初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ボルボ XC60 試乗レポート|プレミアム感に包まれるSUV【JAIA輸入車試乗会】

ボルボ XC60 D4の試乗&フォトレポート!2019年2月5、6日に開催されたJAIA輸入車試乗会。2年連続日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボ。XC60はブランド初の受賞に輝いたプレミアムクラスSUVです。その魅力をご紹介します。

ボルボ XC60 D4 Inscriptionに試乗!

MOBY編集部は2019年2月5、6日開催の、日本自動車輸入組合(JAIA)が開催する第39回輸入車試乗会に参加してきました。

この試乗会はメディア関係者や自動車ジャーナリストを対象としたもので、神奈川県の大磯プリンスホテルにて行われました。
ホテルから湘南バイパスを経由して、箱根ターンパイクへ。往復約60分のコースを、ボルボ XC60 D4 Inscriptionでドライブしました。

大柄だが取り回ししやすいボディ

明るく落ち着いたカラーの内装

ヘッドライトとあわせて、テールランプも最新のボルボのデザイン

ホワイトの内装や洗練されたステッチ使いがプレミアムな雰囲気。洗練された空間で、シートに座ると包まれるような安心感がありました。大きなボディでもステアリングは軽快。乗り心地のよさ、車内のくつろぎ感は格別です!

試乗したボルボ XC60 D4の基本情報

ボルボ XC60の現行モデルは2017年10月に日本発売されました。

ボルボ初のコンパクトプレミアムSUVで、2017~2018年における世界の自動車アワードを数多く受賞しました。日本でも、ボルボ初となる日本カー・オブ・ザ・イヤーを2018年に受賞。翌年のXC40もあわせ、ボルボは2年連続の受賞となりました。

パワートレインラインナップはガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、プラグインハイブリッド(PHEV)。
試乗したのはディーゼルモデルの最上級グレード「XC60 D4 Inscription」です。ラグジュアリーなインテリアに、最新の環境適合技術や部分自動運転、さらに16種類以上の先進安全機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」標準装備しています。

ボルボ XC60
グレード:D4 Inscription
ボディカラー:クリスタルホワイトパール
全長:4,690mm
全幅:1,900mm
全高:1,660mm
乗車定員:5名
車両重量:1,880kg
エンジン:2.0L直列4気筒 直噴インタークーラー付ターボ
最高出力:140kW[190PS]/4,250rpm
最大トルク:400N・m/[40.8kgf・m]/1,750-2,500rpm
燃料:軽油
駆動方式:AWD
トランスミッション:8速AT
JC08モード燃費:16.1km/L

オプション
・メタリックペイント:83,000円
・チルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフ:206,000円
・パワーチャイルドロック:13,000円
・Bower&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム(1100w/15スピーカー)サブウーファー付:320,000円
・電子制御4輪エアサスペンション/ドライブモード選択式FOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシー:300,000円

新車車両価格:7,240,000円(税込)

ボルボ XC60 公式サイトはこちら

文:池田 貴美(MOBY)
撮影:宇野 智(MOBY)、尾梶 敬祐(ディーエムソリューションズ)

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す