MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ3 > マツダ3 連続試乗レポート|ファストバック スカイアクティブX MT AWD編 – Xのおいしさを味わうならこれ。
マツダ3

更新

マツダ3 連続試乗レポート|ファストバック スカイアクティブX MT AWD編 – Xのおいしさを味わうならこれ。

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

2019年5月に国内発売開始したMazda3(マツダ3)はセダン、ファストバック(5ドアハッチバック)の2つのボディタイプに、エンジンはガソリン、ディーゼル、次世代「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」、駆動方式は2WD(FF)、AWDと多彩なラインナップ。MOBYではこれら各タイプ主要モデルに順次試乗、それぞれの特徴をお伝えしていきます。

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
背景は富士山
今回の試乗コースは、精進湖から南アルプス街道へ。富士山の手前の山は「大室山」。“小抱き富士”という名称がつけられた景色。しかし、富士山の山頂は雪を被っていた方が美しい。

今回の試乗車は、Mazda3(マツダ3)ファストバック、マツダの“夢の”新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ-エックス)」に6速マニュアルトランスミッション、電子制御四輪駆動システムの組み合わせのモデルです。

滝行を受けるマツダ3
滝行を受けてきました。
南アルプスの南側、山梨県早川町にある「見神の滝」。超マイナーな滝だが、高さのある立派な滝。

以前に、同じファストバックでスカイアクティブXのAT/2WDに試乗しています。(その試乗レポートはこちら)MT/AWDとの違いもお伝えします。

スカイアクティブXとは?

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
のエンジンルーム

以前のマツダ3 スカイアクティブXの試乗レポートで機構的な詳細をわかりやすく解説しています(したつもり)ので、ここでは要点のみをおさらい的に簡単にお伝えします。

SKYACTIV-X(スカイアクティブX)のエンジンの最大の特徴は、ガソリンエンジンの良いところと、ディーゼルエンジンの良いのところのおいしいところだけを組み合わせたエンジン。燃料はプレミアムガソリン(ハイオク)。

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
エンジンフードを開けて撮影
エンジンカバーを開けると補機類がぎっしり。スーパーチャージャー、ハイブリッドというパワートレインのため。

ガソリンエンジンの良いところは、振動、騒音が少なく静かで、高回転まで軽く吹き上がるところ。ディーゼルエンジンの良いところは、低回転からトルクが出てパワフル、低燃費なところ。

逆にガソリンエンジンの悪いところは、ディーゼルエンジンに比較すると燃費が悪い、低回転域のトルクが細いこと。ディーゼルエンジンの悪いところは、振動、騒音が大きく、高回転まで回せないところ。

つまり、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンはお互いの長所と短所が入れ替わったような特性を持っています。

ガソリンエンジンの良いところと、ディーゼルエンジンの良いところを合わせた“夢のエンジン”スカイアクティブX。市販車では世界初の「圧縮着火」式エンジンを搭載したのがマツダ3になりますが、語弊が生じるので重要なポイントを補足します。

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
通行止めの開運隧道前で撮影
南アルプスの東側、早川に沿う「南アルプス街道」を走る。開運隧道で通行止めのため折り返す。

「良いところ」だけを合わせたエンジンではありますが全部が全部、良いところのみをスカイアクティブXに詰め込んだわけではありません。

燃費についてはガソリンエンジンに比較してちょっと良いといった感覚。走行状況、環境によっては同等レベルになります。また出力特性、トルク特性についても良いところ同士を完全に足したものとはなりません。

最高出力、最大トルクもガソリン、ディーゼルを大幅に上回ることもありません。感覚的にはスムーズになめらかに回るガソリンに、ディーゼルのトルクの太さを少し足した印象。静粛性、振動については、ガソリンエンジンと同じレベル。

良いところを合わせた結果、まったくの新しいエンジンができた、と筆者は解釈しています。

マニュアル車固有のクセが消えている

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
マニュアルシフトノブ

マツダのスカイアクティブXは、スーパーチャージャー(略して「スーチャ」と呼ぶこと多し)にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインとなっています。

マイルドハイブリッドのマニュアル車は、マツダ3しか買えません。(国内において。海外の他メーカーについては未調査)

このパワートレイン、マニュアル車固有のクセ「エンストしやすい」が消えています。(エンストしない、という意味ではありませんが)

マニュアル車は、発進時のクラッチミートに失敗するとエンストします。運転技術を持った人なら話は別ですが、普通はアクセルを踏まずにクラッチミートさせて発進するのが難しいものです。

しかし、マツダ3 スカイアクティブは、少し慎重にクラッチペダルを上げていくと、スルスルっと発進します。そのままアクセルを踏まずに徐行程度の速度へ上げて落ち着いたらクラッチを切って2速へ入れると、またそのままスルスルと繋いで加速していきます。3速も割と余裕。4速でちょっと苦しいかなといった具合でした。

自動車学校のMT教習車が、マツダ3 スカイアクティブXだったら、みんな楽なのになぁと思った次第(あまり意味がないか…)

マイルドハイブリッドの電気モーターの最高出力は6.5psとわずかではありますが、運転のしやすさ、フィーリングの良さに大きく貢献していると言えるでしょう。

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
インパネ
試乗車は「バーガンディ・セレクション」
マツダ3 ファストバック X MT/AWD
フロントシート
落ち着いた赤がマニュアル車を運転するテンションをいい感じで上げてくれる演出に。

スルスルとよく回るスカイアクティブXはMT車で特に愉しめる

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
山を背景に撮影
南アルプス南側一帯は、リニア新幹線の建設中断で問題になっているエリア。この先は工事で道が無くなっていた。

スカイアクティブXでのドライブは、エンジンをきっちり上まで回してあげるととても愉しめます!

スカイアクティブXの特徴として、どの回転域からアクセルを踏み込んでも同じようにエンジンの回転がスルスルと上がります。特に3,000回転以上では、ぐぃーーーーっといってくれます。さらに、5,500回転からリミットのかかる6,500回転までの最後の1,000回転もグイっと一捻りしてくれます。

ATのスカイアクティブXより、エンジンの回転が気持ちよく上がっていく感覚は、MTの方が断然愉しめます。

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
後方から俯瞰

山道ドライブを愉しむなら「i-ACTIV AWD」。安全だし。燃費もそう変わらないし。

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
ホイール
マツダ3 ファストバック スカイアクティブXのホイールは黒。他はガンメタ。スカイアクティブXと他のモデルとの違いは後日公開の別記事でまとめてお届けの予定。

i-ACTIV AWD」は2019年にデビューしたマツダ3から進化版が採用されています。(このプロトタイプの試乗会に筆者は参加してレポートを書いています。詳しくはこちら

「四駆は雪道以外、特に必要ないのでは?」と思われている方は少なくないようですが、そんなことはありません。マツダの四輪駆動システム「i-ACTIV AWD」は、完全な前輪駆動(FF)から前後輪50:50の駆動力配分の四輪駆動までフレキシブルに可変、必要のないときはFFで走って、必要なときだけ瞬時に4WDになるスグレモノです。

これは乾いた路面でも必要なときはきちんと効きます。例えば路地から流れの速い幹線道路へ90°右左折して流入する、という走行シーンに遭遇することがあるでしょう。このときでは、アクセルを深めに踏みながら強い加速が必要となります。FF車では、そんなときフロントタイヤが鳴って不安を感じやすいものです。今のクルマなら、横滑り防止装置やトラクションコントロール機能が働いて制御はしてくれるものですが、タイヤが全く鳴らないまでの制御は普通難しいものです。

これが四輪駆動だったら、タイヤは鳴かずにスッと幹線道路へ安心して流入できます。加速力を比較すると四輪駆動の方が優位です。

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
リアのバッジ

「i-ACTIV AWD」ではそのような走行シーンになると、後輪がすぐに駆動し、お尻を押してくれるような感覚でスッと加速してくれます。雨などで路面が濡れていた時にはさらに効果的。

山岳路で勾配もカーブもきついところで加速を必要とするシーンでは、圧倒的に四輪駆動が有利。そんなハイスピードでなくても、i-ACTIV AWDは必要な分だけ後輪にトルクを配分するので、スームズで安全な走行が可能となります。

以前に試乗したマツダ3 スカイアクティブX AT/2WDと比較すると、四輪駆動の方が走行フィーリングを愉しめまました。特に、山道などで元気に走りたいときMT/AWDは良かったですね。

AT/2WDとMT/AWDの実燃費の違いは、トータルするとほとんど変わりませんでした。カタログ数値でもAT/2WD:17.2km/L、MT/AWD:16.8km/L(WLTCモード)で大差なし。実燃費は13〜14km/L(高速道路3割、市街地3割、郊外路3割、山岳路1割程度で)でした。

スカイアクティブXを骨の髄までしゃぶりたいなら、MT&AWDがおすすめ

マツダ3 ファストバック X MT/AWD
ボディサイド
精進湖の湖面をボディサイドに映し出してみた。走行中のマツダ3のボディサイドは、周りの景色が美しく歪みながら変化していく。

マツダ3 ファストバック スカイアクティブX MT/AWDを試乗した感想をまとめてみますと、

レブリミットまでしっかり回し切れるMT、様々な路面状況でも安定した走りをもたらす「i-ACTIV AWD」の組み合わせは、スカイアクティブXのエンジンの良さを、骨の髄までしゃぶることができる組み合わせ。

といったところでした。

ここまで書いたこと以外に、他のマツダ3と比べてブレーキのフィーリングの違い、足回りの違いからくる乗り味の違いがありましたが、これらのことは別の記事でまとめてお伝えすることにします。近日中に公開予定ですのでお楽しみに。

次のマツダ3試乗レポートは、ファストバックで1.5Lのガソリン、FF・AT車です。この1.5Lガソリンエンジンは、ロードスターにも搭載されているものと同じです。果たして、どんな走りを見せてくれるのでしょうか。こちらもどうぞ、お楽しみに。

スペック・価格

モデル名・グレードファストバック X バーガンディセレクション
エンジンSKYACTIV-X
(直列4気筒2.0L直噴ガソリン/スーパーチャージャー)
最高出力132kW(180ps)/6000rpm
最大N・m224N・m(22.8kgf·m)/3000rpm
モーター最高出力4.8kW(6.5ps)/0000rpm
モーター最大トルク61N・m(6.2kgf·m)/100rpm
トランスミッション6速MT
駆動方式i-ACTIV AWD(四輪駆動)
ボディサイズ全長:4,460mm
全幅:1,795mm
全高:1,440mm
ホイールベース:2,725mm
車両重量1,480kg
燃費WLTCモード:16.8km/L
 市街地モード:13.6km/L
 郊外モード:16.9km/L
 高速道路モード:18.6km/L
新車車両価格3,754,463円(税込)

※試乗車は、BOSEサウンドシステム/12スピーカー(77,000円/税込)、360°ビューモニター/ドライバーモニタリング/フロントパーキングセンサー(86,880円/税込)のオプションを装備。

マツダ3公式サイトはこちら

前回の試乗車、マツダ3 セダン ガソリン AT/2WDのレポート記事はこちら

すべての画像を見る (14枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!