MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > C-HR > トヨタ C-HR完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
C-HR

更新

トヨタ C-HR完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

トヨタ C-HRとはどんな車?

トヨタ 初代C-HR Gフロント
グレード:G

CH-Rは、ファッション性を重視したSUVです。

デザイン性を重視し、リアドアハンドルが隠れるようなデザインがされていたり、クーペ感を演出するサイドウインドウグラフィックなど、スペシャリティSUVとして、細部へのこだわりが感じられる1台です。

トヨタ 初代C-HR G 運転席
Gの内装
トヨタ 初代C-HR G 内装
Gの内装

ハイブリッドモデルは、プリウスと同じエンジンを搭載し、SUV版のプリウスということもできるでしょう。

プリウス譲りの燃費や、デザイン性など、昨今求められる人気車の条件を満たす1台。先進安全装備も充実し、サポカー認定もされました。

おすすめグレード

トヨタ 初代C-HRのスタイリング

トヨタ CH-Rのグレード構成と車両価格

2021年6月時点で販売されているCH-Rのグレード(特別仕様車は除く)は以下表のとおりです。

ハイブリッドモデル

グレード名車両価格(税込)
S2,745,000円
G3,045,000円
S“GR SPORT”3,145,000円

ガソリンモデル

グレード名車両価格(税込)
S-T(2WD/4WD/6MT)2,415,000円~
G-T(2WD/4WD/6MT)2,715,000円~
S-T“GR SPORT” (2WD/4WD/6MT)2,815,000円~

パワートレイン別グレード構成

CH-R のパワートレイン別のグレード(特別仕様車は除く)は以下表のとおりです。

グレードS-T“GR SPORT”S“GR SPORT”
G-TG-T
S-TS-T
燃料ガソリンハイブリッド
エンジン1.2Lインタークーラーターボ1.8L
駆動方式2WD4WD2WD
トランスミッションCVT6MTCVT電気式無段変速機

CH-Rのパワートレインは、1.2Lインタークーラー付ターボと1.8Lハイブリッドが用意されています。パワートレインは駆動方式によって異なっており、ガソリン車には2WDと4WDから選択可能です。 

またトランスミッションは2WDではCVTと6MTが設定されていますが、4WDにはCVT のみとなっている点が特徴です。ハイブリッドモデルは2WDのみ。トランスミッションには電気式無段変速機が採用されています。

ハイブリッドモデルのGは長距離で使用する人におすすめ! 

トヨタ 初代C-HR G フロント
グレード:G

クラストップレベルの燃費性能は、高効率化によってモーターのトルクを活用することで実現しています。またハイブリッドならではのアクセル操作に素早く順応する走行フィールは、運転の楽しさを追求しているといえるでしょう。

気持ちの良い加速感を高次元で実現できるCH-Rならではの走りは、長距離を運転するうえで、疲れを軽減させることができます。ハイブリッドシステムの出力やエネルギー回収状況をリアルタイムに表示。

エコエリアに保つことで省燃費走行にもつながるため、確認しながら走行することを可能にしています。

普段使いなら灯火類にLEDを使用したガソリンモデル G-Tがおすすめ!

トヨタ 初代C-HR G-T フロント
グレード:G-T

よく比較されるモデルとしては、ガソリンモデルのG-TとS-Tです。G-TにはLEDを使用したヘッドライトが採用されており、夜間走行時に明るく照らすことができるため、安全性が高まるメリットがあります。視認性の向上は、安全性能を高めることを可能にしているといえるでしょう。

ガソリンモデルでも熱効率を40%に高めており燃費性能を向上させました。またダウンサイジングターボエンジンを採用。燃料噴射システムに採用された「D-4T」は非常に伸びの良い加速感を体感することができます。

トヨタの世界戦略SUVを体感したいならS-T“GR SPORT”がおすすめ! 

トヨタ 初代C-HR S-T“GR SPORT” フロント
グレード:S-T“GR SPORT”

CH-Rのコンセプトといえば、「我が意の走り」というように、ニュルブルクリンクを始めとする世界中のさまざまな道で走行テストを行うほど運動性能にこだわった開発がされています。

トヨタ 初代C-HR S-T“GR SPORT” 運転席
S-T“GR SPORT”の内装

発売後もラリーや競技のベース車両として使用されていることも知られた車。スポーツカーと同等の性能を併せ持ったクロスオーバーSUVといえるでしょう。そんな異色の経歴を持つS-T “GR SPORT”の味付けを体感してみてください。

ボディカラーは全10色

トヨタ 初代C-HRのボディカラー一覧画像

CH-Rのボディカラーは、モノトーンで7色、ツートンカラーで3色の合計10色から選択することができます。なお「S“GR SPORT”」「S-T“GR SPORT”」では、「オキサイドブロンズメタリック」が標準設定されていません。

リセールバリューをボディカラーで考える場合には、「ホワイトパールクリスタルシャイン」と「ブラックマイカ」がおすすめです。

ボディカラー名称一覧

カラー名称カラーコード
ホワイトパールクリスタルシャイン070
メタルストリームメタリック1K0
ブラックマイカ209
エモーショナルレッドⅡ3U5
イエロー5A3
オキサイドブロンズメタリック6X1
ネビュラブルーメタリック8X2
ブラック×
ホワイトパールクリスタルシャイン
2NA
ブラック×
メタルストリームメタリック
2NK
ブラック×
エモーショナルレッドⅡ
2TB

トヨタ C-HRのスペック

トヨタ 初代C-HR S-T“GR SPORT”の走行イメージ

ボディサイズ

全長4385~4390mm
全幅1795mm
全高1550~1565mm
ホイールベース2640mm
車両重量1390~1480kg
乗車定員5人

ボディデザインの斬新さに人気の集まっているCH-RはコンパクトサイズのSUV。ボディサイズは全長4,358~4,392mm、全幅1,795mmと扱いやすいサイズ感です。しかしデザイン性を優先させたスタイルは、ボンネットが少し長めのフロントオーバーハング。

ボンネットの先端部分を確認することは難しいようです。またクーペを思わせる形状で、前方の視界に比べて後方の視認性が少し限られているという声も聞かれました。ラゲッジスペースはプリウスをベースにしており318Lですが、少し狭いという声も。

乗ってみて初めて分かる使い勝手というものがあるようです。細かな点での不満はあっても、多くのユーザーは取り回しが良く使いやすいと感じているようでした。

パワートレイン

エンジン直列4気筒直列4気筒インタークーラー付きターボ
排気量1797cc1196cc
最高出力72kW[98PS]/5,200rpm85kW[116PS]/5,200-5,600rpm
最大トルク142N·m[14.5kgf・m]/3,600rpm185N·m[18.9kg・m]/1,500-4,000rpm
モーター最高出力53kW[72PS]
モーター最大トルク163N·m[16.6kgf・m]
トランスミッション電気式CVTCVT
6速MT
駆動方式FFFF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

CH-R のパワートレインといえばプリウスをベースに開発されただけあり、燃費性能が良いといわれています。実際には期待したほどではないという声もある一方、高速をクルーズコントロールで走行した際に、カタログ値を超えたという人もいるようです。

走行方法やエアコンの使用状況によっても差が生じる燃費性能ですが、多くのユーザーがほぼ満足しているようでした。またCH-Rには「GAZOO Racing」が手掛けたGRスポーツの6MTも話題です。

iMT(インテリジェント マニュアルトランスミッション)スイッチで、エンストしにくくギアチェンジには自動で回転数を合わせてくれる新世代MTを搭載。モータースポーツで得た確かな技術力を活かし、ドレスアップやチューニングが施されています。走りを楽しみたいというユーザーからは、好評を得ているようです

最新「C-HR」中古車情報
本日の在庫数 2659台
平均価格 212万円
本体価格 138~440万円

トヨタのSUV全モデルはこちらから!

トヨタの最新新型車情報はこちら!

トヨタの新車で買える現行車種一覧はこちら!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード