MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ3 > マツダ3 連続試乗レポート|セダン ディーゼル AWD/AT編 – バランスが取れたよく走るセダン
マツダ3

更新

マツダ3 連続試乗レポート|セダン ディーゼル AWD/AT編 – バランスが取れたよく走るセダン

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

2019年5月に国内発売開始したMazda3(マツダ3)はセダン、ファストバック(5ドアハッチバック)の2つのボディタイプに、エンジンはガソリン、ディーゼル、次世代「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」、駆動方式は2WD(FF)、AWDと多彩なラインナップ。MOBYではこれら各タイプ主要モデルに順次試乗、それぞれの特徴をお伝えしていきます。

マツダ3 セダン XD 奥多摩湖にて撮影
今回の試乗コースは奥多摩湖。
ボディカラーは“匠塗”ソウルレッドクリスタルメタリック。

今回の試乗車は、セダンの1.8Lディーゼルターボ4WD/AT。マツダ3シリーズのうち、最もトルクのあるエンジンに四輪駆動というパワートレイン、はたしてどんな走りを見せてくれるのでしょうか。

加速が良い。バランスが良い。

マツダ3 セダン XD 
ボディサイド
林を背景

「SKYACTIV-D 1.8」ディーゼルターボエンジンの最高出力は116PSと控えめながら、最大トルクは270N・mとクラストップレベルの太いトルクで、グイグイと加速してくれます。特にハーフスロットル(アクセルを半分ほど踏まれた状態)での加速の良さと扱いやすさは市街地では流れの速い車線への流入、山岳路の登りで気持ち良く走れます。

マツダ3 セダン XD 
エンジンルーム

めちゃくちゃ速いわけではありませんが、セダンにしては良く走る部類。ガソリンモデルに比べると欲しいエンジンパワーを得るために踏み込むアクセルの量が、ディーゼルだと半分ぐらいの感覚。ちょこんと踏み込むとグイっとパワーが出てくれる特性は、長距離運転時の疲れの軽減に。

マツダ3 セダン XD 
車名とAWDのバッジ

電子制御四輪駆動システム「i-ACTIV AWD」は前輪駆動を基本とし、必要があるときだけ後輪に駆動力を分類する仕組み。これがトルクフルなエンジンパワーの躾をよくしている感じです。

マツダ3 セダン XD 
スカイアクティブDのバッジとリアフォグランプ
マツダ3のAWD車はリアフォグランプがつく。この他、ヘッドランプウォッシャー、ヒーテッドドアミラー、フロントワイパーデアイサーなどがAWD専用装備となる。

以前に同じディーゼルエンジンを積んだファストバックで2WD/ATに試乗したのですが、ちょっとトルクを持て余しているな、と感じるシーンがしばしばありました。例えば、勾配のきついカーブや濡れた路面でアクセルを強く踏み込むと軽くタイヤが空転。AWDはそんなとき、そっと後輪に駆動力を分配するのでスムーズにグイっと加速してくれます。コーナリングのとき、お尻をちょっと支えて踏ん張らせてくれる印象ですね。

マツダ3 セダン XD 
フロント

ちょっとだけ気になったのが、低速域でアクセルを強めに踏んでギアを落として加速したいとき、ギアチェンジのタイミングで一瞬、間が空いたこと。これは、トランスミッションを保護するためのセッティングだそう。まぁ、スポーツカーではないのですし、交通の流れに乗って走る日常的な走行には支障がないですが、せっかくトルクがあって気持ちよく走るのに、ちょっともったいないかと思った筆者。

マツダ3 セダン XD 
リアシート
ファストバックに比較すると頭周りの空間の広さと明るさはセダンの方が上。大人4人がきちんと乗れる居住性。

マツダ3のファストバックとセダン、総じてセダンの方がリアが少し重たく、構造上しっかりとした剛性が出せることから、乗り味はセダンの方が落ち着き感が出ています。特に、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンより重たく(車両重量はセダン/ガソリンより40〜50kg重たい)その荷重増加分のほとんどが前輪にかかり、よりフロントヘビーになるので、AWDとは相性がよくなります。トルクが太く前が重たいFFのディーゼルにAWDは合理的な駆動方式。

マツダ3 セダン XD 
ギアシフト周り

ユーザーがディーゼルエンジンを選択する理由のひとつに、長距離走行が多い、ということがあります。落ち着いたバランスの取れた走りは、長距離走行においてのストレスの少なさ、疲れにくさにつながりますね。

マツダ3 セダン XD 
インパネ

ディーゼルエンジンならではの燃費の良さはマツダ3でもしっかり。街中で12〜13km/L、信号の少ない田舎道では16km/L前後、渋滞のない高速道路ではカタログ数値を超える23km/L前後。概ねカタログ数値の8割は達成。(カタログ燃費は記事末尾のスペックの項に掲載)

マツダ3 セダン XD 
リア
ファストバックに比較するとデザインの個性は弱くはなるが、ボディサイドへの映り込みは変わらず美しい。

お話は前後してしまいますが、マツダ3の「i-ACTIV AWD」は最新バージョンで国内発売開始前の冬に、北海道の豪雪地帯、剣持にあるマツダの試験場でテスト走行を体験しています。(そのレポートはこちら)このときAWDの安定性、制御性の高さを体感。夏場の試乗でしたが、雪道での走りも十分でしょう。

マツダ3 セダン XD 
フロント

以上、マツダ3 セダン ディーゼル AWD/ATの試乗レポートをお届けしました。他モデルとの比較や選び方のポイント、全車共通する乗り心地などはまとめて後日公開の記事にてお伝えします。

次回は、マツダ3連続試乗最後のモデルとなります。世界初の“夢の”エンジン「SKYACTIV-X」を搭載したセダン、FF/ATです。こちらもどうぞお楽しみに。

試乗車のスペック・価格

モデル名・グレードセダン XD プロアクティブ ツーリングセレクション
エンジンSKYACTIV-D 1.8
(直列4気筒1.8L直噴ディーゼルターボ)
最高出力85kW(116ps)/4000rpm
最大トルク270N・m(27.5kgf·m)/4000rpm
トランスミッション6速AT
駆動方式i-ACTIV AWD(四輪駆動)
ボディサイズ全長:4,660mm
全幅:1,795mm
全高:1,445mm
ホイールベース:2,725mm
車両重量1,460kg
燃費WLTCモード:19.0km/L
 市街地モード:15.5km/L
 郊外モード:18.8km/L
 高速道路モード:21.3km/L
車両本体価格3,214,241円(税込)

※試乗車には「360°ビュー・モニター+ドライバー・モニタリング」のメーカーオプション(税込86,880円)を装備。

これまでのマツダ3 連続試乗レポート記事

ファストバック:SKYACTIV-X MT/AWDSKYACTIV-X AT/2WD1.8Lディーゼル AT/2WD1.5Lガソリン AT/2WD
セダン:2.0Lガソリン AT/2WD

すべての画像を見る (11枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!