MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 【タイヤ交換】車用ジャッキ&ジャッキスタンドおすすめ人気ランキング|使い方やポイントも
アイテム

更新

【タイヤ交換】車用ジャッキ&ジャッキスタンドおすすめ人気ランキング|使い方やポイントも

ジャッキアップの方法と車用ジャッキ・ジャッキスタンドのおすすめ商品をランキング形式でまとめました。間違った方法でジャッキアップを行うと大きな事故につながりかねません。ジャッキアップの基礎知識と正しい方法、自分でできるタイヤ交換の方法を学びましょう。

ジャッキアップ=車を持ち上げること。長時間支える場合は要注意

©korchemkin/stock.adobe.com

ジャッキアップとは、整備やタイヤ交換のために車を持ち上げる作業です。ジャッキアップには「ジャッキ」と呼ばれる工具を使用します。一部の整備作業を行うには、車体を地面から浮かせなければなりません。

たとえばタイヤ交換では、タイヤを外せる状態にするために、車体を地面から浮かせます。こうした整備のために車を持ち上げる作業がジャッキアップです。なお、タイヤ交換についてはこちらで詳しく解説しています。

持ち上げた車を安全に支えたい場合は「ジャッキスタンド」を

ジャッキアップした車を安全に支えるには、専用の台である「ジャッキスタンド(リジットラック)」が必要です。前述のジャッキは台としては不安定。作業中に倒れると大事故につながります。長時間の整備には必ずジャッキスタンドを使用してください。

ジャッキスタンドについてはこちらから。

車用ジャッキの種類と選び方

パンタグラフジャッキ|多くの車載ジャッキに採用

シンプルでコンパクトな「パンタグラフジャッキ」は、多くの車種で車載ジャッキとして採用されています。主な使用シーンはタイヤ交換で、1輪(タイヤ1本)のみ持ち上げることが可能です。

パンタグラフジャッキはひし形をしており、手動でネジを回すことで高さが上がるようになっています。持ち上げ可能な重量は製品ごとにさまざまです。商品選びの際は、能力(持ち上げられる重量)や対応車種に注意してください。

後述しますが、パンタグラフジャッキにも油圧式があり、こちらはタイヤ交換時に便利なアイテムです。

フロアジャッキ(ガレージジャッキ)|油圧式で持ち上げ楽ちん

フロアジャッキ(ガレージジャッキ)は、油圧で車を持ち上げられるジャッキです。左右2輪(前輪もしくは後輪)のタイヤを同時に持ち上げる際に使用します。フロアジャッキの基本操作はレバーを上下に動かすだけと簡単。力の要らない油圧式のため、楽に車を持ち上げられます。

フロアジャッキを選ぶ際は、持ち上げ可能な重量をチェックしてください。能力に余裕のあるジャッキは長持ちしますし、より軽い力で車を持ち上げられます。

ジャッキアップ時の注意点|ジャッキアップポイントに注意!

安全で平坦&硬い地面を選ぶ

車のジャッキアップは安全で平坦、かつ地面の硬い場所で行ってください。人通りの多い場所での作業は避けましょう。傾斜した場所での作業もNGです。

ジャッキアップした際に車が動き出したり、ジャッキが傾いて外れたりする可能性があります。地面がぬかるんだ場所もジャッキアップの作業場に向きません。ジャッキが安定せず倒れる危険性があります。作業中の事故を避けるために、ジャッキアップを行う場所は慎重に選びましょう。

必ずジャッキアップポイントで持ち上げること

ジャッキアップを行う際は、必ずジャッキアップポイント(接続点)で車体を持ち上げてください。ジャッキアップポイント以外の部分を持ち上げると、フレームの歪みや故障が生じかねません。

パンタグラフジャッキ用のポイントは、車体サイド下の浅めの位置に4点あります。前・後輪の間にある切り欠きや目印を探してください。フロアジャッキ用のポイントは車底の前後にあります。車の下をのぞき込み、突起部分を探してください。

ジャッキダウン時の事故に注意

ジャッキアップした車体を下ろす(ジャッキダウンする)際は、事故が起こらないように気を配りましょう。車の下に人や動物がいないことを確認してからジャッキダウンしてください。ジャッキを下ろす操作はなるべく慎重に行いましょう。急激に車体を下ろすとジャッキに強い負荷がかかり、破損や故障の原因となります。

フロアジャッキの操作には特に注意してください。急な操作により車体が落下し、事故につながる危険性があります。

パンタグラフジャッキでジャッキアップする方法

1.ジャッキアップポイントにジャッキを設置

パンタグラフジャッキを使用する際は、まずジャッキアップポイントにジャッキを設置してください。ネジを回してジャッキを上げ、指定のポイントにサドルをセットしましょう。

2.ジャッキハンドルで車体を持ち上げる

ジャッキを設置したら、ジャッキハンドルでネジを回して、車体を持ち上げてください。ジャッキハンドルは組み立てが必要な場合があります。

3.スペアタイヤを車体下に挟む

タイヤが浮く位置までジャッキを回したら、スペアタイヤを車体下に挟んで安全を確保してください。

動画で確認したい人はこちら

油圧式フロアジャッキでジャッキアップする方法

1.リリースバルブを閉める

フロアジャッキを使用する際は、まずリリースバルブを締めてください。付属のレバーをホルダーに差し込み、右に回すとバルブが閉まります。

2.レバーを操作してジャッキアップする

リリースバルブを締めたら、ジャッキアップポイントにジャッキをセットします。セットが完了したらレバーを上下に操作し、車体をジャッキアップしてください。

3.ジャッキスタンドで固定する

タイヤが地面を離れたら、ジャッキスタンドで車体を固定してください。スタンドはパンタグラフジャッキ用のポイントに設置しましょう。

動画で確認したい方はこちら

パンタグラフジャッキ人気おすすめランキング

第1位:PJ-1400

日本製のパンタグラフジャッキ。操作時の重さは他社製品と比較しておよそ半分程度としています(メーカー調べ)。高剛性のネジ棒、高強度のアームも本製品の魅力です。伸長時の高さは最大380mm、最大耐荷重は1,400kg。

第2位:バル No.1352

バル(BAL) パンタグラフジャッキ 800kg No.1352

バル(BAL) パンタグラフジャッキ 800kg No.1352

3,860円(08/04 10:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

スタンダードな日本製パンタグラフジャッキ。車載用に設計されており、質量2.1kgと軽量です。揚幅は90mm〜375mm、最大耐荷重は800kg。コンパクトなジョイントハンドルが付属します。

第3位:パンタジャッキ F-72

大自工業株式会社のパンタグラフジャッキです。ストローク幅が255mmあり、最高伸長時の地上高は350mm。本体重量が2.2kgと軽く、車載ジャッキとして活用できます。最大耐荷重は1,000kg。

第4位:パンタジャッキ FJ-20

高さと耐荷重に余裕のあるパンタグラフジャッキです。伸長時の地上高は最大405mm(ストローク長305mm)。2,000kgまでの荷重に耐えるため、車両重量が重めの車にも安心して使用できます。

油圧式フロアジャッキ人気おすすめランキング

第1位:フロアージャッキ タートル2t

BAL (大橋産業) フロアージャッキ タートル 2t 1395

BAL (大橋産業) フロアージャッキ タートル 2t 1395

6,974円(08/04 10:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

軽自動車やコンパクトカーに適するフロアジャッキです。最大耐荷重2,000kg。サドル最低位が100mmと低く、ローダウン車に対応します(最高位は350mm)。サイドジャッキアップ用のアダプター付き。

第2位:EMERSON EM514

軽自動車からSUV・1BOX車まで対応するフロアジャッキ。高い安全性が認められた「SG規格」適合製品です。サドル最低位135mm、最高位435mm。最大耐荷重3,000kgと能力に余裕があります。

第3位:フロアジャッキ 1366

BAL (大橋産業) 油圧式 フロアジャッキ 最大荷重2.5t 1366

BAL (大橋産業) 油圧式 フロアジャッキ 最大荷重2.5t 1366

6,746円(08/04 10:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

軽自動車〜ミニバン対応のフロアジャッキです。最大耐荷重は2,500kg。やや重量のある車も安全かつ楽にジャッキアップできます。ストローク幅は285mm(最低位125mm〜最高位410mm)です。

第4位:2t油圧フロアージャッキ

ローダウン車対応のフロアジャッキです。最低位85mm〜最高位335mmのジャッキアップが可能。付属のアタッチメントを使用すれば、サイドのジャッキアップも行えます。最大耐荷重は2,000kg。

ジャッキスタンドの使い方

ジャッキスタンドは、主に油圧式ジャッキ(フロアジャッキ)で車の前面もしくは後面を持ち上げた際に、2個セットで車体を支えるようにして使います。

1. ジャッキアップする

ボディの底部にあるジャッキアップポイントにジャッキを当て、ジャッキアップします。ジャッキアップのしかたについては割合します。

2.ジャッキスタンドを設置

ジャッキアップポイントの下にジャッキスタンドを設置したら、しっかりと目的のポイントに乗るか確認しながら、ゆっくりと車体を下ろしていきます。このとき、 念のため、ホイール付きのタイヤを車体の底に敷いておきます。

3.ジャッキを外す

ジャッキスタンドがジャッキアップポイントでしっかりと支えているのを確認し、ジャッキを外します。

作業が終わったら、同じようにジャッキアップしてから、ジャッキスタンドを外して、車体をゆっくりと降ろします。

動画で確認したい方はこちら

ジャッキスタンド人気おすすめランキング

第1位:エマーソン ジャッキスタンド3t 2個セット

ジャッキスタンド単品はもちろん、タイヤストッパーやジャッキアダプターなどのアイテムとのセットも販売されています。

第2位:Apextreme ジャッキスタンド 3t 2個セット

操作しやすい持ち手のレバーで、高さ調節も楽ちん。

第3位:NOS製 アルミスタンドジャッキ 軽量 耐荷重3t 2基入り

NOS製 アルミスタンドジャッキ 軽量 耐荷重3t 2基入り

NOS製 アルミスタンドジャッキ 軽量 耐荷重3t 2基入り

5,480円(08/03 12:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

レバーでの高さ調節はできないものの、軽くて便利なタイプ。レビューではデザイン性も評価されています。

第4位:WEIMALL ジャッキスタンド 2t 馬ジャッキ 2基セット

折り畳んで収納できて便利。高さ調節は3段階です。

ジャッキを使って自分でタイヤ交換する方法

タイヤ交換をするために用意するもの

タイヤ交換の際に必要な工具は、ジャッキ、輪止め、レンチ。加えて、ホイールナットを外した際になくさないように箱(なんでもOK)があると便利です。膝をついたりタイヤを持ったりするので、汚れてもよい格好と軍手があれば安心です。

ジャッキ|油圧式のパンタグラフジャッキがおすすめ

ジャッキは車載タイプとしてポピュラーな「ネジ式パンタグラフジャッキ」が馴染みのあるアイテムですが、タイヤ交換の場合は「油圧式パンタグラフジャッキ」がおすすめです。

油圧式パンタグラフジャッキは、車載には少し重いタイプ。しかし、簡単に車を持ち上げることができます。緊急のタイヤ交換に備えて車載用としてネジ式を、ガレージでタイヤ交換する用として油圧式を持っておくと安心です。

輪止め

タイヤにフィットするゴムタイプの輪止め(タイヤストッパー)が手軽に使えておすすめです。

レンチ|十字レンチがおすすめ

BAL ( 大橋産業 )  クロスレンチ アルミ対応 1408

BAL ( 大橋産業 ) クロスレンチ アルミ対応 1408

1,304円(08/03 12:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

ホイールナットを締めたり緩めたりするには、初心者であれば十字レンチがおすすめです。自分の力で回さなくてもよい電動レンチもありますが、慣れないうちは締める際にボルトのネジ山を潰したりボルトを折ったりしてしまうこともあります。

トルクレンチ

ホイールナットを規定の強さまで締める際に、力の値を見ながら締めることのできるレンチです。デジタル式とアナログ式がありますが、どちらも数字を確認しながら締めることができます。手元にない場合は、ガソリンスタンドや最寄りの整備工場にすぐに行き、トルクの調整をしてもらってください。

自分でタイヤ交換をするときの手順と場所

自分でタイヤ交換をする際の手順は、大きく分けると以下2つ。

  • 古いタイヤを取り外す
  • 新しいタイヤを取り付ける

今回、自分で交換するタイヤはホイールに取り付けられていることが前提となります。ホイールへのタイヤの取り付け=タイヤの組み付け、組み換え方法は省略してあります。

車をタイヤ交換のしやすい場所に停め、エンジンを切ったらサイドブレーキをかけましょう。車の周りをぐるっとひと回り出来る場所が最適です。そのほか、以下の条件に注意しましょう。

  • 安全で平坦な場所を選ぶ
  • 坂道は危険なので絶対にNG
  • 砂利の上や柔らかい地面は避ける(ジャッキアップの妨げになるため)

自分でできるタイヤ交換のやり方【タイヤの取り外し編】

1.交換するタイヤの対角線上のタイヤに輪止めをする

交換するタイヤの対角線上にあるタイヤに輪止めを設置します。これは、サイドブレーキをしたうえで、万が一に備えて車が動かないようにするためです。

2.レンチでホイールナットを少しだけ緩める

交換するタイヤの各ホイールナットを少しだけ緩めます。緩める順番は4穴なら上下左右、5穴なら星型に。ガッチリ締まっているナットが簡単にクルクル回せるようになるまで、レンチを左方向に回します。

3.ジャッキアップポイントにジャッキをかけて車体を持ち上げる

ジャッキをかける正しい位置「ジャッキアップポイント」で、車体を持ち上げます。

通常は各タイヤからボディ中央部寄りの車底部端で、フレームに切り込みのある部分を指します。場所は車によって異なりますが、車の取り扱い説明書や整備マニュアル、メーカーのウェブサイト上などで確認できます。

ジャッキアップはタイヤが地面から3cmほど離れるくらいでOK。車体が持ち上がっている状態では、絶対に車の下に身体や手足を入れないようにしてください。

4.ホイールナットを全て外してからタイヤを外す

車を持ち上げたらホイールナットを全て外して、タイヤを車から外します。このとき、ホイールナットをなくさないよう、箱などに入れておくと安心です。

自分でできるタイヤ交換のやり方【タイヤの取り付け編】

1.新しいタイヤを取り付け、各ホイールナットを均等に仮締めする

新しいタイヤを、ボルト奥まで差し込んで取り付けます。回転方向が決まっているタイヤの場合、タイヤサイドの矢印や装着側の指定を確認しましょう。

ホイールナットを、4穴なら上下左右、5穴なら星型の順番で、均等に締めていきます。1つのナットを一気に締めてから次に行くのではなく、全てのナットが徐々に締まるようにします。タイヤが浮いているこの段階では、仮締めで十分です。

2.ジャッキを下ろして、ホイールナットを本締めする

ジャッキを降ろして車体を降ろします。一気に降ろさないように気をつけましょう。タイヤの下に足を入れていると車の下敷きになってしまうので、絶対に入れないようにしてください。ホイールナットを、4穴なら上下左右、5穴なら星型の順番で、均等に締めていきます。この段階で本締めになるようにし、タイヤを車体に固定します。

3.ホイールナットをトルクレンチでさらに締め、適正なトルクに調整する

車体に固定された状態のタイヤをトルクレンチを使ってさらに締め、適切な値にします。タイヤの適切な締まり具合(=規定トルク)は車によって異なりますが、おおむね以下の値です。

  • 軽自動車:70~90N・m(7~9kgf・m)
  • 普通自動車:90~110N・m(9~11kgf・m)

規定トルクよりも弱く締めたままだとナットが緩んで脱輪の原因になったり、逆に強く締めてしまうとネジ穴(ナット穴)が広がってナットが切れる原因になったりします。規定トルクは車種によって異なるため、必ず取扱説明書を確認してください。

トルクレンチは、どれくらいの値で締めているかを確認しながらナットを締めるための工具。手元にない場合は、ガソリンスタンドや最寄りの整備工場にすぐに行きトルクの調整をしてもらってください。

タイヤ交換方法を動画で確認したい方はこちら

自分でできない場合は専門店やディーラーへ

ホイールナットを締める

タイヤ交換は慣れてしまえば、自分でやっても1時間程度で完了します。ここまでの工程に不安がある方は、専門店やディーラーにお願いしてしまいましょう。

タイヤ交換の工賃は2,000円程度が相場のようです。持参したタイヤに交換してもらいたい場合、持ち込みタイヤ用のタイヤ交換工賃がかかります。持ち込みのタイヤ交換が可能かは、店舗に問い合わせてみましょう。

【まとめ】ジャッキアップは安全第一で!車体の下に身体を挟まれると非常に危険

ジャッキアップはあくまで車を一時的に持ち上げる行為。タイヤ交換は一箇所ずつ、地面から数cm持ち上げるだけですので、ジャッキスタンド不要の手順を解説しましたが、車体を完全に持ち上げる場合は必ずジャッキスタンドを使いましょう。

また、ジャッキスタンドを使った場合も、安全を考慮してタイヤを車体と地面の間に挟む、自分の身体の一部を車体の下に入れないなど、安全には十分配慮して作業することが大切です。

タイヤ交換についてはこちらで詳しくまとめています。

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!