MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > N-BOX > ホンダ N-BOX完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
N-BOX

更新

ホンダ N-BOX完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

ホンダ N-BOXとはどんな車?

ホンダ 2代目N-BOX フロント
ホンダ 2代目N-BOX リア

N-BOXはホンダが生産・販売しているトールワゴン型の軽自動車です。新車販売台数で年間首位を獲得したり、ホンダ史上最速の販売台数100万台達成など、発売直後から大きな人気を獲得しました。

ホンダ 2代目N-BOX 運転席

N-BOXはダイハツ タントのような「軽スーパーハイトワゴン」に対抗するために開発されたモデルで、フィットで採用されたセンタータンクレイアウトにより低床化。さらにエンジンルームを小さく抑えることで室内長を拡大したことで、ほかの軽自動車はもちろんコンパクトカーにも負けない広々とした室内空間を実現しています。

ホンダ 2代目N-BOX 内装

前席と後席の間隔はミドルクラスのミニバン並みに広く、大人が足を組んで座っても余裕があるほどです。室内高も140cmと高いため窮屈さがなく、乗る人すべてがくつろげる空間になっています。

横移動が楽なフロントベンチシートのグレードや、助手席が大きく後ろに下がる「スーパースライドシート」を採用したモデル、車椅子などの乗車が楽なスロープ付きのモデルがあり、生活スタイルにあわせたモデル選択が可能です。

ホンダ 2代目N-BOXカスタム フロント
N-BOXカスタム

現在販売されているのは2017年にモデルチェンジをおこなった2代目N-BOXで、通常モデルのほか、軽自動車初搭載の「シーケンシャルウインカー」や黒を基調とした高級感のある「N-BOXカスタム」も販売されています。

おすすめグレード

ホンダ 2代目N-BOXとN-BOXカスタム
左:N-BOX 右:N-BOXカスタム

N-BOXのグレード構成と車両価格

2021年5月時点で販売されているN-BOXのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。(※見やすくするため、全てのグレードに付いている「Honda SENSING」の表記を略しています)

ノーマルデザインのN-BOX

グレード名車両価格(税込)
G1,428,900円~
L1,559,800円~
EX1,658,800円~

N-BOXカスタム

グレード名車両価格(税込)
L1,769,900円~
EX1,879,900円~

N-BOXのグレードを絞るコツは?

N-BOXはデザイン、ターボの有無、シートの仕様など、選択肢が多い軽自動車です。次の順番で検討すると、自分に合ったグレードを見つけやすいでしょう。

  1. デザインはノーマル?カスタム?
  2. 後席で小さな子どもをお世話する?
  3. ターボは必要?(ex:追い越し車線や合流をよく使う、坂道をよく通る)

後席チャイルドシートに小さな子どもを乗せることが多いなら、スーパースライドシート仕様の「EX」がおすすめです。助手席を大きくスライドしたり前へ倒したりできるため、後席から運転席へスムーズに移動できます。

スーパースライドシートが不要であれば、「G」「L」でじゅうぶんでしょう。

両側パワースライドドア付きは「L・ターボ」がおすすめ

ホンダ 2代目N-BOX L コーディネートスタイル フロント
グレード:L コーディネートスタイル

小さな子どもを乗せるのであれば、両側パワースライドドアが選べる「L」「L・ターボ」をベースと考えるのがおすすめです。エントリーグレードの「G」は必要最低限の装備内容のため、便利さ・快適さを考えるならL以上を検討しましょう。

さらに、Lでは両側パワースライドドアはメーカーオプションであることを考えるなら、標準設定の「L・ターボ」のほうがお買い得です。

価格差は約20万円ですが、両側パワースライドドアとサイドカーテンエアバッグ、アレルクリーンプラスシート、本革ステアリングホイール+パドルシフトに相当すると考えると、まさにお値段以上といえます。

Lではコーディネートスタイルも選べる

ホンダ 2代目N-BOX ラインナップ

LおよびL・ターボのみで選べる仕様が、内装の一部をアップグレードした「コーディネートスタイル」です。

「EX」系はスーパースライドシート仕様

ホンダ 2代目N-BOX EX フロント
グレード:EX

小さな子どもを後部座席のチャイルドシートに座らせたり、シートに荷物を積んでから運転席へ乗り込むという人は、助手席を大きくスライドしたり前へ倒したりできるスーパースライドシート仕様の「EX」「EX・ターボ」が便利です。

EXは両側パワースライドドアがメーカーオプション。EX・ターボとの価格差は約25万円です。

N-BOXの内装やシートを詳しく確認したい人はコチラから!

ボディカラー

N-BOXはノーマルデザインとカスタムで選べるボディカラーラインナップが異なります。

査定額が高くなるのは「プレミアムサンライトホワイト・パール」「プラチナホワイト・パール」「ルナシルバー・メタリック」「シャイニンググレー・メタリック」「クリスタルブラック・パール」でしょう。

通常グレードのボディカラー一覧

ホンダ 2代目N-BOXのボディカラー一覧画像

ノーマルデザインはモノトーン8色、ツートーン3色の全11色。ツートンカラーは「L」「L・ターボ」で選択できます。

カスタムのボディカラー一覧

ホンダ 2代目N-BOXカスタムのボディカラー一覧画像

N-BOXカスタムはモノトーン6色、ツートーン3色の全9色。ツートンカラーは「L」「L・ターボ」で選択できます。

ホンダ N-BOXのスペック

ホンダ 2代目N-BOXのスタイリングイメージ

ボディサイズ

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,790~1,815mm
ホイールベース2,520mm
車両重量890~1,030kg
乗車定員4人

軽自動車の規定いっぱいまで使われたボディサイズとなっており、全高は179cm以上とかなり高めです。それも室内高は140cmと背が高い人が乗っても窮屈さを感じない広さになっています。

室内空間を広くとるためにホイールベースが広くとられているため直進安定性はありますが、全高が高く横風などに煽られやすいので高速道路などでは少し気を遣うかもしれません。

また、ホイールベースが広いことで最小回転半径も4.5mと、ライバル車と比べるとわずかに大きくなりました。ただし、4.5mという数値自体はかなり小さい数値で、車体の大きさを考えると小回りが利く車と言えます。

パワートレイン

エンジン水冷直列3気筒水冷直列3気筒
排気量658cc658cc
最高出力43kW[58PS]/7,300rpm47kW[64PS]/6,000rpm
最大トルク65N·m[6.6kgf・m]/4,800rpm104N·m[10.6kg・m]/2,600rpm
モーター最高出力
モーター最大トルク
トランスミッション無段変速AT無段変速AT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

パワートレインは自然吸気のノンターボエンジンと、ターボ付きエンジンの2種類がグレード別に用意されています。ノンターボエンジンにはi-VTEC、ターボエンジンには電動ウェイストゲートが、いずれも軽自動車として初めて採用されました。低燃費とパワフルな走りの両方を実現しています。

組み合わされるトランスミッションはCVTで、従来の「Lレンジ」は「Sレンジ」へ変更されました。ブレーキを踏むとエンジンブレーキを強めるなど、エンジンからタイヤに伝わる力をコントロールすることでキビキビとした走りやスムーズなドライブが可能になっています。

ハイブリッドの設定はなく、全車ガソリンエンジンのみ。停止までの減速中にエンジンをストップするアイドリングストップをおこなうほか、エアコンなどを燃費優先に設定できる「ECONスイッチ」を搭載するなどで燃費を向上させています。WLTCモードでの燃費はノンターボ車(FF)で21.2km/L、ターボ車(FF)で20.2km/Lです。

現行N-BOXの維持費と燃費

現行N-BOXの燃費とガソリン代

本記事執筆時の以下の年間走行距離、ガソリン価格(全国平均)を参考に、年間のガソリン代を算出しました。

  • 自動車の年間走行距離:平均6,316㎞
  • ガソリン価格(全国平均):レギュラー152円 2021年6月現在
対象グレードWLTCモードガソリン代(年間)
ガソリンモデルG、L、EX、G(スロープ)L(スロープ)21.2km/L45,284円
ガソリンモデルLターボ、EXターボ、Lターボ(スロープ)20.2km/L47,526円

ホンダ N-BOXの維持費(3年間)

ホンダ N-BOXの3年間の維持費をシミュレーションしてみました。

 ガソリンモデル Lガソリンモデル EXターボ
自動車税1,800円3,700円
重量税5,000円5,000円
車検時法定費用24,730円24,730円
ガソリン代(3年)135,853円142,579円
合計金額167,383円176,009円

※車検費用は受ける場所や検査内容によって異なる場合があります。
※任意保険料や駐車場代、高速道路利用料金などの別途費用も発生します。
※上記の金額はあくまでも目安となります。

維持費の各項目については以下の記事で詳しく解説しています。

歴代モデル

【初代】N-BOX:JF1/2型(2011年~2017年)

ホンダ 初代N-BOX フロント

初代N-BOXは、ホンダの軽自動車群「Nシリーズ」の第一弾として、2011年に発売されました。

ダイハツ タントなどのライバルの弱点を研究した上で開発されており、柔らかい印象を与える外装の標準車と、強い押し出し感と個性を持つ外装の「カスタム」の2本立てで登場。

軽自動車とは思えない高い質感と豪華な装備が特徴です。元F1エンジニアがN-BOXに搭載されるエンジンの開発を行ったことでも、話題になりました。

ホンダ 初代N-BOX+ フロント
N-BOX+

翌年の2012年には、派生車種として「N-BOX+」が発売しています。荷室の床が斜めになっていることが特徴で、自転車などが積みやすくなるというメリットがあります。

ホンダ 初代N-BOX SLASH フロント
N-BOX SLASH

2014年には、アメリカンなスモールカーとして、「N-BOX SLASH」という第2の派生車種が発売されました。「ユーザーの毎日をより楽しくする車」として開発され、ベースのN-BOXからルーフを100mmもカットするなど、より大胆なエクステリアを持って生まれました。

テーマに沿ってデザインされた5種類のインテリアを選択できる点や、サウンドマッピングシステムというハイグレードオーディオが設定された点など、モノによりこだわりを持っている人に向けた個性的な軽自動車であるといえます。

最新「N-BOX」中古車情報
本日の在庫数 6756台
平均価格 104万円
本体価格 0~219万円
最新「N-BOXカスタム」中古車情報
本日の在庫数 7377台
平均価格 126万円
本体価格 24~233万円
最新「N-BOXスラッシュ」中古車情報
本日の在庫数 397台
平均価格 113万円
本体価格 45~177万円

ホンダの最新新型車情報はこちら!

新車で買えるホンダのミニバンはこちら!

ホンダのSUV新車一覧と口コミまとめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (14枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード