MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > エンジンオイル交換 徹底解説|交換時期や頻度&方法から費用、トラブルまで
カーライフ

更新

エンジンオイル交換 徹底解説|交換時期や頻度&方法から費用、トラブルまで

エンジンオイル 交換時期や頻度は?

新品のエンジンオイルを入れる

エンジンオイルは、エンジンを円滑に動かすため、熱や汚れからエンジン内部を保護する役割があります。車を使うにつれエンジンオイルは汚れていきますので、定期的な交換が必要です。

一般的には、ガソリン車であれば1万5,000kmごと、ガソリンターボ車であれば5,000kmごとの交換が望ましいとされています。

また、走行距離に関わらず、エンジンオイルは自然に劣化していきますので、使用頻度が低くてもガソリン車であれば1年ごと、ガソリンターボ車であれば半年ごとに交換しましょう。

エンジンオイル交換の時期やタイミングについてはこちら

エンジンオイル交換の方法

エンジンオイル交換は、個人で行ってもよい整備です。一般的には、車をジャッキアップして古いオイルを抜き、新品のオイルを規定量注ぎます。このとき、新しいオイルは車に適合した「粘度」と「規格等級」のものを用意します。

エンジンオイルの規格や交換方法についてはこちら

オイル交換にかかる費用・時間は?どこでやるのがおすすめ?

エンジンオイル交換は、オイル代+工賃で2,000円~4,000円程度が相場でしょう。作業時間は30分以内で済みますが、店舗によっては待ち時間がある場合も。事前予約をするとスムーズです。また、気軽なオイル交換・緊急時のオイル交換であればガソリンスタンドもおすすめです。

エンジンオイルの交換費用・時間についてはこちら

エンジンオイル交換 しないとどうなる?

エンジントラブルで故障した車

エンジンオイルを交換しないまま車に乗り続けていると、オイルが劣化してしまいます。オイルの劣化により、エンジンは正常な性能を発揮することができなくなり、車のパワーの低下や燃費の悪化を引き起こします。

また、エンジンオイルの劣化により、エンジン内部の部品が摩耗・損傷してしまうと、エンジン自体の故障や焼き付きにつながり、大変危険です。

エンジンオイルを交換しないとどうなるかはこちら

こんな場合はオイル漏れかも?

車を使っていると、エンジンオイルは自然に減っていきます。しかし、急にオイルが減った場合はオイル漏れが疑われます。

オイル漏れの原因の多くは、エンジン部品の継ぎ目のゴム類の劣化によるもの。したがって、オイル漏れ自体は致命的な故障ではありませんが、そのままにしておくとオイルが燃えて車両火災に繋がったり、オイルが気づかないうちに無くなってしまいエンジンがオーバーヒートするなどの重大なトラブルにつながりかねません。早めにディーラーや整備工場に相談しましょう。

オイル漏れは、こまめにエンジンオイル量をチェックしておくことで早期発見につながります。エンジンの異常に早く気づくためにも、オイル量はこまめに確認しておきましょう。

エンジンオイル量の確認方法や、オイル漏れについてはこちら

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

関連キーワード