MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 洗車ブラシおすすめ人気10選!傷つかないブラシや選び方・使い方も
アイテム

更新

洗車ブラシおすすめ人気10選!傷つかないブラシや選び方・使い方も

洗車ブラシの使い方

@Daniel Jędzura/stock.adobe.com

おすすめの洗車ブラシをピックアップして解説しましたが、実際に購入したアイテムを使う際、注意すべきポイントが存在します。

この項目では、洗車ブラシの使い方を3つのポイントにわけて解説してみました。

事前に車体を水洗いしておく

1つ目は「事前に車体を水洗いしておく」です。

いきなりブラシを使ってボディ表面などを磨こうとしてしまうかもしれませんが、ボディに付着したホコリや汚れが残っている状態は危険な状態となります。汚れを落とすどころではなく、かえってボディに傷がつく可能性があるでしょう。

傷などのダメージを避けるためにも、先にノズルが付いたホースを使用して水洗いをして、ホコリや汚れをざっと流すのが重要です。

使う箇所によってブラシを使い分ける

2つ目は「使う箇所によってブラシを使い分ける」です。

洗車向けのブラシ商品をチェックしてみると、複数本セットとなっていてブラシ部分の材質や硬さが異なる設計となっているケースがあります。材質や硬さの違いを生かし、ボディやタイヤ・ホイール、エンジンルームなど使用箇所ごとに使い分けられる強みがあります。

面倒だからブラシ1本で済ませようとするのではなく、複数本セットの優位を生かして使い分けつつ丁寧に洗車作業を進めてみましょう。

スポンジやカーシャンプーも併用して洗う

3つ目は「スポンジやカーシャンプーも併用して洗う」です。

ブラシだけでなく、洗車用のスポンジやマイクロファイバータオルなど汚れを磨いて落とす、拭き取るアイテムが市販されています。加えて、汚れを落とすのに役立つカーシャンプーも販売されており、併せて活用すると効率よく洗車作業が進められるでしょう。

初めて洗車を手作業で行う人なら、ぜひブラシに加えて他のアイテムも使用してみるのもよさそうです。

洗車ブラシおすすめ10選

この項目では、おすすめの洗車ブラシを10種類ピックアップしました。

ボディやタイヤ、ホイール、エンジンルームなど目的にあった箇所の掃除に適したアイテムが揃っています。使用用途に見合った一品を選んで、愛車を綺麗な状態にしてみましょう。

HOPELUCKIN 洗車ブラシ 5本セット

耐久性に優れるプラスチック製ハンドルが特徴の洗車ブラシです。

5本セットとなりますが、ブラシのハンドルはすべて同じ長さではなく若干の違いがあります。そのため、家族で洗車作業をするとき、手の大きさに合わせて使い分けられる便利なセットです。

ブラシ部分は豚毛と合成繊維を融合して作られており、柔軟性が高いのが特徴。磨いた箇所の表面に傷がつきにくくなっており、ボディやホイールの塗装、コーティングを守ってくれるでしょう。

HOPELUCKIN 洗車ブラシ 5本セットの詳細情報

  • メーカー:HOPELUCKIN 
  • 材質:豚毛、合成繊維、プラスチック
  • サイズ(持ち手部分):16cm~19cm
  • サイズ(毛部分):5cm
  • 商品挿入本数:5本

Tisojpod 洗車ブラシ 6本セット

通常であれば“ブラシ+ハンドルで3本セット”となるのを、替えブラシ3本分が付帯。長期間使える洗車ブラシセットです。

「ソフト」「ミディアム」「ハード」と3種類のブラシが取り付けられています。使われている素材をチェックしてみると、ソフトにはフェイクウール、ミディアムには豚毛、ハードにはPET+PBTが採用されています。

ソフトはエアコンの吹き出し口やシート、ミディアムなら外観パーツなど、細かく使い分けられるのが便利なブラシセットです。

Tisojpod 洗車ブラシ 6本セットの詳細情報

  • メーカー:Tisojpod
  • 材質:フェイクウール、豚毛、PET+PBT、プラスチック
  • 商品挿入本数:6本

searise 洗車ブラシ3本セット

硬さの異なるブラシを装着した異なる3本セットとなっている商品です。

ボディからホイール、室内空間でホコリや汚れを取るのが難しい隙間など幅広く使えるのが強み。エアコンの排気口やシートなどに使われている革の表面に適した「ソフト」、外観のグリルやヘッドライトなどで使える「ミディアム」、ホイールやエンジンルームで使える「ハード」の3種類で、効率よく洗車を進めるのに役立ちます。

searise 洗車ブラシ3本セットの詳細情報

  • メーカー:searise 
  • 材質:豚毛、プラスチック
  • サイズ(持ち手部分):17.5cm
  • サイズ(毛部分):4.5cm
  • 商品挿入本数:3本

YFFSFDC 洗車ブラシ3本セット

ブラシ部分の柔軟性に変化をつけて、ホイールを磨くのに最適な3本セットです。

実質、柔軟性が3段階のブラシを使っているのと同様となり、ホイールについている汚れの状態で使い分けられるのは強みとなるでしょう。

人間工学に基づき設計されたプラスチック製のハンドルにより、長時間のホイール洗浄でも疲れを感じにくくなっています。また、ホイールに誤ってブラシのハンドル部分をぶつけても、傷が残りにくいのも選ばれやすい要素の1つです。

YFFSFDC 洗車ブラシ3本セットの詳細情報

  • メーカー:YFFSFDC
  • 材質:プラスチック
  • サイズ(持ち手部分):17.5cm
  • サイズ(毛部分):4.5cm
  • 商品挿入本数:3本

ながら洗車 タイヤ & ホイールブラシ

タイヤおよびホイール洗浄を1本で解決できるよう開発されたオールラウンダーブラシです。

毛の質感が柔らかく、しなりが良好で気になりやすいホイールの傷予防にも役立ちます。

タイヤ、ホイールだけでなく、ホイールナットや細かい隙間にも入り込んで汚れを掻き出せる耐久性も魅力となるでしょう。

ながら洗車 タイヤ & ホイールブラシの詳細情報

  • メーカー:ながら洗車  
  • 材質:-
  • サイズ(持ち手部分):-
  • サイズ(毛部分):-
  • 商品挿入本数:1本

CHILL DETAILING 洗車ブラシ

ボディカウルとバンパーの境目やドアの開閉部、ホイールのスポーク部分など汚れが溜まりやすい箇所を手軽に洗浄できるように開発された洗車ブラシです。

コシを重視した毛の質感、極細加工が施された毛先で汚れを逃さず取り除けるほか、ボディにダメージを与えずに清潔な状態へ回復できるのが強み。

3本セットとなっており、横幅が4mmの「極細」、1.4cmの「中」、2cmの「大」と、サイズによって使い分けが可能となっています。

CHILL DETAILING 洗車ブラシの詳細情報

  • メーカー:CHILL DETAILING  
  • 材質:-
  • サイズ(持ち手部分):-
  • サイズ(毛部分):4mm(極細)、1.4cm(中)、2cm(大)※
  • 商品挿入本数:3本

※いずれも横幅の広さ

WillingHeart ツーインワン洗車ブラシ

人間工学に基づき設計された伸縮しやすく扱いやすいスティックと、マイクロファイバー素材を取り入れたモップが組み合わさっている洗車アイテムです。

近年増加しているSUVミニバンなどの大柄な車種に対応できるよう、スティック部分を長めの設計としたり、モップの面を大きめにしたりと“ユーザーファースト”が魅力となっています。

マイクロファイバー製のモップは厚手で吸水性が抜群。糸くずが出たりボディに傷をつけたりなどのマイナスポイントを徹底的に解消した、使い勝手に長けたアイテムです。

WillingHeart ツーインワン洗車ブラシの詳細情報

  • メーカー:WillingHeart  
  • 材質:マイクロファイバー、ステンレススチール
  • サイズ(製品寸法)160cm(83cm・120cm・160cmと3段階に伸縮可能)
  • 商品挿入本数:1本

YMIBEI 洗車ブラシ3本セット

3本いずれもブラシの毛質が柔らかめとなっており、車のボディが傷つきにくくなる高品質の素材を使用しているのが特徴。「ソフト」「ミディアム」「ハード」と3段階の毛質の硬さが選べて、ボディやエンジンルーム、ホイールなど洗浄したい箇所に応じて対応可能です。

普段は掃除が行き届きにくい箇所を綺麗にする際、役立つアイテムとなります。

YMIBEI 洗車ブラシ3本セットの詳細情報

  • メーカー:YMIBEI
  • 材質:天然豚毛、ナイロンファインチップ
  • サイズ(持ち手部分):17cm
  • サイズ(毛部分):4.5cm
  • 商品挿入本数:3本

lewaul 洗車ブラシ 5本セット

柔らかい材質の毛部分と、握った感触が良好なハンドル部分を組み合わせた洗車ブラシです。

5本セットとなっていますが、ブラシごとに長さが異なるのが特徴。人間工学に基づき設計されているのもあり、車の洗車でも普段なら届きにくい場所を清潔な状態へ変えられるのが強みです。

またブラシのハンドル部分には、腐りにくく、酸性・アルカリ性に関わらず使えて、耐久性を備えたPP素材を採用。手頃な予算で長く使いたいならおすすめのアイテムとなるでしょう。

lewaul 洗車ブラシ 5本セットの詳細情報

  • メーカー:lewaul  
  • 材質:人工繊維、PP+プラスチック
  • サイズ(持ち手部分):20.5cm~24cm
  • サイズ(毛部分):2cm~4cm※
  • 商品挿入本数:5本

※横幅の広さ

KTC 三行ワイヤブラシ

京都機械工具(KTC) 三行ワイヤブラシ YTBR-112

京都機械工具(KTC) 三行ワイヤブラシ YTBR-112

209円(07/20 05:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

グリップ部分には自然環境にも優しい木材が使用されている洗車用にも適したアイテムです。

針金でできたブラシ部分はメッキ加工が施されており、長持ちするのが魅力。ホイールなどにできてしまった錆を落としたいタイミングで、1本あたりの価格も手頃となるこのアイテムが役立つでしょう。

KTC 三行ワイヤブラシの詳細情報

  • メーカー:KTC
  • 材質:鋼(ブラシ部分)・木
  • サイズ(全長):27cm
  • サイズ(毛部分、縦×横):8.5cm×1.5cm
  • 商品挿入本数:1本

おすすめの洗車グッズを知りたい方はこちら

おすすめ洗車ブラシの価格表

この項目では「おすすめ10選」で取り上げた洗車ブラシの実売価格を一覧でまとめてみました。(2022年12月25日時点)

なお、このデータは以下の基準・条件でリサーチした情報を元に制作しています。

  • 大手インターネットショッピングサイトにて販売されている価格
  • 2022年12月現在の「最安値価格」を抜粋
  • 商品1つあたりの価格
おすすめ洗車ブラシの価格表 一覧

1,000円から2,000円程度で、柔らかい毛質のブラシが複数本セットとなっている商品が入手できるようです。

また、「ながら洗車 タイヤ & ホイールブラシ」を代表とした、1本で何でもこなしてしまう万能ブラシであれば2,500円程度、「KTC 三行ワイヤブラシ」のように単品のブラシであれば少額で購入できるとのこと。

使用用途も大切ですが、価格も忘れずに比較してみると適したアイテムが手に入りそうです。

おすすめのカーシャンプーを知りたい方はこちら

洗車ブラシの選び方とポイント

©carballo/stock.adobe.com

基本は化学繊維ブラシでOK

洗車ブラシでもっとも一般的なのが化学繊維を使用したタイプ。素材にPE(ポリエチレン)やPET(ポリエチレンテレフタラート)などの樹脂毛材を使用し、内部を中空化したり、毛先を柔らかくすることでボディを傷付けにくい設計になっています。ボディ洗いを定期的に行う分には、このタイプのブラシを使用すれば十分です。

頻繁に洗車する人は動物繊維がおすすめ

アウトドア・レジャーや仕事で車の使用時間・回数が多く、頻繁に洗車が必要な場合は、動物繊維ブラシがおすすめ。馬毛や山羊毛などを素材にしており、ボディを傷つけないコシの柔らかさが特徴です。ただし、天然素材100%の製品は多少値が張る点や、こびりついた汚れを落とすには不向きな点には注意しましょう。

タイヤ・ホイール用は植物繊維やポリプロピレン素材

汚れやすいタイヤ・ホイール部分には、コシがある毛の硬いブラシの使用がおすすめ。硬めのブラシは、シダやパームなどの植物繊維の製品や、PP(ポリプロピレン)を素材とした化学繊維ブラシを選びましょう。頑固な汚れに有効ですが、とくにアルミ製ホイールの場合は強めに擦りすぎると傷の原因になるので注意。

洗車スポンジと併用するならロングタイプが便利

普段からスポンジで洗車する方は、ロングタイプのブラシを洗車アイテムに加えると便利です。手持ちスポンジはカーシャンプーの泡立てに最適ですが、強めの汚れへの洗浄力が不足したり、ルーフが洗いにくいという課題もあります。

汚れを取る場面やルーフ洗浄場面でロングブラシを活躍させると、洗車の作業品質や効率がアップするのでおすすめ。

ホース取り付けタイプや電動タイプは超便利

洗車ブラシの中でも非常に優秀なのが、ホース取り付け型と電動型。

ホース取り付け型は、ブラシの柄にホースを接続でき、水を流しながらブラッシング可能です。電動型(ポリッシャー)は丸形ブラシが高速回転し、ボディを滑らせるだけで高い洗浄効果が期待できます。いずれもホースか電源を接続するので、ジョイント部分の適合チェックは必ずしておきましょう。

車の洗車について詳しく知りたい方はこちら

[/feed-ignore]

おすすめの車用コーティング剤について知りたい方はこちら

おすすめの洗車スポンジ5選!カーラバにアンケート調査してみた

洗車に使えるおすすめ高圧洗浄機!選び方など紹介

おすすめの洗車タオル10選!拭き上げ・傷つけないコツを紹介

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事