初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダの新型車・モデルチェンジ全情報【2017-2018年最新版】

昨年の新型ロードスター、魂動デザインの登場で、今最も勢いに乗っている日本メーカーと言えるマツダ。昨年はたくさんのモデルチェンジがありましたが、今年はどうなのでしょうか。 この記事では、そんなマツダの気になる2017年、2018年の最新新型・モデルチェンジ情報をお届けします。

2017-2018年マツダ モデルチェンジ・新型車情報!

新型ロードスターの登場やCX-5の大ヒットなど、今最も勢いに乗っている国産自動車メーカーといっても過言ではないほど、2016年成功を納めたマツダ。2017年はどんな新型車をデビューさせるのか、果たして好調を維持できるのかなど、気になることも多いですね。

この記事では、2017年〜2018年のマツダの新型・モデルチェンジの最新情報をお届けします。

2017年の新型車・フルモデルチェンジ情報!

ここからは2017年に計画されているとされるマツダの新型車・フルモデルチェンジ情報をご紹介します。マイナーチェンジ予想や一部改良モデルについても同様に解説します。

2016年に引き続き、2017年も多くの新型車を発売すると予想されています。

【2017年1月】フレアワゴン(一部改良)

フレアワゴン カスタムスタイルXS (2017年式)

マツダが販売する人気軽自動車「フレアワゴン」が2017年1月に一部改良されました。

フレアワゴン カスタムスタイルに防眩式ルームミラーを採用し、またカスタムスタイルXSとターボモデルのカスタムスタイルXTには、バック走行時の後方視界をサポートするバックアイカメラが装備されました。

そのほか新色として、フェニックスレッドパール(XG / XS)と、シフォンアイボリーメタリック2トーン(XS)が追加されています。

【2017年2月】CX-5(フルモデルチェンジ)

新型CX-5

マツダ 新型 CX-5 2017年

2017年2月2日、新型CX-5がついに発売開始されました。2016年11月に新型CX-5に関する公式発表が行われ、年内には販売されていると予想されていましたが、結果として開始されたのは2017年2月となりました。

CX-5は2012年の登場以来、絶大な支持を得ているマツダのSUVですが、今回のフルモデルチェンジによってデザインや性能を向上し、さらにその魅力を高めているようです。

新型CX-5については以下の記事で徹底的に解説しています。

【2017年2月】ファミリアバン(一部改良)

ファミリアバン VE(2017年式)

マツダ ファミリアバン VE(2WD車) 2017年

2017年2月9日、マツダは同社の商用バン「マツダ ファミリアバン」を一部改良したことを発表しました。

歩行者検知可能なエマージェンシーブレーキやLDW(車線逸脱警報)などの安全装備を標準装備とし、内装においても改良が行われました。またフロントデザインも一新されています。

【2017年3月】フレア/フレアハイブリッド(フルモデルチェンジ)

マツダ 新型 フレア 2017年

軽トールワゴンである「マツダ フレア」がフルモデルチェンジし、3月2日より発売されます。

フレアはスズキ ワゴンRのOEM車のため、モデルチェンジしたワゴンRに合わせて新型が発売される形です。

燃費性能が向上し、33.0km/L(JC08モード)という低燃費な車になっています。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

【2017年6月】CX-3(マイナーチェンジ)

新型 CX-3 2017年 マイナーチェンジ1

マツダCX-3は2017年6月にマイナーチェンジが行われ、ディーゼルエンジン搭載モデルとガソリンエンジン搭載モデルが販売されています。

「クリーンディーゼル専用車」としてデビューしたCX-3でしたが、マイナーチェンジによりガソリンモデルを追加。
トヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルなどのライバル車とは趣向の異なる、人気コンパクトSUVとなっています。

【2017年10月】デミオ(マイナーチェンジ)

デミオ(2016年式)

マツダ デミオ

2017年10月、デミオにマイナーチェンジが行われると予想されています。確定的な情報はありませんが、燃費性能の向上やデザイン変更が施されるのではないかと思われます。

また、日本未発売モデルの「デミオ セダン」の国内導入の可能性もあります。現在、国産コンパクトセダンのラインナップは乏しく、5ナンバーサイズのセダン車として投入される可能性もあります。

【2017年12月】CX-8(新型車)

マツダ 新型 CX-8

新型CX-8はマツダの新世代商品群の最新モデルで、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなっています。
マツダ新型CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車ながら上質さを追求しています。

公開された外装デザインのコンセプトは「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」。
時を経ても乗り手の感性を刺激し続ける先進性を目指したもので、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」をより高い次元へと深化させています。

内装(インテリア)も国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねていると発表しています。

公式発表は2017年9月に行われ、発売予定は2017年12月となっています。

【2017年内?】RX-7(新型車)

RX-VISIONをベースに開発か

マツダ RX-VISION

©Shutterstock.com/ Maksim Toome

RX-7はマツダがかつて販売していたスポーツカーです。高性能ロータリーエンジンを搭載し、今でも多くのファンに愛される名車として有名ですが、そんなRX-7が2017年に復活するのではないかと言われています。

そのような噂が飛び交うようになったきっかけは2015年に初披露されたRX-VISIONです。「世界一美しいFRスポーツ」をコンセプトに製作されたこのスポーツカーがベースとなり、新開発ロータリーエンジンを搭載したモデルになると予想されます。

新型RX-7やRX-VISIONについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

2018年以降の新型車・フルモデルチェンジ情報!

ここでは、2018年以降に登場するといわれている新型車や、フルモデルチェンジに関する情報をご紹介します。

2015年東京モーターショーで公開されたロータリーエンジン搭載スポーツカー「RX-VISION」の市販モデルや、マツダのフラッグシップセダン、アテンザのフルモデルチェンジ情報など!

【2018年1月】アテンザ(フルモデルチェンジ)

アテンザワゴン(2016年式)

マツダ アテンザワゴン 2016年

アテンザ、アテンザワゴンのフルモデルチェンジ計画が進められ、2018年1月に発売されると予想されています。

次世代スカイアクティブ技術が採用され、燃費性能の向上やエクステリア、内装の刷新が行われると考えられます。

【2018年】デミオEV(新型車)

デミオEV(2012年式)

デミオ EV 2012年式

マツダが販売するコンパクトカー「デミオ」にEV搭載モデルが追加される可能性があります。ノートe-POWERやヴィッツハイブリッドなどの登場など、コンパクト市場においてもEVが浸透しつつあり、マツダのコンパクト部門を担うデミオがEVとなって発売される可能性が高いと予想します。

実際デミオEVは2012年からリース販売されており、その市販モデルと考えれば実現性は高いでしょう。

【2018年】アクセラ(フルモデルチェンジ)

マツダ アクセラ ハイブリッド 2016年

マツダ アクセラ ハイブリッド 2016年

新型アクセラのフルモデルチェンジ計画が進んでいます。
新型アクセラにはマツダ新開発のHCCIエンジンが搭載されると噂されています。

2017年10月に行われる東京モーターショーにて発表され、2018年内に発売開始されることが予想できます。

【2020年】RX-9(新型車)

新型ロータリースポーツの予想CG

マツダ RX-9 予想CG

新型RX-7の復活に引き続き、RX-8の後継車種となる新型「RX-9」の開発が進んでいるという情報が入ってきています。

先ほどご紹介したRX-VISIONがベースになっているとも、全く別のコンセプトからなるとも言われており、現段階では決定的な情報はありません。2017年秋開催予定の東京モーターショーで何かしらの発表があるかもしれません。

新型RX-9の最新情報については以下の記事をご覧ください。

2017年 マツダの主力は魂動デザインの車たち!

マツダ ラインナップ

マツダの2017年・2018年の新型・モデルチェンジ情報はいかがでしたでしょうか。ミニバン市場から一度撤退したマツダですが、CX-9の日本導入やCX-6の開発など、再びマツダのミニバンが日本に帰ってくる可能性が高まっています。

公式発表がされておらず、謎に包まれている新型車もありますが、マツダが2017年に数多くの注目すべきニューモデルを発売することは間違い無いでしょう。

最新情報が入り次第、更新してまいりますのでお楽しみに!

その他メーカーの新型車情報!

マツダ車に関するおすすめ記事!

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK