初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【年末車の大掃除に!】洗車ブラシおすすめ人気ランキングTOP10

車好きのオーナーであれば愛車は手洗いという方が多いことでしょう。洗車の際に活躍するのは、ボディを楽に洗うことができる洗車ブラシです。洗車ブラシには多くの種類がありますので、購入時に迷わないよう「洗車ブラシおすすめ人気ランキングTOP10」を参考にしてください。

洗車ブラシの選び方

冬でも冷たい思いをせずに洗車ができるアイテムに「洗車ブラシ」があります。夏はともかく冬場にスポンジでの洗車は、ゴム手袋をしていても水の冷たさが伝わり洗車が辛いもの。

洗車ブラシは手にとって持ちやすさと愛車にあったブラシの大きさ・形状を確認することが大切です。洗車ブラシを選ぶ際のポイントとして「取っ手の長さ」「ブラシの素材」「手動・電動」の3点が挙げられます。

取っ手の長さで選ぶ|ロングタイプが人気!

SUVやミニバンは車高が高いため、ルーフの洗車には踏台が必要なことも。洗車ブラシの中でも取っ手の部分が伸縮して1m以上になるタイプは、踏台がなくても高いルーフでも楽に洗車することができ人気があります。

ブラシの素材で選ぶ|柔らかく傷がつかないタイプが人気?

洗車ブラシのおもな素材には次の通りです。

 ・化学繊維:ポリエチレン/ポリプロピレンなど
 ・動物繊維:馬/羊など
 ・植物繊維:ヤシ/麻など

お店でも一番見かける化学繊維のブラシは、コシが強くボディに傷が付きやすいイメージがあります。しかし、毛先を柔らかく処理することで、コシが強いながらも毛先が柔らかいタイプが多いのが特徴です。

動物繊維類は柔らかく腰も弱いので優しく洗車できますが、放置された頑固な汚れ落としには向いていません。また、柔らかいブラシでも力を込めて強く擦ることで傷が入ってしまいます。そのため、柔らかいブラシは汚れを放置せずこまめに洗車をする人に向いているでしょう。

ボディの洗車にはたまに洗車する人には化学繊維系、こまめに洗車する人には動物繊維系の洗車ブラシが適しているでしょう。

また、植物繊維類はコシが強く毛先が多いので、ボディよりタイヤやホイールの洗車に向いています。

手動・電動で選ぶ|電動は使い方次第で傷をつけてしまうリスクあり

洗車ブラシには、ブラシが自動で回転する「電動式」があります。

電動ブラシには洗車時間を短縮できるというメリットがあります。とくにSUV・ミニバン、トラックなどボディ面積が広い車の洗車に向いています。

しかし、楽に使用することができる反面、使い方次第でボディ(塗装面)傷をつけてしまうリスクがあります。手動は汚れの度合いに応じて、力の入れ方や動かす方向を加減できますが、電動は一定速度でブラシが回転させるため手動のような加減が難しくなるためです。
電動ブラシを使用する前に、正しい使い方を必ず確認しましょう。

洗車ブラシおすすめ人気ランキングTOP10!

Amazonおすすめランキング内の商品をもとに、編集部が「洗車ブラシおすすめ人気ランキングTOP10」を独自に作成しました。

【第1位】マルテー東北石橋 洗車ブラシ クリーンブラシ ドリーム

・サイズ:全長長430(mm)
・ブラシの材質:PP(ポリプロピレン )

参考価格: ¥ 565
(2019年02月28日現在)

ワイドでボリュームがあるブラシで広範囲を一度に洗車することができる優れものです。
毛はPP(ポリプロピレン )製で毛先がやわらかく加工してあるため、ボディに傷が付きにくくなっています。

洗車ブラシ クリーンブラシ ドリームの口コミ

高い評価のみで毛先のやわからさは洗車以外の使用方法もあり、生活に密着した製品と言えます。


「やわらかいブラシなので傷付き難いように思われます」
「ブラシも先が軟らかく 根元から折れる事もありません」
「トラック洗車に使用するため購入、狭い所にも楽に入ってとても洗車しやすい」
「洗車はもちろん、泡含みがいいのでお風呂の壁や床を洗うときにもいいです」
「ハウスクリーニング業者さんがハタキの代わりに埃を払っていました」

【第2位】JPpro 洗車ブラシ ロング やわらか 洗浄 ボディ用

・サイズ:全長520(mm)
・ブラシの材質:PP(ポリプロピレン )

参考価格: ¥ 900
(2019年02月28日現在)

ブラシ部分は全長190mm× 全幅65mmの大きなサイズで、PP製の毛先はビロード仕上げで柔らかく仕上げてありますから、ボディに傷が付きづらいでしょう。

ブラシの根元にホース(内径15mm)を取り付け、ブラシの間から通水できる便利な洗車ブラシです。
ボディーだけではなく樹脂バンパー・下回りの洗浄にも使用できますが、メッキホイールのように傷がつきやすい部分には使用しないよう注意が必要です。

使用後は毛先を丁寧に洗い、乾燥してから日が当たらないところで保管してください。

洗車ブラシ ロング やわらか 洗浄 ボディ用の口コミ

ほとんどが高い評価の中、グリップが細く疲れやすい/毛先がすぐにダメになるというマイナス評価もあり、使い方・頻度によって違いがあるかもしれません。


「毛は繊細な表面でも十分に柔らかく、引っ掻き傷はありません」
「ホースに簡単に接続し、水の遮断スイッチを効率的に作動させることです」
「水の出る止めると出し続けるのストッパーが最高に使いやすいです」
「あっとゆうまに毛先がダメに、柔らかすぎかも」
「グリップ部分が細すぎて強い握力が必要、3分と持たずに手が疲れてしまう」

【第3位】サンワブラシ ナイロン詰合せ洗車ブラシ レッド

・サイズ:全長393(mm)
・ブラシの材質:PP(ポリプロピレン )

参考価格: ¥ 526
(2019年02月28日現在)

日本製のブラシは毛先が割れており、腰が強く細かい汚れが落としやすくなるよう工夫しています。
あまり強く擦ると傷の原因になるため優しく撫でるように洗車してください。

サンワブラシ ナイロン詰合せ洗車ブラシ レッドの口コミ

高評価のみで使いやすいと好評です。
代表的な評価は次のようなものがあります。


「手に持っても重くなく掃除がしやすかったです」
「毛が強靭で密で水含みに優れており毛先が均一な平面で使いやすい」
「洗剤の当たりムラができにくく、効率が非常によい」
「浴槽の垢汚れ、壁床タイルが超広範囲でガシガシ洗えます」

【第4位】伸縮タイプ洗車ブラシ 2.1M 5面カットタイプ

・サイズ:全長930〜2,100(mm)/ アルミ製
・ブラシの大きさ:縦120×横265×高110(mm)

参考価格: ¥ 3,780
(2019年02月28日現在)

取っ手の部分が2.1mまで伸縮できますので状況に応じて使い分けをすることができ、大型車・車高が高い車でもこれが1本あればボディ洗車が楽に行える便利なブラシです。
グリップの端にホースを接続すれば、ブラシ部分から水が出ますので片手で水を流しながらブラシで洗車することができます。

ブラシは5面カットになっているので、洗車する場所によって使い分けることができます。

伸縮タイプ洗車ブラシ 2.1M 5面カットタイプの口コミ

アルミ製のしっかりした作りで伸縮できるので便利な一方、長くした場合に力が必要になるので、長時間使用するのは辛いかもしれません。
代表的な評価は次のようなものがあります。


「伸びるので高いところも洗車楽でした」
「収納するときはかなり短く収納も楽です」
「ブラシは普通に洗っても角も洗えますので 最高です」
「長さも理想通りで棒も硬く、ブラシは観音の蝶番部分までしっかり洗えます」
「ヘッドが重くなるので 少し疲れます」

【第5位】マルテー東北石橋 洗車ブラシ(PP先割)ボディ用

・サイズ:全長440(mm)
・ブラシの材質:PP(ポリプロピレン )

参考価格: ¥ 419
(2019年02月28日現在)

PP製のブラシの先は細かく割れてやわらかい手触りとなっており、ボディに優しいタッチで洗車することができます。

ホースを取りつけることによってブラシ部分に通水しており、洗車が楽に行なえ便利です。

マルテー東北石橋 洗車ブラシ(PP先割)ボディ用の口コミ

高い評価は車のボディ用ではなくホイール用、浴槽用として使用することでの評価です。


「お掃除のプロが車のボディ用のブラシを使っているそうなので購入」
「ボディ洗浄用に購入、思ったより毛が硬かったのでホイール洗浄用にしました」
「ブラシの材質が硬く塗装面には傷が入り良くないです」

【第6位】Felimoa 回転式洗車ブラシ 水圧 自動回転ブラシ

・サイズ:全長290×全幅190×全高115(mm)
・ブラシの材質:プラスチック+マイクロファイバー

参考価格: ¥ 3,899
(2019年02月28日現在)

ブラシは水圧で回転するダブル(マイクロファイバーとプラスチックの)構造で、プラスチックブラシが汚れをしっかり落とし、マイクロファイバーブラシがで拭き取ります。
人体工学に基づいた設計により使いやすくなっているので、無駄な労力が必要なく、洗車効率が向上し時短にも繋がります。

接続ノズルにて最大1,200mmになり、SUV・ミニバンのような大きな車でも楽に洗車できるでしょう。

Felimoa 回転式洗車ブラシ 水圧 自動回転ブラシ の口コミ

水圧で回転するブラシは使用者によって感想が異なり賛否両論です。


「水圧でぐるぐる回ってくれるので洗車があっという間に終わります」
「結構力強く回転し、タンクに洗剤を入れることで非常に効率的な洗車が可能」
「ブラシの回転は思ったほど早くなかった」
「ブラシはもっとグルグル回るのかと思ったら、水圧を上げてもゆっくり回る感じでした」
「回転はブラシを押しつけると止まってしまいます」

【第7位】YATSUYA PPカーウォッシュ

・サイズ:全長380(mm)
・ブラシの材質:PP(ポリプロピレン )

参考価格: ¥ 478
(2019年02月28日現在)

通水型の洗車ブラシでPP製の毛先はやわらかく加工しています。
ブラシの端にホースを接続することで通水できますが、水量の調整は蛇口でしか行なえません。

YATSUYA PPカーウォッシュの口コミ

マイナス評価が少ない中で、車用ではなく浴槽掃除・網戸掃除に使用する目的で購入するケースが多く、さまざまな掃除に使用できる洗車ブラシです。


「想像よりも柔らかくボディーに傷が付きにくいです」
「何本か揃えてあり、タイヤ用・窓用・ボディー用と使い分けています」
「安価にも関わらず、腰も有り洗車時の車体への傷も少なく使用出来ました」
「浴槽にこれを使用すると通常は水洗いだけでヌルヌル感がすっきり落ちます」
「網戸の掃除で洗剤をつけて網と枠を擦ると泡が黒くなります」

【第8位】YATSUYA ミニ洗車ブラシ

・サイズ:全長260(mm)
・ブラシの材質:PP(ポリプロピレン )

参考価格: ¥ 390
(2019年02月28日現在)

今まで紹介した洗車ブラシと比較してひとまわり小さい洗車ブラシです。
毛先はPP製で傷が付きづらい処理がされており、広い面積のボディではなくヘッドライト・テールライト、ウィンドウモール・ホイールなど細かい部分で使いやすい大きさになっています。

YATSUYA ミニ洗車ブラシ 44550の口コミ

ミニサイズなので、ボディ用ではなく細かい部分、タイヤ・ホイール用に使用しています。
お風呂掃除にも利用している方が多いのが見受けられました。


「女性には扱いやすいサイズだと思います」
「マイカーのタイヤ、ホイール周り用に購入しましたが大正解でした。」
「タイルや風呂おけなどの掃除に利用、使いやすくてとてもよかった」
「小型なので車体全体をブラッシングするには向いていません」

【第9位】タカギ(takagi)パチット洗車ブラシ

・サイズ:全長390(mm)
・ブラシの材質:PP(ポリプロピレン )

参考価格: ¥ 580
(2019年02月28日現在)

通水型の洗車ブラシとしてタカギ製のコネクタがワンタッチで接続でき、通水のON/OFF・水量は蛇口で調整します。

タカギ(takagi)パチット洗車ブラシの口コミ

おおむね高評価で、洗車以外にも用途があり便利な洗車ブラシです。
売りであるワンタッチコネクタの不具合が気になるところです。


「車のボディー前面に叩きつけられた蚊の死骸を洗い落とすのに便利です」
「ブラシの毛は適度なしなりもあり使いやすいブラシでした」
「窓と網戸洗い用に購入しました」
「ベランダの外壁を洗うのに購入しました」
「水圧がかかるとブラシとコネクタのネジ部分の合わせが甘くすぐ外れます」

【第10位】Majestic 高圧洗浄 洗車ブラシ 水圧 自動回転

・サイズ:全長385(mm)
・ブラシ直径:140(mm)

参考価格: ¥ 2,200
(2019年02月28日現在)

ホースに接続し水圧にて自動回転する洗車用ブラシで、洗い流しながら汚れを落とせます。
洗車以外にも家の窓や外壁などの掃除用具としても利用可能です。

Majestic 高圧洗浄 洗車ブラシ 水圧 自動回転の口コミ

高い評価のみで便利な回転式ブラシです。
乾燥したしつこい汚れを落とす際、ボディの傷が気になる場合はボディを濡らして汚れを落とし易くしてから、回転ブラシを使用する方が無難でしょう。


「勢い良く回転して水も使ってくれるので、乾いた虫の死骸は簡単に落ちました」
「今までタオルやブラシだけ洗車してた時間が半分で完了してしまいます」
「アルミホイールの洗浄に強い」


(MOBY編集部)

洗車グッズに関するおすすめ記事

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す