MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 軽自動車SUVのおすすめランキング!魅力やおすすめの人も紹介
新型車・モデルチェンジ

更新

軽自動車SUVのおすすめランキング!魅力やおすすめの人も紹介

軽自動車SUVの魅力

軽自動車SUVのイメージ
@xiaosan/stock.adobe.com

近年のアウトドアブームによって今最もアツいカージャンルのSUV。その中でも、とりわけ人気のある“軽自動車SUV”にはどういった魅力があるのでしょうか。

SUVってどんな車?

SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicke)の略称で、直訳するとスポーツ用途の乗り物という意味になります。

一般にSUVは、アウトドアから街乗りまで何でもこなすパワフルかつ、使い勝手の良い車とされ、国内外問わず人気の車種です。

国産車で言えば、トヨタ ランドクルーザーやニッサン エクストレイルなどがSUVの代表格ですね。

▼SUVについて詳しく知りたい方はこちら▼
【基礎知識】SUVとは?種類や特徴・選ぶメリットなどを簡単に解説!

軽自動車SUVの魅力はコンパクト&パワフル

SUVはとても人気のカージャンルですが、ネックとなるのはそのボディサイズ。大柄なボディは維持費も高く、都心部であれば駐車スペースの確保も困難でしょう。

そこで登場するのが軽自動車SUVです。スズキ ジムニーや、ダイハツ タフトを始めとするこれらの車は、軽自動車サイズでありながら、SUVならではの走破性を備え、その性能は乗用車を圧倒します。

アフターパーツも豊富ですし、自分好みにカスタムできる点も車好きにはたまらないはずです。

もちろん軽自動車ですので、維持費は大型SUVに比べて圧倒的に安くなります。都心部にお住まいでも駐車場探しに苦労するということも少ないでしょう。

「SUVにあこがれるけれど、置く場所がなあ」

「SUVは車体が高すぎて買えないよ」

そんな方は軽自動車SUVという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?大型SUVにはないコンパクトな魅力がたくさん詰まっていますよ。

軽自動車SUVおすすめランキング

以下の画像は、軽自動車SUVの販売台数のデータです。

軽自動車SUV 販売台数ランキング

参照:全軽自協:「統計資料」

画像を見てわかる通り、スペーシアが群を抜いて人気です。

それに次いで、タフト、ハスラー、ジムニーといった軽自動車SUVがランクイン。

この章では、販売台数から見た軽自動車SUVランキングTOP5を紹介しています。

1位:スズキ スペーシア

スペーシアのイメージ
スズキ スペーシアギア
メーカースズキ
車名スペーシア
価格(HYBRID G 2WD・CVT1,656,600円
燃費(HYBRID G 2WD・CVT)22.2km/L(WLTCモード

おすすめ軽自動車SUVランキング、第1位はスズキ スペーシアです。ノーマルのスペーシアはSUV感は無いものの、SUVモデルとなる“ギア”や“ギア マイスタイル”はゴリゴリのSUVルック。

街乗りもアウトドアも、なんでもお任せと言わんばかりのスタイルです。

特筆すべきは、軽自動車SUVでありながら両側スライドドアを装備。それでいてSUV感を損なわないデザインはスペーシア以外にないでしょう。

SUVスタイルが強めのギア。SUVとワゴンの中間を楽しみたいならギア マイスタイル。同じ車両でここまで選択肢が広いのもスペーシアの魅力ですね。

最新「スペーシア」中古車情報
本日の在庫数 3701台
平均価格 108万円
支払総額 15~225万円

2位:ダイハツ タフト

タフトのイメージ
メーカーダイハツ
車名タフト
価格(Gターボ 4WD・CVT)1,732,500円
燃費(Gターボ 4WD・CVT)21,1km/L(WLTCモード)

おすすめ軽自動車SUV、第3位はダイハツ タフト。

無骨なデザインと、フェンダーにあしらわれたモールパーツが堅牢なSUVをイメージさせるこの車は、まさに“小さな重戦車”です。

車名の由来はTough&Almighty Fun Toolの頭文字から。“タフ”と“タント”を合わせた造語ではないのでご注意ください。

ちなみにTough&Almighty Fun Toolとは日本語で頑丈でどこでも楽しめる道具という意味です。どこでも遊びにいけてしまうタフトにピッタリの言葉ですね。

販売価格はやや高めですが、攻撃的な見た目が好きな方にはバッチリ刺さる一台ではないでしょうか。

最新「タフト」中古車情報
本日の在庫数 2883台
平均価格 153万円
支払総額 85~620万円

3位:スズキ ハスラー

ハスラーのイメージ
メーカースズキ
車名ハスラー
価格(HYBRID Gターボ 4WD・CVT)1,654,400円
燃費(HYBRID Gターボ 4WD・CVT)20.8km/L(WLTCモード)

スズキ ハスラーと言えば、軽自動車SUVを流行らせた車と言っても過言ではないでしょう。

愛嬌たっぷりの丸目ヘッドライトにポップなカラー。シートを倒せばフルフラットで車中泊も楽ちんです。まさに“遊べる軽”ですね。

ラゲッジルームは汚れや水を拭きとりやすい素材でつくられ、どろんこ荷物を積んでもお手入れは簡単。海遊びも山遊びもなんでも来いと言わんばかりです。

スライドドアの便利さはないですが、これぞ軽自動車SUVといった魅力がハスラーにはありますね。

最新「ハスラー」中古車情報
本日の在庫数 6749台
平均価格 128万円
支払総額 26~311万円

4位:スズキ ジムニー

ジムニーのイメージ
スズキ 新型ジムニー5ドア
メーカースズキ
車名ジムニー
価格(XC 4WD・5MT)1,804,000円
燃費(XC 4WD・5MT)16.6km/L(WLTCモード)

軽自動車SUVの中で、悪路を走らせたら右に出るものはいないであろう、スズキ ジムニー。山道だろうが雪道だろうが決して埋まることの無い安心感は他の追随を許しません。

極細の林道ならトヨタ ランドクルーザーをも上回る走破性を見せるジムニーは軽自動車SUVの“頂点”と言ってもよいでしょう。

しかし、そんな素晴らしい車でありながら残念ながら4位なのは、車体価格の高さです。

スズキのラインナップで唯一、ハーテクトのプラットフォーム(自動車のメインフレーム)を利用しておらず、専用設計のラダーフレームを元に製作。

ジムニーらしさの走りを受け継ぐ代わりに、軽自動車としては高額の180万円台という価格設定になりました。

それでも、走りに関しては高い次元で完成されていることは間違いありません。

最新モデルからは専用のトラクションコントロール機能“ブレーキLSDトラクションコントロール”が装着され、ぬかるみからの脱出をサポートします。

本気の軽自動車SUVが欲しいなら、ジムニ―一択なのは言うまでもありません。

最新「ジムニー」中古車情報
本日の在庫数 5153台
平均価格 139万円
支払総額 19~415万円

5位:三菱ekクロス

ekクロスのイメージ
三菱 ekクロスEVモデル
メーカー三菱
車名ekクロス
価格(M 4WD・CVT)1,463,000円
燃費(M 4WD・CVT)23.3km/L(WLTCモード)

デリカをコンパクトにしたような見た目の三菱 ekクロス。

軽自動車SUVの2トップメーカーであるスズキ・ダイハツの牙城を崩すべくデビューしたこの車は、ハイテク装備で勝負しています。

軽自動車SUVとしては少数派な自動運転システム“マイパイロット”を搭載し、高速道路では同一車線の走行をサポートします。

悪路走行性はそれほど高くはありませんが、スタイリッシュな見た目と、最新の運転支援システムは、街乗りメインの軽自動車SUVを探している方におすすめ。

エントリーモデルは価格も安価ですので、セカンドカーとして選択肢に入るのではないでしょうか。

最新「eKクロス」中古車情報
本日の在庫数 409台
平均価格 138万円
支払総額 59~199万円

軽自動車SUVはこんな人におすすめ

おすすめのイメージ
©luismolinero/stock.adobe.com

多くの車種が存在し、メーカーごとに性格がまるで違う軽自動車SUV。

小さなボディにSUVの利便性を持たせたこの車は、軽自動車としては維持費が高く、残念ながら誰にでもおすすめというわけではありません。

ここからは軽自動車SUVをおすすめできる人をご紹介していきます。

アウトドア遊びが好きな人

荷物を積めて、悪路も難なく走れる軽自動車SUVは、キャンプやスノーボードなど、アウトドアアクティビティが好きな人におすすめです。

アウトドア遊びは何かと荷物が増えるもの。そんなとき、荷物で窮屈な車内で移動するのは苦痛ではないでしょうか。

ところが軽自動車SUVはそんな悩みも心配無用。コンパクトでも荷室が広く、居住空間を損なわない設計は移動時のストレスは掛かりません。

まさに“遊びの車”といったところですね。

SUVを止めるスペースが無いけれどSUVが欲しい人

駐車スペースの問題でSUVを諦めていた方にも軽自動車SUV はおすすめです。

先程もご紹介しましたが、軽自動車SUVは、SUVといえども軽自動車です。なので車幅は1,480mm以下に設計され、狭い駐車場でも難なく止められます。

都心部にお住まいなら、車幅が2メートル近くもあるトヨタ ランドクルーザーや、輸入車SUVを止めておく駐車場を見つけることは困難でしょう。

しかし、軽自動車を止めるスペースを確保するくらいなら問題ないという方は少なくないはず。

駐車スペースの問題でSUVを諦めていた方は、軽自動車SUVの購入を検討されてはいかがでしょうか。

コンパクトSUVについて詳しく知りたい方はこちら▼
【2023年】コンパクトSUVおすすめランキング!サイズ比較や魅力など紹介

人とは違うSUVに乗りたい人

軽自動車SUVはカスタムパーツが豊富です。「人とはちょっと違う、自分だけのSUVに乗りたい」といった方にはこのジャンルの車がとてもおすすめです。

例えば、スズキ スペーシアギア。この車種のメーカーオプションである“アウトドアスタイル”を取り付ければバックドアを開くだけでタープテントが展開。キャンピングカーに早変わりします。

アフターパーツによる車の拡張性は軽自動車SUVならではの特徴。

自分の思い通りに車をカスタムして、オリジナリティを求める方には軽自動車SUVが大変おすすめです。

おすすめのクロスオーバーSUVランキング!クロカンとの違いは?

クーペSUVはダサい!?おすすめのクーペSUV車を紹介

4WD(四駆)のSUVの特徴は?おすすめ車種など紹介

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード