MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > ルークス > 日産 ルークス完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
ルークス

更新

日産 ルークス完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

日産 ルークスとはどんな車?

日産 3代目ルークス フロント
日産 3代目ルークス リア

ルークスは日産が販売する4人乗りの軽スーパーハイトワゴンです。

三菱と共同開発されたモデルで、生産は日産ではなく三菱が行っています。兄弟車としてekスペース/ekクロススペースがあります。

デビュー当時は「ルークス」という車名でしたが、2代目で一旦「デイズルークス」に改名。2020年3月のモデルチェンジを経て再度「ルークス」として販売されました。

日産 3代目ルークス 運転席

デイズ同様、日産の先進運転支援システム「プロパイロット」を搭載しレーンキープや前者追従など、ドライバーの負担軽減をアシスト。

そのほかにも、急病時や危険を感じたときに専門オペレーターが警察や消防への連携をサポートする「SOSコール」を用意。万が一の事故発生時にも、専門オペレーターが警察や消防との連携をサポートします。

日産 3代目ルークス 内装

デイズよりも全高が高く、最大1,400mmの室内高は軽自動車ながら圧迫感を感じさせません。大人4人が窮屈さを感じないゆとりのある室内空間となっています。

おすすめグレード

ルークスのグレード構成と車両価格

2021年4月時点で販売されているルークスのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
S1,415,700円~
X1,546,600円~
ハイウェイスターX1,734,700円~
ハイウェイスターGターボ1,823,800円~

外観はノーマルとハイウェイスターの2種類

ルークスはノーマルデザインのほか、スタイリッシュさを強調した「ハイウェイスター」も選ぶことができます。なお、ターボ仕様やプロパイロットエディションはハイウェイスターに設定されています。

プロパイロット搭載モデルは「ハイウェイスターXまたはG」

日産 3代目ルークス ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション フロント
グレード:ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション

ハイウェイスターのターボ、ノンターボ仕様で、プロパイロットを搭載した「プロパイロットエディション」を選択できます。プロパイロットエディションを選ぶと約11万円の価格アップとなります。

しかし、プロパイロット以外の関連安全装備・運転支援システムである「インテリジェントアラウンドビューモニター」「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」、さらに両側オートスライドドアも標準装備となるため、かなりお得なセット内容といってよいでしょう。

ハイウェイスターXのオプションで両側オートスライドドアを選ぶのはちょっと損かも

プロパイロットエディションとの価格差を考えると、「ハイウェイスターX」にオプションで両側オートスライドドアだけを付けるよりも、「ハイウェイスターX プロパイロットエディション 」を選んで、プロパイロットなども一緒に装着したほうがお得かもしれません。

「両側オートスライドドアを希望するならプロパイロットエディション」と思っておいたほうがよさそうです。

ノーマルデザインなら「X」がおすすめ

日産 3代目ルークス X フロント
グレード:X

ノーマルタイプの「S」「X」の価格差は約13万円。Xでは「インテリジェントアラウンドビューモニター」やドアロック連動機能付きドアミラー、助手席側オートスライドドアなどの便利な電装品、さらにナビ取り付けパッケージ(6スピーカーやアンテナなど)が標準装備となっています。

そのため、「絶対オーディオレスで乗りたい」「子供を乗せないから最低限の装備でいい」という人でなければ、Xの装備内容はお得と言えるでしょう。

ルークスの内外装の詳細はこちら!

ボディカラーは全22色

ルークスは、ノーマルタイプではモノトーン9色、ツートン2色の全11色、ハイウェイスターではモノトーン8色、ツートン3色の全11色から、ボディカラーを選ぶことができます。

査定額が高くなるのは、「ホワイトパール」「フローズンバニラパール」「スターリングシルバー」「ブラック」「チタニウムグレー」などでしょう。

ただし、外観デザインによっては中古車市場でもカラフルなカラーも人気の場合があります。

ハイウェイスターのカラーリング

日産 3代目ルークス ハイウェイスターのボディカラー一覧画像
ハイウェイスターのカラーリング
カラー名称カラーコード
アメジストパープル×
フローズンバニラパール
(XEM)
スパークリングレッド×
ブラック
(XCF)
ホワイトパール×
チタニウムグレー
(XEL)
ホワイトパール(QBB)
チタニウムグレー(KBW)
ブラック(GAS)
スパークリングレッド(NBR)
アトランティックブルー(RCH)
アッシュブラウン(CBA)
アメジストパープル(LAL)
フローズンバニラパール(HAK)

S/Xシリーズのカラーリング

日産 3代目ルークス S/Xシリーズのボディカラー一覧画像
S/Xシリーズのカラーリング
カラー名称カラーコード
ホワイトパール×
セレニティゴールド
(XEN)
フローズンバニラパール×
アッシュブラウン
(XCJ)
ホワイトパール(QBB)
スターリングシルバー(KBV)
ブラック(GAS)
スパークリングレッド(NBR)
ソーダブルー(DAM)
ブロッサムピンク(NBS)
アッシュブラウン(CBA)
プレミアムサンシャインオレンジ(EBT)
フローズンバニラパール(HAK)

日産 ルークスのスペック

日産 3代目ルークスのスタイリングイメージ

ボディサイズ

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,780~1,800mm
ホイールベース2,495mm
車両重量940~1,050kg
乗車定員4人

ホンダ・N-BOXやダイハツ・タント、スズキ・スペーシアなどライバル多数な軽スーパーハイトワゴンのボディサイズです。サイズでライバル車との大きな違いはほとんどないと言えます。

ライバル車との比較でルークスがもっとも優れているのは両側スライドドアの開口幅で、クラストップの650mmとなっています。ハンズフリーで開閉可能なオートスライドドアなため、手がふさがっていても楽に荷物の積み降ろしなどが可能です。

ホイールベースを広めにすることや内装部品の形状を工夫することで室内の広さを確保。後席のスペースは最大795mmとなり、大人でも足元を広々と使えます。

パワートレイン

エンジン水冷直列3気筒水冷直列3気筒
排気量659cc659cc
最高出力38kW[52PS]/6,400rpm47kW[64PS]/5,600rpm
最大トルク60N·m[6.1kgf・m]/3,600rpm100N·m[10.2kg・m]/2,400-4,000rpm
モーター最高出力2.0kW/1,200rpm2.0kW/1,200rpm
モーター最大トルク40N・m/100rpm40N・m/100rpm
トランスミッション電気式CVT電気式CVT
駆動方式FF4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

全車にマイルドハイブリッドの「スマートシンプルハイブリッド」が採用されていて、ターボ付きモデルと4WDモデルも用意。どのモデルでもトランスミッションはステップ変速付きのCVTとなりました。

2WDのノンターボモデルはWLTCモードで20.8km/L、ターボモデルは18.8km/Lという燃費性能で、4WDモデルはノンターボが18.2km/L、ターボモデルが16.4km/Lとなっています。

4WDモデルは、通常は2WDで走行し、駆動力が必要な場面では自動的に4WDへ切り替えるフルタイム式です。

現行ルークスの維持費と燃費

現行ルークスの燃費とガソリン代

記事執筆時の以下の年間走行距離、ガソリン価格(全国平均)を参考に、年間のガソリン代を算出しました。

  • 自動車の年間走行距離:平均6,316㎞
  • ガソリン価格(全国平均):レギュラー150円 2021年5月現在
対象グレードWLTCモードガソリン代(年間)
ガソリンモデル (2WD)S、X、ハイウェイスターX、
ハイウェイスターXプロパイロットエディション
20.8km/L45,548円
ガソリンモデル(2WD)ハイウェイスターGターボ、
ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション
18.8km/L50,393円
ガソリンモデル(4WD)S、X、ハイウェイスターX、
ハイウェイスターXプロパイロットエディション
18.2km/L52,054円
ガソリンモデル(4WD)ハイウェイスターGターボ、
ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション
16.4km/L57,768円

日産 ルークスの維持費(3年間)

 ガソリンモデル(2WD)ハイウェイスターXガソリンモデル(2WD)ハイウェイスターGターボガソリンモデル(4WD)ハイウェイスターXガソリンモデル(4WD)ハイウェイスターGターボ 
自動車税10,800円10,800円10,800円10,800円
重量税1,800円9,900円9,900円9,900円
車検時法定費用24,730円26,330円26,330円26,330円
ガソリン代(3年)136,644円151,180円156,164円173,304円
合計金額173,974円198,210円203,194円220,334円

※車検費用は受ける場所や検査内容によって異なる場合があります。
※任意保険料や駐車場代、高速道路利用料金などの別途費用も発生します。
※上記の金額はあくまでも目安となります。

維持費の各項目については以下の記事で詳しく解説しています。

歴代モデル

【初代】ルークス:ML21S(VA0)型(2009年~2013年)

日産 初代ルークス フロント
初代ルークス(2009年)

初代ルークスは2009年の東京モーターショーで発表され、スズキのパレットという車種のOEM車でした。

前後バンパーやフロントグリル、テールランプなどが2種類のエクステリアデザインが用意され、上位グレードは「ハイウェイスター」・「ハイウェイスター アイドリングストップ」・「ハイウェイスター ターボ」、ベースグレードは「E」・「X アイドリングストップ」・「X」がラインナップされました。

2014年、デイズのシリーズ車種に移行したことで車名がデイズルークスに変更。「ルークス」の車名は2020年のフルモデルチェンジで3代目へと移行するまで途絶えることになりました。

【2代目】デイズルークス:B21A(BA0)型(2014年~2020年)

日産 デイズルークス フロント
デイズルークス ハイウェイスターX(2018年)

2代目ルークスに相当するデイズルークスは、2014年2月13日にデイズの派生モデルとして発売されました。

通常グレードに加え、ドレスアップグレード「ハイウェイスター」の2種類がラインナップ。室内高1,400mmの広々とした室内空間が魅力です。広大なスペースを最大に活かせるように、リアシートには可動幅260mmの左右分割スライド機構が備わっています。

多数の先進機能も盛り込まれており、リアドアにはドアノブに触れるだけで開閉するオートスライドドアを採用。運転関連の機能としては、映像で車両周囲を確認できる「アラウンドビューモニター」や、坂道発進時の後退を防ぐ「ヒルスタートアシスト」などを備えます。

発売より約1ヶ月間で28,000台の受注を達成。現在のラインナップには、オーテックジャパンが手がけるカスタムカー「ボレロ」と「ライダー」が追加されています。

最新「デイズルークス」中古車情報
本日の在庫数 4935台
平均価格 98万円
本体価格 25~205万円
最新「ルークス」中古車情報
本日の在庫数 3202台
平均価格 109万円
本体価格 2~236万円

日産のコンパクトカー全モデルはこちらから!

日産の新型車・最新情報はこちら!

スライドドアのコンパクトカー人気ランキングはこちら!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード