MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 【超基本】洗車のやり方と必要なグッズ!手洗いとガソリンスタンド洗車どっちがいい?
洗車のやり方とグッズのご紹介
役立つ情報

更新

【超基本】洗車のやり方と必要なグッズ!手洗いとガソリンスタンド洗車どっちがいい?

手洗い洗車とガソリンスタンド洗車機どっちがおすすめ?

車の洗車をしたことがない方は「みんな手洗いと洗車機どっちで洗車してるんだろう」と疑問に思う方もいるのではないのでしょうか。

この章では、手洗い洗車と洗車機を使った洗車どっちがおすすめなのかを解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【結論】手洗い洗車がおすすめ!

参照:マーケティングリサーチ会社GfKJapan「洗車に関する調査」

上記の画像は、マーケティングリサーチ会社GfKJapanの「洗車に関する調査」を行ったところ、自分で自身で手洗いが51%、洗車機利用が38%、店舗で手洗いが11%と半数が自分で手洗いしていることがわかりました。

アンケートからわかる通り、自分で手洗いするメリットが大きいです。なぜ手洗いがおすすめなのか、メリット・デメリットを紹介していきます。

メリット①細かい部分まで洗車できる

手洗い洗車は自分の気になる箇所であったり、洗車機では落とせないような細かい汚れを落としたりすることができます。

メリット②傷がつきにくい

車の洗車では力加減が難しく、洗車機では傷がつく可能性が高いです。

手洗い洗車の場合、汚れの状態に合わせて柔らかいスポンジとブラシ力加減を調整できるので、洗車機と比べ傷がつきにくいとされています。

デメリット③ガソリンスタンド洗車より時間と費用が掛かる

手洗い洗車はガソリンスタンド洗車に比べ、時間と費用が掛かってしまいます。手洗い洗車は、人間が手洗いで行うので洗車機よりも時間がかかってしまいます。また、洗車道具を集めるのに費用は掛かることも。

ですが、 時間やお金はかかっても、丁寧に仕上げたい人手洗い洗車がおすすめです。

時短派にはガソリンスタンド洗車機がおすすめ

時間をかけず、とにかく安く抑えたい方には洗車機がおすすめです。待ち時間さえなければ、ガソリンスタンド洗車機は数分で洗車が完了します。コーティング同時施工コースを選んだ場合でも、DIYでコーティングを行なうより遥かに時短できます。

ガソリンスタンドの立地条件にもよりますが、平日の仕事帰りの時間帯や、大型連休(GW、お盆、年末年始)、雨上がりの休日などは混み合います。手洗い洗車の予約を受け付けている店舗もあるようですので、事前予約がおすすめです。

【5STEP】手洗い洗車のやり方とポイント

手洗い洗車は、所有者自身をはじめ「人の手」で作業ができるため、車に傷を与えるリスクが軽減できたり、細かいところまで丁寧に洗えたりするのが強みです。

しかし、間違えた方法で作業をしてしまうと、かえって車にダメージを与えてしまう可能性があります。

人力で洗車をするのであれば、丁寧に作業をして車を綺麗な状態に仕上げるのがおすすめです。

この項目では手洗い洗車の方法を、以下5つの段階にわけて解説してみました。

  1. 水を使って車の汚れを流す
  2. シャンプーを使ってボディを洗う
  3. タイヤ・ホイールを洗う
  4. ボディについたシャンプーの泡を水で流す
  5. 水気を拭き取って仕上げる

手順1:水を使って車の汚れを流す

車洗車 水を使って車の汚れを流す

1つ目の手順は「水を使って車の汚れを流す」です。

洗車前のボディやタイヤ、ホイールにはホコリ、砂、泥など様々な汚れが付着しています。汚れが残った状態でスポンジやタオル、ブラシなどを使いボディを磨いてしまうと、傷ができて消えなくなる恐れがあります。

傷を作るのを避けるために、家庭であれば水道水、コイン洗車場での作業であれば用意されている高圧洗浄機を利用して、水を使い車の汚れを落としましょう。

ただし、次の順番で、車の各箇所についた汚れを落とすとよいかもしれません。住宅の部屋を掃除するのと同じく、「上から下へ」の意識で作業を進めてみましょう。

  1. ルーフ
  2. 乗降用ドア、ボンネット、バックドア付近
  3. 下回り
  4. タイヤ&ホイール
  5. フェンダーアーチ(タイヤハウス)周辺

【補足】洗車の頻度が多いなら「家庭用洗浄機」がおすすめ

お手頃な費用で水を使うならコイン洗車場の高圧洗浄機がおすすめですが、家庭用でも高圧洗浄を設定できる洗浄機が一般向けで販売されています。自宅の駐車場で作業をする頻度が多いなら家庭用の洗浄機を購入するのもよいでしょう。

手順2:シャンプーを使ってボディを洗う

車洗車 シャンプーを使ってボディを洗う

2つ目の手順は「シャンプーを使ってボディを洗う」です。

水で車体全域についた汚れを落としたら、車用のシャンプーとスポンジを使ってボディを磨きましょう。

シャンプーを使用する際は水を使って泡立てると効果的です。水の入ったバケツにシャンプーの液を加えて、泡立った段階でスポンジをバケツに入れます。

泡がついたスポンジをボディに当てて一定方向に動かし、くすんでいる、あるいは汚れている箇所を磨きます。適度なタイミングでスポンジを清潔な水で濯ぎ、泡をつけ直すと効果的です。

【補足】傷消しコンパウンドなどが含まれていないシャンプーを使おう

ボディを洗う際に使用するシャンプーですが、余計な成分の含まれていないシンプルな商品を選んで購入するのをおすすめします。

近年では、ボディの傷消しができるコンパウンド剤が配合されたシャンプーも販売されていますが、新車やボディに傷がない・少ない車両へ使用するとかえってダメージを与える可能性があるからです。

手順3:タイヤ・ホイールを洗う

車洗車 タイヤ・ホイールを洗う

3つ目の手順は「タイヤ・ホイールを洗う」です。

「上から下へ」の意識で洗車の作業を進めるべく、ボディを洗ったのちにタイヤ・ホイールを洗いましょう。

タイヤとホイールで洗い方が異なるため、別々に解説しています。

タイヤの洗い方

タイヤを洗う際は、ボディと異なり別のアイテムを用意するのをおすすめします。

  • スポンジ(ボディ用と別に用意する)
  • ブラシ・歯ブラシ(細かい箇所を磨きたいときに効果的)

作業手順は、用意したスポンジやブラシを使いタイヤの表面やトレッド部分を磨くだけです。ブラシを使うと、溝に小石が挟まっていたり、砂が詰まっていたりしている状態を解消するのに役立ちます。

ホイールの洗い方

ホイールを洗う際もタイヤと同様、ボディと異なり別のアイテムを用意するのがおすすめです。

  • スポンジ(ボディ用と別に用意する)
  • ブラシ・歯ブラシ(細かい箇所を磨きたいときに効果的)
  • ホイールクリーナー(ボディに使うシャンプーと同様の役割をする)

作業手順は、ホイールクリーナーをホイール全体に吹き付けてから、ボディと同じく一定の方向にスポンジやブラシを動かして汚れている箇所を磨くのみです。

ただし、ボディとは異なり、ホイールクリーナーは乾いてしまうとシミになって取れなくなってしまうため、適度に水で流すように心がけましょう。

手順4:ボディについたシャンプーの泡を水で流す

車洗車 ボディについたシャンプーの泡を水で流す

4つ目の手順は「ボディについたシャンプーの泡を水で流す」です。

タイヤ・ホイールも含めて車体全域の汚れを磨いて落としたら、残っているシャンプーの泡を水で洗い落とします。

手順1で解説したとおり、「上から下へ」の流れで車体全域に水を撒きます。家庭用もしくはコイン洗車場に設置された高圧洗浄機を使うとよいでしょう。

  1. ルーフ
  2. 乗降用ドア、ボンネット、バックドア付近
  3. 下回り
  4. タイヤ&ホイール
  5. フェンダーアーチ(タイヤハウス)周辺

手順5:水気を拭き取って仕上げる

車洗車 水気を拭き取って仕上げる

5つ目の手順は「水気を拭き取って仕上げる」です。

シャンプーを残さずに洗い流したら、ボディやタイヤ・ホイール、さらに窓ガラスに残った水滴を拭き取ります。

【補足】別々の拭き上げ用タオルを用意しよう

水気を拭き取る際には、該当の箇所ごとに別々の拭き上げ用タオルを用意するのが安全です。

仕上げと思って気を抜かず、箇所ごとに使うタオルを分別して水気の拭き取りを行えば、傷を防ぎ、車を綺麗な状態にできるでしょう。

手洗い洗車で必要なグッズ

車洗車 手洗い洗車で必要なグッズ

この項目では、手洗いで洗車作業をするのに欠かせないグッズをピックアップしてみました。自宅にある家庭用スポンジやタオルで作業を進めるのではなく、忘れずにお店へ足を運んで、洗車グッズを用意するのをおすすめします。

ホース&洗浄機

家庭で手洗い洗車をして汚れを洗い流すなら、ホースと洗浄機が欠かせません。

洗浄機は“電源コード式”が主流で、自宅に併設している駐車場であれば使用が容易です。コンセント電源を使って洗浄機が動くようにし、長めの電源コードであれば駐車場まで問題なく洗浄機を持ち運べるでしょう。

市販されている洗浄機のほとんどが高圧性能となっているため、バケツに水を汲んで、ボディの上からバケツをひっくり返すように流すよりも効率よく作業が進められます。

洗車用シャンプー

ボディを洗うために洗車用シャンプーを用意しましょう。

「傷消しコンパウンド」など余計な成分が含まれていない商品を選ぶと、新車や傷のない状態の車両であれば効果的に汚れを落とせます。

また、シャンプーを選ぶ際は“対応しているボディカラー”(「全色対応」などと書かれているケースが多い)や“ワックスを落とさない”などの説明も欠かさず目を通すのがおすすめです。

洗車用スポンジ

プロスタッフ 洗車用品 洗車スポンジ レギュラー P01

プロスタッフ 洗車用品 洗車スポンジ レギュラー P01

113円(07/24 18:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

汚れを磨いて落とすために使用するスポンジは、家庭の清掃向けではなく自動車専用に販売されている商品を使いましょう。

泡立ちや耐久性に優れていて、ボディやホイールを洗うのに役立ちます。

拭き上げ用タオル(マイクロファイバークロス)

拭き上げ用タオルもスポンジ同様に使用する箇所ごとで使い分けるべく複数枚用意するのをおすすめします。

近年では、洗車向けに用意されたアイテムが充実しているのも注目です。特に、吸水性能の高い「マイクロファイバー」が使用されたクロスは、一般的なタオルよりも素早く水気を拭き取れるでしょう。

バケツ

水を蓄えておけるバケツも、洗車に欠かせないアイテムです。

水を入れてシャンプーを泡立てるのに使えるほか、近くに水道がない場面で水を入れておき、スポンジやタオルに付着した汚れをすすぐのに役立ちます。

【補足】あると便利なアイテム

上記で取り上げた5つ以外にも、洗車であると便利なアイテムを挙げてみました。

  • ブラシ(歯ブラシ)
  • ホイールクリーナー
  • ヘッドライトクリーナー

ブラシ(歯ブラシ)

ブラシ(歯ブラシ)は、タイヤやホイールを洗う際に活躍します。タイヤの溝やホイールのスポーク部分に付着した汚れを落とすのに効果的です。

ホイールクリーナー

ホイールクリーナーは、ホイールのくすんだ汚れを浮き上がらせるのに活躍します。通常の水洗いでは磨き落とすのが難しい汚れも取り除けるでしょう。

ヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーは、ヘッドライトカバーのくすみが気になった際に使うのをおすすめします。6ヶ月から1年を目安に、洗車と併せて1回は使用すると、ヘッドライトを覆っているプラスチックのカバーが黄ばみで汚れているのを落としたり、コーティング効果で劣化を防ぐのに役立ちます。

洗車にベストの天気・時間はいつ?

©︎Tom Wang/stock.adobe.com

洗車は晴天やくもりの日に行うのが最適です。雨の日の洗車は再び汚れる可能性が高まるため、なるべく避けるとよいでしょう。 

晴天やくもりの日に加え、洗車には風が穏やかな日がベストです。風の強い日を選んでしまうと風で水滴や液剤が車全体に行き渡らないことも。満足のいく仕上がりにするためには、風が穏やかな日を選ぶのがおすすめです。

また、洗車は日差しが強い真夏の昼間よりも、早朝や夕方などの時間帯に日陰で行うのがおすすめです。

洗車には自身の体調や体力も考慮する必要があります。ぜひご自身で洗車にベストな天気、時間帯を見つけてみてください。

東京で洗える洗車専門店はある?

@romankosolapov/stock.adobe.com

「自宅に洗車できるスペースがない」「近隣とトラブルにならないか不安」などのお悩みをお持ちなら洗車専門店の利用がおすすめです。

本記事では、東京都内で洗車できる洗車専門店をお探しの方向けに東京にある洗車専門店をまとめました。

また、こちらの記事では東京都内のセルフ・コイン洗車場を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【近くの洗車場】東京都23区のセルフ・コイン洗車場14か所一覧! | MOBY [モビー] (car-moby.jp)

23区内の洗車専門店

東京23区内には以下のような洗車専門店があります。

など

キーパーラボは、カーコーティング・洗車に関わる総合メーカーであるKeePer技研株式会社が主催する洗車・コーティング専門店です。

キーパーラボ以外にKeePerを取り扱うプロショップが全国に6,432店舗(2023年9月現在)もあります。

KeePerのメニューには手洗い洗車やホイール洗浄などもあるため、最寄りのガソリンスタンドがプロショップであれば洗車を頼むことも可能です。

店舗検索:KeePer PRO SHOP | キーパープロショップ | 「キレイを、長く!」のカーコーティング | 「キレイを、長く!」のカーコーティング “KeePer”

23区以外の洗車専門店

東京23区外には以下のような専門店があります。

など

東京都内には紹介した以外にも多くの洗車専門店があります。価格は洗車をプロに頼むのか、セルフで行うかによっても異なります。

また、サービス内容もお店によってさまざまです。洗車の方法や値段、サービスなどを考慮してお好みの専門店を見つけてみてはいかがでしょうか。

車の水垢を落とす方法!水垢取り用のアイテムと注意点などを紹介

コイン洗車場の使い方や近くのコイン洗車場の探し方を紹介

【初心者必見】おすすめの洗車グッズを紹介!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード