MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車検・メンテナンス > オイルエレメントの交換時期は?交換方法や費用も解説
車検・メンテナンス

更新

オイルエレメントの交換時期は?交換方法や費用も解説

オイルエレメントとは?

©Kanemme6/stock.adobe.com

オイルエレメントとは、エンジンオイルの汚れを取り除くためのフィルターです。汚れたエンジンオイルを再度エンジン内に循環させないようにしています。

オイルエレメントが詰まってしまうと、エンジンオイルの汚れを取り除くことができなくなり、エンジン自体が汚れてしまいます。

オイルエレメントは、エンジンを搭載している全ての車に採用されており、必ず定期的な交換の必要なパーツです。エンジンオイルを2回交換するたびに、1回オイルエレメントを交換する方法が一般的です。

オイルフィルターとの違いはなに?

オイルエレメントは、オイルフィルターとも呼ばれるパーツですが、名称が違ったとしても同じものです。

厳密にいえば、オイルフィルターの中に入っているろ紙を「エレメント」と呼びますが、ほとんどの方が、オイルフィルターの意味として「オイルエレメント」と呼んでいます。

整備士ではオイルフィルターよりも、オイルエレメントと呼ぶ人の方が多い印象です。この記事では呼び名を統一し、オイルエレメントと呼ぶようにします。

オイルエレメントの交換時期・交換頻度

©Vatcharachai/stock.adobe.com

オイルエレメントは、エンジンオイルを2回交換するたびに1度エレメントも交換する方法が一般的です。例えば、5000㎞ごとにエンジンオイルを交換するなら、オイルエレメントは1万kmごとに1回交換します。

オイル交換の距離は交換する店や人によって違います。3000㎞ごとに交換する人もいれば、5000㎞ごとに交換することもあります。そのため、オイルエレメントも6000㎞~1万㎞ごとに交換しましょう。

メーカーのサイトなどでは3万㎞に1度の交換などと書かれていることもありますが、正直この頻度では遅すぎます。オイル自体も1万㎞で交換すればいいと書いているサイトも見かけますが、1万kmも無交換で走った車のエンジンオイルは恐ろしいほど汚れています。

そのため、一般的に交換されている距離である3000㎞~5000kmごとでオイル交換をしましょう。

新車時では1万㎞でも5000㎞でも目に見えるほど違いはないように思えます。しかし、走行距離が増えたり、年式が古くなったときオイル管理が悪ければ、故障やトラブルが発生する可能性が高くなります。

そのためこの記事ではエンジンオイルは3000㎞~5000㎞ごと、オイルエレメントは6000㎞~1万kmごとの交換をオススメします。

オイルエレメントを交換しないとどうなるの?

©christianchan/stock.adobe.com

オイルエレメントをずっと使い続けていると、ろ紙が汚れオイルの汚れをろ過できなくなってしまいます。そして、結果的にオイルエレメントが詰まったり、エンジンが必要以上に汚れ、故障してしまいます。

なぜ、エンジンオイルの汚れを取り除く必要があるのでしょうか。その理由は、エンジンオイルには潤滑作用の他に洗浄作用も持ち合わせているからです。作用としては、エンジン内に発生したススやスラッジなどをエンジンオイルに含ませ、エンジンをキレイにしています。

この作用により、エンジン内に汚れが溜まりづらくなり、何年も洗わなくても動き続けることができるのです。そして、エンジンオイルの汚れをオイルエレメントで集めます。キレイになったエンジンオイルは、再度エンジン内を循環するという流れです。

しかし、オイルエレメントが汚れすぎてしまった場合、バイパスバルブ(※後述)が開きます。バイパスバルブが開くと、オイルをろ過できず汚れたままエンジン内を再循環するのでエンジン汚れの原因に。

汚れたエンジンオイルのまま再循環させ続ければ、エンジンが汚れノッキングや焼け付きの原因になり、エンジンの寿命を大幅に縮めてしまうのです。

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事