MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > N-BOX > 【#みぃぱーきんぐの車紹介】祝・10周年!ホンダ N-BOXカスタムの外装・内装を徹底解説
N-BOX

更新

【#みぃぱーきんぐの車紹介】祝・10周年!ホンダ N-BOXカスタムの外装・内装を徹底解説

みぃぱーきんぐさんがホンダ N-BOXカスタムの外装・内装を徹底紹介!

美人すぎる車系Youtuber・みぃぱーきんぐさんが、ホンダ N-BOXの外装・内装を徹底紹介!

日本一売れている車としても有名なN-BOXですが、2021年にはなんと10周年を迎えました。今回ご紹介いただくのは、10周年記念して発売されたN-BOXカスタムの特別仕様車「STYLE+ BLACK(スタイルプラスブラック)」。

搭載が待ち望まれていた電動パーキングブレーキについても必見です。記事では、動画の見どころをピックアップしてご紹介します。

◇ みぃぱーきんぐ ◇
みぃぱーきんぐ
車の紹介・解説を行う車系Youtuber。きめ細やかな視点での解説は初心者や女性にも分かりやすい。実際に使ってみてのレビューなど、購入や車選びの参考になる情報が満載。

Youtubeチャンネルはこちら

Twitterはこちら

第23回 テスラ モデル3編はコチラ!

徹底的に黒!メッキをなくしたシックなデザイン

フロントフェイスもブラックで統一されています!

特別仕様車「STYLE+ BLACK」は、内外装ともにブラックで統一したシックなデザインが特徴です。

通常仕様ではフロントグリルやライト周りにメッキパーツが配置されていますが、「STYLE+ BLACK」ではブラック塗装に統一。モノトーン系のファッションが好きな人や、主張しすぎないデザインの車が好きな人にとって、とても魅力的だと思います!

ライトはフルLEDに、シーケンシャルウインカーを採用。暗闇に浮かび上がるラインがスタイリッシュでカッコいいですね♪

ホイールもブラック塗装で、サイドビューもしっかりブラックで統一。さらにリアの「N-BOX」「Custom」のバッジまでもがブラックに!

徹底的に黒でまとめた外観は、街中でよく見かけるN-BOXのなかでもひときわ洗練された印象です。

人気のお車ですので「街中であまり被りすぎるのもなあ…」という人は必見の特別仕様車です♪

実際に発売した!ホンダ公式「N-BOX エレメントスタイル」がカッコ良すぎる

ブラック&メタルスモーク偏光パネルで統一感のあるインテリア

インパネもブラックで統一されていて、シックな印象です。アクセントとしてメタルスモーク偏光パネルがところどころに配置されていますが、こちらもほどよい光沢で上品な仕上がり。

メーターディスプレイに天気予報が表示されるのにビックリ!

男性はもちろん、女性にも好まれそうな色合いですね!ブラックパネルよりも指紋が目立たなさそうなところも、ポイントだと思います。

シートまわりは通常のN-BOXカスタムと同じ仕様となっています。シート素材はプライムスムース×トリコットの、なめらかな手触り。シート中央には大型アームレストが備わっています。

上品で高級感が漂う車内!もうこの1台で十分と思わせてくれる完成度です♪

電動パーキングブレーキ&オートホールド機能を採用!

2021年12月の改良で、待ちに待った電動パーキングブレーキ&オートホールド機能を採用したN-BOX。シフトノブの隣にECONボタンなどと共に装備されています。

これにより、パーキングブレーキは指先でスイッチを引くだけで作動させることができますし、アクセルを踏めば自動的に解除。

オートブレーキホールド機能をONにすれば、信号待ちなどの停車中でも、ブレーキペダルから足を離すことができます。

ハンドルは上下のみの調整。ファミリーカーとしても人気のお車なので、前後調整もできたらもっといいのかなぁ…と感じました。

軽ワンボックスおすすめ人気ランキングTOP8【2022年最新情報】

もちろん収納&荷室空間もたっぷり!

フロントシート、リアシートともに収納スペースが充実しています。急速充電対応USBを含む電源が3つ、その下にはスマホ置き場も備わっています。

中央の格納式ドリンクホルダーは、500ml紙パック飲料にも対応。

中央にドリンクホルダーがあるので、運転席・助手席どちらの人も使うことができますね♪

N-BOXといえば、なんといっても車内空間の広さが魅力。リアシートはその恩恵をたっぷり感じることができます。

驚きなのが、テーブル&コンビニフックが標準装備である点。どちらもファミリーに人気のオプションのひとつですので、とってもお買い得ですね!

リアシートは左右独立型で、片方だけチップアップしたり前に倒したりできます。長い荷物を倒して載せたり、背の高いものをそのまま積んだり……と、使い勝手もバッチリです。

リアゲートをどうしても開けられない…というときでも、車内スペースをアレンジして荷物を乗せられるようになっているのがスゴい!

ラゲッジスペースから席を前にスライドさせることができるのも便利!とにかく収納・積載に関しては、こんなにバリエーション豊かな使い方ができる車はなかなかありませんね。

ホンダN-BOXに待望の電動パーキングブレーキ搭載!特別仕様車も同時発売

みぃぱーきんぐさんから撮影コメントをいただきました!

