初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキセーフティサポートとは?カメラ&レーダーを組み合わせた自動ブレーキも

スズキが提供する先進安全装備「スズキセーフティサポート」には、「デュアルセンサーブレーキサポート」や「レーダーブレーキサポート」など、衝突事故を防止するために必要なさまざまな機能がパッケージングされています。自動ブレーキ機能や踏み間違い抑制機能などの解説や、カメラ&レーダーを組み合わせた最新技術などを解説していきます。

スズキの先進安全機能「スズキセーフティサポート」

スズキ自動車が提供する先進安全機能「スズキセーフティサポート」とは、「自動ブレーキ機能」や「踏み間違い抑制機能」などの安全運転サポート機能が集約されたパッケージの名称を指す言葉です。最近ではスズキセーフティサポートを全車標準装備とするモデルが増えており、先進技術の恩恵を受ける機会が多くなっています。

以下にそれぞれの機能を解説していきます。

自動ブレーキ機能

交通事故でもっとも多いとされる追突事故を防止または被害軽減するために重要な自動ブレーキ機能。この機能は、一定の速度で走行しているときに、前方の歩行者や障害物を検知し、自動でブレーキを作動させます。

自動ブレーキを作動させるために必要な上記の検知機能は、のちに解説する「デュアルセンサーブレーキサポート」や「デュアルカメラブレーキサポート」が該当します。

踏み間違い抑制機能(誤発進抑制機能)

後退ギアとドライブギアを誤ったり、アクセルとブレーキを踏み間違えて急発進する際に起こりがちな誤発進事故を抑制するのが、踏み間違い抑制機能(誤発進抑制機能)です。

停車時に誤ってアクセルを強く踏むと、急発進を防ぐためにエンジン出力を最大5秒間制御し、運転者に警報で危険を知らせてくれます。

車線逸脱警報

車線逸脱警報は、走行中のよそ見やふらつきなどで車線を外れそうになると、ブザーを鳴らして運転者に車線を逸脱したことを知らせてくれます。
当機能はあくまで警報を鳴らすだけなので、車線逸脱を自動で修正してくれる機能でないことに注意が必要です。

ハイビームアシスト

ハイビームアシストは、ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見に貢献する機能です。

ハイビームで走行中の場合は、先行車・対向車のライトを検知すると自動的にロービームに切り替えます。一方で、先行車・対向車がいなくなると自動的にハイビームに復帰します。

デュアルセンサーブレーキサポート【カメラ+レーザー】

採用代表車種:スズキ ジムニー

・対象:車両(昼・夜)、歩行者(昼・夜)
・作動条件:約5km/h〜約100km/h(対車両)、約5km/h~約60km/h(対歩行者)
・衝突回避可能速度:約5km/h〜約50km/h(対車両)、約5km/h~約30km/h(対歩行者)

デュアルセンサーブレーキサポートとは、フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで前方を検知するシステムです。

レーザーレーダーの採用により近距離や夜間の検知が可能となっており、中・長距離の範囲は単眼カメラがサポート。このシステムにより、自動ブレーキ機能をはじめ、車線逸脱警報機能、ハイビームアシスト機能などの先進安全技術の実装が可能となっています。

デュアルカメラブレーキサポート【カメラ+カメラ】

採用車種代表:スズキ ハスラー

・対象:車両(昼・夜)、歩行者(昼・夜)
・作動速度:約5km/h〜約100km/h
・衝突回避可能速度:約5km/h〜約50km/h(対車両)、約5km/h~約30km/h(対歩行者)

デュアルカメラブレーキサポートとは、ルームミラーの前方に2つのカメラを装備し、人の目と同じように対象物との距離や形を捉えて、歩行者や車を認識するシステムです。

第一段階として、衝突のおそれがあると判断すると音や表示によって運転者に警告します。次に衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動し、その間はブレーキペダルを踏むとブレーキ踏力をアシスト。最終段階として、さらに衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

レーダーブレーキサポート【レーダーのみ】

採用車種代表:スズキ エブリイワゴン

・対象:車両(昼・夜)
・作動速度:約5km/h~約30km/h
・衝突回避可能速度:約15km/h以下

レーダーブレーキサポートは、渋滞などでの低速走行中、前方の車両をレーザーレーダーが検知し、衝突を回避できないと判断した場合には自動ブレーキを作動させるシステムです。

デュアルセンサーブレーキサポートやデュアルカメラブレーキサポートとは異なり、低速走行時のみに作動するという点や、歩行者や二輪車は原則検知しない(状況によっては検知する可能性あり)という点に注意が必要です。

最新の「デュアルセンサーブレーキ」がおすすめ

スズキセーフティサポートは、衝突事故を回避するために必要な技術が詰め込まれています。とくに重要なのは、前方車両・歩行者を検知するためのシステム。対車両のみで約5km/h~約30km/hで作動するレーダーブレーキサポートよりも、約5km/h〜約100km/h(対歩行者は約5km/h~約60km/h)で作動するデュアルセンサーブレーキサポートの方が検知範囲が広く、安全性が高いことがわかります。

歩行者の検知も可能で夜間でも機能する、スズキセーフティサポートの最新版「デュアルセンサーブレーキサポート」を利用するのがベストです。

先進安全装備・最新安全技術最新情報はこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す