初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダの新型車・モデルチェンジ 計7車種全情報【2017-2018年最新版】

技術面やサービス面など多方面で話題になるマツダが2017年の終盤から2018年にかけて発売する、もしくは発売が予想される新型車を全車紹介しています。今後発売される新型車には、話題のスカイアクティブXやマイルドハイブリッドシステムは搭載されるのでしょうか?2017年内にすでに発売された新型車の情報も紹介しています。

2017-2018年 マツダ新型車・モデルチェンジ情報

(参考)東京モーターショー2015でのRX-VISION発表

マツダ 東京モーターショー2015

フルモデルチェンジして予約が殺到したCX-5などの新型車はもちろんのこと、初代ロードスターのレストアサービスを開始するなど、2017年もさまざまな方向性で車好きの話題をさらっていくマツダ。
最近もスカイアクティブXが話題になりましたが、2017年末から2018年に発売される新型車には搭載されるのでしょうか。

この記事では、2017年〜2018年のマツダの新型・モデルチェンジの最新情報をお届けします。

今後発売予定の新型車一覧表

2017年9月予約受注開始CX-8
2018年4月FMC(予想)アテンザ
2017年10月TMCで発表か?RX-Vision
2018年中新型デビュー(噂)デミオEV
2018年中FMC(噂)アクセラ
2020年中新型デビュー(噂)RX-9
FMC:フルモデルチェンジ
TMC:東京モーターショー
予想:MOBY編集部が高い可能性と
噂:インターネット上で散見される噂レベルの情報

 

【最新情報】マツダ新型スポーツカーを開発中か

米国特許庁に申請されたパテントのエンジン図

マツダ トリプルチャージャー パテント

マツダが新エンジンに関する技術のパテントを米国特許庁に申請したことがわかり、新たなスポーツカーが制作中ではないかと言われています。
パテント名は「エンジンのためのスーパーチャージャー技術」、特筆すべきは2つのターボチャージャーと1つの電動スーパーチャージャーを加えたもので、世界各国で「トリプルチャージャー」と呼ばれ話題になっています。
この新型エンジンは後述のRX-9に搭載されることが予想されており、新型エンジンの性能に注目が集まります。

【新型CX-8】2017年9月予約受注開始・12月発売

マツダ 新型 CX-8 外装

新型CX-8はマツダの新世代商品群の最新モデルで、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなっています。
マツダ新型CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車ながら上質さを追求しています。

公開された外装デザインのコンセプトは「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」。
時を経ても乗り手の感性を刺激し続ける先進性を目指したもので、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」をより高い次元へと深化させています。

内装(インテリア)も国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねていると発表しています。

公式発表は2017年9月に行われ、発売予定は2017年12月となっています。

【新型アテンザ】2018年4月フルモデルチェンジ

(参考)2014年型

アテンザ・アテンザワゴンのフルモデルチェンジ計画が進められ、2018年1月に発売されると予想されています。

変更点としては、まず2017年夏に発表されたスカイアクティブXがフラッグシップであるアテンザに搭載されることは確実視されています。
スカイアクティブXは独自の着火・燃焼技術を利用した新しいエンジンで、パワフルさと高い環境性能・経済性を両立しています。
また、減速時のエネルギーを利用して発電・充電し、その電力でクリープ走行などを可能にする独自の「マイルドハイブリッドシステム」も開発しているため、こちらが採用される可能性も考えられます。
さらにFRモデルになるという噂や2ドアクーペモデルが出るという予想もありますが、依然として公式からの発表はありません。

デザインについてはマツダらしい「魂動」デザインを継承しつつ、CX-5のような趣になるという説もあれば、まったくちがったものになるという説もあります。

【RX-7後継 RX-Vision】東京モーターショー2017で発表か

マツダ RX-VISION コンセプトモデル

RX-7はマツダがかつて販売していたスポーツカーです。
高性能ロータリーエンジンを搭載し、今でも多くのファンに愛される名車として有名ですが、そんなRX-7が2017年に復活するのではないかと言われています。

そのような噂が飛び交うようになったきっかけは2015年に初披露されたRX-VISIONです。
「世界一美しいFRスポーツ」をコンセプトに製作されたこのスポーツカーがベースとなり、新開発ロータリーエンジンを搭載したモデルになると予想されます。

また、RX-VISIONの装いにロータリーエンジンとなると、新型RX-7は新型RX-9となるのではないかとも言われています。

【新型デミオEV】2018年中に発売か

(参考)2012年型

デミオ EV 2012年式

マツダが販売するコンパクトカー「デミオ」にEV搭載モデルが追加される可能性があります。
ノートe-POWERやヴィッツハイブリッドなどの登場など、コンパクト市場においてもEVが浸透しつつあり、マツダのコンパクト部門を担うデミオがEVとなって発売される可能性が高いことが予想されます。

実際デミオEVは2012年からリース販売されており、その市販モデルと考えれば実現性は高いでしょう。

【新型アクセラ】2018年中にフルモデルチェンジか

(参考)アクセラ ハイブリッド 2016年

マツダ アクセラ ハイブリッド 2016年

新型アクセラのフルモデルチェンジ計画が進んでいます。
新型アクセラにはマツダが製品化を目指し続けてきたHCCIエンジンが搭載されると噂され続けていて、その後発表されたSCCIのスカイアクティブXでのテスト走行もスクープされています。
また、アテンザ同様にマイルドハイブリッドシステムの採用も考えられます。

新型アクセラの発表日は2017年10月に行われる東京モーターショー、2018年内に発売開始と予想されています。

【新型RX-9】2020年に登場?

(参考)RX-9 予想レンダリングCG

マツダ新型RX-9 予想レンダリングCG

新型RX-7の復活に引き続き、RX-8の後継車種となる新型「RX-9」の開発が進んでいるという情報が入ってきています。

RX-VISIONがベースになっているとも、全く別のコンセプトからなるとも言われており、現段階では決定的な情報はありませんが、2017年秋開催予定の東京モーターショーでロータリーエンジンを搭載した新コンセプトカーが発表されることが明らかになっており、徐々にRX-9発売が現実味を帯びてきています。

新型RX-9の最新情報については以下の記事をご覧ください。

次のページ

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK