MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ3 > マツダ3 連続試乗レポート|ファストバック 1.5Lガソリン AT編 – ロードスター譲りのエンジンは元気!
マツダ3

更新

マツダ3 連続試乗レポート|ファストバック 1.5Lガソリン AT編 – ロードスター譲りのエンジンは元気!

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

2019年5月に国内発売開始したMazda3(マツダ3)はセダン、ファストバック(5ドアハッチバック)の2つのボディタイプに、エンジンはガソリン、ディーゼル、次世代「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」、駆動方式は2WD(FF)、AWDと多彩なラインナップ。MOBYではこれら各タイプ主要モデルに順次試乗、それぞれの特徴をお伝えしていきます。

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング AT/2WD
正丸峠
今回の試乗コースは埼玉県秩父近くの「正丸峠」。どこかで見たことのある風景だと思った方、かなりのイニD通。梅雨の長雨、希少な晴れ間。

今回の試乗車は、ファストバックで1.5Lガソリンエンジン、AT/2WD。このエンジンはマツダ ロードスターに搭載されているものと同じ「P5-VPS型」でマツダ3用にチューニングなどを変更しているものです。(ロードスターのエンジン型式は「P5-VPS[RS]型」)

はたして、どんな走りを見せてくれるのでしょうか。

元気!エンジンぶん回して気持ち良い!

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング AT/2WD
エンジンルーム

マツダ3 1.5Lガソリンに乗った感想をひとことで言えば、「元気!エンジンぶん回して気持ち良い!」。

エンジン音が良いんですよ。最高出力が111PSとマツダ3のラインナップでは一番非力なエンジンとなりますが、非力な分、エンジンの回転数を上げた走りが必然的に多くなります。回転が上がるに正比例してエンジン音が高鳴っていくというより、ちょっと反比例して高なっていくエンジン音。

高速道路の料金所ゲート通過後の加速、本線流入時の加速、山道での上り坂……こういったところはアクセルを床まで踏み込んで走る、これがこのクルマの正義でしょう。

最高出力111PSですからアクセル全開でも法定速度内で愉しめます。峠越えは速くはありませんが、安全に全開で走れるのは最高ですね。マツダ3の硬めの足周りが、走る気分をよりスポーティーなものにさせてくれます。

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング AT/2WD
マツダ R&Dセンターにて撮影
横浜子安にあるマツダ R&Dセンターにて。ここはイベント開催、メディアの撮影なども行える設備が整っている。R&Dとはビジネス用語で「Research & Development」、研究開発。

試乗車はAT車でしたが、これはMTで乗りたいクルマ。(マツダさん、1.5LガソリンMTの広報車のラインナップがないのがちょっと残念です…)

実燃費がカタログ燃費と同等レベルで良かったのも特筆すべきポイント。最高出力が控えめで排気量が小さいエンジンですから、元気よく回した走りを続ければ燃費の悪化が顕著になりますが、交通の流れに乗って普通に走る分なら市街地で12〜13km/L、郊外路と交通量が多く流れの悪い高速道路で17〜18km/Lといった実績でした。(今回は流れのスムーズな長距離の高速道路走行はなし)

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング AT/2WD
フロントサイド
ボディカラーは「スノーフレークホワイトマイカ」

乗り心地については、足回りに他のモデルとの違いがなく、1.5Lガソリン固有の特徴はこれといって感じるものがありませんでしたので、本記事では割愛します。後日、マツダ3連続試乗をまとめた記事を公開予定ですので、そちらでお伝えします。

ベースグレード222万円。これでも十分かと。

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング AT/2WD
インパネ

試乗車は「15S ツーリング」で車両本体価格は約232万円。ベースグレード「15S」なら約222万円。装備の違いは、エアコンがオートかマニュアルか、キーがインテリジェントか普通のリモコンキーか、UV/IRカットガラスが付くか付かないかとなります。

ピュアに走りを楽しみたいというユーザーには、ベースグレードでも十分かと。マツダさんには申し訳ないですが、一番安いグレードと一番高いグレードの2台並んでも、普通の人はすぐに気が付かないでしょう。サイゼリヤのお子様メニューの間違い探しレベル。

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング AT/2WD
ヘッドライト
他のマツダ3との違いがここに。詳しくは後日公開予定のマツダ3連続試乗総括記事にて。

静粛性を求める方にはあまりおすすめできないですが、マツダが唱える「人馬一体」の走りを最もピュアに感じることができるモデルでしょう。

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング AT/2WD
フロントシート
マツダこだわりのシート。ファブリックも結構良い。

次回の試乗車は、セダンディーゼル、AT/AWDです。今回の試乗車とは対局に位置するようなモデルです。次回もどうぞお楽しみに。

スペック・価格

モデル名・グレードファストバック 15S ツーリング
エンジンSKYACTIV-G 1.5
(直列4気筒1.5L直噴ガソリン自然吸気)
最高出力82kW(111ps)/6000rpm
最大トルク146N・m(14.9kgf·m)/4000rpm
トランスミッション6速AT
駆動方式2WD/FF(前輪駆動)
ボディサイズ全長:4,460mm
全幅:1,795mm
全高:1,440mm
ホイールベース:2,725mm
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:16.6km/L
 市街地モード:13.7km/L
 郊外モード:16.5km/L
 高速道路モード:18.4km/L
車両本体価格2,315,989円(税込)

※試乗車には「360°ビュー・モニター+ドライバー・モニタリング」のメーカーオプション(税込86,880円)を装備。

マツダ3 公式サイトはこちら

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング AT/2WD
リアサイド

これまでのマツダ3 連続試乗レポート記事

ファストバック:SKYACTIV-X MT/AWDSKYACTIV-X AT/2WD1.8Lディーゼル AT/2WD
セダン:2.0Lガソリン AT/2WD

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!