初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

軽ワゴン人気おすすめランキングTOP10|中古車価格や燃費比較など【2017年版】

軽ワゴン車の人気おすすめランキングTOP10をご紹介!この記事では、軽ワゴン車を人気順のおすすめランキングにまとめて、新車価格や中古車価格、燃費性能と一緒に紹介しています。はたして、ホンダやダイハツの人気軽ワゴンは何位にランクインしているのでしょうか?

軽ワゴン車の人気おすすめランキングTOP10をご紹介!

ランキング イメージ画像

©Shutterstock.com/tavi

コンパクトで扱いやすいボディながらも居住性に優れ、高い燃費性能と安い税金によって、コストパフォーマンスにも優れる軽ワゴン車。
日本の自動車市場において、安定した高い人気を誇っている車種です。

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第1位】

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX G・Lパッケージ 2015年型

N-BOXの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)120~181万円
中古車価格38~215万円
燃費性能(JC08モード)20.8~25.6km/L

N-BOXとは、ホンダが2011年から製造・販売している軽ハイトワゴンです。
軽自動車でトップクラスの居住性を持ち、燃費性能にも優れるN-BOXは、軽自動車市場全体で見ても圧倒的な人気を誇っており、2012年、2013年、2015年度の軽四輪車新車販売台数で1位を記録しています。
さらに、2016年9月の新車販売台数では、トヨタの「プリウス」を打ち破って国内自動車販売台数1位の座に輝きました。

なお、現行型のN-BOXは2代目へのフルモデルチェンジを控えています。
予約もすでに開始されており、発売日は8月31日となっているので、2代目N-BOXの購入を検討しているという人はお急ぎください。

ホンダ N-BOXについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第2位】

ダイハツ タント

ダイハツ タント 2013年型 X

タントの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)122~166万円
中古車価格0.1~240万円
燃費性能(JC08モード)24.6~28.0km/L

タントとは、ダイハツが2003年から製造・販売している軽ハイトワゴンです。
2013年に発売された現行モデルは、3代目となります。
車名の「tanto」には、イタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味があり、タントの室内空間は車名通りのゆとりある広さを確保しています。
また、快適装備や安全装備も充実しており、普段使いにおける扱いやすさから、小さな子どものいるファミリー層を中心に人気のモデルとなっています。

現在、タントは2017年内にフルモデルチェンジを行うと噂されています。

ダイハツ タントについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第3位】

日産 デイズ

日産 デイズ 2013年

デイズの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)114~176万円
中古車価格38~170万円
燃費性能(JC08モード)21.8~25.8km/L

デイズとは、日産が2013年から販売している軽トールワゴンです。
開発は日産と三菱の合弁会社「NMKV」が行い、三菱側では「eK」として販売されています。
デイズは、日産が初めて企画・開発・デザインの段階から携わった軽自動車であり、従来の軽自動車にとらわれない日産らしいデザインと、優れた居住性能、燃費性能を特長としています。
また、「エマージェンシーブレーキ」や「アラウンドビューモニター」といった先進安全装備も充実しており、予防安全性能評価において最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」も獲得しました。

日産 デイズについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第4位】

ダイハツ ムーヴ

2017年 ダイハツ新型ムーヴ

ムーヴの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)111~147万円
中古車価格0.1~190万円
燃費性能(JC08モード)25.6~31.0km/L

ムーヴとは、ダイハツが1995年から製造・販売している軽トールワゴンです。
ダイハツの基幹車種の一つであるムーヴは、その広い室内空間と優れた燃費性能により、幅広い層からの支持を集めています。
2014年から販売されている現行型の6代目ムーヴは、ダイハツ独自の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を初採用したモデルであり、JC08モードで31.0km/Lという低燃費と高い基本性能を実現しました。

現行型のムーヴは2017年の8月1日にマイナーチェンジを行っており、衝突被害軽減ブレーキの「アマートアシストⅡ」が「スマートアシストⅢ」に変更されたことで、安全性能がさらに向上しています。

ダイハツ ムーヴについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第5位】

スズキ スペーシア

2016年 スズキ スペーシア

スペーシアの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)127~185万円
中古車価格45~209万円
燃費性能(JC08モード)29.0~32.0km/L

スペーシアとは、スズキが2013年から製造・販売している軽トールワゴンです。
英語の「SPACE(空間)」を車名の由来としており、その名に違わぬ広い室内空間を最大の特長としています。
また、スペーシアは室内空間の広さに加えて、JC08モードで32.0km/Lという燃費性能も実現しており、コストパフォーマンスの面においても優れています。

さらに、軽自動車で初となる二つのステレオカメラを使用した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を装備したことにより、予防安全性能評価における最高ランクの「ASV++(ダブルプラス)」を獲得しています。
なお、2018年にフルモデルチェンジを行うという噂もあるようです。

スズキ スペーシアについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第6位】

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR 新型 FX 外装

ワゴンRの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)108~169万円
中古車価格0.1~169万円
燃費性能(JC08モード)25.4~33.4km/L

ワゴンRとは、スズキが1993年から製造・販売している軽トールワゴンです。
初代ワゴンRは、当時の軽自動車の弱点であった室内空間が狭いという問題点を車高を上げることで解決し、大ヒットモデルとなりました。
このヒットは後の軽自動車開発にも多大な影響を与えており、ワゴンRが現在の軽自動車のひな形になったと言っても過言ではありません。

2017年に発売された現行型の6代目ワゴンRは、新プラットフォームの採用により燃費を向上させ、居住性と積載性の両立も実現しました。
また、安全装備として衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」を軽自動車で初めて採用し、安全性能を向上させています。

スズキ ワゴンRについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第7位】

ホンダ N-WGN(Nワゴン)

ホンダ N-WGN Nワゴン 2016年

N-WGNの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)109~145万円
中古車価格60~158万円
燃費性能(JC08モード)24.2~29.4km/L

N-WGN(Nワゴン)とは、ホンダが2013年から製造・販売している軽トールワゴンです。
同社の「N-BOX」をはじめとした「Nシリーズ」の第4弾として開発されました。
軽自動車の「新しいベーシック」を目指して開発されたN-WGNは、高い基本性能に加えて、JC08モードで29.4km/Lという優れた燃費性能も備えています。

N-WGNは専門家からも高く評価されており、2014年~2015年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、スモールモビリティ部門賞を受賞しました。
また、軽自動車でトップクラスの安全性能も備えており、自動車アセスメントにおける最高評価の「新・安全性能総合評価 ファイブスター賞」を軽自動車で初めて受賞しています。

ホンダ N-WGNについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第8位】

スズキ エブリイ

スズキ エブリイ

エブリイの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)92~147万円
中古車価格0.1~333万円
燃費性能(JC08モード)15.4~20.2km/L

エブリイとは、スズキが1982年から製造・販売している軽ワゴン車です。
現行型は6代目で、2015年から販売されています。
商用モデルの「エブリイ」と乗用モデルの「エブリイワゴン」が存在していますが、新車販売台数が多いのはエブリイの方となっています。
商用車ならではの広い貨物スペースを持つエブリイは、車中泊に適した車として一般のユーザーからも人気があり、カスタム車のベースとしての需要もあります。

また、エンジンにはターボの設定もあるので、荷物を満載して高速道路を走ったとしても、パワー不足を感じることはないでしょう。
室内には豊富な収納スペースを備えているので、車中泊に使用する小物をしまっておくこともできます。

スズキ エブリイについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第9位】

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク 2016年

ウェイクの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)135~184万円
中古車価格82~210万円
燃費性能(JC08モード)23.2~25.4km/L

ウェイクとは、ダイハツが2014年から製造・販売している軽ハイトワゴンです。
俳優の玉山鉄二さんが出演したテレビCMが、「あんちゃん!」「ウェイクだよ!」というインパクト抜群のセリフで話題となりました。

「ドデカクつかおう。」というキャッチコピーの通り、広く使える室内空間を備え、室内高は軽自動車でトップクラスの1,455mmを誇ります。
室内収納も充実しており、荷室には高さ320mm、容量90Lのアンダートランクを備えているので、ゴルフバッグや観葉植物を立てたまま積載することも可能です。

ダイハツ ウェイクについての記事はこちら

軽ワゴン車 人気おすすめランキング【第10位】

三菱 eKワゴン

三菱 ekワゴン 2015年

eKワゴンの新車・中古車価格 燃費性能

新車価格(税込)103~154万円
中古車価格0.1~138万円
燃費性能(JC08モード)21.8~25.8km/L

eKワゴンとは、三菱自動車が2001年から製造・販売している軽トールワゴンです。
3代目となる現行型は、三菱と日産による合弁会社「NMKV」が開発を行い、2013年から販売されています。
日産側では「デイズ」として販売されています。

基本的な仕様はデイズと変わらず、広い室内空間や優れた燃費性能、先進安全装備による高い安全性能も共通していますが、細部のデザインを変えることにより、デイズとの差別化を図っています。

三菱 eKワゴンについての記事はこちら

軽ワゴンは扱いやすくて維持費も安い!

ホンダ N-BOX

新型 ホンダ N-BOX

扱いやすくて維持費も安い軽ワゴン車は、自動車の初心者や一人暮らしの若者におすすめの車種です。
室内空間も軽規格の中で最大限の広さを確保するように作られているので、よほど体格の良い人でなければ窮屈に感じることもないでしょう。
また、普段の買い物や家族の送り迎えに使うサブカーとしても最適です。

手軽に使える自動車を探しているという人は、軽ワゴンの購入を検討してみてください。

軽自動車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK