初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽自動車徹底比較】ダイハツ タントvsウェイク│ライバル車対決

ダイハツの人気軽自動車、「タント」と「ウェイク」。どちらも広い室内空間と便利な装備が魅力です。両車は同じダイハツ車ですが、ライバル関係にもあります。この記事では、そんなタントとウェイクのデザインや価格、燃費性能などを比較してみました。

親子で嬉しい!ダイハツ「タント」ってどんな車?

タントはダイハツ工業が2003年から販売している軽トールワゴンです。現行型の3代目は、2013年に発売されました。車名の由来はイタリア語で「とても広い、たくさんの」を意味する「tanto」から。その名が示す通り、軽自動車でもトップクラスの広さを誇る室内空間が特徴です。

使い勝手の良いミラクルオープンドア等の便利な装備や安全装備が充実しているので、小さなお子様がいる家庭からの人気が高く、軽のファミリーカーとして高い需要があります。先日結婚を発表した、DAIGOさんが出演するTVCMも家族をターゲットにしたものとなっています。

あんちゃん!ダイハツ「ウェイク」ってどんな車?

ウェイクはダイハツ工業が2014年から販売している軽トールワゴンです。「あんちゃん!」「ウェイクだよ!」というセリフがインパクト抜群のCMで、名前だけは知っているという人も多いでしょう。

室内空間は軽自動車では最高の1,455mmの室内高を誇り、便利な収納も充実しています。荷室には高さ320mm、容量90Lのアンダートランクを備えており、ゴルフバッグを立てたまま積載することも可能です。

衝突回避支援システムの「スマートアシスト」も搭載しているので、安全性能にも死角はありません。

車名の由来は「タントの上を行く」→「上行く」→「ウェイク」となっています。また、英語で「目覚める」「呼び起こす」の意味もあります。

タントとウェイク エクステリアを比較!

タントのエクステリアデザイン

タントは、グッドデザイン賞の中でも最も優れたデザインに送られる「グッドデザイン金賞」を受賞しています。

グッドデザイン賞は、ただ見た目がカッコイイというだけで受賞できるものではありませんが、タントの凛々しい顔立ちやシンプルにまとまったボディラインを見ると、金賞を受賞できたのも納得のデザインをしています。

三代目タントは、「軽」のスタンダードモデルを提案しています。車内への開口を確保するスライドドアとセンタピラーレスにより、抜群に乗り降りしやすいことと車内の空間拡大により使い勝手のよさが魅力的です。

樹脂パーツを用いることで軽量化と空力への配慮による高い燃費性能を実現し、スマートアシストを装備し安全性の確保を行なっています。

以前から今に至るまで、欧州車のデザインで重視されてきた「走り」、「快適性」、「美しさ」といった価値尺度に対して、日本で生まれた軽というカテゴリーに三代目タントは「横のデザイン」という価値を生み出しました。

ウェイクのエクステリアデザイン

とにかく四角いのが、ウェイクの特徴です。車高1,835mmの箱状ボディは、いかにもたくさん荷物が積めそうで、頼りがいのある存在感を放っています。フロントグリルのエンブレムも、ウェイクの箱感をイメージした専用のデザインです。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!