MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > フリード > 【#みぃぱーきんぐの車紹介】ちょうどいいアウトドアミニバン!ホンダ フリードクロスターの外装・内装を徹底解説
フリード

更新

【#みぃぱーきんぐの車紹介】ちょうどいいアウトドアミニバン!ホンダ フリードクロスターの外装・内装を徹底解説

みぃぱーきんぐさんがホンダ フリードクロスターの内外装を徹底紹介!

美人すぎる車系Youtuber・みぃぱーきんぐさんが、ホンダ フリードクロスターの内装・外装を徹底解説!

「This is 最高にちょうどいいホンダ」のキャッチフレーズで一躍有名になったホンダのコンパクトミニバンで、なんと累計販売台数100万台を突破した売れ筋モデルです。

今回はSUV風のデザインがカッコいい、クロスオーバーモデル「フリードクロスター」をご紹介いただきます。

記事では、動画の見どころをピックアップしてご紹介します。

◇ みぃぱーきんぐ ◇
みぃぱーきんぐ
車の紹介・解説を行う車系Youtuber。きめ細やかな視点での解説は初心者や女性にも分かりやすい。実際に使ってみてのレビューなど、購入や車選びの参考になる情報が満載。

Youtubeチャンネルはこちら

Twitterはこちら

第27回 レクサス NX編はコチラ!

ほどよいカスタム感のクロスオーバースタイル

フロントグリルやバンパーは、力強さを感じさせるフリードクロスター専用デザイン。バンパープロテクターがあると一気にアウトドア感が出てカッコいいですよね!

グリルをよく見ると牙のようなデザイン!アクセントがあって素敵です♪

アルミホイールもSUV感強めの専用装備。アウトドアグッズの積載時に心強いルーフレールも、耐荷重性を考慮して作られた本格仕様です。

リアビューもバンパープロテクター風パーツがアクセントになっています。クロスオーバースタイルと言いつつ、ミニバンのデザイン性や雰囲気に合ったほどよいカスタム感なのも、乗る人を選ばない「ちょうどよさ」を感じますね。

エリシオン復活orオデッセイ継続?ホンダの大型ミニバンはどうなる?

木目調パネルやカモフラ柄シートがオシャレ!

クロスター専用内装に、ブラックとブラウンのコンビシートや温かみのある木目調パネルが採用されています。

シート座面をよく見ると、ドットでカモフラ柄風デザインが施されているのがオシャレ!ドアの内張りにも同様のデザインで、さり気なくアウトドア感を演出できます。

押しやすいよう、スイッチ類は角度を付けて配置されていました。全体的もすっきりまとまっていて、リビングのような、いい意味で車らしくない居心地のよさがあります♪

中央上部、ルームミラーの上には後席を確認できる広角ミラーが備わっています。後席にお子さんを乗せていても安心ですね。

内外装をノーマル仕様のフリードと比較したい方はこちら!

みぃぱーきんぐさんは、ノーマルデザインのフリードハイブリッドも紹介してくれています。内外装の違いを比較してみたい方は、ぜひ動画でご覧ください♪

【ホンダのミニバン】新車全3車種一覧比較&口コミ評価|2021年最新版

後席までウォークスルーできる広々空間

1列目、2列目シートは独立型キャプテンシートになっているうえ、1列目から後席までウォークスルーできるのも便利!アームレストにはコンビニフックが備わっているのもポイントです。

3列目への乗り降りは2列目シートを前にスライドさせればさらにスムーズに。3列目へはリクライニングも可能ですので、大柄な人でなければストレスを感じるような狭さではないようです。

2列目シートを最後部まで下げると、さすがに3列目の人は狭く感じてしまうと思いますが、真ん中あたりまでなら問題ないと思います!

3列目を使うときは、乗る人の体格や座る位置などを少し考慮してあげれば、快適なドライブが楽しめるでしょう。

また、車内で過ごす時間が多い人は、ロールサンシェードやシートバックテーブルなどをオプションで選ぶのもおすすめです。

子育てにおすすめな車10選!軽自動車からSUV、ミニバンまで

3列目を収納すればラゲッジスペースが拡大!

3列目シートを出した状態でも、お水やお米などまで載せることができるほどのラゲッジスペースですが、キャンプ用品などを車内に積む際は3列目シートを跳ね上げて荷室を広げるのがおすすめです。

跳ね上げの手順はみぃぱーきんぐさんが実践してくれていますので、ぜひ動画で確認してみてください♪

3列目シートはすごくしっかりしたつくりなので、力に自信のない女性は少し大変かと思いますが、できなくはないと思います。

今回は3列シート車でしたが、荷物をたくさん積む人は2列仕様のフリード+クロスターもおすすめ。3列目までの空間がすべてラゲッジスペースとなるうえ、跳ね上げ収納の座席がなくなるので、積載性がかなりアップしています。

アウトドアに最適なおすすめ車人気ランキングTOP15|選び方のコツは?

みぃぱーきんぐさんから撮影コメントをいただきました!

みぃぱーきんぐさんからMOBYへ、ホンダ フリードクロスターの撮影を終えての感想をいただきました!

フリードの個人的にいいなと思うポイントは
運転席前にあるこの大きな収納!

収納が多いと有難い反面、なんだか見栄えが…という場合もありますが
閉じているとパッと見は何もないように見えるスタイリッシュさに。

ティッシュ箱を置いてもまだ余裕のある広さは、
かなり使い勝手がよさそうです◎

コメントを見てもフリードユーザーさんは使い勝手に太鼓判を押しているので
気になる人は是非実車をチェックしてみてくださいね♪

ミニバンの使いやすさと、コンパクトカーのような運転のしやすさを両立しているフリード。

「クロスター」では、さらにSUV風のデザインが盛り込まれ、死角なしのクルマに仕上がっています。

車内空間を有効に使った収納スペースを、インテリアを損なわないように配置している点も見事ですね♪

日本で人気の「ミニバン」海外ではなぜ流行らない?ヒントはSUVと商業車が影響?

ホンダ フリードの基本情報

フリードハイブリッド

フリードはホンダのコンパクトミニバン。ステップワゴンよりも一回り小さい5ナンバーサイズながら、3列7人乗りもラインナップする実用性の高さが支持されている、人気モデルです。

2016年にフルモデルチェンジが行われ、現行モデルは2代目。グレード構成は大きく分けて、3列シートの「フリード」と2列シートの「フリード+(プラス)」となっています。

2017年にはスポーティなコンプリートモデル「Modulo X(モデューロ エックス)」が、2019年にはアウトドア風デザイン「クロスター」が追加され、シート数、パワートレイン、デザインなど多様な仕様から選べるようになりました。

アウトドア風デザインの「フリードクロスター」

フリードクロスター

「クロスター」は2019年に追加されたクロスオーバータイプのフリード。アクティブなアウトドアルックが特徴です。

ミニバンならではの積載性の高さはそのままですので、小さなお子さんのいる家族はもちろん、アウトドアを目一杯楽しみたい方にもピッタリ。

後述しますが、フリードクロスターの3列仕様は6人乗りのみとなりますので、ノーマルデザインを含めグレードごとの違いを確認するのがおすすめです。

ホンダ フリード完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

フリード/フリード+のスペック

全長4265~4295mm
全幅1695mm
全高1710~1735mm
ホイールベース2740mm
車両重量1350~1510kg
乗車定員5〜7人
エンジン水冷直列4気筒水冷直列4気筒
排気量1496cc1496cc
最高出力81kW[110PS]
/6,000rpm
95kW[129PS]
/6,600rpm_
最大トルク134N·m[13.7kgf・m]
/5,000rpm
153N·m[15.6kgf・m]
/4,600rpm
モーター最高出力22kW[29.5PS]
/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク160N·m[16.3kgf・m]
/0-1,313rpm
トランスミッション7速AT無段変速AT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

フリード/フリード+のグレード早見表

フリードの主要グレードは以下4つ(Modulo Xは割愛しています)。

全ての仕様で、ガソリン/ハイブリッド、FF/4WDを選択できます。「クロスター」はアウトドア風デザインを採用しています。

デザインシート定員
フリードノーマル3列6名 or 7名
フリードクロスターアウトドア風3列6名のみ
フリード+ノーマル2列5名のみ
フリード+クロスターアウトドア風 2列5名のみ

グレードを選ぶ際は、何人で出かけることが多いかを考えるのがおすすめ。特に、7人乗り仕様はノーマルデザインのフリードでしか選べないので注意しましょう。

3列目シートは跳ね上げて格納できますが、後席空間をムダなく収納スペースに使いたい場合はフリード+も検討してみましょう。

今回みぃぱーきんぐさんが紹介してくれたのはこんな仕様!

フリードクロスターは6人乗りのガソリン仕様。ホンダの先進安全装備「ホンダセンシング」は、基本的に全てのグレードで標準装備となっていますが、2WD(FF)と4WDで装備内装が若干異なるため注意しましょう。

なお、ホンダの公式サイトには「※一部タイプ・カラーがお選びいただけない場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。」との記載が。

欲しいグレードやカラーがある場合は、商談を始める前に確認するとスムーズにやり取りできるでしょう。

グレード名フリード CROSSTAR・Honda SENSING
パワートレイン1.5L(ガソリン車)
駆動FF
定員6人
WLTCモード燃費17.0km/L
価格2,380,400円~

【違いが分かる】国産ミニバンマップ┃全11モデル比較&人気ランキングとおすすめ車種

みぃぱーきんぐさんのYouTubeチャンネルを要チェック!

国産車の内外装解説やドライブレポートなど、さまざまな動画をアップしているみぃぱーきんぐさん。

記事では紹介できなかった楽しい&分かりやすい解説は動画でご覧ください!

女性ならではの丁寧な説明や鋭い視点で、初心者にもわかりやすくクルマを解説してくれています。

いきなりディーラーに試乗に行くのはちょっと不安かな…という人も、ポイントをしっかりおさえることができるので、クルマ選びの強い味方になること間違いなし!

MOBYではこれからもみぃぱーきんぐさんの楽しい&分かりやすい動画をご紹介していきます。

#みぃぱーきんぐ チャンネル登録はこちらから!

みぃぱーきんぐさんのTwitterはこちら

みぃぱーきんぐさんの記事一覧はこちら!

ホンダの新型車情報はコチラ♪

最新のモデルチェンジ・新型車情報はコチラで随時更新中!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 伊東 千夏
MOBY編集部 伊東 千夏
母の愛車・CR-Xの後部座席で幼少期を過ごす。現在はCR-Z(10年選手)を母と共有。インスタでは専らラリーカーとレースクイーンばかりを見ているため、男性向け広告しかレコメンドされない悲しみを味わっているネ...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード