MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車中泊・キャンプにおすすめ軽自動車10選!便利アイテムやカスタムできる?
軽自動車キャンプ
お役立ち情報

更新

車中泊・キャンプにおすすめ軽自動車10選!便利アイテムやカスタムできる?

車中泊・キャンプに向いてる軽自動車のタイプ

@buritora/stock.adobe.com

近年、キャンプやアウトドア、レジャーを想定した装備や外観が備わった商用バンやハイトワゴンベースの軽自動車が増えています。

本章では、車中泊・キャンプに向いている軽自動車のタイプとして以下の2タイプを解説します。

  • バンタイプ
  • SUVタイプ

バンタイプ

「バンタイプ」は、商用車としても使われる4ナンバーの軽自動車です。 

積載力が高く、荷室スペースも広いため、フルフラットになるベッドキットなどを取り付けることで快適な車中泊が可能になります。

車両価格も安く、税金やメンテナンス費用といった維持費もリーズナブルなのでキャンプやアウトドアといった趣味用として選びやすいのが特徴です。

しかし、荷物を載せて使用することを想定しているので、シートの座り心地や乗り心地がよくないと感じることもあるかもしれません。近場でのキャンプやレジャーといった、長距離の運転を伴わない移動におすすめです。

SUVタイプ

「SUVタイプ」は、普通車でも人気が高く、スポーツやレジャーに適した装備を持った多目的スポーツ車です。

SUVタイプの軽自動車は、他タイプよりも室内空間が狭いですが、アウトドア用に設計されているため車中泊とも相性がよいのが特徴です。

以前からSUVタイプの軽自動車はトレンドになっていて、代表的な軽SUVとしてはスズキ・ジムニーや三菱・ekクロスなどが挙げられます。

とくにジムニーは、他タイプよりも最低地上高が高く、雪道や未舗装路などでも安心して走行できます。

車中泊・キャンプにおすすめの軽自動車10選

ファミリーキャンプやソロキャンプ、車中泊といったアウトドアを楽しみたい方に向けて、車中泊・キャンプにおすすめの軽自動車を10台紹介します。

長年愛される車種から2023年に登場したばかりの車種まで、さまざまなタイプの軽自動車を紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

  1. 三菱・デリカミニ
  2. 三菱・ekスペース
  3. スズキ・スペーシアギア
  4. スズキ・スペーシアベース
  5. スズキ・ジムニー
  6. スズキ・エブリイ
  7. ダイハツ・タントファンクロス
  8. ダイハツ・アトレー
  9. ホンダ・N-VAN
  10. ホンダ・N-BOX

1.三菱・デリカミニ

2023年5月発売のデリカミニは、アウトドアシーンでの高い使い勝手に加えて4WDの高い走行性能に特徴があります。

4WDモデルは他のライバル車や2WDモデルに比べ、以下のような高い悪路走破性能が特徴です。

  • ブレーキを独立制御してタイヤの空転を抑えるグリップコントロールなどの駆動アシスト
  • 不整地走行を想定した専用サスペンション
  • 大径タイヤの装着 など

また、内装形状や使い勝手はベースとなるekスペースとほぼ共通としながら、撥水機能をもたせながら通気性にも優れた専用シートを装備。

積載量を補えるルーフレールに加え、ひときわまとまりある外観もデリカミニの大きな魅力といえるでしょう。

2.三菱・ekスペース

三菱 eK スペース
三菱 eK スペース

三菱の軽スーパーハイトワゴン『ekスペース』。ekスペースの主な特徴は以下の通りです。

  • クラストップレベルの後席シートスライド量
  • 開口幅が大きくハンズフリー機能を備えたスライドドアの採用
  • 高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」
  • 運転支援機能「三菱e-Assist」

ロングドライブをサポートする先進技術や安全装備を搭載しているので、家族でのお出かけにも向いています。

また、多彩なシートアレンジや室内空間の広さから、車中泊にも申し分ない1台と言えます。

最新「eKスペース」中古車情報
本日の在庫数 781台
平均価格 112万円
支払総額 19~208万円

3.スズキ・スペーシアギア

スズキのスーパーハイトワゴンであるスペーシアに、キャンプ向きの内外装や機能を追加した車が2018年12月に追加されたスペーシアギアです。

アウトドアユースはもちろん、日常でも車が使いやすくなる防水仕様のシート表皮やシートバック。ダイブダウン式のリアシートによる広い荷室は車中泊での快適性に大きく貢献します。

また、スペーシアギアは全車マイルドハイブリッド車であり、自然吸気エンジンでも登坂路や高速道路の合流で力強い加速性能を発揮してくれます。

最新「スペーシアギア」中古車情報
本日の在庫数 899台
平均価格 170万円
支払総額 77~309万円

4.スズキ・スペーシアベース

スズキ スペーシアを4ナンバー化したスペーシアベース。

リアシートが簡素な左右一体型となるものの、ダイブダウンさせることで縦1,375×横1,245×高さ1,220mmの平らな荷室を自由に使えます。

また、専用マルチボードを用いた荷室ギミックもスペーシアベースの特徴です。ボードの設置高を変えることでトノボードやテーブルに、縦に設置すれば荷室を前後に分割したペットスペースとして利用可能です。

車中泊の場合は、前席の背もたれを後ろに倒してマルチボードを下段位置にするとことで大人2人が横になれるスペースができます。

加えてスペーシアベースには外部電源入力キットも用意されており、幅広いシーンで活躍してれる車といえるでしょう。

最新「スペーシアベース」中古車情報
本日の在庫数 651台
平均価格 152万円
支払総額 125~230万円

5.スズキ・ジムニー

ジムニーは高い悪路走破性能が備わる本格オフロードSUVです。高い最低地上高に加え、ラダーフレームとリジッドアクスル、副減速機付4WDにより普通の車では通れない道を走行できるジムニー。

スクエアなボディと四角いリアハッチ開口部はアウトドアやキャンプで使いやすく、車中泊ならフロントシートをリクライニングさせることで横になれるスペースが確保できます。

さらに、リアシートをたたんで真平なフロアにできる仕様なので、荷物の積み込みや社内での休憩などさまざまな用途で活躍します。

一方で室内空間はやや狭いことから、もっとも適しているのはソロキャンプと言えそうです。

最新「ジムニー」中古車情報
本日の在庫数 5469台
平均価格 147万円
支払総額 20~417万円

6.スズキ・エブリイ

スズキ・エブリイは他メーカーへOEM供給も行う4ナンバーの商用バンです。

運送業や建設業、小売業など仕事で使用されることが想定された車種ですが、最近ではエブリイをカスタムして楽しむ人も多くなっています。

エブリイの特徴は、広い荷室と車両価格の安さです。

室内長は2名乗車時で1,820mm~1,910mm(グレードによって異なる)。車両価格は991,100円~となっています。

また、エブリイから派生した乗用タイプのエブリイワゴンもあります。4人乗っても足元が快適なシートや荷室が使いやすくなるユーティリティーナットやラゲッジボードステーの標準装備で趣味を楽しめる1台です。

最新「エブリイ」中古車情報
本日の在庫数 4268台
平均価格 105万円
支払総額 10~403万円

7.ダイハツ・タントファンクロス

ダイハツ・タントファンクロスは、タントがベースになったアースカラーの車体色や防水シート表皮などのキャンプにマッチする外観や機能が与えられた車です。

タントファンクロスはなんといってもタントの大きな特徴である助手席ピラーレスドア「ミラクルオープンドア」。使い勝手の良さはキャンプや車中泊でもその性能が発揮されます。

荷室に備わる防水デッキボードは必要に応じて高さが変えられるほか、屋外でローテーブルとしても使用可能。

ラゲッジスペースに専用照明やUSBソケットが備わるなど、しっかりと車中泊への配慮もされています。

8.ダイハツ・アトレー

ハイゼットカーゴの乗用モデルとなるアトレーは、4ナンバー化されて2021年12月にリニューアル。

そのぶんリアシートは簡素化され、後席の足元空間も狭くなっているものの、リアシートを倒すだけで大人2人が横になれる広大な空間が確保できます。

専用デッキボードをテーブルや収納に活用できるギミックや、あえて手動ポップアップ式ウインドウにされている点も車中泊に適したポイントといえるでしょう。

また、新型はCVTボディ剛性の強化によって高速安定性や乗り心地が大きく改善されています。とくに、4WDモデルは「ロックモード付き電子制御フルタイム4WD」が装備されたことで、不整地走行時の安心感も格段に増しています。

最新「アトレーワゴン」中古車情報
本日の在庫数 706台
平均価格 74万円
支払総額 9~299万円

9.ホンダ・N-VAN

N-VANは、ホンダ N-BOXをベースとしつつ助手席側センターピラーレスの大開口スライドドアを追加した4ナンバー商用車です。

N-VANの特徴は以下の通りです。

  • センターにタンクを配置するレイアウトによる低床
  • ダイブダウン式のシートで助手席から荷室まで一切の段差がない広い空間
  • ホンダ S660と基本構造を共通する良質なシフトフィールの6速MTの設定

オプションでオートキャンプ場の100V電源を車内に引き込める外部電源入力キットも用意されています。

ホンダ・N-VANは大量の荷物を積む使い方にも、キャンプ地までの運転を楽しみたい方にもおすすめです。

最新「N-VAN」中古車情報
本日の在庫数 577台
平均価格 130万円
支払総額 40~276万円

10.ホンダ・N-BOX

自動車販売台数1位のホンダ・N-BOXは、キャンプシーンでも高い使い勝手を発揮します。

独自のセンタータンクレイアウトによる低床設計とワンアクション操作のダイブダウン式リアシートにより、キャンプでも車中泊でも不満が出ることは少ないでしょう。

キャンプ用途には、N-BOXのターボエンジンモデルが適しています。i-VTECが搭載されたN-BOXの自然吸気エンジンはライバル車に比べて出力が高く、キャンプ地までの移動が快適になります。

最新「N-BOX」中古車情報
本日の在庫数 7960台
平均価格 117万円
支払総額 15~418万円

車中泊・キャンプにぴったりの軽自動車の選び方

©show999/stock.adobe.com

「車中泊やキャンプのお供に軽自動車を検討している」「日常とレジャー使いどちらもできる軽自動車を探している」など

購入を決めたら長い付き合いになる自動車は慎重に選びたいものですよね。

そこで、本記事では車中泊・キャンプにぴったりの軽自動車の選び方として以下の3つのポイントを解説します。

  • 居住性・快適性
  • 荷物の収納・積載力
  • 燃費や走行性能

1.居住性・快適性

車体寸法やエンジン排気量に制限が設けられている軽自動車。室内空間が思ったよりも確保できないことも考えられます。

車中泊やキャンプにおいて、寝るスペースや収納スペースを確保できるかどうかは重要なのではないでしょうか。

後部座席を倒すか取り外しが可能であり、フラットな寝床スペースを作れる車種が望ましいです。(シートの取り外しには、構造変更が必要な場合も。)

また、長時間の運転や車内で過ごすことが多い場合は、シートの快適さも重要と言えるでしょう。長距離ドライブや車中泊がしやすいシートが採用されている車種をおすすめします。

2.荷物の収納・積載力

キャンプやアウトドアに必要な装備や荷物を運べる十分な積載力も大切です。社内外のオプションをつけることで収納力や積載力が大幅に上がる車種もあります。

例えば、屋根上を活用する方法。ルーフレールがついているグレードを選択してキャリアを載せれば、屋根上にキャンプ用品やスポーツ用品を収納可能です。

また、もともと積載力の高い「商用バン」タイプの軽自動車を選択すれば、大型のアウトドア用品や食料品などを載せるスペースを確保できます。

3.燃費や走行性能

長距離ドライブやキャンプで出かける際には燃費も重要です。燃費の良い車種を選ぶことで、経済的に旅行を楽しめます。

ハイブリッド車の設定がある軽自動車も多く、日常使いでもレジャー使いでも低燃費が期待できます。

また、車の走行性能を考慮することも重要です。走行性能とは、車の動力性能や制動能力、安定性、運動性など、走行に関するさまざまな性能をトータルに評価したものです。

軽自動車キャンプ・車中泊で使える便利アイテム3選

車やシーンを問わず、軽自動車でのキャンプや車中泊に役立つおすすめアイテムを紹介します。屋外キャンプなら省スペースのキャンプアイテム、車中泊をするならカーテンと車内の段差を埋めるマットが必須となるでしょう。

それら以外にも、車を使いやすくできるアイテムは多数あります。

ロゴス neos ミニバンリビングBB

ロゴス(LOGOS) neos ミニバンリビング-AI 71805056

ロゴス(LOGOS) neos ミニバンリビング-AI 71805056

14,552円(07/22 00:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

ロゴスのミニバンリビングBBは、跳ね上げ式リアハッチの3方を囲んで風や日差し、視線を遮られるタープキットです。ミニバン用とされているものの、取付方法は吸盤とベルトで固定するため軽自動車にも取り付けられます。

車中泊で使用すれば閉塞感の解消に役立ちます。また開けっ放しにできるポールも付属するため、車の乗り付け可能なキャンプ場ならそのままタープとしても使えます。

設置時のサイズは大人1人がすっぽり多い隠れる、幅140×奥行140×高さ170cmであるため、アウトドアレジャーでの着替えスペースとしても活用できるでしょう。

ETLIFE 汎用防水ラゲッジマット

シートバックや壁面まで覆える荷室用の防水大判ラゲッジマットは、汚れたキャンプ道具や自転車、ペットなども汚れや傷を気にせずそのまま載せられる利点があります。

マットはベルクロテープで整形するため車に関わらず取付可能です。また、最大展開時の全長は183cmもあるため、荷物積み込み時の内装やバンパーへの傷付防止に加え、荷物の滑り止めマットとしても使えます。

耐水性が高いオックスフォード生地であるため、使い終わったら水で丸洗い可能。使わないときは丸めたり、折りたたんで収納できます。

Oasser 車用収納ボックス

車載用の大型収納ボックスは、キャンプ道具の積み込みや撤収作業を楽にしてくれます。この商品は、高い防水性と耐久性が備わるオックスフォード地の折り畳みできる収納ボックスです。

サイズは4人乗車時の軽自動車にも積みやすい60×35×30cmで容量は65L。型崩れしにくい構造でありながら、ある程度の変形を許容するためリアシートのスライド量を最大限確保できるうえ、蓋付きであるため軽い荷物ならボックスの上に積むこともできます。

容量に合わせて折りたたみ、半分だけ使うことも可能。使わない時は厚さ9cmまで薄くできます。

ここで紹介したアイテム以外については、日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン|キャンプハックでもチェックできます。

普通の軽自動車をキャンプ・車中泊向けにカスタムできる?

©buritora/stock.adobe.com

普通の軽自動車をキャンプや車中泊仕様にカスタマイズすることは可能です。カスタマイズのオプションは多岐にわたり、個々の予算やニーズに合わせて選択できます。

たとえば、以下のようなカスタマイズが可能です。

  • エクステリア:バンパー交換、ヘッドライト交換、タイヤのインチアップ・車高調、キャリアを取り付ける など
  • インテリア:シートカスタマイズ、サイドウインドウにカーテンやブラインドを取り付ける、電源供給システムの設置 など

ただし、カスタマイズを行う際には法律や車両の重量制限などを考慮しなければなりません。安全性を確保するためにもプロに相談することをおすすめします。

車内が広い軽自動車ランキング!室内が広いメリットは?

ターボ付き軽自動車!おすすめモデルや車種一覧も

スライドドアの軽自動車おすすめ10選!人気モデルと比較してみた

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード