MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ぶつからない車ランキングTOP10|2021年最新情報
メーカー・車種別

更新

ぶつからない車ランキングTOP10|2021年最新情報

ぶつからない車ってどんな車?

©Proxima Studio/stock.adobe.com

車の安全性を客観的に評価する機構『自動車事故対策機構(NASAVA)』では、車の「ぶつからない」性能を「予防安全性能」という項目で評価しています。

そのデータをもとに、ぶつからない車をランキング形式で紹介します。

※2020年または2021年における、NASAVAが評価した予防安全性能の点数で順位付け。同着の場合は、衝突安全性能の点数と合わせた総合評価結果が高い方を高位としています。

【第10位】三菱 eKワゴン/eKクロス

三菱 eKワゴン

第10位にランクインしたのは、三菱eKワゴンです。EKワゴンも軽自動車でありながら、衝突を防ぐハイテク機能が満載である事が特徴です。

自動ブレーキや車線逸脱防止装置が備わっているほか、急ブレーキを掛けた際、後続車に危険を知らせるためのストップランプが高速点滅するなど、ぶつかられないための機能もしっかり備わった1台です。

予防安全性能79.12点 / 82点
評価結果167.72点
最新「eKワゴン」中古車情報
本日の在庫数 1896台
平均価格 70万円
支払総額 9~200万円
最新「eKクロス」中古車情報
本日の在庫数 426台
平均価格 139万円
支払総額 66~1,200万円

【第9位】日産 キックス

第9位にランクインしたのは日産 キックスです。キックスには自動ブレーキ機能であるインテリジェントエマージェンシーブレーキや、駐車中に自車を真上から映し出すアラウンドビューモニターが装備されており、非常に高機能なモデルとなっています。

アラウンドビューモニターには歩行者などの動くものを検知する機能があるため、死角の多い駐車場でも安心して車の出し入れを行う事ができます。

予防安全性能79.12点 / 82点
評価結果172.03点
最新「キックス」中古車情報
本日の在庫数 826台
平均価格 246万円
支払総額 168~348万円

【第8位】ホンダ フィット

第8位にランクインしたのはホンダフィットです。フィットにはホンダ自慢の安全運転支援システムであるホンダセンシングが装備されています。カメラやソナーと呼ばれるセンサーで危険を感知し、ブレーキアシストで回避してくれるなど、合わせて13の機能が備わっています。

特に車線からはみ出しを防止する機能に関しては、歩行者だけでなく路肩からはみ出る雑草や砂利などにも反応するため、予期せぬ危険にも対応することのできる安全装備です。

予防安全性能79.12点 / 82点
評価結果174.40点
最新「フィット」中古車情報
本日の在庫数 4018台
平均価格 121万円
支払総額 17~283万円

【第7位】日産 デイズ

第7位にランクインしたのは日産 デイズです。デイズは軽自動車でありながら、日産独自のハイテク技術であるプロパイロットが装備されていることが特徴です。

プロパイロットは高速道路での快適な運転をサポートしてくれるだけでなく、前方の車と一定の間隔を保って追従するため、前方の車がブレーキを踏んだ際によそ見をしてしまっていてもしっかりと減速してくれます。

さらに駐車時に自車を真上から写したような視点で周囲を見渡す事のできるインテリジェントアラウンドビューモニターが装備されています。また、動くものに反応するセンサーも装備されています。軽自動車は衝突安全性がどうしても低くなりがちなので、こういった安全装備が充実したモデルは非常に魅力的だと言えるでしょう。

予防安全性能79.12点 / 82点
評価結果175.72点
最新「デイズ」中古車情報
本日の在庫数 6834台
平均価格 94万円
支払総額 11~227万円

【第6位】トヨタ ヤリスクロス

第6位にランクインしたのはトヨタのコンパクトSUV ヤリス クロスです。ヤリスクロスには前方の危険を察知しブレーキアシストなどで危険を回避してくれるプリクラッシュセーフティや、​​​後退時死角から飛び出してくる車両などに反応してくれる​リヤクロストラフィックオートブレーキなどが装備されています。

さらに、前方を走行する車両の速度に合わせて自動で追従するレーダークルーズコントロールに加え、車線からのはみ出しを防ぐレーントレーシングアシストを装備。こちらの機能はハンドル操作もアシストしてくれるため、対向車や後続車との接触リスクを大幅に軽減してくれます。

予防安全性能81.40点 / 82点
評価結果175.70点
最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 1822台
平均価格 261万円
支払総額 161~387万円

【第5位】日産 ノート/ノート オーラ

第5位にランクインしたのは、日産ノート / ノート オーラです。ノートは日産のコンパクトカーで、e-Power搭載による低燃費が売りのモデルです。安全性能としても評価は高く、特に360°セーフティアシストという機能がぶつからない事をアシストしてくれます。

前方の危険の際はもちろんですが、車線変更時時などに後方から接近する車両をお知らせしてくれるインテリジェント BSI +BSW機能や、駐車時に車を真上から映したようなアングルで映像化されるアラウンドビューモニターには、人や自転車の接近を知らせてくれるブザーが鳴るなど、細かい配慮がなされた1台です。

予防安全性能81.95点 / 82点
評価結果176.73点
最新「ノート」中古車情報
本日の在庫数 6725台
平均価格 120万円
支払総額 10~1,304万円

【第4位】三菱 eKスペース/eKクロス スペース

第4位にランクインしたのは三菱ek スペース / ekクロススペースです。こちらのモデルには三菱e-Assistと呼ばれる先進の予防安全技術が搭載されており、ぶつからない事をアシストしてくれます。

軽自動車であることから幅広い世代が乗ることが多く、特に昨今話題となりがちなブレーキとアクセルの踏み間違い防止機能に関しては前進時はもちろん、後退時の踏み間違いにもエンジン出力を制御する機能が追加され非常に安心感のある仕上がりになっているモデルです。

予防安全性能82.00点 / 82点
評価結果168.54点
最新「eKスペース」中古車情報
本日の在庫数 737台
平均価格 108万円
支払総額 19~218万円
最新「eKクロススペース」中古車情報
本日の在庫数 372台
平均価格 162万円
支払総額 99~260万円

【第3位】日産 ルークス

日産 ルークス

第3位にランクインしたのは日産 ルークスです。ルークスは日産のハイトワゴンタイプの軽自動車、ハイトワゴンならではの視界の良さもぶつかりにくさをアシストしてくれます。

ハイテクな安全機能としては、運転操作や車速などを管理し、危険を察知すればブレーキ圧やエンジン出力を制御し横滑りなどを抑制してくれるVDC(ビークルダイナミクスコントロール)や、センターラインからのはみ出しを検知しステアリング操作で元の車線に戻るようにアシストしてくれるインテリジェント LI機能など、ドライバーのうっかりミスによる衝突防止をできるだけ防ぐような機能が盛り沢山な1台です。

予防安全性能82.00点 / 82点
評価結果176.54点
最新「ルークス」中古車情報
本日の在庫数 4062台
平均価格 131万円
支払総額 13~268万円

【第2位】トヨタ ハリアー

第2位にランクインしたのはトヨタ ハリアーです。ハリアーには前方の自動車や歩行者との接触を防いでくれるプリクラッシュセーフティや誤発進防止機能など、ぶつかることを防ぐ為のさまざまな機能が充実しています。

さらには悪天候時や夜間などでも安定した後方の視界を実現してくれるデジタルインナーミラー、ブラインドスポットモニターも装備されています。ハイテク機能でぶつかることを防ぐことも魅力的ですが、このような死角を減らしてくれるアイテムも事故を防ぐ観点では魅力的な装備と言えるでしょう。

予防安全性能82.00点 / 82点
評価結果177.68点
最新「ハリアー」中古車情報
本日の在庫数 4096台
平均価格 293万円
支払総額 58~649万円

【第1位】スバル レヴォーグ

ぶつからない車ランキングTOP10 第1位はスバル レヴォーグです。レヴォーグにはスバル独自の安全技術であるアイサイトが装備されてます。最新型のアイサイトには360度全方位にセンサーが張り巡らされており、交差点を右折する際などの事故防止に大きな役割を果たしてくれます。

安全装備以外にも死角の少ない窓の位置やドライビングポジション、さらにはドライバーの意のままに操ることのできるハンドリング性能などの操縦性の高さで衝突を防ぐことができます。

スバルの技術であるアイサイトはデビュー以来、常に安全面でトップを守り続けています。今後さらに事故が減ることを期待できるシステムですね。

予防安全性能82.00点 / 82点
評価結果186.91点
最新「レヴォーグ」中古車情報
本日の在庫数 1790台
平均価格 222万円
支払総額 72~630万円

安全性能に特化した車 TOP10

高齢ドライバーの事故予防に繋がる?

執筆者プロフィール
ダイス
ダイス
プリウス専門店『Kyoei Japan』でセールス・マーケティングを担当しながらライターとして活動しています。愛車はホンダ シビックEG6型、普段乗りはZVW30 プリウス。仕事柄プリウスに関するネタに関しては引き出し...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード