初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダのステーションワゴン人気車種一覧比較】燃費や価格をご紹介!

ホンダの現行ステーションワゴンは「シャトル」1車種のみです。しかし、ホンダがステーションワゴン専用車種として開発しただけあって、高い完成度に仕上がっています。また、過去には様々なステーションワゴンが発売されていました。1代限りの短命に終わったものも多くありますが、それぞれが魅力的です。現在は中古でか入手できないステーションワゴンの数々も紹介していきます。

ホンダのステーションワゴンの現状は

ホンダ・シャトル

販売台数はトヨタに次ぐ国内2位というメーカーでありながら、ステーションワゴンと呼べるのは2017年現在「シャトル」の1車種のみという少々残念な結果です。
しかも、ホンダのホームページを見ると「コンパクト」の中に分類されていて、ステーションワゴンとして販売する気はあまりないような気もしてきます。
ホンダとしてはステーションワゴンは完全に切り捨ててしまったのでしょうか。

しかし、シャトルはステーションワゴンでも専用車種として開発されていることからホンダが力を注いでいることがわかります。
また、ステーションワゴンの減少はホンダに限ったことではありません。特に国産メーカーではステーションワゴンの人気の低迷があって、積極的に複数車種を展開していない状況で、やはり大手の日産やトヨタでも同じ傾向となっています。

ここではそのホンダのステーションワゴンの代表シャトルと、過去に販売されていて、現在も中古で入手できそうな車種も合わせて紹介していきます。

まとめて読みたいおすすめ記事はこちら

ホンダ・シャトル

ホンダ シャトル ハイブリッド Z 2016年式

▶新車価格(ガソリン車):1,690,000~1,880,000円
▶新車価格(ハイブリッド車):1,990,000~2,550,000円
▶燃費(ガソリン車):21.8km/L
▶燃費(ハイブリッド):34.0 km/L

シビックシャトルから始まり、ホンダのステーションワゴンにはベースとなった車種+シャトルの名称が使われるパターンがあります。
このコンセプトを引き継いでいるのがこのシャトルです。
あえてそのシャトルだけの名称を冠したことからも、ホンダのこの車にかける意気込みが伝わってきます。

つまり、今までの他の車種からの派生としてではなく、ステーションワゴン専用の車種ということなのです。
「ひとクラス上の大人へ」というコンセプトのもとに開発された通り、内外装ともに前身となったのフィットシャトルよりも内外装とも質感を増しています。

その一方で、排気量を1.5Lとして5ナンバーサイズに収めつつも、クラス最大を誇る広くて使いやすい荷室など、ス テーションワゴンに求められる実用性や使いやすさなども追及されています。
ハイブリッドでは燃費も34.0 km/Lという高水準なところも見逃せないポイントです。

ホンダ・シャトルの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ・シャトルの実燃費から比較まではこちら

ホンダ・フィットシャトル

ホンダ フィットシャトル 外装

燃費(ガソリン):18.8km/L
燃費(ハイブリッド):26.2km/L

現在のシャトルの前身がこのフィットシャトルです。
その名前の通り、2代目フィットがベースになっています。
実質的にはエアウェイブの後継となり、2011年から2015年まで販売されていました。

フィットとかなり共通する部分は多く、ホイールベースなども同じのまま全長は50cmほど延長させています。
走行性能なども基本的にはフィットと同じぐらいと考えた方が良さそうで、維持費や取り回しの良さなどはフィット譲りですが、本格的なステーションワゴンを求める人にはちょっと物足りないかもしれません。

このモデルからはハイブリッドもあるので、燃費を気にする方はこちらを選んでも良いのではないでしょ うか。

ホンダ・フィットシャトルの中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ・エアウェイブ

ホンダ エアウェイブ 外装

燃費:18.0km/L

フィットシャトルの更に前身がこのエアウェイブで2005年から2010年まで販売されていました。初代のフィットのプラットフォームをベースにしているためにコンパクトにまとまっていて、解放感のある「スカイルーフ」が特徴的です。
シートアレンジも多彩で、使いやすい工夫がされています。

新車当時はあまり手頃感のある価格とは言えずあまり人気が出ませんでしたが、燃費も良く、中古車市場でもちょうど入手がしやすい価格帯となってきているので、しばらくの間付き合って行ける手頃な価格のステーションワゴンを探しているなら、ちょうど良いのではないでしょうか。

ホンダ・エアウェイブの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ・エアウェイブの詳しい解説はこちら

ホンダ・アコードツアラー/アコードワゴン

ホンダ・アコードツアラー

ホンダ アコードツアラー 外装

ホンダ・アコードワゴン

ホンダ アコードワゴン 外装

燃費:13.2km/L

2008年から2013年まで販売されていた大型のステーションワゴンがアコードツアラーです。
その先代はアコードワゴンで、1991年の登場と比較的長い歴史を持ったモデルでした。
その名前の通り、セダンのアコードをベースとしたステーションワゴンです。

走行安定性や安全性を高めるための装備がふんだんに搭載されていて安心して乗ることができ、大型ワゴンにふさわしい上質感も備えています。
日本での販売は終了してしまいましたが、海外ではまだ健在です。1,850mmというかなり幅の広いボディサイズが日本ではあまり歓迎されなかったのかもしれません。

アコードツアラー/アコードワゴンの中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ・ストリーム

ホンダ ストリーム 外装

燃費:14.6km/L

ストリームという車種自体が今は無くなっていますが、その名前を聞いてミニバンを思い浮かべる方が多いと思います。
当初は3列シートのミニバンとして開発されたものですが、2代目からは2列シートの5人乗りのステーションワゴンの設定がありました。

販売期間は2006年から2014年までとエアウェイブ、フィットシャトルと同時期にも販売されていました。
5ナンバーサイズに収まっていまるので、少し上級のモデルを狙いたいけどアコードツアラーでは少々大きすぎるという時には選択肢に入るのではないでしょうか。

ホンダ・ストリームの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ・アヴァンシア

ホンダ アヴァンシア 外装

燃費:11.8km/L

2003年まで販売されていました。
ホンダとしてはステーションワゴンとは呼ばずに「4ドアクラブデッキ」として明確に区別していました。
ステーションワゴンに近いハッチバックとも言えるかもしれません。

北米仕様のアコードがベースとなっていて、同時期のアコードワゴンの上級版というような位置付けだったのですが、アコードワゴンとの明確な差を出せずに終わってしまいました。
現在でもアヴァンシアという車名がありますが、中国専用のクロスオーバーSUVとなっています。

ホンダ・アヴァンシアの現在の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ新型アヴァンシアについてはこちら

ホンダ・オルティア

ホンダ オルティア 外装

燃費:13.8km/L

6代目のシビックをベースにして、1.8Lまたは20.Lのエンジンを搭載した中型のステーションワゴンです

先代はシャトルの名を初めて冠したシビックシャトルにあたります。
荷物の取り出しに便利なガラスハッチが特徴的です。
2002年で販売を終了し、この車種もアコードワゴンに統合される形で消滅しました。

ホンダ・オルティアの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダのステーションワゴンの今後は?

ホンダ シャトル ハイブリッド Z 2016年式

ホンダのステーションワゴンの人気車種一覧を燃費や中古車価格で比較しましたがいかがでしたか?
ホンダの意欲作とも言えるシャトルがあるものの、ラインナップとしては少々寂しいところです。

対してミニバンはオデッセイ、ジェイド、ステップワゴン、フリードなどと充実していて、対照的な感じもします。
ステーションワゴンは今のところは中古まで考えると選択肢はまだ豊富にある状況ですが、さらなる新車種にも期待したいですね。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ホンダの新型車についてはこちら

ステーションワゴンについてはこちら

ホンダについてはこちら

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK