MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > BEVとは?EVとの違いやおすすめ車種・補助金についても解説
bevとは
お役立ち情報

更新

BEVとは?EVとの違いやおすすめ車種・補助金についても解説

BEVとは?

@VICHIZH/stock.adobe.com

「BEV」は「Battery Electric Vehicle」の略称で、電気自動車に分類される車両を指しています。簡単に表現すれば、電気を使用して走行する自動車の総称です。

近年、二酸化炭素の増加や森林の減少など地球の環境破壊が問題となっていますが、それらを解決すべく誕生したのがBEVです。

BEVには以下4つの特徴が備わっています。

  • 二酸化炭素の排出を抑えられる
  • 走行中の騒音が抑えられる
  • 家庭でエネルギーを補充できる
  • 外部用電源としてBEVが活用できる

二酸化炭素の排出を抑えられる

搭載されている充電用バッテリーから、外部充電などにより蓄えられた電気エネルギーを使って駆動用モーターを発動させて車両を走行させる方法を採用しています。

従来の自動車は「ガソリン」や「軽油」などの化石燃料を使用してエンジンを発動する方法を取り入れており、排出ガスを伴いながら車両を走行させていました。しかし、BEVなら直接化石燃料を燃やす要素がないため、排出ガスを出さずに周辺環境をクリーンな空気で保ちながら車両を走行可能です。

走行中の騒音が抑えられる

化石燃料を用いて走行しているエンジン車は、排出ガスとともにエンジン音などが原因で騒音も発生しています。近年は「騒音規制法」の制定で自動車から発されるエンジン音などが抑えられてはいるものの、完全に騒音を抑えるのは難しいでしょう。

その点、BEVは電気エネルギーによりモーターを駆動させて走行させる方式のため、エンジン車のような走行音が出ません。信号待ちでの停車中ではほぼ音が無い状態で待機ができますし、走行中も、車輪(タイヤ)が路面から拾う「ロードノイズ」程度しか発生しないのが強みです。

エンジン音が苦手などといった人々に、BEVは向いているのではないでしょうか。

家庭でエネルギーを補充できる

家庭用の「充電スタンド」を自宅に設置すれば、ガソリンスタンドのように外へ出回ってエネルギー補充を行う手間が省けます。

また、クルマが減速するときのエネルギーを利用して発電する「回生充電」の機能も備えていたり、外出先の駐車場でも充電スタンドが設置されていたりと、BEVを走行させ続けられる要素が備わっています。

外部用電源としてBEVが活用できる

BEVであれば車種によって異なるものの、一人暮らしの家庭では最低6日程度、4人世帯でも最低3日程度の電源を確保できる性能を秘めています。

キャンプなどで電気ケトルやオーブントースターなどちょっとした電化製品を使いたいだけでなく、災害が発生した際に電化製品を使うための手段としても期待できるでしょう。

BEVとEVの違い

電気自動車を表す際、BEV以外に「EV」とも表現されるケースがありますが、大きな違いは存在しません。

EVは「Electric Vehicle」の略称で電気自動車を表現するための大きな分類。「電気エネルギーで、搭載されている駆動用モーターを発動させて車両を走行させる」という要素があればどのような車両でもEVとして扱われるので、BEVはEVに含まれる“1つの方法・種類”として扱うべきでしょう。

BEVのおすすめ車種7選

この項目では、BEVのおすすめ車種を7種類ピックアップしてみました。おすすめ車種は以下の通りです。

  1. 日産 アリア
  2. 日産 サクラ
  3. 日産 リーフ
  4. トヨタ bZ4X
  5. Honda e
  6. マツダ MX-30 EV
  7. 三菱 eKクロスEV

日産 アリア

日産 アリア(2022年)

日産「アリア」は、メーカー初のクロスオーバーSUVのボディタイプをまとったBEVです。

アリアに搭載されているパワートレインは、ユーザーの需要に併せて2種類のバッテリー容量に2種類の駆動方式を組み合わせているのが特徴。バッテリー容量は「65kWh」「90kWh」の2種類で、日常生活で使うのか、ロングドライブの頻度が多いのかでチョイス可能です。

また、駆動方式は2WD(FF)に加え、先進の4WD技術「e-4ORCE」が搭載されているグレードも用意しています。前後に合計2基の電気モーターを搭載。それぞれのトルクを個別にコントロールして、加速時のトラクション性能の向上やブレーキ時にクルマが沈み込むといった車両の挙動を抑える工夫がなされています。

スペック情報

  • 全長(mm):4,595
  • 全幅(mm):1,850
  • 全高(mm):1,655~1,665
  • 車両重量(kg):2,195
  • 乗車定員(人):5
  • 交流電気量消費率(WLTCモード、Wh/km):166
  • 一充電可能距離(WLTCモード、km):470

日産 サクラ

日産 サクラ(2022年)

日産「サクラ」は、日常のドライブに十分な航続距離と広々とした室内空間を確保した軽トールワゴンタイプのBEVです。

力強いトルクを発揮するモーターと、巧みな制御技術で従来の軽自動車が苦手としてきた高速道路の合流もスムーズに行えるパワーが魅力。

また、バッテリーに蓄えた電気を自宅へ給電すれば、家庭用電気エネルギーとして使用可能。「走る蓄電池」となり、非常時ではおよそ1日分の電力を賄えるパフォーマンスを秘めています。

スペック情報

  • 全長(mm):3,395
  • 全幅(mm):1,475
  • 全高(mm):1,655
  • 車両重量(kg):1,070~1,080
  • 乗車定員(人):4
  • 交流電気量消費率(WLTCモード、Wh/km):124
  • 一充電可能距離(WLTCモード、km):180

日産 リーフ

日産 リーフ(2023年)

日産「リーフ」は、2017年に2代目が登場した5ドアハッチバックタイプのBEVです。

ゼロ・エミッションであるのに加え、ガソリンエンジン車に負けない動力性能を実現した「e-パワートレイン」、高速道路の単一車線で活かせる自動運転技術「プロパイロット」を採用するなど高いパフォーマンスを発揮します。

2022年の一部改良では車両本体の価格改定が行われており、手の届く範囲で購入可能となったのも注目すべきポイントです。

スペック情報

  • 全長(mm):4,480
  • 全幅(mm):1,790
  • 全高(mm):1,540~1,570
  • 車両重量(kg):1,520~1,680
  • 乗車定員(人):5
  • 交流電気量消費率(WLTCモード、Wh/km):159~177
  • 一充電可能距離(WLTCモード、km):281~450
最新「リーフ」中古車情報
本日の在庫数 1013台
平均価格 157万円
支払総額 15~445万円

トヨタ bZ4X

トヨタ bZ4X(2022年)

トヨタ「bZ4X」は、「Activity Hub」のコンセプトで開発されたSUVタイプのBEVです。

「e-TNGA」の考え方に基づくBEV車種専用のプラットフォームをスバルと共同で開発したのが話題となりました。

高い電費性能と実用的な航続距離を誇るのに加え、経年劣化による電池容量維持率も高水準となるよう開発されており、「安心して長く使える」にこだわったモデルです。

スペック情報

  • 全長(mm):4,690
  • 全幅(mm):1,860
  • 全高(mm):1,650
  • 車両重量(kg):1,920~2,010
  • 乗車定員(人):5
  • 交流電気量消費率(WLTCモード、Wh/km):128~134
  • 一充電可能距離(WLTCモード、km):540~559

Honda e

Honda e Advance(2020年)

Honda「e」は、“都市型コミューター”として開発されたモデルで、2020年より生産・販売されています。

円を基調としたキャラクターを取り入れて、シンプルでモダンな外観デザインを採用。加えて、車体後方に強力なモーターを配置したことで、力強い加速・高いボディ剛性を実現しています。

さらに、四輪独立懸架サスペンションを使用した結果、上質な乗り心地と安定感のある走りを味わえるのも魅力に挙げられるでしょう。

スペック情報

  • 全長(mm):3,895
  • 全幅(mm):1,750
  • 全高(mm):1,510
  • 車両重量(kg):1,540
  • 乗車定員(人):4
  • 交流電気量消費率(WLTCモード、Wh/km):138
  • 一充電可能距離(WLTCモード、km):259

マツダ MX-30 EV

マツダ MX-30 EV(2022年)

マツダ「MX-30 EV」は、メーカー初の量産タイプBEVです。

「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)と、電動化技術「e-SKYACTIV」(イー・スカイアクティブ)により、思い通りに操れる走行性能を実現。加えて、マツダのモデルに息づいている“人馬一体”を反映させた「エレクトリック G-ベクタリング コントロール プラス」(e-GVC Plus)を搭載して、走行中の安定感が高まりました。

スペック情報

  • 全長(mm):4,395
  • 全幅(mm):1,795
  • 全高(mm):1,565
  • 車両重量(kg):1,650
  • 乗車定員(人):5
  • 交流電気量消費率(WLTCモード、Wh/km):145
  • 一充電可能距離(WLTCモード、km):256

三菱 eKクロスEV

三菱 eKクロスEV(2022年)

三菱「eKクロスEV」は、「eKクロス」シリーズのBEVモデルとして2022年に登場しました。

1回の充電走行距離は日常使いに十分で、国からの補助金を利用したケースでの実質的な購入金額が抑えられるなど、優秀なコストパフォーマンスを実現しています。

また、駐車支援機能「マイパイロット パーキング」を採用するなど、軽自動車ならではの取り回しの良さは希少価値が高いでしょう。軽自動車サイズでBEVが欲しかったユーザーに適しています。

スペック情報

  • 全長(mm):3,395
  • 全幅(mm):1,475
  • 全高(mm):1,655
  • 車両重量(kg):1,060~1,080
  • 乗車定員(人):4
  • 交流電気量消費率(WLTCモード、Wh/km):124
  • 一充電可能距離(WLTCモード、km):180


ERROR: The request could not be satisfied

ERROR


The request could not be satisfied.









Generated Tue, 23 Jul 2024 23:43:56 GMT
Request ID: [not available]


BEVの購入は補助金が適用される

@78art/stock.adobe.com

BEVを購入する際、国や地方自治体より「補助金」が適用されるシステムが導入されているため欠かさず活用すべき要素です。

以下、2種類のパターンでBEVの購入補助金を受け取る方法が用意されています。

  • CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入促進補助金)
  • 自治体独自の補助金制度

経済産業省によると、BEVの購入に関する補助金を導入する目的を以下のように示しています。

2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、環境性能に優れ、災害時にも非常用電源として活用可能な車両について、需要創出及び車両価格の低減を促すと同時に、車両の普及と表裏一体にある充電・水素充てんインフラの整備等を全国各地で進めることを目的としています。

出典:「令和4年度補正予算『クリーンエネルギー自動車導入促進補助金』、『クリーンエネルギー自動車の普及促進に向けた充電・充てんインフラ等導入促進補助金』」(経済産業省)

CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入促進補助金)

1つ目の方法は「CEV補助金」(クリーンエネルギー自動車導入促進補助金)です。

BEVなど二酸化炭素といった有害物質の排出量を減らせる自動車は製造コストが大きく、ガソリンエンジン車と比べて車両価格が高くなってしまいます。車両価格の差を埋めて購入促進を図る目的で始まった制度です。

2023年時点でのBEV車両に対するCEV補助金は「85万円」を上限としています。

なお、補助金額の多さは以下の要素で差がついているのが特徴です。

  • 自動車から電力を取り出せる給電機能の有無
  • トップランナー制度、2030年度燃費基準の対象かどうか

自動車から住宅・家電へ電力を取り出せる給電機能があるかないかで差がつけられているほか、「トップランナー制度」の対象であるかどうかも補助金額の多さを左右しています。

【補足】トップランナー制度

トップランナー制度は、すでに市販化されている自動車で燃費性能が優れている自動車を「トップランナー」とし、それをベースに将来の省エネの目標基準を決定する制度のこと。

自治体独自の補助金制度(例:東京都「ZEVの車両購入補助金」)

2つ目の方法は「自治体独自の補助金制度」です。

国が取り組んでいるCEV補助金以外にも、日本各地の地方自治体で独自にBEV購入のための補助金制度を用意しているケースがあります。

自治体が用意している補助金制度は国のCEV補助金と併せて利用できるケースが多く、BEV車両の購入資金へ大きな助けとなる可能性が高いです。ぜひ、購入前にお住まいの自治体で補助金制度を設けていないかチェックするのをおすすめします。

今回は、全国各地にあるBEVの購入補助金制度から、東京都の対応をピックアップしてみました。

「ZEVの車両購入補助金」(東京都)の基本的な補助額

「ZEVの車両購入補助金」には、基本的な補助額が以下のとおり設定されています。

「ZEVの車両購入補助金」(東京都)の基本的な補助額

「ZEVの車両購入補助金」(東京都)の自動車メーカー別の上乗せ補助額

下記の条件に該当した自動車メーカーのBEV車種は、基本の補助額に加えて上乗せした金額が与えられます。

令和4年に、都内でZEV乗用車の新車を20台以上、非ガソリン乗用車の新車を300台以上販売し、以下のいずれかの条件を満たしたメーカー

  1. ZEV乗用車で一定の販売実績があること
  2. 非ガソリン乗用車で一定の販売実績があること
  3. 最も多くの台数のZEV乗用車を販売
  4. 対前年比2倍以上の台数のZEV乗用車を販売

1~4の1項目をクリアしていれば、5万円分の補助金が上乗せされる仕組みです。最大10万円分の補助額が追加されます。

「ZEVの車両購入補助金」(東京都)の再生可能エネルギー導入による追加補助額

再生可能エネルギーを100%の割合で電力契約をしている、あるいは「太陽光発電」の設備設置を自宅などへ導入している場合、次のいずれかの補助額が上乗せされます。

「ZEVの車両購入補助金」(東京都)の再生可能エネルギー導入による追加補助額

「ZEVの車両購入補助金」(東京都)の高額車両における補助額

車両本体価格が840万円(税抜)以上のBEV車両は、以下3つの条件で得た合計の補助金額に0.8をかけ合わせた金額が支給されます。

  1. 基本補助額
  2. 自動車メーカー別の上乗せ補助額
  3. 再生可能エネルギー電力導入による上乗せ補助額

環境に優しいBEVは、ほぼ全ての車種が補助金の対象です。BEVは高価格ですが補助金を活用すれば現実的な価格で購入できます。ぜひ車を購入する際に検討してみてはどうでしょうか。

PHVPHEVのおすすめ車種8選!ハイブリッドとの違いとは?

PHV・PHEVとは?おすすめ車種やメリットなど解説

HV・PHEV・PHV・EVとは?カーライフ別のおすすめエコカーの選び方は

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード