MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > パドルシフトとは?後付けは可能?効果的な使い方とパドルシフトカバー人気おすすめランキング
役立つ情報

更新

パドルシフトとは?後付けは可能?効果的な使い方とパドルシフトカバー人気おすすめランキング

パドルシフトの使い方や後付け、おすすめカスタムを解説・紹介します。パドルシフトカバーのおすすめランキングも紹介。ギアのないCVTでのパドルシフトの効果的な使い方とは?

パドルシフトとは?

パドルシフト
©Aleksandr Kondratov/stock.adobe.com

ステアリング裏の両側に設置された、耳のようなレバーがパドルシフトレバー。右のレバーを引くとシフトアップ。左のレバーを引くとシフトダウンが行えます。

もともとパドルシフトは、レーシングカーの操作を効率的に行なうために開発された機構。そのため、スポーツタイプのAT車や、CVT搭載車の上級グレードに装備されることが多く、スポーツイメージをアピールするためにも一役買っています。

ほかにも、ハイブリッドカーの回生ブレーキのかかり具合をコントロールするための操作スイッチとしてパドルシフトを採用する例もあります。

パドルシフト(パドルスイッチ)はAT車用の装備

一般的に、パドルシフトはAT車用の装備で、AT車でもMT車のようなシフトチェンジを可能にするものです。もちろんパドルシフト付きのAT車であっても、AT限定免許でも運転可能です。

AT車でもダイレクトなドライブフィールを演出

AT車は本来走行速度に合わせて最適なギアを自動で選んでくれる優れもの。しかし、パドルシフトによりMT車のようにドライバーの意志で任意で変速ができるようになります。

パドルシフトはAT車でもMT車のようなダイレクトなドライブフィールを味わいたい人にはおすすめの装備と言えます。

パドルシフトは燃費にも大きく貢献

パドルシフトで意図的にシフトダウンし、エンジンブレーキを効かせることで、燃費にも大きく貢献してくれます。

なぜなら、最近の車はエンジンブレーキ使用中は燃料噴射をカットするため。パドルシフトをうまく使うと無駄な燃料消費を抑えることができ、燃費も向上します。

2ペダルMT(セミAT)車もパドルシフトを使う

2ペダルMT(セミAT/AMTとも)は「AT免許で乗ることのできるMT車」です。基本的な機構はMTと同じですが、クラッチ操作とシフトチェンジが電子制御、自動化されています。

よって、ドライバーは走行中にクラッチ操作は不要ですが、手元のパドルシフトで自らギア選択をする必要があります。

ギアを持たないCVTでもパドルシフトがあるの?

車の変速機構は大きく分けてMTとATですが、ATに分類されるものにCVTという機構もあります。MTとATは変速ギアを持っているのに対してCVTには変速ギアが存在しません。

もちろんCVTでもパドルシフトを使用することができます。コンピュータで疑似的に6速や7速などのギアを作り出し、MT車のようにダイレクトな操縦感覚が楽しめるように作られています。

CVTのパドルシフトは、耐久性の観点から頻繁な使用を推奨していない車種もあるようです。気になる方は車の取り扱い説明書で確認しましょう。

パドルシフトの使い方

パドルシフト
ハンドルを握ったまま人差し指や中指、親指で操作できる位置にある

パドルシフトはハンドルの左右についているレバーのようなスイッチを走行中に親指で押すと変速ができるようになっています。「+」がシフトアップ。「-」がシフトダウンとなります。

また、車種によっては左右どちらでも変速ができ、人差し指で引いてシフトアップ、親指で押してシフトダウンというような場合もあります。機構はメーカーによって様々となっています。

パドルシフトはどんな時に使うもの?

パドルシフトは素早く加速したいときや、上り坂で失速しないようにより低いギアで走行したい場合に使用します。

例えば、AT車では「一段ギアが下がってくれれば思い通りの加速ができるのに」といった場面でも、パドルシフトを使えばすぐにシフトダウンをすることができます。

また、長い下り坂ではフットブレーキの多用により「ベーパーロック」や「フェード現象」が起きやすくなるので、パドルシフトを使用すればエンジンブレーキを効かせて減速することもできます。

また、明らかにギアと速度が合っていない場合などはエンジンへ負担をかけないようにコンピュータが判断しますので、無理な変速はできないようになっています。

【効果的な使い方①】長い下り坂でのエンジンブレーキ

任意のギアに変更できることで、エンジンブレーキを効果的に使うことができるようになります。

AT車の変速プログラムは、車体が不安定にならないようにエンジンブレーキが効きにくいのが一般的。パドルシフトで瞬時のシフトダウンによって、ドライバーの意思どおりのエンジンブレーキが可能になります。

長い下り坂や、峠道の下り坂でもエンジンブレーキを効率的に使うことができるようになるため、ブレーキへの負担を軽減し安全に貢献します。

【効果的な使い方②】スポーツ走行を愉しむ

任意のギアに変速できることは、スポーツ走行の醍醐味の一つです。しかし、AT車のDモード変速は燃費性能を重視して設定されるため、アクセルを全開にしたときにしか高回転領域を使えません。

しかし、パドルシフトによる変速なら、しっかりとレブリミット直前まで回して走行することが可能です。しかも、ステアリングから手を離さずにシフトチェンジができるため、正確なステアリング操作をしながら、キビキビと車を走らせることができます。

【効果的な使い方③】燃費を向上させる

現在のエンジンは、低回転時の燃費性能が極めて高いことが特徴です。パドルシフトを使うと、巡航時に高めのギアで走行することができるので、燃費が向上します。

また、長い上り坂などでは、ATがギアの選択に迷うことがあります。こういったムダな変速動作も燃費には悪影響です。パドルシフトを使えば、あらかじめ低いギアにシフトし、ひとつのギアで上ることを選択できます。

【パドルシフトの意外な盲点①】CVTでは逆効果になることが

CVTは無段階変速が可能なトランスミッション。エンジンのもっとも効率のよい回転数を維持したまま、トランスミッション単体でリニアな速度変更を可能とし、燃費向上に貢献する優れた変速機です。

そのため、CVTをパドルシフトにより任意で変速してしまうと、CVTによる燃費向上の恩恵が失われてしまいます。

CVTにパドルシフトが搭載されるのは、人間の感覚と一致しづらいCVTの特性と、ラバーバンドフィールと呼ばれるアクセルに対する反応遅れに対処するもの。そのため、アップダウンやコーナーの続く峠道以外では、使用するメリットは薄いといえるでしょう。

【パドルシフトの意外な盲点②】直線では逆に遅くなる場合がある

AT車の変速プログラムは、シフトアップしたときの回転数の落ち込みをあらかじめ加味し、もっとも効率よく加速できる回転数で変速を実行するように設定されています。つまり、人間がパドルシフトで下手に介入すると、直線加速ではかえって遅くなってしまう場合があるのです。

【結論】パドルシフトは使いどころが肝心

パドルシフトは、AT車をMT車のように操れるメリットがある反面、パドルシフトによる変速は燃費重視の自動変速ではなくなるため、燃費は悪化しがち。つまり、パドルシフトは使いどころが肝心です。

パドルシフトを使うことで、ステアリング操作に集中しながら、車のポテンシャルを使い切った操る楽しみが味わえます。

つまり、街乗りやロングクルージングではATの利点を活かした自動変速で走り、山岳道路や峠道ではパドルシフトを積極的に使ったアグレッシブなドライビングを楽しむのが、パドルシフトの効果的な使い方といえます。

パドルシフトの後付けは可能?

もともとマニュアルモードがついているAT車であれば、パドルシフトの後付けが可能な場合が多いようです。気になる方は購入店に問い合わせてみましょう。

取付けを依頼する場合、工賃は1万~3万円ほど。ユニット購入前に、近くの工場やカー用品店に確認するのがおすすめです。

パドルシフト後付けユニットの例

パドルシフトカバー人気おすすめランキング

パドルシフトのパドル部分は、カバーにより簡単にカスタムすることができます。購入前に製品の対応車種を確認しましょう。

第1位:【STISpeed】パドルシフトカバー (レッド)

85やWRXなどのトヨタ車、スバル車に適合したパドルシフトカバーです。両面テープとネジで簡単に取付けできます。

第2位:【EVOGEAR】ホンダ パドルシフトカバー

ホンダ車に適合したパドルシフトカバーです。赤、青、黒、銀、灰の5色から選べます。

第3位:スバル リアルカーボン製 パドルシフトカバー

スバル車に適合したパドルシフトカバーです。赤、青、黒、銀、灰の5色から選べます。カーボン製のレーシーなアイテムです。

第4位:【STISpeed】マツダ シフト パドル エクステンション

マツダ車に適合したパドルシフトカバーです。両面テープとネジで簡単に取付けできます。

第5位:【STISpeed】メルセデス・ベンツ AMG パドルシフトカバー

メルセデスAMG車に適合したパドルシフトカバーです。メルセデス・ベンツのAMGラインのシリーズには非対応ですので注意しましょう。

第6位:【STISpeed】スズキ パドル エクステンション

スズキ車に適合したパドルシフトカバーです。両面テープとネジで簡単に取付けできます。 赤、青、黒、銀、灰の5色から選べます。高品質アルミ合金のアイテムです。

第7位:【STISpeed】アウディ パドル エクステンション

アウディ車に適合したパドルシフトカバーです。赤、青、黒、銀、灰の5色から選べます。高品質アルミ合金のアイテムです。

第8位:フォルクスワーゲン ゴルフ7 シフトパドルカバー

VWゴルフ7に適合したパドルシフトカバーです。赤、青、黒、銀の4色から選べます。高品質アルミ製のアイテムです。

第9位:【STISpeed】三菱 パドルシフトカバー

三菱車に適合したパドルシフトカバーです。赤、銀の2色から選べます。高品質アルミ合金のアイテムです。

第10位:【EVOGEAR】トヨタ パドルシフトカバー

トヨタ車に適合したパドルシフトカバーです。赤、黒、青、銀の4色から選べます。アルミ合金のアイテムです。

【まとめ】パドルシフトでスムーズに加速&減速できるとメリットが

パドルシフトのメリットをまとめると以下の通り。

  • MT車のようなダイレクトなドライブフィール
  • ハンドルから手を離さずに瞬時にシフトチェンジができる
  • エンジンブレーキの使用で燃料噴射をカット、燃費向上
  • エンジンブレーキの使用でブレーキパッドの摩耗を抑える

ただし、AT車(CVT)の利点であるもっとも効率のよい回転数を維持したままの変速を、任意のシフト変更で妨げてしまうと逆効果になる場合も。

ストップ&ゴーの多い街乗りや直線道路でのクルージング走行では多用せず、山道や坂道でパドルシフトでスムーズに加速&減速するのがおすすめです。

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部