MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 洗車タオルおすすめ人気14選|素早く拭き上げる&傷付けないコツも紹介
アイテム

更新

洗車タオルおすすめ人気14選|素早く拭き上げる&傷付けないコツも紹介

洗車は断然「手洗い派」という方々の必須アイテムが洗車タオルです。普通のタオルよりも吸水性が高く、拭きキズも残りにくい便利グッズ。この記事では洗車タオルの種類や選び方、ちょっとした洗車のコツを紹介しています。おすすめの人気洗車タオルも14品ピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

洗車タオルとは?一般的なタオルで拭くのは厳禁

洗車している外国人男性
©rh2010/stock.adobe.com

洗車タオルは車を洗う際に最適な、吸水性の高いタオルのことです。一般的なタオルで車体を拭き上げても、繊維が残ってしまったり水分が拭き切れなかったたり、と必ずしも効率がよくありません。また一般的なタオルと比べると洗車タオルは柔らかく作られているため、洗車時に車に傷がついてしまうことも防げます。

ホイール用とボディ用で使い分けよう

洗車タオルは、ホイール用とボディ用の2枚を用意することがおすすめです。ホイールとボディでは汚れの原因が異なります。そのため、同じ洗車タオルを使用すると、ホイールについた鉄粉がボディを傷つけてしまうといったトラブルも起こりえます。洗車タオルによっては2枚セットになっていますので、まとめ買いしておくこともおすすめです。

洗車タオルの種類と選び方

洗車タオルの種類

マイクロファイバー

マイクロファイバーとは、ナイロンとポリエステルで作られた合成繊維のことです。8マイクロメートル以下の極細繊維のため、吸水性と速乾性に優れています。性能の高いマイクロファイバーは洗車タオルの素材に使われることも多く、表面を傷つけることなく車についたホコリも簡単にふき取れます。タオル用途以外にも、衣類や掃除用具など幅広い用途で使われています。

PVA(ポリビニルアルコール)

PVA(ポリビニルアルコール)は、親水性に優れた素材です。高い吸水性が期待できますので、洗車タオルや家の掃除用具の素材に採用されています。PVAの洗車タオルは他のタオルと比較して繊維が残りにくいという特徴があり、磨きキズの発生も少ないというメリットがあります。

セーム革

セーム革は、カモシカの毛皮を油でなめした素材です。天然と人工のセーム革がありますが、洗車タオルには主に吸水性の高く水に触れてもぬめりにくい人工タイプが使われています。セーム革の使い方は、少し水で濡らしてから軽く絞るだけです。その後セーム革を一方向に向けて拭けば、綺麗に洗車できます。

洗車後の拭き上げはセームとマイクロファイバー、どっちがおすすめ?

洗車に不慣れな場合は、車のボディを傷つけないマイクロファイバータイプの利用がおすすめです。さらに吸水性の高いマイクロファイバーを使えば、洗車に掛かる時間を大幅に短縮できます。「車体をキズつけたくない」という方や「洗車にあまり時間が取れない」という方にも、多くの方におすすめできる洗車タオルです。

水染みを残したくないなら吸水性が高いタオルを

車に水染みを残したくない人は、セーム革など吸水性の高い素材を使ったタオルを利用するといいでしょう。特に黒や色の濃い車に乗っている場合は、水染みが目立つことも少なくありません。車に水染みができる原因は、コーティングの上にシャンプーが残っていたり、洗車に使う水の質に問題があることが多いです。吸水性の高いタオルを利用すれば、細かい水滴まで綺麗に素早く拭きとれます。

洗車タオルおすすめ人気11選

HOTOR 洗車タオル より大きい より厚い 6枚セット

マイクロファイバー製で使いやすい洗車タオルです。縦40×横40cmの6枚セットで、使い分けにも最適です。9枚セットもあるので、1枚あたりのコスパにこだわる方はこちらをチョイスしてもいいでしょう。

AutoGo 洗車タオル 40CM*40CM 3枚セット

AutoGo 洗車タオル 40CM*40CM 3枚セット

AutoGo 洗車タオル 40CM*40CM 3枚セット

899円(09/27 14:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

洗車やご自宅の掃除にも使える使いやすいサイズです。柔らかい特製マイクロファイバーを使用。吸収性に優れ、糸くずやかすを残すことなく、そして塗装やコーティングなどの表面を傷つけることなく、汚れやほこり、他の粒子を捉えられるように作られています。

GYEON SilkDryer(シルクドライヤー) Mサイズ

SilkDryer(シルクドライヤー) M

SilkDryer(シルクドライヤー) M

3,190円(09/27 14:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

縦70×横90cmの少し大きめサイズのマイクロファバータイプの洗車タオルです。洗車後の濡れたボディの上を軽く滑らすだけで、驚くほど水分を吸収してくれます。縦50×横55cmのSサイズもラインナップされています。

カークランド(KIRKLAND)マイクロファイバータオル

こちらはコストコのプライベートブランド、カークランド(KIRKLAND)製のマイクロファイバータオルです。厚織りで吸水性の高い商品です。洗車の仕上げに使えば、美しい光沢を作り出すことができます。36枚入りなので、家庭での掃除に使用してもいいでしょう。

AutoGo マイクロファイバークロス

40×40cmの正方形マイクロファイバーの洗車タオルです。4色で各色2枚ずつ、8枚入りなので使い分け用途にも最適です。Amazonの「洗車用クロス・タオル」カテゴリーの定番商品で、洗車用タオルを購入するなら必ず候補に入れておきましょう。

アイオン(AION)コーティング施工車用プレミアムセーム

PVA素材のセームタオルです。吸水性が高く、絞ればすぐに吸水性が回復します。拭き取り面は凹凸のある側なので、表裏を間違えないよう注意しましょう。

アイオン(AION) 拭き取りクロス プラスセーヌ L ブルー

アイオン(AION) 拭き取りクロス プラスセーヌ L ブルー

アイオン(AION) 拭き取りクロス プラスセーヌ L ブルー

1,043円(09/26 22:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

ポリエステル繊維の芯材をPVA素材のスポンジで挟んだ三層構造のセームタオルです。拭き取りグッズの代表商品として、50年以上愛されているロングセーラ商品です。

PURESTAR マイクロファイバー洗車タオル 7枚入

縦42cm×横35cmの7枚入りマイクロファイバー洗車タオルです。タオルのフチは洗車キズの原因にもなりえますが、この商品はフチなし加工なのでキズを心配することなくなめらかに吹き上げられます。

Welljoy 8枚セット 洗車タオル マイクロファイバークロス

縦30×横40cm、厚さ0.55cmと少し厚手のマイクロファイバー洗車タオルです。8枚セットでボディはもちろん、内装や家庭の掃除にも幅広く活用できます。

CARZOC マイクロファイバー 超吸水タオル

40×40cmのマイクロファイバー洗車タオルです。メーカーHPでも「吹き上げ時間短縮専用タオル」をアピールするほど、吸水性と速乾性にこだわりつくられています。3枚セットでまとめ買いしたい人にもおすすめです。

uni ユニセーム

uni [ ユニ ] 合成セーム革 ユニセーム

uni [ ユニ ] 合成セーム革 ユニセーム

500円(09/27 14:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

ユニ合成セーム革は、PVA(ポリビニールアルコール)で作られた合成セームです。デリケートな塗装面にも気軽に利用できるので、ボディを傷つけたくない人におすすめです。1枚入りですので、掃除の際は2枚以上セットで購入しておきましょう。

洗車タオルは洗濯してもOK?使い捨てるべき?

洗濯機
©Konstantin Yuganov/stock.adobe.com

洗車に使用したタオルを洗濯機で洗い、天日干しすると生地が固くなってしまいます。ですので、洗濯後は衣類乾燥機で乾燥させることをおすすめします。タオルから出た余分な糸やホコリを衣類乾燥機のフィルターが取り除いてくれるので洗車の拭き上げに最適な状態に仕上がります。

しかし、タオルの品質をより保ちたい方は使い捨てタオルを使用するのも良いでしょう。業務用タオルは単価が安いので使い捨てにおすすめです。

PandaTree 洗車タオル 吸水 50枚入

厚手生地の珊瑚フリスでつくられたマイクロファイバータオル。ふんわりなめらかタッチで汚れを拭き取り、車に傷を付けません。肌にも優しいです。

超吸水 マイクロ ファイバー ぞうきん 50枚組

手触りふわふわのマイクロファイバー素材。カラフルな5色×各10枚の、お得な50枚セットです。

カークランド(KIRKLAND)マイクロファイバータオル 72枚入

ほこりをしっかりと取り、高い光沢の輝きに磨き上げるのに優れています。 多様な洗車や家庭内での用途に最適 (洗車:インテリア・エクステリア・ガラス / 家庭内 : ミラー・キッチン・バスルーム ) です。

洗車後の拭き上げは面倒!必要?しないとどうなる?

洗車 吹き上げ
©joyfotoliakid/stock.adobe.com

洗車の仕上がりは吹き上げ次第と言っても過言ではないほど、吹き上げが重要です。

その理由はシミや水垢、傷などを防ぐことができるからです。ボディに残った水道水の水分は車のボディにとって有害な成分が含まれてるので、きちんと吹き上げをして水道水の成分を除去するようにしましょう。

洗車後に素早く拭き上げするコツは?

ポイント
©hikari_stock/stock.adobe.com

吹き上げは力を入れずに「一方向(上から下)へ」拭き上げること、「ボディと足まわり・バンパーまわりなどを拭き上げるクロスは分ける」ようにしましょう。

窓は、まずは外周をひと拭きし、上下に移動しながら全体を拭き上げます。最後に、拭き残しなどが出やすい窓の下側を横にサッと拭けば、ムラなく拭き上げることができます。

うまく水を吸い取らないタオルは軽く濡らしてみよう

最初に使用する乾いたタオルはほとんど水を吸わないので、ボディに触れる回数を増やしてしまい逆効果です。軽く濡らしてみると驚くほど水を吸ってくれます。

洗車後の拭き上げで傷を付けないようにするには?

おもちゃの車を洗車する女の子
©Irina Schmidt/stock.adobe.com

洗車キズとは、直射日光や強い照明に当たったときなどに車のボディに細かい線キズが見えます。これがいわゆる洗車キズです。洗車キズは一度ついてしまうと研磨作業をしない限り修復が難しくなります。

吹き上げする上で傷を付けないようにするポイントは、柔らかく吸水性に優れたタオルを使用することです。

マイクロファイバー製など、吸水性が高いものを使用することでゴシゴシ拭き取る必要がありません。水分をきちんと拭き取ることで水垢を防止できます。車の高いところから一定方向にやさしく水分を拭き取りましょう。

おすすめの洗車グッズについてはこちら

忙しい方必見!水が使えない駐車場でも洗車できるアイテムも

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部カー用品チーム
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事