みぃぱーきんぐさんからMOBYへ、ホンダ N-BOXカスタムの撮影を終えての感想をいただきました!

Nシリーズは人気の車種なので、私の周りでも乗っている人の多い一台です。
私も乗せてもらったことがありますが、なんと言っても後席が広い…!

普段SUVセダンに乗られている方はとても驚くかと思います。

足がのびのびと伸ばせるまるで部屋のような空間は、想像以上に快適でお勧めです!

SUV派というみぃぱーきんぐさんも、N-BOXの車内空間の広さに魅力を感じられていました。

軽自動車の概念を覆したN-BOXも、気づけば10年のロングライフモデルに。なかにはN-BOXから新型N-BOXに乗り替える方もいるんだとか。それほど多くの方に愛されるのは、ユーザー目線に立ったホンダの車づくりが成功している証拠ですね♪

ノーマル仕様のN-BOXカスタム(2021年改良前モデル)については、こちらの動画でみぃぱーきんぐさんが詳しく解説してくれていますので、ぜひ参考にしてみてください!

ホンダ N-BOXの基本情報

N-BOXシリーズはホンダの軽自動車。初代は2011年に登場し、2021年で誕生から10年となりましたが、初代から続く人気ぶりは継続中。普通車、軽自動車を含めた「最も売れているクルマ」の座に長らくついていたことも、記憶に新しいですね。

人気の秘訣は、広い車内空間にスライドドア、走行性能、安全機能といった、軽自動車らしからぬ使いやすさと本格的な装備が揃っていること。

購入費用や維持費の安さもアドバンテージとなっているうえ、人気車種ゆえ中古車価格(=買取価格)も高く、まさに死角ナシの優秀車といえるでしょう。

N-BOXカスタム(画像は特別仕様車)

現行モデルは2代目。バリエーションは、ノーマルデザインの「N-BOX」と、カスタム風デザインの「N-BOX カスタム」の2種類です。どちらのタイプでも、ノンターボモデルとターボモデルを選ぶことができます。

かつては、ボードを使った後席アレンジが可能な「N-BOX +」や、クーペ風デザインにヒンジドアを配した「N-BOX SLASH」といった派生モデルも存在していました。

2021年も爆売れ!「200万円の軽」でもN-BOXが売れるワケは?ユーザーの声に納得

ホンダ N-BOXのスペック

全長3395mm
全幅1475mm
全高1790~1815mm
ホイールベース2520mm
車両重量890~1030kg
乗車定員4人
エンジン直列3気筒直列3気筒ターボ
排気量658cc658cc
最高出力43kW[58PS]
/7,300rpm
47kW[64PS]
/6,000rpm
最大トルク65N·m[6.6kgf・m]
/4,800rpm
104N·m[10.6kg・m]
/2,600rpm
トランスミッション無段変速AT無段変速AT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

今回みぃぱーきんぐさんが紹介してくれたのはこんな仕様!

「STYLE+ BLACK」は2021年12月、N-BOXカスタムだけに追加された特別仕様車。ブラックを基調とした内外装に、専用のメタルスモーク偏光塗装を施したパネルなどで、上質さをアップ。ボディカラーラインナップも、モノトーン系のみとなっています。

N-BOXシリーズにはこのほか「コーディネートスタイル」というグレードもあるため、インテリアにこだわりたい人はこちらもチェックしてみましょう。

STYLE+ BLACKの専用ページはコチラ【ホンダ公式】

グレード名カスタム L・ターボ
STYLE+ BLACK
パワートレインターボ
駆動FF
定員4人
WLTCモード燃費20.2km/L
価格2,057,000円

ホンダ N-BOX完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

みぃぱーきんぐさんのYouTubeチャンネルを要チェック!

国産車の内外装解説やドライブレポートなど、さまざまな動画をアップしているみぃぱーきんぐさん。

記事では紹介できなかった楽しい&分かりやすい解説は動画でご覧ください!

女性ならではの丁寧な説明や鋭い視点で、初心者にもわかりやすくクルマを解説してくれています。

いきなりディーラーに試乗に行くのはちょっと不安かな…という人も、ポイントをしっかりおさえることができるので、クルマ選びの強い味方になること間違いなし!

MOBYではこれからもみぃぱーきんぐさんの楽しい&分かりやすい動画をご紹介していきます。

#みぃぱーきんぐ チャンネル登録はこちらから!

みぃぱーきんぐさんのTwitterはこちら

みぃぱーきんぐさんの記事一覧はこちら!

軽自動車 全モデルをマップで比較!

最新のモデルチェンジ・新型車情報はコチラで随時更新中!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 伊東 千夏
MOBY編集部 伊東 千夏
母の愛車・CR-Xの後部座席で幼少期を過ごす。現在はCR-Z(10年選手)を母と共有。インスタでは専らラリーカーとレースクイーンばかりを見ているため、男性向け広告しかレコメンドされない悲しみを味わっているネ...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード