MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > 【エンジンオイルのグレード・規格・粘度とは】違う種類を混ぜても大丈夫?
車検・メンテナンス

更新

【エンジンオイルのグレード・規格・粘度とは】違う種類を混ぜても大丈夫?

エンジンオイルの種類とは

エンジンオイル交換

エンジンオイルは、エンジンの特性や車の使い方に合った種類を選ぶことができるよう、「グレード(規格)」と「粘度」が示されています。

さらに、ガソリンエンジン用・ディーゼルエンジン用ののエンジンオイルも存在しますが、近年は両方に対応するものが多く販売されています。

エンジンオイルの規格(グレード)

エンジンは高い負荷に耐えられるようになったことで、年々性能が向上しています。こうした高回転、高出力なエンジンは、燃料やエンジンオイルそのものからなどから不純物(デポジット、スラッジ)が発生します。エンジンオイルは、これらからエンジンを守る役割があり、どの程度の負荷に耐えられるのかなどを明確にする必要があります。これがエンジンの「規格(グレード)」です。

エンジンオイルの品質に関する規格には、「API規格」「ILSAC(GF-5)規格」の2つがあります。それぞれ頭文字に続くアルファベットと共にグレードを表していて、右のアルファベットが進むほど性能が高くなります。

API規格

米国石油協会(API)とSAE、アメリカ材料試験協会(ASTM)の三者が定めるた規格で「SN」「SM」「CN」などの英字2文字で表記されます。先頭の文字の「S」はガソリンエンジン車、「C」はディーゼルエンジン車用のエンジンオイルということになります。

2文字目のアルファベットが進むほど(A→Z)性能が高くなります。(現在は、Nまであり、Jより前はすでに製造販売されていません)

ILSAC(GF-5)規格

日米の自動車工業会(ILSAC)が制定したもので、前述のAPI規格に省燃費性能を加えたものです。現在、最新のグレードは「GF-5」となっています。

JASO規格

ディーゼルエンジン車用オイルは、国産クリーンディーゼルエンジンに対応した日本独自の「JASO規格」が主流となっています。乗用車に適したグレードは「DL-1」とされています。

ガソリンエンジン用エンジンオイル規格一覧表

API規格ILSAC規格特徴
SA“ベースオイル”と呼ばれる、負荷の低いエンジンに使用できるオイル。添加物が含まれていない。
SB最低レベルの添加物を配合したエンジンオイル。かじり防止・酸化安定性の機能を改善。
SC1964~67年型のガソリンエンジンに対応。デポジット防止性・磨耗防止性・サビ止め性・腐食防止性を持つオイル。
SD1968~71年型のガソリンエンジンに対応。SC規格より高いクォリティと性能を持つ。
SE1972~79年型のガソリンエンジンに対応。SD規格より高いクォリティと性能を持つ。
SF1980年型以降のガソリンエンジンに対応。酸化・高温デポジット(堆積物)・低温デポジット・サビ・腐食への防止性能を強化したオイル。
SG1989年型以降のガソリンエンジンに対応。吸排気バルブ系の耐摩耗性と酸化安定性が向上。エンジンの長寿命化などSF規格以上の性能を持つ。
SHGF-11993年型以降のガソリンエンジンに対応。スラッジ防止性・高温洗浄性を高め、SG規格以上の性能を持つ。
SJGF-21996年型以降ガソリンエンジンに対応。SH規格以上の蒸発性、せん断安定性を持つ。
SLGF-32001年度に制定された規格。SJ規格よりも省燃費性の向上とCO2の削減を達成。排気ガスに含まれる、CO、HC、NOxの削減。オイル劣化防止性能の向上で廃油総量の削減と自然環境保護に対応。
SMGF-42004年に制定された規格。SL規格よりも浄化性能・耐久性能・耐熱性・耐磨耗性に優れるオイル。
SNGF-52010年に制定。SM規格以上の省燃費性能の持続性と触媒保護性能を強化したオイル。

ディーゼルエンジン用エンジンオイル規格一覧表

規格特徴・条件
CA使用負荷が軽度〜中程度のディーゼルエンジンに対応。軸受腐食防止性と高温デポジット防止性を持つ。使用負荷が軽いガソリンエンジンにも使用可能であるが、良質なガソリンを使用する必要がある。
ディーゼル、ガソリンエンジンともに摩耗防止性およびデポジット性の性能は有しない。
CB使用負荷が軽度〜中程度のディーゼルエンジンに対応。品質のよくない燃料を使用したときの対摩耗性とデポジット防止性を有する。また、高硫黄分燃料使用時の軸受け腐食防止性と高温デポジット防止性を有する。
CCターボ・ディーゼルエンジンの過酷な運転条件に対応。高負荷運転のガソリンエンジンにも使用可能。使用負荷が軽いターボディーゼルエンジンでの高温デポジット防止性、ガソリンエンジンでのさび止め性能、腐食防止性と低温デポジット防止性を有する。
CD高負荷な使用をするディーゼルエンジンに対応。高回転運転で高い耐摩耗性とデポジット防止性を有する。
底質な燃料を使用した場合のターボディーゼルエンジンにも軸受け腐食防止性と高温デポジット防止性を有する。
CE1983年型以降のターボ・ディーゼルエンジンの高負荷使用時に対応。CD級よりオイル消費性能とデポジット防止性能、スラッジ分散性能が向上している。
CF建設用機械や農業用機械など高速回転が必要としないディーゼルエンジンのために開発されたオイルで、CDに代わる各種性能を向上。
CF-41990年代の低硫黄軽油(硫黄分0.5%以下)を使用し過酷な条件下に耐えるディーゼルエンジンオイル。CE規格よりも高温デポジット性能、スラッジ分散性が向上し熱安定性とオイル消費防止性も向上。

エンジンオイルの粘度

粘度とは、エンジンオイルがどの気温で使用可能かどうかを示すものです。エンジンオイルの粘度は、「SAE」(アメリカ自動車技術者協会)が定めた分類によって「10W-30」、「0W-20」などと表されています。

前半の数字は、小さいほど低温で固まりにくい特性があります。例えば、0Wならマイナス35℃、5Wはマイナス30℃、10Wはマイナス25℃に対応する、という意味になります(WはWinter(冬)の略) 。 10Wよりも5Wのほうが、エンジン始動時における負荷が小さく、燃費も良くなります。

後半の数字は、高温時の粘度を表します。数字が高いほどオイルが固くなります。

グレードや粘度の違うエンジンオイルは混ぜても大丈夫?

未使用のエンジンオイルの場合、グレードのみの違いならOK!

未使用のエンジンオイル同士ならグレードの違うオイルを混ぜても大丈夫です。

また、鉱物油と化学合成油を混ぜることも問題はないとされています。化学合成油のメリットが発揮されない可能性がありますが、ハードな走行でない限り問題はないでしょう。

しかし、混ざったエンジンオイルは、性能・効能の低いオイルの方の性能になってしまう、という点を忘れないようにしてください。

粘度が違うエンジンオイルは混ぜるのはおすすめできない

粘度の違うエンジンオイルを混ぜて車が故障したというケースや、長期的に試験したという結果もほとんど見受けられないようですが、 あまりおすすめできません。

エンジンオイルには、粘度を調整するために添加剤が含まれていますし、オイルの品質を保つためにバランスよく配合されています。粘度の異なるオイルを混ぜると、添加剤のバランスを大きく崩し、オイルの性能が十分に発揮されない恐れがあります。潤滑性能にも影響が出てくるので粘度が違うオイルは混ぜない方がよいといえます。

オイル交換時にグレード、粘度を変えるのは全くOK!

エンジンオイル交換にあたっては、どうしても古いオイルが100cc 程度残ってしまいます。しかし、この程度であれば新しいオイルのグレードや粘度を変えても、問題になりません。エンジンオイルの粘度を変えたい場合は、オイル交換時に行いましょう。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