MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 【ターボ付き軽自動車全9車まとめ】おすすめモデルやメリットを解説
カーライフ

更新

【ターボ付き軽自動車全9車まとめ】おすすめモデルやメリットを解説

ターボ付き軽自動車がおすすめなのはどんな人?

ターボ付きの軽自動車は、ノンターボの軽自動車に比べてパワーがあるのが最大の違いです。

ターボは過給機と呼ばれる装置。エンジンの燃焼室内で圧縮された混合気が爆発して排気ガスとして排出されるガスの一部をエンジン部分に搭載されたタービンに送りこみ、より多くの空気を取り込むことで、強い爆発を起こし、より強いパワーを得ることができます。

排気量が660ccと決まっている軽自動車にターボを搭載することで、排気量以上のパワーを得ることができるのです。

同じ車種でも、ノンターボとターボ付きを選択できる軽自動車があります。ターボ付き軽自動車はどんな人におすすめなのでしょうか?

長距離移動が多い人

ターボ付きの軽自動車はパワフルな加速が魅力。追い越し車線や合流の多い道路を使う人にとっては、ノンターボ車よりも心強い味方です。

したがってターボ付きの軽自動車は、ストップ&ゴーの多い街乗りがメインという人よりも、通勤などで長距離移動が多い人におすすめといえます。

自宅周辺に坂道が多い人

街乗りメインの使い方であっても、よく使う道に坂が多い人や、自宅周辺が坂が多い人にも、ターボ付きの軽自動車はおすすめです。

ターボのおかげで坂道でもスムーズに発進することができます。

4人フル乗車や荷物を多く乗せる人

軽自動車に4人乗る機会が多い人や、荷物を多く乗せて移動する機会が多い人も、ターボ付き軽自動車のパワーの恩恵を感じやすいでしょう。

また、走りを楽しみたい方や、普通車よりも維持費が安い軽自動車である程度のパワーを持った車を検討されている方にもターボ付きは魅力的な一台なのではないでしょうか?

ターボ付き軽自動車のメリット

©xiaosan/stock.adobe.com

購入時、NAの軽自動車との価格差が少ない

普通車のターボグレードやハイブリッド仕様車は、ノンターボのガソリン車(NA)と比べて高額になり、予算に合わないケースがあります。

しかし、軽自動車ではターボ、ノンターボモデルでエンジンが共通化されているため、価格差が普通車に比べて小さいという特徴があります。

参考として、ホンダの軽自動車「N-BOX」。グレード「L」のノンターボ車は155万9,800円、ターボ付きでは1,758,900円と、20万円ほどの差額です。

これに対し、トヨタのコンパクトカー「ヤリス」は、グレード「X」のガソリン車は159万8,000円、ハイブリッド車は199万8,000円と、40万円ほどの差額です。さらにターボ車である「GRヤリス」の「RZ」は396万円。価格差はさらに大きくなります。

このように、普通車(コンパクトカー)のパワートレインのグレードアップに比べて、軽自動車のターボ化は比較的安価で行うことができるのです。

NAの軽自動車と同じく、維持費が安い

普通車よりパワーや乗車定員などは劣る反面、軽自動車自体の維持費が安く、ターボ付きの場合でも自動車税は一律10,800円のみとなります。

また、重量税に関しても普通乗用車の場合、0.5トンごとに6,300円(平成30年度)が課税されますが、軽自動車は重量に関わらず4,400円(平成30度)となっています。

パワー不足を補う点で、ターボ付き軽自動車を購入する面では、普通車を購入するよりも費用を抑えつつ、軽自動車の恩恵を受けることができます。

維持費の中でもガソリン代は重要視される点となりますが、自然吸気と比べてターボ付きは燃費が悪い傾向にあるため、購入時には燃費などは事前に確認をしておきましょう。

下取り時のリセールバリューが高い可能性がある

新車時の価格設定が初期からターボ付きの方が高めとなっていることや、自然吸気よりもターボの方が人気が高く、買取時に高値で買取されるケースがあります。

中古車市場でも、車種やグレード・オプションなどによっては、購入時と同等の価格で販売されている、買取してもらえる場合もありますので、購入時に事前に確認することも今後の代替えなどの時に期待できますね。

新車で買えるターボ付き軽自動車おすすめ9選

ダイハツ タント

カスタムRS“スタイルセレクション”

2021年9月21日からマイナーチェンジを経て登場した新型「ダイハツ タント」は、初代となる1代目が2003年に登場し現在が4代目となります。

タントのセールスポイントの一つでもある大開口の「ミラクルオープンドア」は荷物の積み下ろしから、乗り降りを容易に行うことができます。

改良後のポイントとしては、電動パーキングブレーキや「コーナリングトレースアシスト」などの最新技術が自然吸気・ターボ車に搭載されています。

ボディサイズ3,395mm×1,475mm×1,755mm
ホイール・ベース2,460mm
車両重量920kg
エンジン水冷直列 3気筒 12バルブ DOHC インタークーラー ターボ横置
最高出力47kW(64PS)/6,400rpm
最大トルク100N・m(10.2kg・m)/3,600rpm
燃料消費率24.8(JC08モード
価格2WD 1,666,500円 4WD 1,787,500円
最新「タント」中古車情報
本日の在庫数 14449台
平均価格 85万円
本体価格 0~250万円

ダイハツ ムーヴ

2021年9月1日に一部改良を経て販売が開始された「ダイハツ ムーヴ」は、新車販売価格が非常に良心的な設定価格となっていて、ターボ付き軽自動車の購入を検討されている方に非常におすすめなエントリーモデルの位置付けとなる一台です。

通常販売されるムーヴとムーブ・カスタムがあり、カスタムの方では金額はもちろん高くなってしまいますが、インテリア・エクステリアが質感の高い仕上がりとなっていて、若い年齢層の方から人気が高いモデルとなっています。

ボディサイズ3,395mm×1,475mm×1,630mm
ホイール・ベース2,455mm
車両重量830kg
エンジン水冷直列3気筒 12バルブDOHC インタークーラーターボ横置
最高出力47kW(64PS)/6,400rpm
最大トルク92N・m(9.4kg・m)/3,200rpm
燃料消費率19.5(WLTCモード
価格XターボSAⅢ 2WD 1,375,000円 4WD 1,501,500円
最新「ムーヴ」中古車情報
本日の在庫数 9273台
平均価格 62万円
本体価格 0~178万円

ダイハツ タフト

DNGA「ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の第3弾となる新型軽クロスオーバーとして、2021年5月に登場した「タフト」は、「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発され、SUVらしい走破性と街乗りでも十分な快適性を兼ね備えた一台となっています。

ダイハツが採用するD-CVTは「ベルト+ギヤ駆動」を組み合わせた世界初のCVTで、ターボと併用することで、発進・加速、上り坂の発進でも滑らかに加速することができます。

ボディサイズ3,395mm×1,475mm×1,630mm
ホイール・ベース2,460mm
車両重量840kg
エンジン水冷直列3気筒 12バルブDOHC インタークーラー ターボ横置
最高出力47kW(64PS)/6,400rpm
最大トルク100N・m(10.2kg・m)/3,600rpm
燃料消費率25.4km/L(JC08モード)
価格Gターボ 1,606,000円
最新「タフト」中古車情報
本日の在庫数 2646台
平均価格 145万円
本体価格 100~240万円

ホンダ N-BOX

ホンダが主力とするNシリーズは、発売から現在に至るまで非常に人気が高い軽自動車になります。

「N-BOX・N-WGN・N-ONE」とラインアップされていて、用途や車内スペース、デザインなどが違い、どの車種も幅広い年齢層に合った一台となっています。

N-BOXは2020年12月24日にマイナーチェンジを経て発売され、全タイプに標準装備された安全支援システム「Honda SENSING」は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用することで、運転手のアシストを行い負担や事故のリスクを軽減します。

ボディサイズ3,395mm×1,475mm×1,790mm
ホイール・ベース2,520mm
車両重量890kg
エンジン水冷直列3気筒
最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク104N・m(10.6kgf・m)/2,600rpm
燃料消費率20.2km/L(WLTCモード)
価格Lターボ 1,758,900円 
最新「N-BOX」中古車情報
本日の在庫数 6782台
平均価格 105万円
本体価格 0~379万円

スズキ ワゴンRスティングレー

スズキが販売する軽ターボ車の一台「ワゴンRスティングレー」は、軽ワゴンターボ車の中でも優れた燃費性能を誇り、燃料消費率23.4km/Lと長距離走行でもお財布に優しい経済的な車となっています。

ハイブリッドとターボを組み合わせたマイルドハイブリッドは、爽快なレスポンスと加速性能を向上させ、4人乗車や荷物を沢山積んだ場合でも力強い走りを実現しています。

ボディサイズ3,395mm×1,475mm×1,650mm
ホイール・ベース2,460mm
車両重量800kg
エンジン水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク50N・m(5.1kg・m)/100rpm
燃料消費率23.4km/L
価格HYBRID T 2WD 1,653,00円 4WD 1,776,500円
最新「ワゴンRスティングレー」中古車情報
本日の在庫数 3481台
平均価格 63万円
本体価格 0~234万円

スズキ ハスラー

2020年11月17日に発売された、軽ワゴンタイプの乗用車とSUVを融合させた軽乗用車「ハスラー」は、軽クロスオーバーとして登場しました。

アウトドアやアクティブスポーツに適した内装や外装、走破性を兼ね備え、軽自動車とはいえ、荷物の積載・収納スペースは豊富で、シートアレンジではフラットにすることで、車中泊をすることも可能となっています。

ボディタイプ3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイール・ベース2,460mm
車両重量830kg
エンジン水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク98N・m(10.0kg・m)/3,000rpm
燃料消費率22.6km/L(WLTCモード)
価格HYBRID Xターボ 2WD 1,612,600円 4WD 1,746,800円
最新「ハスラー」中古車情報
本日の在庫数 68台
平均価格 94万円
本体価格 55~150万円

スズキ スペーシアギア

ハイトワゴンタイプの軽乗用車「スペーシア」にタフでアクティブなSUVデザインを採用した新型「スペーシアギア」は2020年12月20日に発売されました。

全体的なフォルムから想像できるように、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトのもと、車内空間が非常に広く、多くの荷物を積むことができ、あらゆる場面での活躍が期待できる一台です。

ボディサイズ3,395mm×1,475mm×1,800mm
ホイール・ベース2,460mm
車両重量890kg
エンジン水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク98N・m(10.0kg・m)/3,000rpm
燃料消費率19.8km/L
価格HYBRID XZ TURBO 2WD 1,764,400円 4WD 1,884,300円
最新「スペーシアギア」中古車情報
本日の在庫数 808台
平均価格 163万円
本体価格 100~229万円

日産 ルークス

2020年3月から日産の「デイズ・ルークス」がフルモデルチェンジを経て車名を「ルークス」に変更され発売が開始されました。

軽自動車の中でも、グレード別に「プロパイロット」が設定されていて、渋滞走行時の車間維持や車線を維持するキープアシストなどと、運転手の負担軽減に役立ちます。

燃費では、燃料消費率2.8km/Lと優れた数値を誇り、多くのカラーバリエーションは自分だけの好みの一台を選ぶことができます。

ボディサイズ3,395mm×1,475mm×1,780mm
ホイール・ベース2,495mm
車両重量970kg
エンジンDOHC水冷直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力47kW(64PS)/5,600rpm
最大トルク100N・m(10.2kgf・m)/2,400~4,000rpm
燃料消費率23.8km/L(JC08モード)
価格ハイウェイスターGターボ 1,823,800円
最新「デイズルークス」中古車情報
本日の在庫数 4304台
平均価格 97万円
本体価格 10~199万円

日産 デイズ

日産 デイズ ハイウェイスター 2019

前作の発売から6年ぶりの期間を経てフルモデルチェンジされた新型「デイズ」は2019年3月28日に発売されました。

2013年に初代となるデイズが登場してから2代目の位置付けとなります。

上記でご紹介した「ルークス」同様にプロパイロットやSOSコールをグレード別に設定していて、新車購入価格も比較的良心的な設定となっていることから、ターボ車・自然吸気で悩んでいる方には是非検討してほしい一台となっています。

18種類のボディーカラーバリエーションを持つデイズは単色・ツートンカラーで選ぶことができ、特別装備「ボレロ」では女性からの人気も高い使用車もラインアップしています。

ボディサイズ3,395mm×1,475mm×1,640mm
ホイール・ベース2,495mm
車両重量870kg
エンジンDOHC水冷直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力47kW(64PS)/5,600rpm
最大トルク100N・m(10.2kgf・m)/2,400~4000rpm
燃料消費率25.2km/L
価格ハイウェイスターGターボ アーバンクロム 1,681,900円
最新「デイズ」中古車情報
本日の在庫数 5271台
平均価格 90万円
本体価格 6~183万円

【軽自動車】スポーツカー・オープンカー人気ランキング3車種

軽自動車の選び方・選ぶポイントを解説

女性に人気の軽自動車ランキング

執筆者プロフィール
F2L
F2L
平成6年生まれ。愛車はDR64W クリッパー。キャンプや登山等のアウトドアや車を使った車中泊の相棒です。ライター歴は3年。二級自動車整備士として5年間日産のディーラーでメカニックをやっていました。整備士...
すべての画像を見る (11枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード