MOBY

【2015年上半期】ミニバン人気ランキング!人気の秘密とその傾向

圧倒的に広い室内空間と居住性誇り、ファミリー層から熱い支持を得ているミニバン。乗車人数も乗用車としてはワゴン車同様に、7,8人の大人数でのドライブを楽しむことができます。サイクリングやピクニック、車種によってはサーフボードを乗せることができるなど、様々な利用シーンに対応できる、国内産のミニバンの2015年上半期人気ランキングを発表します。

ブランド別、国内ミニバン販売台数

国内販売台数ランキング(2015年4月~9月)

軽自動車を除く国内乗用車販売台数ランキングにて、TOP30にランクインした車種のうち、ミニバンをピックアップしてランキング形式にしました。
30位以内にランクインしたものは、全部で9ブランドとなっており、中でもトヨタブランド6ブランドと、トヨタの強さが際立つ結果となりました。

上半期ベストセラーのミニバンは、トヨタのヴォクシーが1位となっています。続けて、ホンダのステップワゴンが2位と続いています。

また、高級ミニバンのヴェルファイアと、その兄弟車であるアルファードも人気となっており、それぞれミニバンの中で5位、7位の販売台数となっています。

中でも注目は、2015年7月にフルモデルチェンジを行ったシエンタです。たった3ヶ月の販売実績で5位にランクインしており、今後どこまで販売台数を伸ばすかが注目されています。

2015年上半期の国内ミニバン月次販売台数ランキング

2015年の販売台数ランキングを月次で並べた表となります。ステップワゴンは2015年4月にフルモデルチェンジを行った結果として、2,3月の販売台数は伸び悩んだという結果になりました。

9位:フリード

出典:http://www.honda.co.jp/

小回りのきくミニバンとして、コンパクトボディを売りにしているホンダフリード。2008年5月に「モビリオ」の後継車として登場して以来、月間平均3,500台以上売れている人気車種となっています。

また、コンパクトミニバンということで、車両価格は1,746,000~2,392,400円と、ミニバンとしてはリーズナブルな設定となっています。

そして、フリードは2016年に次期フリードへフルモデルチェンジすることが予想されています。これは、2015年7月にフルモデルチェンジを行い、爆発的に売れている競合車であるトヨタ シエンタへの巻き返しを狙うモデルとされています。

フリードのランキング推移

ホンダ フリードは、コンパクトミニバンとしては、トヨタ シエンタのフルモデルチェンジにより、大きく差を空けられてはいますが、軽自動車を除いた販売台数ランキングで常にTOP30をキープするなど、安定した人気を誇っています。

8位:ノア

出典:http://toyota.jp/

ミニバン販売台数ランキング8位はトヨタのノアがランクインしています。月平均販売台数が約4,500台と、安定した人気を誇っており、ミニバン特有の広々とした室内空間と機能性の良さが高く評価されています。

また、ボックス型ミニバンとしては唯一本格的なハイブリッドシステムを搭載しており、ハイブリッドモデルではJC08モード23.8kmを達成しています。これは、ボックス型ミニバンの中では最高の燃費性能となっています(2015年10月現在)。

全グレードの価格は、2,273,143~3,054,857円となっており、ミニバンとして標準的な価格帯でラインナップしています。

なお、1位:ヴォクシーとの兄弟車となっています。

ノアのランキング推移

ノアはフルモデルチェンジ以降、安定した販売台数を記録しています。ノアはヴォクシーとエクステリアのデザインの違いのみで、スペックや機能は全く同じ兄弟車ですが、若者向けのスポーティなデザインやカスマイズの自由度でヴォクシーが人気となっています。

7位:アルファード

出典:http://www.alphard.car-lineup.com/

トヨタミニバンのフラッグシップであるアルファード。当初は日産エルグランドを追随するモデルとして、投入されたモデルですが、現在では高級ミニバンの代名詞として高い人気と評価を得ています。

価格は3,197,782~7,036,691円と、比較的高い価格となっていますが、それに見合うだけの上質な乗車体験を提供してくれます。

なお、4位:ヴェルファイアと兄弟車となっています。

アルファードのランキング推移

アルファードは、月間平均販売台数が約4,200台と、高級ミニバンとしてヴェルファイアに次ぐ販売台数を維持しています。

当初は新しいもの好きな若者が競ってヴェルファイアを購入していたため、販売台数には差があったものの、現在の月間販売台数はヴェルファイアと同程度の販売台数となっています。

6位:セレナ

出典:http://www2.nissan.co.jp/

セレナは、日産の中堅ミニバンとして販売されているモデルです(日産が生産する高級ミニバンはエルグランド)。「技術の日産」と言われるだけの走行性能や安全装備の充実ぶりが高く評価されています。

また、現行のセレナは、2016年夏にフルモデルチェンジを控えています。現行のセレナも高い完成度が評価されていますが、モデルチェンジ後のセレナも注目されています。

価格は2,246,400~3,115,800円とミニバンの標準的な価格に設定されています。

セレナのランキング推移

セレナの月間平均販売台数は約5,600台と、日産が販売するミニバンとしては最も売れているモデルです。

2016年8月24日、フルモデルチェンジした新型セレナが発売されました。新型セレナは日産初の自動運転技術「プロパイロット」を搭載しての登場となり、注目を集めています。新型セレナに関する詳しい情報は下記をごらんください。

5位:シエンタ

シエンタは、2015年7月にフルモデルチェンジを行って以来、爆発的に売れているトヨタののコンパクトミニバンです。現行モデルが発売された7月から9月での月間平均販売台数は約8,800台にのぼり、単月では今最も売れているミニバンといえます。

本格的ハイブリッドも搭載しており、JC08モードの燃料消費率は最大で27.2km/Lを達成しています。これは、ミニバンでは最も燃費が良いという数値となっています。

デザインも他のミニバンと比較して押しが強くなく、通常のミニバンでは通れないような細い路地でもスイスイ通れるコンパクトなボディとなっており、ファミリカーとして多くの支持得ています。

なお、価格は1,689,709~2,329,855万円となっており、コンパクトミニバンとして通常のボックス型ミニバンと比較すると安価に設定されています。

シエンタのランキング推移

2015年4~9月の累計データでは5位となったものの、シエンタがフルモデルチェンジして以降の販売台数ランキングでは堂々の1位となっています。

今後、ホンダフリードや他の競合車がフルモデルチェンジを行って来る中でどこまで販売台数が伸びるか注目されています。

4位:トヨタ ヴェルファイア

出典:http://toyota.jp/

ヴェルファイアは、アルファードの兄弟車として誕生した若者向けの高級ミニバンです。アルファードとは異なったスポーティで押しの強いデザインや飛行機のファーストクラスのような高級ミニバンとしての居住性が高い支持を得ています。

価格は3,197,782~7,036,691円と、比較的高い価格となっています。加えて、アルファードと比較してカスタムパーツも多く揃っています。

ヴェルファイアのランキング推移

2015年1月にフルモデルチェンジを行って以来、ヴェルファイアの月間平均販売台数は約5,300台と、高級ミニバンとしては最も売れているモデルとなります。

3位:エスクァイア

エスクァイアは、高級感のある新型ミニバンとして2014年10月にデビューしたモデルした、トヨタのミニバンです。

車両スペックとしては、ノア&ヴォクシーと同じですが、デザインをアルファードに通ずる迫力あるフロントグリルを採用する等により、ノア&ヴォクシーと同価格帯でより高級感を前面に押し出しています。これが多くのドライバーに支持され、販売台数を伸ばしています。

エスクァイアのランキング推移

エスクァイアの月間販売台数は月によって差はありますが、平均して約5,400台となっています。

2位:ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンは、ファミリカーとしての楽しさを追求したホンダミニバンの決定版です。独自に開発した「ワクワクゲート」というバックドアからの乗り降りができることや、ホンダの技術の詰まった運転操作性が多くのドライバーに支持され、2位にランクインしています。

ステップワゴンのランキング推移

ステップワゴンは、2015年4月にフルモデルチェンジを行っており、新型ステップワゴンの月平均の販売台数は5,500台となっています。

ミニバンとしての機能性や運転操作性の完成度の高さから人気な車種となっています。

1位:ヴォクシー(VOXY)

出典:http://ethicallifehack.blog.fc2.com/

1位はノアの兄弟車である、ヴォクシーです。ヴォクシーはノアの兄弟車として2014年にフルモデルチェンジを行った、トヨタの中価格帯のミニバンです。

ミニバン特有のシートアレンジの自由さに加え、スポーティで高級感のあるエクステリアと、良好な見晴らし、ノンステップバスと同じ高さで乗り降りが出来るフロアの低さ、ボックス型ミニバンで唯一本格的なハイブリッドシステムを搭載していることなど、隙のない完成度で販売台数がトップとなっています。

全グレードの価格は、ノアと同じく2,273,143~3,054,857円となっており、ミニバンとして標準的な価格帯でラインナップしています。

ヴォクシーのランキング推移

ミニバンとしては、常に1~3位内での販売台数を誇っており、この1年で最も世に出ているミニバンとなっています。

直近では、シエンタに販売台数で抜かれてしまいましたが、ボックス型ミニバンとしては1位を継続であり、多くの人にとって総合的に魅力的な車種となっています。

次の台風の目は?

2015年上半期のミニバン販売台数推移

2015年上半期のミニバンランキング、いかがでしたでしょうか。ミニバン各ブランドの月次販売台数でみてみると、月毎に差はあるものの、ランキングは大きく変わらず、その傾向が読めてきます。

直近では、エスクァイアの販売台数が伸び悩んでおり、シエンタが爆発的人気を誇っています。また、フリードが如何にしてシエンタに追随するのかや、ミニバン全体で台風の目となりうる車種は登場するのかなど注目されています。

ミニバンに関連するオススメ記事!