MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ3 > マツダ3 連続試乗レポート|セダン スカイアクティブX AT/2WD編 – 上質な走りとは何か?
マツダ3

更新

マツダ3 連続試乗レポート|セダン スカイアクティブX AT/2WD編 – 上質な走りとは何か?

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

2019年5月に国内発売開始したMazda3(マツダ3)はセダン、ファストバック(5ドアハッチバック)の2つのボディタイプに、エンジンはガソリン、ディーゼル、次世代「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」、駆動方式は2WD(FF)、AWDと多彩なラインナップ。MOBYではこれら各タイプ主要モデルに順次試乗、それぞれの特徴をお伝えしてきまして、今回が最終となります。

マツダ3 セダン X Lパッケージ
リアエンド。スカイアクティブxのバッジ

今回の試乗車は、セダンでマツダが世界初の「火花点火制御圧縮着火(SPCCI)」燃焼方式を市販車で実現した“SKYACTIV-X(スカイアクティブX)”エンジンを搭載したモデルで、駆動方式は2WD(FF)、6速AT。

「上質な走り」とは何か?

森の中のマツダ3 セダン X Lパッケージ
リア
今回の試乗コースは奥多摩。

スカイアクティブXを搭載したモデルの試乗はこれで都合3回目。乗る度にマツダの広報担当者が初のメディア向け試乗会で自虐的な冗談交じりに「弊社はスカイアクティブXの特徴を“上質な走り”と言っていますが、イマイチ消費者の皆さんには伝えにくいですよね」と話してくれていたのを思い出します。マツダさんには申し訳ないですが、正直、それはなかなか上手に伝え辛いものでしたが、ようやくなんとなく筆者的解釈で皆様へお伝えできるような気がしてきました。

森の中のマツダ3 セダン X Lパッケージ
フロント
グレードは「L Package」。“L”はレザーシートの意味。

今回の試乗では、マツダ3そのもの走りや乗り心地を体感することより今までに乗った他のクルマを思い返しながら「上質な走りって何だろう?」の視点で考え、体感してみました。

森の中のマツダ3 セダン X Lパッケージ
リアサイド
ボディカラーは“匠塗”、マシーングレープレミアムメタリック。

「上質な走り」とは、別の抽象的な言葉で言い表すとしたら「ちょうど良い走り」となるでしょう。“ちょうど良い走り”とは、速過ぎず遅過ぎないこと。ドライバーが必要とするパワーをアクセルを踏んだ分だけスムーズに出してくれること。アクセルを踏み込んでも加速がもたつく、逆に必要以上の加速がついてしまうのは“ちょうど良くない走り”となるでしょう。

森の中のマツダ3 セダン X Lパッケージ
リアサイド
タイヤは、215/45R18。ホイールの色は他のエンジンモデルと少し異なり、Xは濃い色調。

具体的な表現では「疲れない走り」、「静かな走り」となるでしょう。前述した“ちょうど良い走り”は運転時の疲労度合いに影響します。静粛性も然り。

マツダ3 セダン X Lパッケージ
エンジンルーム

以前の試乗レポートでもお伝えしましたが、スカイアクティブXは「スルスル」と高回転まで上がってくれるエンジンで、低速域から高速域までどの回転数でもアクセルを踏み込んだら「スッ」と加速してくれます。

マツダ3 セダン X Lパッケージ
エンジンカバーを開けて撮影
エンジンカバーを開けると、そこはぎっしり。他のエンジンではエンジンカバーは開かない。

スカイアクティブXは、マイルドハイブリッドシステムにスーパーチャージャーを組み合わせたパワートレイン。いかにも低中速域のパワー感がもりもり出る感ある構成ではありますが、実際の走りはお上品。今では絶滅危惧種となってしまった、2リッター6気筒の高級セダンのエンジンに近い印象です。

マツダ3 セダン X Lパッケージ
インパネ
試乗車は「パーフォレーションレザー・ピュアホワイト」のインテリアカラー。セダン Lパッケージはブラック/チャコールも選択可。

試乗車の駆動方式は2WD(FF:前輪駆動)。前回のディーゼルのときは四輪駆動がちょうど良い感じでしたが、スカイアクティブXは2WDでも落ち着きのある走り。積雪地域にお住まいでなければ、2WDの選択で問題ないでしょう。

マツダ3 セダン X Lパッケージ
室内

トランスミッションは6速AT。前回はマニュアルに乗り、スカイアクティブXの持ち味を存分に引き出せると感じましたが、ATでもマニュアルモードにすればその持ち味の主要な部分を体感できます。

乗ってすぐにはスカイアクティブXの良さを少ししか感じないものでしたが、長く乗るとわかってくる、そんな「上質な走り」。

マツダ3 セダン X Lパッケージ
後席
リアシートのドリンクホルダー付きアームレストは格納式。

マツダ3の他のエンジンを搭載したセダン、ファストバックの試乗でも同様に感じたのですが、ファストバックよりセダンの方がリアの剛性が高く、乗り味も落ち着きがあります。スカイアクティブXを搭載したマツダ3では、今回試乗したセダンの方がより「上質な走り」を体験できるものでした。

以上、マツダ3 スカイアクティブX 2WD/FFの試乗レポートでした。この次はいよいよ総集編。ユーザーのカーライフ別おすすめモデルなど、実際の購入に役立つ情報を筆者の体験からまとめてお届けします。どうぞ、お楽しみに。

マツダ3 セダン X Lパッケージ
後席

これまでのマツダ3 連続試乗レポート記事

ファストバック:SKYACTIV-X MT/AWDSKYACTIV-X AT/2WD1.8Lディーゼル AT/2WD1.5Lガソリン AT/2WD
セダン:2.0Lガソリン AT/2WD1.8Lディーゼル AT/AWD

すべての画像を見る (11枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!