MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 軽ワンボックスおすすめ人気ランキングTOP8【2022年最新情報】
メーカー・車種別

更新

軽ワンボックスおすすめ人気ランキングTOP8【2022年最新情報】

軽ワンボックスのメリット

軽ワンボックスには軽自動車とは思えない室内の広さ、荷室スペースの広さが魅力です。荷物を沢山積まなければいけない仕事に使える事はもちろん、キャンプをはじめとするアウトドアレジャーなどの趣味にも使える便利さも兼ね備えています。遊びに仕事に大活躍な上に軽自動車ならではの維持費の安さも魅力と言えます。

第8位 ダイハツ ハイゼットキャディー

ダイハツ ハイゼットキャディー

ダイハツ ハイゼットキャディーは同社の人気ハイトワゴンであるWAKE を2シーター化することで商用に特化したモデルです。軽ハイトワゴンの中でも室内高が高く、商用車としてもポテンシャルは高く、前輪駆動であることを生かした雪道での走破性や、一般的な商用バンより質感が高く乗り心地も良い事も魅力的なモデルです。

最新「ハイゼットキャディー」中古車情報
本日の在庫数 102台
平均価格 77万円
本体価格 35~129万円

第7位 ホンダ アクティバン

ホンダ アクティバン

アクティ バンはホンダが1979年より販売されているワンボックスタイプの軽自動車です。エンジン位置をミッドシップレイアウトとする事で荷物を積まない状態での安定感には定評があります。アクティ バンは2018年に生産終了となりましたが、中古車市場には多く出回っていて、仕事に使う車種として人気となっています。

最新「アクティバン」中古車情報
本日の在庫数 520台
平均価格 44万円
本体価格 6~139万円

第6位 ホンダ バモス

ホンダ バモス

バモスは同社の商用バンであるアクティに快適装備をプラスして、ストリートユースに最適化されたモデルです。軽ワンボックスモデルの中でもスタイリッシュで、アウトドアなど遊びにも使い勝手が良いことから、年齢問わず人気のあるモデルでしたが、2018年に生産中止となりました。

ハイルーフモデルとなるバモス ホビオもラインナップされ、休日のレジャーだけでなく、大きな荷物を載せる仕事や買い物に対しても使い勝手の良いモデルです。

最新「バモス」中古車情報
本日の在庫数 628台
平均価格 42万円
本体価格 2~228万円

第5位 スバル サンバー

スバル サンバー

スバル サンバーは、発売当初からリアエンジンレイアウトを搭載することで重量配分が良く、『農道のポルシェ』と評された事もある動力性能が魅力的でした。スーパーチャージャーと呼ばれる過給機を搭載したモデルもあり、MT車の走りはスポーティーです。

現在はダイハツ ハイゼットのOEM供給車となり当時の個性はなくなってしまいましたが、中古車にはコアなファンも多く、隠れた人気車種となっています。

最新「サンバーバン」中古車情報
本日の在庫数 568台
平均価格 62万円
本体価格 5~185万円

第4位 ダイハツ アトレー

ダイハツ アトレー

ダイハツアトレーは、運転席下にエンジンをレイアウトすることで軽自動車と思えない室内空間を実現している軽ワンボックス車です。リアシートを収納することで荷室長1,820mmとなり、大きな荷物を積めるだけでなく、寝袋などを用いた車中泊も快適にこなすことができます。

事前に設定することによって、車体に近づくだけでスライドドアが自動的にドアが開くウェルカムオープン機能も軽ワンボックスとしては初めて搭載され、タウンユースでも非常に使い勝手が良いモデルです。2021年12月にはフルモデルチェンジが発表され、更なる進化を遂げたところにも注目です。

最新「アトレーワゴン」中古車情報
本日の在庫数 850台
平均価格 67万円
本体価格 4~220万円

第3位 ホンダ N-VAN

ホンダ  N-VAN

N-VANは生産中止となったアクティ バンの後継モデルでもあり、それまでの軽ワンボックスや軽バンタイプの車両の常識を変えるようなスタイルと室内空間が特徴的なモデルです。後部座席と助手席の間のピラー(柱)が無い設計で荷物の積み下ろしもしやすく、仕事にも日常生活にも役立つ仕様です。

さらにはフロントエンジンの前輪駆動であることも特徴で、燃費も良く荷物を積んでいない時のバランスも良く走行性能が高い事も特徴です。ホンダセンシングと呼ばれる安全装備も装備され、あらゆる面で性能が高い軽ワンボックスです。

最新「N-VAN」中古車情報
本日の在庫数 553台
平均価格 120万円
本体価格 44~300万円

第2位 ダイハツ ハイゼット

ダイハツ ハイゼット カーゴ

ダイハツ ハイゼットは商用車としては国内でもトップクラスの販売数を誇るモデルです。乗用モデルのアトレーと共に、2021年12月には17年ぶりとなるフルモデルチェンジが行われました。

積載量は軽ナンバーワンとなり、自動ブレーキサポートなどの安全性能をはじめ、荷物をたくさん積んだ状態でも後方の視界が確保できるデジタルインナーミラーなどのハイテク機能、万が一の事故の際に対応をサポートしてくれるサービスなどを備えたダイハツコネクトなど、新しい機能が目白押しな軽ワンボックスです。

最新「ハイゼットカーゴ」中古車情報
本日の在庫数 3896台
平均価格 81万円
本体価格 2~306万円

第1位 スズキ エブリイ

スズキ エブリィ

スズキ エブリイは商用グレードとワゴンタイプの乗用グレードを併せ持った軽ワンボックスの代表格と言える車種で、街中で見かける事も多い人気車種です。昨今ではアウトドアブームの影響もあって、使い勝手をさらに良くするためのアイテムも多数発売されている事も特徴です。

バンタイプの場合はリアシートを格納した際の荷室長は1,910mmとゆとりがあり、仕事で使用する際の使い勝手はもちろんですが、アウトドアでのレジャー時の車中泊や、サーフボードなどの長い荷物も余裕を持って積載できる軽自動車らしからぬ用途で使うことができるマルチな1台です。

Operation timed out after 2001 milliseconds with 0 bytes received(Timeout was reached)

軽ワゴンが人気の理由は?軽ワゴンおすすめ人気ランキングTOP10!

スライドドアの軽自動車がファミリーやソロキャンプにも便利な理由とは?

軽自動車で車中泊おすすめランキング全11車種&車中泊グッズまとめ

執筆者プロフィール
ダイス
ダイス
プリウス専門店『Kyoei Japan』でセールス・マーケティングを担当しながらライターとして活動しています。愛車はホンダ シビックEG6型、普段乗りはZVW30 プリウス。仕事柄プリウスに関するネタに関しては引き出し...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード