MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > エンジンオイルのグレードの見方|最新規格はSP規格
役立つ情報

更新

エンジンオイルのグレードの見方|最新規格はSP規格

エンジンオイルのグレードとは?

エンジンオイルのグレードとは、オイルの品質や性能のことです。

ガソリンエンジン用のエンジンオイルの種類は「5W-40 SN」「5W-30 GF-5」などと表記されます。このうち、グレード(規格)表すのは「SN」「GF-5」の部分です。

5W-40SN
GF-5
オイル粘度オイル規格(グレード)

S、Cで始まるAPI規格

API規格は、米国石油協会(API)とSAE、アメリカ材料試験協会(ASTM)の三者が定めた規格です。「SN」「SM」「CN」などの英字2文字で表記されます。

「CF」など、Cで始まるグレードのエンジンオイルはディーゼルエンジン用、Sで始まるオイルはガソリンエンジン用です。

GFで始まるILSAC規格

ILSAC規格は、日米の自動車工業会(ILSAC)が制定したもので、API規格に省燃費性能を加えたものです。

Mで始まるJASO規格

JASO規格とは、日本自動車規格(Japanese Automobile Standards Organization)が制定したもの。四輪・二輪・ディーゼル用に分かれています。

そのうち、「MA」など「M」で始まるグレードのエンジンオイルはバイクエンジン用です。

SP規格とSN規格の違いは?

API規格においては、2010年に制定されたグレード「SN規格」が最新でしたが、2020年5月に新たな「SP規格」が制定されました。

耐久性やスラッジの出にくさ、燃費のよさなど、ほぼ全ての性能で「SP規格」が上回ります。

エンジンの進化とともに最適な規格(グレード)のエンジンオイルが開発・調整されます。SP規格現在最新規格・最高グレードのエンジンオイルとなりますが、数年後にはまた更新されるでしょう。

ILSAC規格でも新規格「GF-6」が登場

ILSAC規格においても、これまでの「GF-5」よりも新しい「GF-6」が登場しました。

LSPIがほぼゼロに

LSPI(低速プレイグニッション)とは、点火前に燃料が着火してしまう異常燃焼のことで、直噴ターボエンジンの低速・高負荷運転時に発生します。

SP規格ではLSPIがほとんど起きにくくなり、いままでのエンジンオイルでLSPIが発生していた場面でも「GF-6」ではゼロに近い数字まで下げることができます。

スラッジの清浄分散作用がアップ

また、エンジン内部にスラッジ(すす)がたまること。これにより、エンジンがスムーズに回転しなくなったり、調子が悪くなってしまいます。

街乗りメインの車はエンジンオイルの温度が上がりにくいため、スラッジが発生しやすいという欠点があります。SP規格のエンジンオイルは、街乗りがメインの車におすすめのオイルといえます。

タイミングチェーンが摩耗しにくい

SP規格ではSN規格に比べて、タイミングチェーンを摩耗させにくくなっています。耐摩耗性は半分以下となり、エンジンそのものへの負荷が小さくなりました。

燃費が向上

SP規格、GF-6規格ともに、使用した場合の燃費に向上が見られます。このほか、エンジン清浄性など多くの面でも新規格のほうが優れているため、エンジンオイルを選ぶ際は「SP」「GF-6」がおすすめといえます。

エンジンオイルのグレードによる選び方

新規格のほうが性能に優れているので安心

API規格にしろILSAC規格にしろ、新規格のほうが性能に優れているので、そちらを選ぶのがおすすめです。

API規格の場合は、「SM」「SN」「SP」といったグレード表記の2つ目のアルファベットを確認しましょう。アルファベットがZに近いほど、新しい規格です。

ILSAC規格の場合は、「GF-4」「GF-5」「GF-6」いったグレード表記の数字を確認しましょう。数字が大きいほど、新しい規格です。

API規格ILSAC規格特徴
SHGF-11993年型以降のガソリンエンジンに対応。
スラッジ防止性・高温洗浄性を高め、
SG規格以上の性能を持つ。
SJGF-21996年型以降ガソリンエンジンに対応。
SH規格以上の蒸発性、せん断安定性を持つ。
SLGF-32001年度に制定された規格。
SJ規格よりも省燃費性の向上とCO2の削減を達成。
排気ガスに含まれる、CO、HC、NOxの削減。
オイル劣化防止性能の向上で
廃油総量の削減と自然環境保護に対応。
SMGF-42004年に制定された規格。
SL規格よりも浄化性能・耐久性能・
耐熱性・耐磨耗性に優れるオイル。
SNGF-52010年に制定。
SM規格以上の省燃費性能の持続性と
触媒保護性能を強化したオイル。
SPGF-62020年に制定。
SN規格以上の耐久性やエンジン清浄性。

カストロール製品にある「FE」の意味は?

カストロール社から販売されているエンジンオイルには「EDGE FE 5W-30」など、商品名に「FE」が付いているものがあります。これは、エンジンオイルの規格やグレードとは無関係です。

「FE」表記のあるカストロール製エンジンオイルは、省燃費(低燃費)製品。燃費のいい走りがしたい方におすすめです。反対に、スポーツ走行性能を高めたい場合は「SN」標記のあるオイルがおすすめです。

カストロール社のおすすめエンジンオイル7選|人気オイルの価格や評判は?

【整備士から一言】最高グレードを選ぶと安心

エンジンオイルには「API規格」「ILSAC規格」「JASO規格」の3種類の規格があります。それぞれ管理している団体が違い、JASO規格は主にディーゼル用のエンジンオイルに適応されます。

主にカーショップなどで販売されている有名メーカーのオイル規格は最高グレードのものが多いので、グレードに関してはそこまで気にする必要はないでしょう。

格安オイルの場合は、グレードが低いもしくは記載されていない場合もあるので注意する必要があります。

エンジンオイルに詳しくない、こだわりがないという人は、有名メーカーのオイルを選んでおくと安心です。

ただし、エンジンオイルはグレードだけでなく、粘度も確認しましょう。寒冷地では低温時の粘度が低いオイルが、高回転・高出力エンジンは粘度の高いオイルが合っています。

エンジンオイルの種類についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

エンジンオイルの種類の違いと見方|種類を変えてもOK?

エンジンオイルに関するお役立ち記事

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事