【セダン徹底比較】アテンザセダンvsレガシィB4│ライバル車対決! 

どちらもメーカーを代表するフラッグシップセダンである「アテンザ」「レガシィ」比べてみると、まったく異なる点と共通点があります。 どちらかを選択しなければならないとしたら貴方はどちらを選びますか?

マツダ アテンザセダンはどんな車?

出典:http://autoc-one.jp/

現行モデルの「アテンザセダン」は。2012年にステーションワゴンの「アテンザワゴン」とともにフルモデルチェンジされた3代目とななります。

マツダの新世代技術「SKYACTIVテクノロジー」を全面採用し、マツダのフラッグシップセダンとして位置づけられています。

2.0Lと2.5Lのガソリン車と2.2Lのクリーンディーゼル車がラインナップされており、クリーンディーゼル車は低燃費とガソリン4.0L車並みの高トルクによる動力性能が高評価を得ています。

安全装備としては、より早い段階でドライバーの認知支援を行う独自の先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」を採用しています。

マツダのCX-3を礼にスカイアクティブ技術の詳細が説明されています。

スバル レガシィB4はどんな車?

出典:http://www.subaru.jp/

2014年のフルモデルチェンジを経て、6代目となった「レガシィB4」は、前モデルより大型化され、アッパーミドルクラスのボディサイズに移行し、名実ともにスバルのフラッグシップセダンとなっています。

日本国内ではステーションワゴンタイプのイメージが強く、4ドアセダンの注目度は低い「レガシィ」ですが、北米市場などでは主力車種となっており、評価も非常に高いのです。

特徴となっているのは全車4WDであることと、世界でもトップレベルの性能を持つ、先進運転者支援システムの「アイサイトver3」を設定していることです。

アテンザセダンとレガシィB4の走行性能を比較

アテンザセダンのスペック

出典:http://www.mazda.co.jp/

「アテンザセダン」には3つのエンジンバリエーションがありますが、同車の車両重量では2.0Lエンジン車の出力は物足りないものの、2.5Lエンジン車は出トルクともに十分な性能を持っています。

さらに「アテンザセダン」のメイン車種であるクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D2.2」は、V6・4.0Lガソリン車並みの圧倒的なトルクを誇っています。

▶2.0Lガソリン車
エンジン種類・排気量:直列4気筒・1997cc
最高出力:155ps(114kW)/6000rpm
最大トルク:20.0kg•m(196N•m)/4000rpm
燃料種類 :無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費率:17.4㎞/L
駆動方式:FF

▶2.5Lガソリン車
エンジン種類・排気量:直列4気筒・2488cc
最高出力:188ps(138kW/5700rpm)
最大トルク:25.5kg•m(250N•m)/3250rpm
燃料種類 :無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費率:16.0㎞/L
駆動方式:FF

▶2.2Lディーゼル車
エンジン種類・排気量:直列4気筒・2188cc ターボ
最高出力:175ps(129kW)/4500rpm
最大トルク:42.8kg•m(420N•m)/2000rpm
燃料種類 :軽油
JC08モード燃費率:18.2~22.4㎞/L
駆動方式:FF 4WD

スバル レガシィB4のスペック

スバルの水平対向エンジンBOXERは、低重心、低振動の安定した走りを誇っています。
また、この水平対向エンジンと左右対称のパワートレーンにより構成されたシンメトリカルAWDにより、バランスがよく安定したハンドリングとドライビングフィールを提供しています。

▶レガシィB4のエンジンスペック
エンジン種類・排気量:水平対向4気筒・2498cc
最高出力:129kW(175PS)/5800rpm
最大トルク :235N・m(24.0kgf・m)/4000rpm
燃料種類 :無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費率:14.8㎞/L
駆動方式:4WD

アクセラセダンとレガシィB4の走行性能の違い

2.5Lエンジン車の比較では動力性能は「アテンザセダン」のパフォーマンスが上回っていますが、シンメトリカルAWDによるバランスの良さが「レガシィB4」の良さです。

「アテンザセダン」の2.5Lエンジン車には4WDの設定がなく、両者の性格の違いを物語っています。

燃費性能でも「アテンザセダンがリードしていますが、2.0Lと2.5Lのガソリン車はFFのみの設定であり、「レガシィB4」が4WDのみの設定であることをを考える必要があります。

それでもクリーンディーゼルエンジンン車の動力性能と低燃費は群を抜いており、燃料である軽油の安値もあり、経済性では「レガシィB4」を圧倒しています。

次のページ