭載しています。

ランドクルーザー 60の内装

運転席のメーターは3連式となり、左からスピードメーター、タコメーター、そして一番右が燃料計、電圧計、水温計、油温計が一つの円形の中に収める独特のデザインをしています。

フロントシートをベンチタイプから最適な運転姿勢をとれるセパレートタイプに変更し、乗車定員は従来の6名から5名となった。エアコンやパワーステアリング、ファブリックシートなども用意したことで快適性を改善し、世界中多くの個人ユーザーに支持されました。

ランドクルーザー60系の実燃費

デビューから30年近く経つので、古い車だけあって燃費は良いとはいえないようです。高速走行時でも5km/Lだったという声も。市街地ではさらに悪くなるでしょう。

最新「ランドクルーザー60」中古車情報
本日の在庫数 43台
平均価格 271万円
本体価格 89~400万円

ランドクルーザー70系 (1984年-2004年)

幌タイプ

1984年11月に発売された40系の後継モデルである70系は、業務用から乗用車としても使われるように、スタイルを一新し、快適性・操作性・使用性の向上。悪路を駆け抜けるオフローダーでありながら、普段使いとしても対応できる仕様になりました。

ボディバリエーションは従来の幌タイプ、バンタイプに加えてFRPトップ車を設定。オイルベースを2,310mmから3,180mmまでの範囲で5種類、さらに、ボディなしの特装車用シャシーも設定していました。

FRPトップ

エンジンはガソリン、ディーゼルともに4気筒・6気筒を使い分け、輸出用にはV型8気筒4.5リッターのディーゼルエンジン仕様もありました。

ランドクルーザー70系の内装

余裕を持って素早く対応できる集中コントロールシステムです。メーター、ウォーニング類はパネル中央部に、スイッチ類はドライバー前面の手近はポジションにレイアウトしており視認性・操作性を今までのモデルより一気に向上させています。

シートはシート上下アジャスター付きで、シートヒーターもオプションで用意していました。

ランクル70系の実燃費

実燃費はリッターあたり12キロ。4ナンバー規格であることに加え、使用燃料がディーゼル(軽油)なのでかなり経済的です。

最新「ランドクルーザー70」中古車情報
本日の在庫数 186台
平均価格 368万円
本体価格 108~849万円

ランドクルーザー70系限定車(2014年)

ランクル70の復刻版が2014年8月25日から1年限定で販売されました。

再販の要望に応えて復活

ランクル70が生産終了となった背景には平成17年排出ガス規制(ディーゼル車)、通称「新長期規制」の排出ガス基準をクリアできなかったことでしたが、再販への要望が多かったことで、ランクル70生誕30周年を記念して1年限定で販売されました。

外装も内装も当時のランクル70を彷彿とさえるスタイルでトランスミッションが5速マニュアルというのもユーザーウケがよく、大きな反響を呼びました。

ランドクルーザー80系 (1989年-1997年)

このモデルからステーションワゴン(8名乗り)仕様も設定。北米や豪州を中心とする海外市場での商品力を強化するため、ボディを全長4,970mm、全幅1,930mmと大型化し、スタイル・仕様・装備すべてが高級SUVとしての性格を強めています。

ランクル80系は、初めてセンターデフ付のフルタイム4WDを採用しました。センターデフの働きによりコーナリング業況に合わせて前後タイヤに回転差を発生させるタイトコーナーブレーキング現状(前後タイヤの回転差によって曲がりにくくなる現象)が起こることをなくし、路面に応じて2WDと4WD切り替える必要がないスムーズな4WDへとなっており、また電動デフロックを装備し、デフ操作をスイッチ一つで行えます。

ランドクルーザー80系の内装

ランクル80系から内装は高級車志向が一気に増しています。人間工学に基づき、ステアリングホイール周りに各種メーター・スイッチ類をレイアウトし、すべての操作をドライバー優先に操作できるように運転席と助手席側を非対称にしたスタイリングになっています。

シートは最適なドライビングポジションにできるよう、マルチアジャスタブルシートを採用。これは、ヘッドレスト前後、ヘッドレスト上下、リクライニング、サイドサポート、電動式ランバーサポート、上下アジャスター、シートスライドをすべて調整することができます。

ランドクルーザー80系の実燃費

実燃費は3km/Lから4km/Lという声が多いものの、一部では6km/Lという方も。どちらにせよ、良いとは言えないようです。

最新「ランドクルーザー80」中古車情報
本日の在庫数 168台
平均価格 249万円
本体価格 80~599万円

ランドクルーザー70系 プラド(1990年-1996年)

ショートホイールベースの3ドアのみの設定だったランクル70系に、ロングホイールベースの5ドア車を追加。

これを機に、ワゴンモデルには「プラド」のサブネームを付けて「ランドクルーザープラド」という車名で販売されています。

新たに誕生したランドクルーザープラドの仕様は、3ドア車は2列シートの5名乗り、5ドア車は3列シートの8名乗りがあり、トランスミッションは5速MTないしは電子制御4速AT。駆動方式は2速トランスファーを介するパートタイム4輪駆動としていました。

ランドクルーザープラド70系の内装

人間工学に基づきメーター、スイッチ類をレイアウトされ、視認性・操作性を重視しています。インパネの中央にあるアクセサリーメーターには高度計と温度計であり、室内と室外の温度と、車両が現在高度を示すもどでした。

プラドEX5のシートには、スウェード感覚の高級素材エクセーヌをシートとトリム表皮に使用されています。これは、高級感のある肌触りと耐久性に優れ、一気に高級感が増していました。

ランドクルーザープラド90系プラド (1996年-2002年)

ランクルプラド90系プラドは、3ドアのショート(5名乗り)と、5ドアのロング(8名乗り)の2ボディタイプがあり、ともに先代より大型化し3ナンバーサイズへとなりました。ヘッドライトは、3ドアのショートがスポーティに、5ドアのロングが力強い印象にすることで両車の個性を分けました。

エンジンは新たにV型6気筒DOHCの3.4リッター185PS(5VZ-FE)ガソリンを加え、先代から引き継いだ4気筒SOHCの3リッター・ディーゼルターボ(1KZ-TE)は、インタークーラーの追加などにより、140PSに出力を向上させていました。

ランクルプラド90系の内装

センターコンソールは木目調になり、車内に入った瞬間から高級車の雰囲気が一気に伝わってきます。

ランドクルーザープラドに初めてSRSエアバッグを運転席と助手席に装備。また新衝突安全ボディー「GOA」を採用し、車両の前後および側面での高い衝突エネルギー吸収性能と、高いキャビン強度にしており、世界トップレベルの衝突安全性を確保しています。

ランドクルーザー100系 (1998年-2007年)

ランクル80の後継モデル100系では、ジープBJの時代から続いた前後リジットサスペンションを変更、フロントに独立懸架方式のサスペンションを採用します。

高級SUV車として乗用車感覚も追及するため、ボディサイズを大型化して室内寸法の拡大も図り、走行時の静粛性と高速安定性をも兼ね備えるモデルへと進化を遂げる事となりました。

エンジンは、ワゴン用に235PSを発揮するV型8気筒DOHC32バルブ4663ccガソリン(2UZ-FE方)と、205PSを発揮するL6・24バルブ4.2リッター直噴FFIディーゼルターボを搭載していました。

ランドクルーザーシグナス

デビューから約1年後の1998年12月にシグナスがデビューし、海外ではトヨタブランドのランクルに加え、レクサスブランドよりLX470が販売となりました。

レクサスLXシリーズは現在も販売されている人気SUVとなっています。

ランドクルーザー100系の内装

インテリアデザインは、現行のランクルと基本的なスタイル、スイッチ類の配置は変わりなく、機能的で高級感があります。

ランドクルーザー100系の実燃費

口コミでは走行距離30万キロ近いランクルのレビューが多く、その中で多走行車でも燃費8~10km/Lは立派。ディーゼル車は燃費性能が優れていることに加え、ロードノイズも少なく、税金が安いことも高評価のポイントです。

最新「ランドクルーザー100」中古車情報
本日の在庫数 242台
平均価格 240万円
本体価格 89~594万円

ランドクルーザープラド120系 (2002年-2009年)

2002年10月に発売された3代目のランドクルーザープラド120系は、新設計の高剛性フレームを採用し、操縦性・走行安定性・静粛性を向上。センターデフに新開発のトルセンLSDを採用し、高度な登降坂制御を行うアクティブTRCを設定して大幅にオフロード走破性・オンロード性能を向上させました。

一方、オンロードの操縦性・走行安定性のほうはH∞-TEMSとリヤ電子制御エアサスペンションを設定し、快適なハンドリングとクルーズコントロール性を上げています。

ランドクルーザープラド120系 の内装

メーターはオプティトロンメーターを採用し、ブラックパネルに指針と文字盤がくっきり浮かびあがり昼夜問わず視認性にすぐれたメーターです。

また、センタークラフター上部の新しいマルチインフォメーションディスプレイは、時計、方位(8方位)、外気温、平均燃費、瞬間燃費、平均速度、走行時間、航続可能距離、気圧、高度を多くの情報を表示してくれます。

エアバッグは、運転席と助手席のデュアルステージSRSエアバッグ以外に車両側面のSRSサイドエアバッグや、乗員頭部の側面を覆うように広がるSRSカーテンシールドエアバッグを標準装備しています。

ランクル プラド120系の実燃費

ガソリン車で5.5~10km/L。ディーゼルエンジンもあるので、燃料代を重視する方はガソリンよりもディーゼル車がいいのではないでしょうか。

ランドクルーザープラド150系 (2009年-現在)

2009年9月に発売した4代目のランドクルーザープラド150系は、ロングホイールベース(2790mm)の5ドアモデルのみとし、ショートホイールベース仕様は海外向けに継続して販売していました。

新たな機能として、極低速でのオフロード走行を容易にするクロールコントロールや、オフロード走破性を高める運転支援システムのマルチテレインセレクトなどを設定しました。

ランドクルーザープラド150系の内装

トヨタ車で初めて「マルチテレインセレクト」をTZ-G、TZにオプションとして装備できました。

これはオフロード走行において、最適な操作手順と、路面状況に応じた走行設定を行うことができステアリングのマルチインフォメーションスイッチから、「MUD&SAND(砂や泥)」、「LOOSE ROCK(がれき路)」、「MOGUL(モーグル)」、「ROCK(岩場)」を選択し、それぞれに最適なトラクションコントロールの制御傾向を変化させます。

セカンドシートに足元スペースを広げるスライド機構と、3列目への乗降性を高めるウォークイン機構を助手席側に備えています。さらに、サードシートはスイッチ一つで格納・復帰できる電動フロア格納機構を採用するとともに足元を50mm低床化し、居住性と利便性を向上させています。

ランクルプラド150系の実燃費

意見は分かれますが、実燃費は10~13km/L。大型SUV車にしては立派な値です。

最新「ランドクルーザープラド」中古車情報
本日の在庫数 1922台
平均価格 326万円
本体価格 39~688万円

ランドクルーザー200系(2007年-現在)

前期型
後期型

200系は現行モデルもランクルでもあります。ボディサイズは100系から全長60mm、全幅30mm拡大し、エンジンは、V8・4.7L 2UZ-FEガソリンエンジンをベースに、新たに吸気VVT-iを採用するなどして、出力を53馬力パワーアップ。

走行システムでは、岩石路、砂地路、急坂路などで、極低速を自動的に維持する世界初のクロールコントロールと、走行状況に応じて、前後の駆動力配分を瞬時に選択し、スムーズで安定した走りを可能とする新開発のトルセンLSD付トランスファーを標準装備しています。

ランドクルーザー200系の実燃費

実燃費は5km/L。このクラスでは標準的な燃費値です。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

【新型ランドクルーザー最新情報】ランクル300系が誕生?

次期新型ランドクルーザー300系の予想CG
出典:autonavigator.moscow

次期新型ランドクルーザー300系が2021年内に発表・発売すると言われています。ランドクルーザー200系がすでに生産を終了していることからも、発売時期は近いと考えられ、早ければ4月、遅くとも9月頃に何らかのアナウンスがあると予想されます。

2021年2月に入ってから、すでに数多くの情報がリークされており、内外装やエンジンラインナップ、カタログ燃費などが明らかになっています。

ランクル300ではディーゼルエンジンが復活し、6穴ホイールを採用、カタログ燃費は10km/hを上回るとも言われています。現時点でリークされている情報はこちらの記事をご覧ください。

SUVに関するおすすめ記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (28枚)

コメント

利用規約

関連する記事