MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > ソルテラ > スバル ソルテラ完全情報!グレード構成や人気カラー、スペックなどを解説
ソルテラ

更新

スバル ソルテラ完全情報!グレード構成や人気カラー、スペックなどを解説

スバル ソルテラとはどんな車?

ソルテラは021年10月に発表された、スバルが初めてグローバル展開するEVです。開発はトヨタと共同で行われており、プラットフォームを共有する兄弟車「トヨタ bZ4X」も発表されています。

兄弟車とはいっても、ソルテラとbZ4Xはところどころデザインが異なります。ソルテラは六角形グリル(ヘキサゴングリル)を採用しているほか、コの字のデイライトを取り入れたヘッドライトなどでスバルらしさを強調しています。

インストゥルメントパネルを低く抑え、中央の大型ディスプレイに機能を集約。ステアリングホイールの上を通して見える位置にメーターを配置するという工夫によって開放的な視界を実現しています。

運転席と助手席の間隔を十分に確保するとともに、「ヒーター機能」「ベンチレーション機能」「運転席オートスライドアウェイ機能(乗降時にシートが最後端位置まで移動する機能)」などの快適装備を充実させています。

ハーマン製スピーカー&ウーファーをフロントに6個、リヤに4個備えるオーディオシステムや、圧縮音源をオリジナルに近づけて再生する「Clari-Fi」、音質向上と消費電力の低減に貢献する「GreenEdge」など最新オーディオ技術も採用。

メーカーオプションとして、開放感をさらに高めるパノラマムーンルーフも設定されています。

「アイサイトX」ではなく「スバルセーフティセンス」搭載

スバルファンから残念という声が挙がった点として、ソルテラにはスバル先進運転支援システム「アイサイトX」が搭載されていないとことがあります。スバルによると、これは共同開発という制約の中で対応が間に合わなかったとのこと。

代わりにトヨタの「トヨタセーフティセンス」を「スバルセーフティセンス」という名称で搭載しています。

兄弟車のトヨタ bZ4Xについてはこちら

おすすめグレード

グレード名駆動方式タイヤサイズ車両税込価格
ET-SSFWD18インチ5,940,000円
AWD6,380,000円
ET-HS20インチ6,820,000円

ソルテラのグレードは「ET-SS」「ET-HS」の2種類。上位グレード「ET-HS」のみ、駆動方式をFWD(前輪駆動)とAWD(全輪駆動)の両方から選択できます。最低価格は594万円からです。

【ET-HS】本革シートなど上級装備を与えられた上級グレード

ET-HS

上位グレードのET-HSでは、本革シートや20インチアルミホイールといった上級装備を与えられています。質感や快適性などを重視する方はこちらを選択するのがオススメです。

また、ソーラールーフやリモート機能付Advanced Park、フロントシートベンチレーション、ハーマンカードンサウンドシステムといった機能はET-HSにしか設定されません。

スペックはエントリーグレードのET-SSと変わりないものの、航続距離はET-SS(AWD仕様)の542kmに対し、ET-HSは487kmと大きく減ってしまいます。

【ET-SS】駆動方式を選択できるエントリーグレード

ET-SS

上位グレードとの違いは駆動方式をFWDとAWDどちらも選択できることや、ホイールが18インチになること、シート素材がレザーではなくファブリックになっていることなどが挙げられます。

オプションでは、ルーフレールやパノラマムーンルーフはAWD車であれば選択可能。ソーラールーフは設定できません。

安全機能をみると、AWD車はほとんど上位グレードと大差ありません。「Advanced Park」のリモート機能がつかないこと、フロントシートベンチレーションやハーマンカードンサウンドシステムがなどが設定されない、といった違いくらいです。

ボディカラー

ボディカラーは合計11色を用意

ボディカラーはモノトーンが6色、ツートーンが5色の合計11色を用意。メタリックな質感のカラー中心のbZ4Xと違い、ソルテラのボディカラーはソリッドの光沢感が強く、近年のトレンドである中間色を採用しているようです。

選択できる色のほとんどは兄弟車のトヨタ bZ4Xと同じですが、bZ4Xにあった「プレシャスシルバー」はソルテラにはなく、代わりに「ハーバーミストグレーパール」が追加されています。

モノトーン(6種類)

ボディカラー名称価格
ハーバーミストグレーパール55,000円
プラチナホワイトパールマイカ33,000円
プレシャスメタル55,000円
エモーショナルレッドⅡ55,000円
ダークブルーマイカ無料
ブラック無料

ツートーン(5種類)

ボディカラー名称価格
ハーバーミストグレーパール/ブラック110,000円
プラチナホワイトパールマイカ/ブラック88,000円
プレシャスメタル/ブラック110,000円
エモーショナルレッドⅡ/ブラック110,000円
ダークブルーマイカ/ブラック55,000円

シート素材はレザーとファブリックの2種類

本革(左)とファブリック(右)

シート素材には、タンレザーを採用した本革シートと、ファブリックシートの2種類が用意されています。

スバル ソルテラのスペック

ボディサイズ

ソルテラのボディサイズはミドルサイズSUVといえる大きさで、現在スバルが国内で販売している「フォレスター」「XV」の中では最も大きい数値です。

居住性や積載性に影響するホイールベースの数値は「トヨタ ランドクルーザー」と同じ2,850mm。Dセグメントセダン相当の室内空間を実現していて、足元の広さもミドルサイズSUVクラスではトップレベルと言えます。

FWD車4WD
全長4,690mm
全幅1,860mm
全高1,650mm
ホイールベース2,850mm
室内長1,940mm
室内幅1,515mm
室内高1,160mm(ノーマル/ソーラールーフ仕様)
1,145mm(ガラスルーフ仕様)
乗車定員5人
ホイール18インチホイール18インチホイール
20インチホイール
タイヤサイズ235/60R18235/60R18
235/50R20
最小回転半径5.7m
最低地上高210mm
車両重量1,930kg~2,020kg~
車両総重量2,205kg~2,295kg~

パワートレイン

ソルテラには、EVならではの新開発AWDシステムを採用し、前輪と後輪をそれぞれ別のモーターで駆動する仕組みになっています。

既存車種と同様に、悪路での安心感を高める「X-MODE」を採用。悪路でも車両を安定させながら一定速度での走行を可能にする「Grip Control(グリップコントロール)」を新たに追加することで、走破性をさらに強化しています。

モーター種類交流同期電動機
最大出力(フロント)150kW80kW
最大出力(リヤ)80kW
最大出力(システム)150kW160kW
動力用電池種類リチウムイオン電池
総電力量71.4kWh
総電圧355V
AC充電器最大出力6.6kW
DC充電器最大出力最大150kW
一充電走行距離
WLTCモード
530km前後460km前後
ステアリングラック平行式電動パワーステアリング
サスペンション前:ストラット式コイルスプリング
後:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
ブレーキ前後:ベンチレーテッドディスク

【スバル】新車で買える現行車種一覧まとめ

【スバルのSUV】新車一覧比較&口コミまとめ

国産SUVを中古で買うならこれ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード