MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 高圧洗浄機を使った洗車方法と注意点|おすすめのケルヒャー商品とカーシャンプーは?
カーライフ

更新

高圧洗浄機を使った洗車方法と注意点|おすすめのケルヒャー商品とカーシャンプーは?

高圧洗浄機とは?何が便利?

高圧洗浄機
©Aleksei/stock.adobe.com

高圧洗浄機とは、水を高圧で噴射することによって汚れを落とす清掃用品です。

水の出るホースの口を潰すと水が勢いよく出ますが、高圧洗浄機も同じ仕組みで、勢いの強い水流でしつこい汚れなどをしっかりと落とすことができます。

コンクリートの壁や床などの掃除に重宝するアイテムですが、車にこびりついた汚れを落とす目的で、洗車にも使用されることがあります。

高圧洗浄機のメリット

水圧のおかげで擦らずに汚れが落とせる

高圧洗浄機は高い圧力で水を放出するため、ゴシゴシ擦らなくても頑固な汚れを落とすことができます。

水圧のおかげで節水できる

圧力によって汚れを落とす高圧洗浄機は、少ない水の量でも効果が高いメリットがあります。

また、トリガーを引いているときだけ水が出るようになっており、手を離せばすぐに水を止めることができます。オン・オフを操作しやすいため、節水にもなります。

高圧洗浄機といえば「ケルヒャー」

©JacZia/stock.adobe.com

高圧洗浄機のメーカーといえば、まずケルヒャーが頭に浮かぶのではないでしょうか。ケルヒャーの代名詞とも言える黄色いボディと黒いホースは、家電量販店やホームセンターなどでもおなじみですね。

ケルヒャーとは、ドイツ南西部にある清掃用品メーカーです。1935年の創業以来、世界中に事業を拡大しています。高圧洗浄機以外にも、スチームクリーナーなどの家庭用清掃用品の他、業務用の製品も多く製造、販売している企業です。

日本では宮城県に本社を置くケルヒャージャパンが国内での商品の製造、販売を行っています。

家庭用清掃用品としてのシェア率はなんと65%。日本中の清掃用機械の半数以上がケルヒャー、ということになります。

国産の高圧洗浄機もあるの?

ケルヒャーは親会社こそドイツにありますが、日本法人を持っています。そのため、製造・販売、アフターケアまで全て日本国内で行っているため、純国産と言ってもよい製品です。

他にはHITACHI、RYOBI、HIDAKA、アイリスオーヤマなどの国産メーカーから高圧洗浄機が販売されています。

洗車に高圧洗浄機を使うのはダメ?

高圧洗浄機 洗車
©Budimir Jevtic/stock.adobe.com

家の窓や外壁、お風呂の掃除にも使える便利な高圧洗浄機。しつこい汚れをしっかり落とすため、高圧洗浄機での洗車を試したいという人が増えています。

しかしその一方で、傷や凹みを心配する声もあるようです。結論から言えば、高圧洗浄機の水圧や噴射距離など、正しい使い方をしていれば、ほとんどの場合は問題ありません。通常の洗車であっても多少の洗車キズは付いてしまうので、リスクは同様といえます。

ただし、高圧洗浄機の性質上、洗車においてのデメリットもいくつかありますので、注意しましょう。

高圧洗浄機での洗車のデメリット

窓ガラスや樹脂部分が凹んだり破損するかも

家庭用の高圧洗浄機であれば、相当な長時間に渡って1点に噴射し続けなければ、ボディが凹むことはないと言われています。

しかし、窓ガラスやバンパーなどの樹脂部分などは、水圧に耐えきれず凹んだり、破損したりする可能性があります。高圧洗浄機の取扱説明書を必ず確認しましょう。

また、汚れを落としやすい、より強い水圧で放水できるノズル(ケルヒャー「サイクロンジェットノズル」など)もありますが、車には使わないことが推奨されています。

古い車はコーティングや塗装が剥げるかも

使い方を守れば、ボディのコーティングや塗装の傷は、ほとんど心配ありません。ただし、コーティングや塗装が弱っている車の場合、傷んだ部分から破損や剥げが発生する可能性があります。

コーティングが剥がれている古い車や、全塗装(再塗装)した車、融雪剤や潮風でボディが傷んでいる車などは注意しましょう。

セッティングが面倒

汚れ落としに関しては手洗い洗車よりもアドバンテージのある高圧洗浄機ですが、屋外での電源の確保や、本体セッティングに手間がかかるというデメリットもあるようです。

結局、洗車に高圧洗浄機は必要ない?

高圧洗浄機は洗車において必須アイテムではありません。そればかりか、正しい使い方を知らずに購入・使用すると、車に傷や凹みができたり、思ったより車がキレイにならなかったりするかもしれません。

後述しますが、洗車のみに高圧洗浄機を使いたいのであれば、高圧洗浄機を設置しているコイン洗車場の利用もおすすめです。

よって、洗車だけでなく他の掃除にも使う予定があるなら、高圧洗浄機を購入してもよいでしょう。普段ほとんど洗車をしない人よりも、自宅でも車をキレイにしたい、下回りを洗いたいというこだわりがある人向きです。

普段ほとんど洗車をしない、車のケアをしない場合は、ボディをキレイに保ち汚れを落としやすくするボディコーティングなどがおすすめです。

高圧洗浄機を使った洗車のやり方

洗車の手順

まずは高圧洗浄機を使って全体的に砂や泥、ホコリなどを吹き飛ばすことから始めましょう。細かい砂や泥などがついたままスポンジで擦ると、細かい傷の元になってしまいます。

その後、カーシャンプーを染みこませた掃除用クロスで、車全体にシャンプーを塗ります。何度も往復させるのではなく、同じ方向に塗り広げていくとよいでしょう。しばらく待って汚れが浮き上がってきたら、クロスで全体を拭き掃除します。

最後にもう一度高圧洗浄機で泡を洗い流しましょう。泡が乾く前に洗い流すことが大切です。しっかりと泡を洗い流したら、早めに乾いたクロスや合成セームなどで水気を取っておきましょう。

車を洗う順番は上から下!

洗車を行う際は、上から下に洗うことが基本です。下から流し始めると、あとから上からの汚れが流れてきてしまいます。

足回りには見た目以上に汚れが付着しています。上から下に向けて洗っていくのが基本ですが、最後に足回りを洗ったときに、汚れが飛び散ってしまう場合もあります。

そのため、最初に足回りの汚れを念入りに取っておき、ボディを泡で洗ったあとに上から下へすすぎ洗車を行うと良いでしょう。

  1. 足回り
  2. 天井
  3. 窓ガラス
  4. ボンネット・トランク
  5. ボディ側面
  6. バンパー
  7. 足回りをもう一度流す

この順番で行っていけば、より効率よく洗っていくことが出来ます。

ケルヒャーのウルトラフォームセットなら泡洗車も

高圧洗浄機を使って車に泡を吹き付けることもできます。ケルヒャー純正の「ウルトラフォームセット」は車全体に濃密な泡を吹き付けるので非常に便利です。

洗剤の吹付けは下から上へ行いましょう。泡が乾かないよう、夏場などは車の前半分、パーツごとなどに区切って行うのがおすすめです。

ケルヒャー以外のメーカーでも、洗剤をセット出来るノズルがあるので、各メーカーのWebサイトで確認してみると良いでしょう。その後クロスで全体を拭きます。最後に高圧洗浄機を使って泡を流せば完了です。

高圧洗浄機やケルヒャーによる下回り洗車

ケルヒャーのノズル形状を活かし、車の下回りも洗車できます。特に、融雪剤のまかれた道路を走った後や冬季の終わりなどは、下回りの融雪剤を落として車の錆の原因を取り除くのがおすすめです。

高圧洗浄機やケルヒャーで水垢は落とせる?

水のみの噴射では、頑固な水垢は高圧洗浄機やケルヒャーでも落とすことが難しいでしょう。水垢落とし用のカーシャンプーで、スポンジ洗いするのがおすすめです。

高圧洗浄機を使った洗車の注意点

©Budimir Jevtic/stock.adobe.com

ケルヒャーによって一躍有名になり、今ではメジャーな洗車グッズとなった高圧洗浄機ですが、高圧洗浄機で洗車をする際に注意すべき点はあるのでしょうか?

樹脂の劣化などが無いかどうか注意しておく

高圧洗浄機は、非常に高い水圧で水を噴射します。そのため、樹脂などが劣化している場合、剥がれたりヒビが入ってしまったりすることがあります。

ゴムや樹脂などのパーツは長期間風雨にさらされたり紫外線を浴びたりすることで、柔軟性を失い、固くなってしまいます。

10年以上使用している車は樹脂パーツに直接長時間当てないように気をつけたほうが良いでしょう。

ホイールやライトを洗浄する際は要注意

高圧洗浄機はホイールのブレーキダストを落とすのに重宝しますが、ブレーキ付近に高圧水流がかかると配管やホースなどの部品が破損する危険があります。

そのため、自己流で洗車するよりも、洗車専門店などにお願いしたほうが安心です。どうしても自分でブレーキダストを落としたい場合は、ホイールに対し斜めから水を当てるようにし、水流の勢いを弱めるようにしましょう。

樹脂部分は高圧水流でパーツが破損する可能性があります。なかでも、ライト部分はユニット内に水が入り込んでしまうおそれがあるので注意しましょう。

天気と時間帯を選ぶ

洗車をするときには、天気や時間帯を選びましょう。

夏場などの天気が良すぎる日は要注意!陽射しが強く、気温の高い日はボディについた水分が乾くのが早いため、汚れが再び付着してしまったり、水あとが残ってしまう「ウォータースポット」が出来てしまったりします。

そのため、洗車は曇っている日にするのがおすすめです。時間帯も、午前中の早い時間や、夕方の時間帯がよいでしょう。ただし、朝早すぎたり、逆に夜遅すぎたりといった時間帯に洗車をすると、近隣の迷惑になることがありますので気をつけてください。

風が強い日も要注意!せっかく洗車をしているのに砂埃が吹き付けてしまってはどうしようもありません。砂埃がついたままスポンジやクロスでこすると、車体に傷がついてしまいます。

最初に高圧洗浄機で泥や砂ぼこりを流しておく

洗車の工程の最初に、高圧洗浄機を使ってしっかりと泥や砂ぼこりを取っておかないと、クロスで拭いたときに傷の原因となってしまいます。

最初に高圧洗浄機を使うときに、念入りに泥や砂などを取っておくとよいでしょう。基本的なことですが、意外と見落としている場所があったりしますので、注意して流してください。

高圧洗浄機で地面の砂などを巻き上げるおそれがあるので注意

高圧洗浄機の水圧が強いため、地面の砂などを巻き上げる恐れがあります。そうなると拭き掃除をした時に細かい傷の原因となってしまいます。あらかじめタイヤやホイールなどの足回りから高圧洗浄機で流しておき、地面を濡らしてからボディの洗浄を始めると効率よく洗車が出来ます。

洗車におすすめの高圧洗浄機の選び方

ご近所への騒音に配慮したいなら「サイレント」

隣家との距離が近い、マンションに住んでいるなど、ご近所への騒音に配慮したい場合は「静音」「サイレント」などの表記がある商品を選びましょう。

ただし、静音製品は価格が高くなるのがネック。価格と性能のバランスを見て選ぶのがコツです。

コードレスタイプも販売されているが……

屋外での電源の確保が面倒な高圧洗浄機ですが、バッテリー式のコードレスタイプなら気軽に利用できます。ただし、長時間の洗車には不向きのよう。充電時間にも注意しましょう。

洗車におすすめの高圧洗浄機・ケルヒャー製品3選

ケルヒャー・K2クラシック カーキット

ケルヒャーのK2クラシックは女性でも扱いやすいコンパクトさがセールスポイント。カーキットが付属していますが、車はもちろん、ベランダや窓など、さまざまな場所の掃除にも役立ちます。

自吸が可能なので、たとえ水道が無くても使うことが出来ます。

製品仕様

  • 最大吐出圧力:最大 8MPa
  • 吐出水量:最大 330 L/h
  • 最高給水温度:最大 40°C
  • 電圧:100V
  • モーター出力:1kW
  • 質量(本体のみ):3.8kg
  • 寸法(長さ×幅×高さ):393 mm x 171 mm x 243 mm

標準装備アクセサリー&製品機能

  • ウォッシュブラシ
  • フォームノズル: 0.3L
  • 洗浄剤:3 in 1 カーシャンプー1L
  • トリガーガン、 簡単ワンタッチ接続
  • 1ジェットノズル
  • 高圧ホース:5m
  • 洗浄剤散布、 洗剤吸引機能
  • フィルター(本体内部取り付け)
  • 本体側カップリング

ケルヒャー・K3サイレント

高圧洗浄機の難点は音が大きいこと。駆動音の大きさをできるだけ小さくしたいという人は少なくないと思います。

K3サイレントは消音性の高い高圧洗浄機。他のケルヒャー製品に比べ、半分程度の音に抑えられています。水冷式のモーターが使われているため、耐久年数も大幅にアップしているのもうれしいですね。

製品仕様

  • 最大吐出圧力:最大 10MPa
  • 吐出水量:最大 360 L/h
  • 最高給水温度:最大 40°C
  • 電圧:100V
  • モーター出力:1.3 kW
  • 質量(本体のみ):10.3kg
  • 寸法(長さ×幅×高さ):331 mm x 286 mm x 563 mm

■標準装備アクセサリー&製品機能

  • トリガーガン、 簡単ワンタッチ接続
  • バリオスプレーランス
  • サイクロンジェットノズル
  • 高圧ホース: 10 m
  • クイックコネクト接続(本体)
  • 洗浄剤散布、 洗浄剤タンク
  • フィルター(本体内部取り付け)
  • 本体側カップリング

ケルヒャー・K5サイレント カー&ホームキット

価格の高さはこの商品のウィークポイントですが、静音性能と洗浄能力に関しては他の追随を許さない製品です。

ケルヒャーの家庭用の高圧洗浄機の中ではまさに最高峰。車、テラス、ウッドデッキ、窓などあらゆる用途に強力に使えることを考えれば、決して高い買い物ではないと言えるのではないでしょうか?

製品仕様

  • 最大吐出圧力:最大 12MPa
  • 吐出水量:最大 430 L/h
  • 最高給水温度:最大 40°C
  • 電圧:100V
  • モーター出力:1.4 kW
  • 質量(本体のみ):16.6kg
  • 寸法(長さ×幅×高さ):349 mm x 426 mm x 878 mm

標準装備アクセサリー&製品機能

  • テラスクリーナー:T 350
  • 回転ブラシ
  • フォームノズル:0.3 L
  • 洗浄剤、 ユニバーサルクリーナー 1L
  • トリガーガン、 簡単ワンタッチ接続
  • バリオスプレーランス
  • サイクロンジェットノズル
  • 高圧ホース:12 m
  • クイックコネクト接続(本体)
  • 洗浄剤散布、 プラグ&クリーンシステム
  • 水冷式モーター
  • フィルター(本体内部取り付け)
  • 本体側カップリング

高圧洗浄機を使った洗車におすすめのシャンプー(洗剤)

ケルヒャー 3 in 1 カーシャンプー

ケルヒャー(KARCHER) 3in1カーシャンプー 6295-762

ケルヒャー(KARCHER) 3in1カーシャンプー 6295-762

980円(05/09 14:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

ケルヒャーのカーシャンプーです。優れた速乾性とワックス効果があり、油性汚れをスッキリ落とします。ケルヒャー本体にそのままはめ込んで使うことができます。

ケルヒャー 3 in 1 ウルトラフォームクリーナー

ケルヒャーの高圧洗浄機用アクセサリー「フォームノズル」専用のカーシャンプーです。フォームノズルの先端に取り付けて使います。弱アルカリ性の液剤のため、本体にタンクやホースが付いている機種であっても、外付けのフォームノズルに入れて使いましょう。

ヒダカ カーシャンプー 高圧洗浄機用洗車洗剤

ヒダカから販売されているカーシャンプーです。原液のため水で希釈して使います。

高圧洗浄機で洗車しても汚れが落ちないときは?

高圧洗浄機だけでは落ちない汚れかも?

こびりついた水垢や雨ジミは、そもそも高圧洗浄機のみでは落ちないと考えましょう。高圧洗浄機は汚れを「吹き飛ばす」ことに長けたアイテムですが、こびりついたり染み込んだりした汚れには効果がありません。

また、虫や鳥糞などの油性汚れも、高圧洗浄機では落とせません。こうした汚れは、通常通りスポンジで擦り洗いする必要があります。

落ちない汚れは洗剤+スポンジで擦り洗い

高圧洗浄機でも落ちない汚れは、通常通りカーシャンプーを泡立ててスポンジで擦り洗いしてみましょう。水垢や鳥糞など、汚れの原因がわかっているのであれば、専用のクリーナーを使うのもおすすめです。

鳥糞や虫は、水をじゅうぶん含ませてから擦ると簡単に落とすことができます。

高圧洗浄機を持っていなくても洗車場で使える!

©Shutterstock.com/ welcomia

高圧洗浄機はコイン洗車場やガソリンスタンドでも使うことができます。高圧洗浄機を購入するか迷っている人は、こうした場所で試しに使ってみるのもおすすめです。

また、ご近所への騒音や汚れの飛散が気になるという人は、洗車のみであれば無理に高圧洗浄機を購入しなくてもよいでしょう。

泡洗車には電動フォームガンもおすすめ!

洗車には5種類のアイテムがあればOK!

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム