MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 初心者にもおすすめの洗車道具15選と人気ランキング|黒い車や洗車傷が気になる人必見
アイテム

更新

初心者にもおすすめの洗車道具15選と人気ランキング|黒い車や洗車傷が気になる人必見

念願の愛車を手にしたら日々のお手入れにも気を配ってあげたいもの。手洗い洗車で役立つ洗車グッズとその選び方やポイント、おすすめの人気商品を厳選しました。

5つのアイテムを揃えるだけで気軽に洗車にチャレンジできます。面倒だから洗車機でという人も、たまの手洗いは心も車もピカピカになって、気持ちが良くなります。

初心者や女性にもおすすめの洗車道具5種類!

洗車道具
©weerapat1003/stock.adobe.com

初めて洗車をするけれどどのようにして洗車して良いのか分からないという方は、まず洗車道具をそろえるところから始めましょう。

カーシャンプーやスポンジ、バケツなど洗車道具はさまざまなアイテムがあって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。ここでは、洗車初心者の方向けに洗車道具の選び方のポイントをご紹介します。

カーシャンプー

水だけで洗うよりも、カーシャンプーを使うと汚れ落としのほか、シャンプー泡で擦る摩擦でできる洗車キズからボディを守ることができます。

シャンプー剤には泡立ちの良いものを選びましょう。ワックス・コーティング効果があるものは時短派向け、コンパウンド(研磨)剤を含むものは水垢など汚れが強いボディ向け。

初心者にはそのような成分を含まない、ノーマルタイプのカーシャンプーがおすすめです。

洗車バケツ

カーシャンプーは、水に希釈させ泡立てるタイプが多いため、カーシャンプーが良く泡立ち、ボディをまんべんなく洗車できる量の水を入れられる洗車バケツがおすすめです。

目安とするのは10L以上。拭き取り時にタオルに付着した石などをバケツ底に溜めるガード付きや、蓋を閉めればルーフ洗いに便利な踏み台となるバケツなど、使い勝手でも選ぶとよいでしょう。

洗車ホース|洗車フォームガンや高圧洗浄機

洗車ホースは車のボディに回り込むだけの長さがあることが大切なため、最低でも15mはほしいところ。さらに、水流や水圧が何種類かに変えられるノズル付きを選ぶのもポイントです。

ホース以外にもフォームガンや高圧洗浄機といった、汚れ落としに最適な製品のホームタイプがラインナップされているのでおすすめです。

洗車スポンジや洗車ブラシ

洗車スポンジはボディ用とタイヤ・アルミ用で使い分けるのが基本です。なぜならタイヤやアルミには鉄粉・泥や砂利などが付着するため、タイヤを洗ったスポンジで車のボディを擦ると洗車キズの要因となってしまう恐れがあるから。

ボディ用は手になじむ優しい素材のもの、タイヤ・アルミ用には柄が付いた少し小さめのものがおすすめです。また、タイヤ・アルミのこびり付き汚れには、始めに洗車ブラシを使うと便利です。

洗車タオル

洗車後の水滴放置はイオンデポジットやウォータースポットなど、車のボディに思いのほかダメージを与える原因に。できるだけすみやかに拭き取ってあげましょう。そのためには洗車タオルは通常のタオルやウェスよりも、吸水性の高いマイクロファイバーやセーム素材がおすすめです。

なかにはワックス成分配合のものもありますが、初心者には通常タイプが使いやすいでしょう。洗車タオルもボディ用とタイヤ・アルミ用に使い分けるようにしましょう。

便利な「洗車グッズセット」も販売されている

洗車グッズをこだわって単体で選ぶのも良いですが、とりあえず最初はおまかせで良いという場合は以下のような洗車用品のセットを購入するのも良いでしょう。

あとは、シャンプー剤と洗車ホースされあれば届いてからすぐに洗車することができます。手洗い洗車オーナー2,000名の意見を集めて厳選されたセットですので初心者の方でも手軽に洗車できるでしょう。

ワックスは上級者向けグッズ

洗車の最後にワックスをかけているという印象があるかもしれませんが、ワックスは上級者向け。

洗車が慣れてきて、「定期的なメンテナンスがしたい」「もっとこだわって洗車したい」と思う方は以下の記事を参考にコーティングしてみてはいかがでしょうか。

カーシャンプー人気おすすめ3選

車の洗車をする女性
©geargodz/stock.adobe.com

シュアラスター「カーシャンプー1000 S-30」

研磨剤成分を含まない定番の中性カーシャンプーS-30。泡立ちも豊かでボディカラーも選ばない万能タイプ。値段もお手頃で容量も1,000mlの大容量。中型車なら1本で約20台分の洗車が可能です。

SOFT99「クリーミーシャンプー 4280」

SOFT99の4280は、全塗装色に対応した中性カーシャンプー。1,000mlの大容量は使う量を気にせず非常に便利です。泡立ちが良く、しかも泡切れも良いのが特徴。価格も安く洗車ビギナーには心強い製品です。

ウイルソン「泡仕立てシャンプー 03099」

シルクのような泡立ちが特徴のウィルソンの泡仕立てシャンプー03099。泡切れもポリオール成分配合により水をかければ素早くサッと流れます。また、香りが良いのも特徴で、キャップも注ぎやすいとユーザーにも高評価です。

洗車バケツ人気おすすめ3選

洗車バケツ
©LIGHTFIELD STUDIOS/stock.adobe.com

イノマタ化学「がんばりバケツ15L 3217」

イノマタ化学 がんばりバケツ15L ブルー

イノマタ化学 がんばりバケツ15L ブルー

1,480円(10/21 21:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

ルーフ磨きの踏み台としても使用可能な「頑張りバケツ」は、インナーバケツ付きで容量も15Lと使い勝手は抜群です。さらに、ホースも固定できるホルダー付きで、洗車後も収納ケースとして使用可能です。

RULAYMAN「折りたたみ ソフトバケツ」

折りたたみ式のソフトバケツで、容量は広げた状態で10Lを確保する優れモノ。取っ手は取り外し可能で、収納時には外した状態でも壁にかけることができる吊り下げ用の穴も完備。車に収納するのも楽々です。

楽/RAKU「多機能バケツ 20L」

蓋を閉めれば踏み台にもなる多機能バケツは、中に水切りかごも付いた大容量の20Lサイズ。最大耐荷重は100kgと丈夫で、ホースホルダーも完備している優れモノ。また、蓋はストッパー付きの安心設計です。

洗車ホース人気おすすめ3選

親子で車を洗う光景
©Artem/stock.adobe.com

タカギ「オーロラNANO RM215FJ」

長さ15mのホースとスリムな収納ケースが特徴のオーロラNANOは、重心となるステップまで収納できて、コンパクトながら収納力は抜群。多機能ノズルは、グリップ部分で通水・止水がワンタッチに操作可能です。

CarAngels「ウォッシュガン UY-10001159」

コンプレッサー不要なフォームガン付きウォーターガン。ウォーターガンのみ、あるいはフォームガンを付けて、用途によって使い分けができ非常に便利です。出水方法も6段に変速可能で、低価格とあって高評価を得ています。

HiKOKI「家庭用高圧洗浄機 ノズル付き」

旧日立工機となるHiKOKIの家庭用高圧洗浄機FAW105と、アングルノズル0033-1198がセットとなった製品で、30分で2Lペットボトル210本分の節水効果が得られます。出水方法も3種類が選べ、高い洗浄力を発揮します。

洗車スポンジ・ブラシ人気おすすめ3選

©t.paisit/stock.adobe.com

WAKO「カーシャンプー用スポンジ CS01」

大きめでしっかりと洗え、しかも低価格と高評価のカースポンジCS01。ポリウレタン素材で、ボディ洗いのほかにもホイールの細かい隙間洗いに使用するのも最適です。泡立ちも良く、コシがあるため長く使えコスパ抜群です。

WAKO「ホイルスポンジ CS48」

吸水性の高いマイクロファイバー製のホイール用スポンジCS48は、太目と細目のスポンジが上下に付いた2WAYタイプ。フィット感は良く、細い方でもしっかり洗えるとユーザー評価が高いのが特徴。価格もお手頃です。

マルテー東北石橋「クリーンブラシ ドリーム」

サイズ感も丁度良く、グリップも握りやすく手にフィットする洗車ブラシです。マルテー東北石橋はブラシ専門企業。洗車ブラシの歴史も古く、大型車から普通車・バイクまでプロも使用する品質を誇り、ユーザーの使用感も高評価です。

洗車ブラシおすすめ人気12選|選び方とポイントは?素材やロングタイプなど

洗車タオル人気おすすめ3選

洗車タオル
©joyfotoliakid/stock.adobe.com

シュアラスター「マイクロファイバークロス S-132」

車のボディのほかにもガラス・内装と、場所を選ばず使える万能タオルS-132。吸水性の良いマイクロファイバー素材で、洗車後の拭き取りや仕上げに最適です。厚みがありふっくらで柔らかいため、車に優しいと評判です。

CARZOC「マイクロファイバータオル CZC-T40×40」

2018年エクセレント・プロダクト・アワードの洗車タオル部門で最優秀賞を受賞したマイクロファイバータオルは、専用収納袋付き3枚セットで価格もお手頃な秀逸品。コーティング塗装にも使用可な極細・極柔タオルです。

uni「ユニセーム UNI」

uni [ ユニ ] 合成セーム革 ユニセーム

uni [ ユニ ] 合成セーム革 ユニセーム

500円(10/21 15:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

ポリビニールアルコールを主成分とした合成セームのユニセームは、弾力があるうえにきめが細かく、水分が加わると独特のなめらかさとなるためボディを傷つけず、拭き取り・仕上げに最適。ケース付きで収納も便利です。

傷がつかない洗車道具おすすめランキング

タオルやスポンジ、バケツなど比較的安価なものは、どれを使っても一緒と思う方もいるかもしれません。しかし、家にあるスポンジで洗車をしたら傷が入ってしまった…などというケースも聞くことがあります。

直接ボディに使うスポンジやタオルなどは、少ない摩擦で汚れや水分をとるために素材が重要です。傷がつきにくい比較的柔らかい素材を選ぶようにしましょう。

そのほか、少し値段は張るもののあると格段に作業効率があがるアイテムもご紹介します。

4位 高圧洗浄機

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K2 サイレント 1.600-920.0

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K2 サイレント 1.600-920.0

17,551円(10/21 21:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

3位 洗車バケツ(複数用意)

車の面積は結構あるので、洗車する車に対して洗車バケツが小さいと何度も水を替えに行く必要があります。バケツは最低でも2個、そして大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

2位 使い捨て洗車スポンジ

スポンジは古いと、小さなほこりやごみなどがつきやすいため、ボディーに触れたときに傷がつくことがあります。素材にはこだわったほうが良いものの、できるだけ安価で頻繁に取り替えられるものを選ぶと良いでしょう。

1位 使い捨て洗車タオル

スポンジ同様にタオルもこまめに替えることで傷を防止することができます。安くて大量に買えるものを選びましょう。

黒い車をなるべく傷つけずに洗車するには?

車の塗装面はとてもデリケートで、洗車した際に微細な傷が付着してしまいます。

白系の車であれば傷が目立ちにくいですが、黒や紺などの濃色系の車は光に当たると細かい傷が目立ちます。傷が入ったあとは、研磨作業などで磨かない限り傷は取れないため、十分に気をつけて洗車することが大事です。

洗車する際にスポンジやタオルをこまめに替えることで傷がつきにくくなるということは前述しましたが、本洗いの前にしっかりと汚れを落とせているかも重要なポイントです。ミラーなどの各パーツの付け根やすき間なども十分に汚れを流しておきましょう。

  1. 最初は、シャワーでしっかりと大まかな汚れを落とします。
  2. マイクロファイバークロスやマイクロファイバータオルなどに水を十分に含ませてからやさしく動かしながら拭き上げます。
  3. 2の動作で、汚れがたくさん付くようであればクロスを洗浄してから再度作業始めます。

収納な便利な洗車道具&収納ケースも!

折りたたみバケツ

[TARO WORKS] 洗車 折りたたみ バケツ

[TARO WORKS] 洗車 折りたたみ バケツ

1,280円(10/21 21:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

最大容量は10Lで、洗車以外にもアウトドアやキャンプなどのさまざまなシーンで活躍できます。コンパクトに折りたたむことができるので、使い勝手抜群!使用サイズ:高27㎝×幅24㎝。収納サイズ:縦24×横24㎝高5㎝。

洗車道具収納BOX

かさばる洗車道具の収納にいかがでしょうか?素材はポリプロピレンで丈夫。容量は60Lあるので、レジャーやアウトドアで踏み台や椅子としても大活躍します。

伸縮式洗車モップ

伸縮タイプのモップなので、手が届けない所でも楽に掃除できて、収納時もコンパクトにまとまります。モップの取り外しができるので、手で持って使うことも可能です。使用後の乾かしも楽にできます。

洗車グッズはどこで買うのがお得?ホームセンターや100均はアリ?

洗車する人
©hedgehog94/stock.adobe.com

種類の多さや洗車に特化したアイテムに関しては、カー用品店に勝るものはないかもしれません。しかし、洗車グッズによっては、カー用品店よりもホームセンターで購入したほうが安価で入手できるものもあるようです。

100均も同様に、細かいものや消耗品はカー用品店よりも比較的安価で購入できます。しかし、100均では1個単位や2.3個で販売されていることが多いため、場合によってはホームセンターやカー用品店で複数枚入もしくは大容量パックなどを購入したほうが結果的に安く手に入れられることもあるでしょう。

こだわりたいアイテムはカー用品店、替えが多い消耗品はホームセンターで購入するなどして、使い分けると良いかもしれません。例えば、タオルやスポンジ、バケツなどはホームセンターや100均のほうが安価な場合が多いでしょう。

一方、カー用品店では専門的な知識があるスタッフに商品の使用方法や品質について説明してもらうことができるというメリットがあります。

ぜひ、近所のホームセンターや100均に行った際は、「車用品コーナー」をチェックしてみてください。

洗車に関しての記事はこちら

洗車道具は5種類あればOK!選び方のポイントは?

ディーラーで洗車だけをお願いすることはできるのか?洗車をお願いした場合の料金などをご紹介

ガソリンスタンドの洗車機・洗車コースの選び方!キズ防止についても

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード