MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 車用高圧洗浄機おすすめ人気11選と選び方|低価格製品でも充分?
アイテム

更新

車用高圧洗浄機おすすめ人気11選と選び方|低価格製品でも充分?

進化著しい家庭用高圧洗浄機の中から、洗車に最適なおすすめの車用高圧洗浄機を選び方のポイントとともに掲載しています。

メンテナンスの基本となる手洗い洗車ですが、億劫に感じることもあるでしょう。そんな時に便利なのが高圧洗浄機です。良さを生かせば心も愛車もスッキリすること間違いありません。

高圧洗浄機があると便利なのはどんなとき?

高圧洗浄機イメージ
©galitsin/stock.adobe.com

エンジンやモーターを使い圧力を高めた水を噴射することにより、そのパワーで付着した汚れを落とす仕組みの高圧洗浄機。そのため、普段の洗車の水道圧では取り切れないタイヤハウスやボディ下部、アルミホイールの隙間など狭い箇所、手の届きにくいルーフの汚れ落としから泥で汚れたフロアマットまで、高圧洗浄機の使える範囲は広く、手作業より確実に汚れが取れ便利です。

さらに高圧洗浄機は、水圧だけで一気に汚れを落とすことから、手洗い洗車のようにボディをゴシゴシ擦ることも減るため車にもやさしい事に加え、節水・時短にもつながり、体への負担も抑えられます。

高圧洗浄機の選び方とチェックポイント

水圧の強さをチェック

高圧洗浄機を選ぶ際にチェックしたいポイントとして、まずあげることができるのは「水圧の強さ」です。水圧の強さは一般的に「最大吐出圧力」と「常用吐出圧力」で表され、最大吐出圧力はピーク圧力を、常用吐出圧力が通常の使用圧力を指しています。

そのため選ぶ際には、常用吐出圧力がどの程度あるかが重要となります。単位は概ね「MPa(メガパスカル)」で表記されているので、8~9MPa程度を選ぶと、洗車での出力不足を感じないでしょう。

動力の種類をチェック

高圧洗浄機には圧力を高める動力の種類に「エンジン」と「モーター」があり、エンジンはガソリンで駆動するため、電源を必要とせず場所を選びませんが、パワーがある分駆動音が大きくなります。

一方、電源コンセントからの電気で駆動するモーターには「インダクションモーター」と「ユニバーサルモーター」があります。インダクションモーターは静音性・耐久性はあるものの、西日本・東日本で電源周波数が異なります。ユニバーサルモーターは地域を選びませんが、インダクションモーターに比べ静音性・耐久性で低くなります。

価格と性能のバランスをチェック

高圧洗浄機を選ぶうえで価格は重要なポイントの1つです。高性能は理想的ですが、それに伴い価格も比例して高くなるのが現実で、なかには10万円を越すものも存在します。しかし、洗車用の機能を網羅した製品ということであれば、価格をもっと低く抑えることは十分可能です。

洗車に必要な常用吐出圧力、動力、付属品など、ご自分に合ったポイントを押さえ、価格と性能のバランスを考慮し最適機種を選びましょう。

洗車での高圧洗浄機の使い方

高圧洗浄機を使った洗車イメージ
©Milan/stock.adobe.com

高圧洗浄機を使った洗車はいたって簡単。いくつかの注意点を押さえておけば、スピーディで確実な洗い上がりに、以前の洗車には戻れなくなるかも知れません。下記に簡単な手順をまとめてみました。

  1. 洗車は日差しの強い日や風が強い日を避ける
  2. 高圧洗浄機を使い、車の上から下へ順に汚れを洗い流す
  3. カーシャンプーを使って洗い、汚れの浮き上がりを待つ
  4. 高圧洗浄機を使い、シャンプーの泡や汚れを洗い流す
  5. 洗車後の水滴を拭き取る

高圧洗浄機を使った洗車方法を詳しく知りたい方は、下記からご覧になれます。

車にも使える高圧洗浄機人気おすすめ11選

BOSCH「高圧洗浄機 UA125」

最大吐出圧力12MPa、常用吐出圧力8MPaのBOSCHのUA125は、広角・ストレート・螺旋水流がワンタッチで切り替え可能な3in1ノズル付き。また、自吸機能搭載で溜め水も使用可能とあって、使い勝手は抜群です。

HiKOKI「家庭用高圧洗浄機・アングルノズル付き」

旧日立工機の高圧洗浄機FAW105とアングルノズル0033-1938のセット製品。ノズルは噴射角度が変わるため、直噴では洗うのが困難だった場所にも最適。また、本体も軽量のうえホイール付きのため、作業効率が上がります。

HOMDOX「家庭用高圧クリーナー D1.1.0」

2020年の最新版となるHOMDOXの高圧洗浄機は、トリガーガン・ウォッシュブラシ・フォームノズルなど12種類の洗車キットが標準装備される車用に最適な製品です。最大許容圧力も10.5MPaと十分で3年保証付きです。

MooSoo「改良版高圧洗浄機」

高圧・低圧の2段階切り替えが可能な変圧ノズルで、付け替えの手間が要らないMooSooの高圧洗浄機は、空冷式モーター採用で耐久性に優れ、最大吐出圧力も9MPaとパワーも十分。西日本・東日本共用で自吸機能も搭載しています。

ケルヒャー「高圧洗浄機 K3サイレント」

水冷式モーター採用のケルヒャーのK3サイレントは、同等製品より作動音を50%削減した静音設計。トリガーガン・バリオスプレーランス・サイクロンジェットノズル・10m高圧ホースが付く安心できるセット内容です。

SAKOBS「家庭用高圧洗浄機 」

重量6.5kgと、軽量コンパクトでありながら最大吐出圧力は10.5MPaとパワーも十分なSAKOBSの高圧洗浄機は、12種類の洗車キット付きで自吸機能も装備する実力派。また、モーター自動停止機能も装備する安心設計。

マキタ「高圧洗浄機 MHW0810」

マキタ(Makita) 高圧洗浄機 シンプル機能タイプ 100V 50/60Hz MHW0810

マキタ(Makita) 高圧洗浄機 シンプル機能タイプ 100V 50/60Hz MHW0810

29,824円(08/10 00:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

総合電動工具の老舗メーカー・マキタの高圧洗浄機で、使いやすさを追求したミドルモデルの高圧洗浄機です。常用吐出圧力は7.5MPaとなり、付属される5種類のブラシ・ノズル類は全て背面に収納できます。

アイリスオーヤマ「高圧洗浄機 FIN-801EHG-D」

常用吐出圧力9.0MPa、最大吐出圧力12.0MPaの実力を持つアイリスオーヤマの家庭用高圧洗浄機は、洗剤吸い込みホースも内蔵し、洗剤を散布しながらの洗浄が可能。また、取っ手が折りたため収納も非常に便利。

ROCKPALS「小型高圧洗浄機」

片手持ちも可能な重さ5.6kgのROCKPALS・コンパクト高圧洗浄機。変圧ノズルは、高圧・低圧が手元で簡単に切り替えられ、高圧は10.5MPa、低圧は7MPaとなるパワーの持ち主。小回りが利くため女性にも最適です。

リョービ「高圧洗浄機 AJP-1210 667100A」

リョービ(RYOBI) 高圧洗浄機 AJP-1210 667100A

リョービ(RYOBI) 高圧洗浄機 AJP-1210 667100A

8,168円(08/10 00:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

リョービの高圧洗浄機のなかでも、コンパクトでシンプルなエントリーモデル。しかし、洗車での機能は十分といえ、バリアブルノズル、高圧ホースは5mを標準装備し、ホース類も本体にスッキリと収納できます。

Beautitec「コードレス洗浄機 KB007」

充電式でコードレス・タンクレスを実現した見た目も楽しい高圧洗浄機のBeautitec・KB007。取り外し可能なリチウム充電池を採用し、連続可能運転時間はエコモードで45分。収納ケース付きで持ち運びも便利です。

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!