MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 【編集部が厳選】かっこいい国産&外車SUV6選!安くてもかっこいい車種はある?
お役立ち情報

更新

【編集部が厳選】かっこいい国産&外車SUV6選!安くてもかっこいい車種はある?

「かっこいいSUV」の定義とは

©Ivan Kurmyshov/stock.adobe.com

人気の高いSUVは、各メーカーがこぞって新型を発売する激戦カテゴリ。ミニバンセダンにはない「かっこよさ」が、若者を中心に人気を博す理由です。

さまざまな種類のSUVが販売されていますが、編集部では「かっこいいSUV」のデザインを以下3つの観点から定義付けしました。

【無骨でかっこいいSUV】

男らしい、今すぐジャングルに行けそうなデザイン

【スポーティーでかっこいいSUV】

スポーツカーのようなアグレッシブなデザイン

【ラグジュアリーなかっこよさのあるSUV】

“大人の魅力”を感じさせられる高級感あるデザイン

以上の観点に加え、何とか手に届く価格帯(〜700万円)という条件のもと、各自動車メーカーがリリースしている国産&外車のSUVから、編集部が独自の基準で選出。国産・外車からそれぞれ3車種を厳選した「かっこいい国産&外車SUV6選」をお届けします!

【日本車編】かっこいいSUV3選

【無骨】スズキ ジムニー

スズキ ジムニー(フロント)
スズキ ジムニー(リア)
スズキ ジムニー(インテリア)

2018年6月にフルモデルチェンジを受けた4台目「スズキ ジムニー」は、初代(1970年登場)から軽自動車のオフロード四輪駆動車として硬派路線を崩していません。

最新の4代目には現代車として安全装備が搭載されましたが、角ばったボディにワイルドなフロントマスクといった無骨な雰囲気を醸し出しおり、「軽自動車=かわいい」というイメージを払拭しています。

事実オフロードの走破性には定評があり、軽自動車とは思えないオフロードの走行性能は、山間部のパトカーや郵便局の車として採用されることでも証明されていると言えるでしょう。

 ・新車車両価格:146万円(税込)〜

スズキ ジムニーの詳細はこちら!

【スポーティ】スバル フォレスター

スバル フォレスター(フロント)
スバル フォレスター(リア)
スバル フォレスター(インテリア)

フォレスターは1997年に登場以来、21年におよび生産が続けられ2018年にフルモデルチェンジを受けた5代目が発表されました。

そのスタイルはフルモデルチェンジごとにスポーティーなデザインに。現代のスバルに共通する「デザインフィロソフィー “DYNAMIC x SOLID”」に基づいたデザインとなっています。

街中ではSUVとは思えないスポーツカーのような俊敏さを見せる走りを、オフロードでは四輪駆動による力強い走りを実現する、どこを走ってもスポーツカーを演出する1台でしょう。

 ・新車車両価格:281万円(税込)〜

【ラグジュアリー】レクサス NX

レクサス NX(フロント)
レクサス NX(リア)
レクサス NX(インテリア)

レクサス NXはオフロードを走るのがもったいないと思えるほどエレガントなデザインです。

レクサスを象徴するフロントの「スピンドルグリル」は重厚感を演出しています。インテリアもSUVというよりは高級セダンをイメージさせるデザインで、乗るものを満足させるつくりはまさにラグジュアリーカーです。

 ・新車車両価格:441万円(税込)〜

レクサス NXの詳細はこちら!

【外車編】かっこいいSUV3選

【無骨】ジープ ラングラー

ジープ ラングラー サハラ_2018
ジープ ラングラー サハラ(フロント)
ジープ ラングラー サハラ_2018
ジープ ラングラー サハラ(リア)
ジープ ラングラー サハラ_2018
ジープ ラングラー サハラ(インテリア)

ジープ ラングラーは、軍用の四輪駆動車として1941年に誕生した「ウィリスMB」をルーツとしています。本格的なクロスカントリーSUVとして1987年に登場しました。

70年以上の進化を繰り返しながら、機能性を最優先に生み出されたデザインのDNAは、伝統を継承するオンリーワンのスタイルです。

角ばったルーフライン、7スロットグリルに丸型ヘッドライトは無骨をストレートに表現した男らしさを感じさます。最初に紹介した「スズキ ジムニー」のフロントデザインは、このラングラーの影響を受けているかのようにも見えます。

 ・新車車両価格:433万円(税込)〜

ジープ ラングラーの詳細はこちら!

【スポーティ】ポルシェ マカン

ポルシェ マカン_2018
ポルシェ マカン(フロント)
ポルシェ マカン_2018
ポルシェ マカン(リア)
ポルシェ マカン_2018
ポルシェ マカン(インテリア)

ポルシェ マカンは、カイエンより小型のSUVとして登場しました。カイエンより一回り小さいボディとはいえ、全幅1,900mmを超えているため、日本では大型SUVといえるでしょう。

カイエンと同様にスポーティーなデザインはポルシェらしさを感じさせます。また、走りも普通のセダンには負けない俊足な性能を誇ります。
インテリアは他のポルシェ車に共通するデザインのため、マカンの運転席に座ると「車高が高いスポーツカー」というイメージです。

 ・新車車両価格:699万円(税込)〜

ポルシェ マカンの詳細はこちら!

https://car-moby.jp/article/automobile/porsche/macan/new-model-3/

【ラグジュアリー】ランドローバー レンジローバーヴェラール

ランドローバー レンジローバーヴェラール 2019年
ランドローバー レンジローバーヴェラール(フロント)
ランドローバー レンジローバー ヴェラール 2017年
ランドローバー レンジローバーヴェラール(リア)
ランドローバー レンジローバーヴェラール(インテリア)

ランドローバー レンジローバーヴェラールは、「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ ・イヤー 2018」を受賞した、世界が認めるラグジュアリーSUVです。

デザインはエクステリア、インテリアともに未来を感じさせる洗練されたデザイン。スーツ姿にもぴったりな大人の都会派SUVです。乗る者を選ぶ「ヴェラール」と言えるでしょう。

 ・新車車両価格:699万円(税込)〜

ランドローバー レンジローバーヴェラールの詳細はこちら!

外車SUVについてはこちら

番外編:お金に糸目をつけず究極のかっこよさを求めるなら

ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニ ウルス(フロント)
ランボルギーニ ウルス(リア)
ランボルギーニ ウルス
ランボルギーニ ウルス(インテリア)

ランボルギーニ ウルスはランボルギーニ初のSUVです。ランボルギーニは「スーパースポーツユーティリティビークル(SSUV)」と称しています。

ランボルギーニ ウルスのかっこよさは、ひと目で「ランボルギーニ」とわかるアグレッシブなエクステリア デザインとアイデンティティです。そのかっこよさはエクステリアに限らずインテリアもスーパーカーと同じ雰囲気が漂い、只者でない事を物語っています。

 ・新車車両価格:2,574万円(税抜)

ランボルギーニ ウルスの詳細はこちら!

自分なりの「かっこいいSUV」を選ぼう!

トヨタ ランドクルーザー200系

今回お届けした「かっこいい国産&外車SUV6選」はMOBY編集部が選出したものでしたが、「かっこいい」の基準は人それぞれ。

全世界の自動車メーカーから数多くのSUVが発売されいますので、きっと自分だけのかっこいいSUVを選ぶことができるでしょう。

SUVについての最新情報や人気ランキングはこちら

注目の新型SUVについてはこちら

執筆者プロフィール
Avatar
宮代ツトム

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード