MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ヤリス クロス > トヨタ新型ヤリスクロスおすすめグレードは「G」!4WDがスゴイ?違いを比較
ヤリス クロス

更新

トヨタ新型ヤリスクロスおすすめグレードは「G」!4WDがスゴイ?違いを比較

新型トヨタ ヤリスクロスのグレードごとの車体本体価格と装備やオプションの違いを解説。編集部おすすめのグレードや、駐車操作アシスト「トヨタチームメイト(アドバンスドパーク)」などの注目オプション、優れた4WD性能を紹介する。

新型ヤリスクロスのグレードと価格一覧

ヤリスクロス プロトタイプ
ヤリスクロス プロトタイプ

ハイブリッド車

X2,284,000円~
G2,394,000円~
Z2,584,000円~

ガソリン車

X Bパッケージ1,798,000円~
X1,896,000円~
G2,020,000円~
Z2,210,000円~

ヤリスクロスのグレードは大別して3つ。「X」「G」「Z」それぞれでガソリン/ハイブリッド、および2WD/4WDを選択することができる。

価格差を算出すると、X→Gのグレードアップで11万~12.4万円、G→Zのグレードアップで19万円。

ガソリン車の「X Bパッケージ」はエントリーグレードで、トヨタセーフティセンスを装備していない。最低限の装備だけで、自己流にカスタムして遊びたい人向けともいえる。

ヤリスクロスのグレード間で見た目に大きな違いはない

ヤリスクロス 上:HYBRID Z、下:HYBRID X
「Z」「G」にはドアモールにシルバーの車名プレートが付く(上:HYBRID Z、下:HYBRID X)

ヤリスクロスの見た目は、グレードによって大きく異なるわけではない。特にライトが点灯していない場合は、ホイールとドア下のモールディングくらいしか違いを見つけられないだろう。

ヤリスクロス 上:HYBRID Z、下:HYBRID X
「Z」はフロントアッパーグリルがピアノブラック加飾となる(上:HYBRID Z、下:HYBRID X)

細かな部分ではフロントのアッパーグリルの質感が異なる。最上位グレード「Z」のみピアノブラック加飾となるが、web上ではなかなか違いがわかりにくいので、実車で確認してみよう。

ヤリスとはデザイン含め全然違うクルマ!

ヤリスクロスとヤリスの比較画像
ボンネットやフロントライトに共通のデザイン性が見いだせるが、全体を見ると全く別の車

ヤリスクロスは名前のせいで、先に発売されたコンパクトカー「ヤリス(先代名ヴィッツ)」のクロスオーバータイプと思われがちだが、ヤリスにいわゆるクロスオーバー風の外装や足回りを追加しただけの車ではない。

ヤリスクロスとヤリスの比較画像
水平基調のテールランプは先進性を感じさせるデザイン

デザインからして全くの別物であり、クロスオーバーコンパクトSUVといった装い。最新機能に関してはヤリスと共通するものもあるが、走りや四駆性能に関してはコンセプトが異なると考えよう。

ヤリスクロスのエンジンスペックや走行性能についてはこちらで確認してほしい。

ヤリスクロス Z、G、Xのホイールとシートの違い

ヤリスクロスの各グレードのホイールと内装の標準装備を以下にまとめた。

ZGX
ホイール18インチアルミ *
(切削/光輝)
(センターオーナメント付)
16インチアルミ **
(センターオーナメント付)
16インチスチール
ホイールキャップ
シート合皮
+ツィード調
 ファブリック
上級ファブリックファブリック
内装色ダークブラウンブラックブラック

*「G」は83,600円でオプション選択可、**「X」は60,500円でオプション選択可

ヤリスクロスはグレードによってホイールおよび内装の仕様が決まっている。どのボディカラーを選んでも内装色は変わらない。最上位グレード「Z」では合皮+ツィード調ファブリックとなる。

「Z」のダークブラウン内装と18インチアルミホイール

ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)
HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)
ヤリスクロス 215/50R18タイヤ&インチアルミホイール
215/50R18タイヤ&インチアルミホイール(画像はプロトタイプのもの)

「G」「X」のブラック内装

ヤリスクロス HYBRID G(内装色:ブラック)
HYBRID G(内装色:ブラック)

ナビ・オーディオ類はディスプレイオーディオが標準装備

ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)
HYBRID Zのディスプレイオーディオ車

ヤリスクロスはエントリーグレード「X Bパッケージ」を含む、全てのグレードでディスプレイオーディオが標準装備となる。

「Z」「G」は8インチディスプレイ+6スピーカー、「X」は7インチディスプレイ+2スピーカーだ。どちらもAppleCarPlayやAndroid Autoに対応しているので、スマホのカーナビアプリや音楽再生機能を車でも使用するという場合は、オプションでナビを選択しなくてよい。

注意したいのが、ディスプレイオーディオではCDやDVDの再生はできないということ。CD・DVDデッキはオプションとなる。

全グレードでオプションとなる主なオーディオ関連装備

  • T-Connectナビキット+先読みエコドライブ (110,000円)
  • エントリーナビキット+先読みエコドライブ (66,000円)
  • フルセグTV
  • CD・DVDデッキ
  • ETCユニット&車載器

駐車支援機能「トヨタチームメイト」はハイブリッドモデルのみ!

ヤリスクロスはガソリン車とハイブリッド車で装備差があるので注意したい。

ハイブリッドのみの標準装備としては、予防安全の「車両接近通報装置」がある。これは静音性が高いハイブリッドカーの接近を周りに知らせるもの。トヨタのハイブリッドカーには標準搭載されているので、ヤリスクロスであえてクローズアップする必要はない。

注目したいのが、ハイブリッドのみで選択できるオプション「トヨタチームメイト[アドバンスト パーク (パノラミックビューモニター付)]」だ。オプション価格は「Z」「G」が77,000円、「X」が93,500円。

ヤリスクロスのアドバンスドパーキング機能
アドバンスドパーキングでは原則、駐車スペース区画線を認識して駐車操作をアシストする

これはハンドル、アクセル、ブレーキ操作を車が制御し、駐車操作をアシストする、トヨタ初採用のサポート機能だ。いわゆる「自動駐車」機能だが、シフト操作のみ手動となる。

ドライバーは駐車したいスペースの横に停車し、スイッチ操作をするだけ。その後はヤリスクロスがカメラとソナーで周囲を監視しながら、駐車してくれる。

アドバンスドパークによる駐車操作アシスト

パノラミックビューモニターだけでも心強い

駐車支援オプションとしては「パノラミックビューモニター(「Z」「G」は33,000円、「X」は49,500円)」のみも選択できる。こちらは車両を上から見下ろす視点で、周りの安全をさらに確認しやすくするためのもの。駐車時の操作は全て手動となる。

パノラミックビューモニターだけでも安全性はかなり高まる。しかし、運転に不慣れで駐車時に不安がある人や、路上駐車スペースを頻繁に利用する人などは、トヨタチームメイトを選択するとカーライフがさらに快適になるだろう。

ハイブリッドのみで選択できるオプション

  • トヨタチームメイト(「Z」「G」は77,000円、「X」は93,500円)
  • アクセサリーコンセント+非常時給電システム付き(44,000円)

ハイブリッドのみの標準装備

  • トヨタセーフティセンス「車両接近通報装置」

編集部おすすめは「ヤリスクロス G」+先進安全オプション

ヤリスクロス HYBRID G(ブラックマイカ×ベージュ)
HYBRID G(ブラックマイカ×ベージュ)

ミドルグレード以上の「G」「Z」は、選択できるオプションに同じものが多い。

ヤリスクロスは「X Bパッケージ」を除いて、先進安全装備「トヨタセーフティセンス」を標準採用しているが、「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ」は「G」「Z」 のみで選択可能なオプションだ。

さらに、両手がふさがっていてもテールゲートを開けることができる「ハンズフリーパワーバックドア」も、「G」「Z」 のみで選択可能となる。

こうしたオプションを選ぶ前提であれば、車両本体価格が19万円安いミドルグレードの「G」を選択するとお得感がある。

また、ヤリスクロスはガソリン車とハイブリッド車でも選べるオプションが異なるので、さらに安全性を高めたい方はこちらを参考にしてほしい。

おすすめオプション①ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ

リヤの安全性を高めるトヨタセーフティセンスのオプション。車線変更時や駐車場での後退時、ドライバーの死角に車がいるとお知らせしてくれる。

リヤクロストラフィックオートブレーキはさらに緊急ブレーキサポートも行ってくれるため、安心感が高い。オプション価格は49,500円で、「Z」「G」でのみ選択可能。

おすすめオプション②ハンズフリーパワーバックドア

トヨタのコンパクトSUVとしては初めて、ハンズフリーで操作できるテールゲートをオプションで用意。

両手がふさがっていても、キーを携帯していればテールゲート前に立って、車体下につま先を入れるだけで自動で開いてくれる。オプション価格は77,000円で、「Z」「G」でのみ選択可能。

「Z」「G」の主な標準装備

  • バックガイドモニター(16,500円)
  • スーパーUVカット・IRカット機能付フロントドアグリーンガラス
  • 充電用USB
  • デッキフック

「Z」「G」で選択できる主なオプション

  • ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ(49,500円)
  • ステアリングヒーター(11,000円)(Gは運転席イージーリターン機能とセットで31,900円)
  • ハンズフリーパワーバックドア(77,000円)
  • ルーフレール(33,000円)

全グレードでオプションとなる主な装備

  • LEDフロントフォグランプ
  • LEDリヤフォグランプ(11,000円)
  • パノラミックビューモニター(「Z」「G」は33,000円、「X」は49,500円)

フルLED化+運転席パワーシートがほしいなら「ヤリスクロス Z」

ヤリスクロス HYBRID Z(ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン)
HYBRID Z(ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン)

上位グレード「Z」とミドルグレード「G」の差額は19万円。

「G」を選択し、オプションでフロント&リヤをフルLED化し、さらに運転席のターンチルト&イージーリターン機能(+ステアリングヒーター、シートヒーター)を付けると188,400円となり、「Z」との差額が埋まってしまう。

さらに18インチアルミホイール(83,600円)も…と欲張る場合は、最初から「Z」を選んでしまおう。

また、運転席のターンチルト&リターン機能は、足腰に負担をかけずに乗り降りできるが、機能としては電動パワーシートのほうが便利かもしれない。

電動パワーシートは「Z」のみの装備であるため、こだわりたい方はよく考えよう。

なお、シートヒーターは「Z」では標準装備、ステアリングヒーターはオプションで11,000円だ。

雪国ドライバーで「G」を選ぶ場合は、オプションで運転席イージーリターン機能(31,900円)を選択するのがおすすめ。ステアリングヒーター、シートヒーターが付随する。

「Z」のみアダプティブハイビームが付けられる

アダプティブハイビームシステム
アダプティブハイビームシステム(上は先行車、下は対向車に対する眩惑防止)

上位グレード「Z」のみ、アダプティブハイビームをオプションで選択でき、カラーヘッドアップディスプレイが付帯する。

「Z」のみの標準装備

  • 運転席6ウェイパワーシート(前後スライド+リクライニング+シート上下)
  • プロジェクター式ヘッドランプ(フルLEDヘッドランプ+LEDヘッドランプクリアランスランプ+LEDデイタイムランニングランプ)*
  • リヤコンビネーションランプ(フルLEDライン発光テールランプ&ストップランプ+LEDターンランプ+LEDバックアップランプ)*
  • シートヒーター:「G」ではイージーリターン機能のセットオプションで選択可(31,900円)
  • 助手席シートアンダートレイ:「G」ではイージーリターン機能のセットオプションで選択可(31,900円)
  • 助手席シートバックポケット
  • イルミネーテッドエントリーシステム LEDアンビエント照明

* オプション価格:フロント・リア、セットで71,500円

「Z」のみで選択できる主なオプション

  • アダプティブハイビームシステム+カラーヘッドアップディスプレイ(99,000円)

「ヤリスクロス X」はバックガイドモニターを選ぶと◎

ヤリスクロス HYBRID X(グレイッシュブルー)
HYBRID X(グレイッシュブルー)

エントリーグレード「X」は選べるオプションの数がぐっと少なくなる。車両本体価格を抑えつつ、最低限の使いやすさや安全性を担保したいのであれば、バックガイドモニター(16,500円)を選んでおこう。

駐車が苦手な人は、パノラミックビューモニター(「X」は49,500円)も検討してもいいかもしれない。

ただし、「G」とミドルグレード「X」との価格差は11万~12.4万円。前述したアルミホイールなども欲張ると、価格差が埋まってしまうので注意しよう。

「X」でおすすめのオプション

  • バックガイドモニター(16,500円)
  • パノラミックビューモニター(49,500円)

新型ヤリスクロスのエンジン、駆動方式のオススメは?

ヤリスクロス プロトタイプ

新型ヤリスクロスは、1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドがラインナップする。どちらも2WDと4WDを選べる仕様だ。

この1.5Lパワートレインはトヨタ初となる「1.5Lダイナミックフォースエンジン」と「1.5Lハイブリッドシステム」で、ヤリスの1.5L仕様に搭載されているものと同じ。ちなみに、ヤリスにあった1.0L仕様はヤリスクロスにはない。

街乗りメインで速い走りを求めないなら、1.5Lガソリン2WDで十分

直列3気筒1.5Lガソリンは「TNGA」に基づいた、トヨタの新世代の「ダイナミックフォースエンジン」。最高出力は120PS、最大トルクは145N・mだ。

生活の足としてならこの1.5Lガソリン&2WDでじゅうぶんだろう。後述するが、燃費性能も高い。

燃費や走りを重視する人は、1.5Lハイブリッド2WD

直列3気筒1.5Lハイブリッド専用エンジンに加え、最高出力80PS、最大トルク141N・mのモーターが追加される2WDハイブリッドは、燃費性能がとても高い。

加えて、追い越し車線での加速や高速道路走行も重視したい人にも、ハイブリッドによるパワーはおすすめできる。

雪国ドライバーやウインタースポーツ派は4WDやE-Fourもおすすめ

ヤリスクロスの4WDモデルには、駆動力・4WD・ブレーキを最適にコントロールする機能が備わっている。

これはミドルサイズSUV「RAV4」にも採用されているもので、雪道を走る機会が多いドライバーには心強い。もちろん、未舗装の道路を走るという人にもおすすめだ。

ヤリスクロスは四駆性能がスゴい!?侮りがたいトルクコントロール機能

ヤリスクロスはコンパクトなサイズから、都市型SUVと思われがちだ。

もちろん都市での使い勝手はよく、平日は街乗りメインで、週末にアウトドアに出かけるというユーザーにマッチしている。

しかし、4WD車には本格的な四駆性能が備わっている点にも注目したい。

これにより、これまではスズキ「ジムニー」「ジムニーシエラ」や、三菱「パジェロミニ」などのコンパクトオフローダーの独壇場ともいえたジャンルに、ヤリスクロスでトヨタが参戦したことがわかる。

ガソリン4WD車の主な機能

  • ダイナミックトルクコントロール
  • マルチテレインセレクト
  • SNOWモード
  • ダウンヒルアシストコントロール
ヤリスクロスのマルチテレインセレクト
マルチテレインセレクト。左右に捻ってモードを切り替える。左側には見切れているが「SNOWモード」のスイッチがある

ガソリン車は「マルチテレインセレクト」と「SNOWモード」によって、「MUD&SAND(泥や砂など滑りやすい地面)」「ROCK&DIRT(岩場や砂利など凸凹の多い地面」「SNOW(氷や雪道)」それぞれに適したトルクコントロールを実現する。

動画ではマルチテレインセレクトとダウンヒルアシストコントロールの機能を確認できる

ハイブリッド車E-Fourの主な機能

  • E-Fourシステム
  • TRAILモード
  • SNOWモード
  • ばね上制振制御
  • ダウンヒルアシストコントロール
ヤリスクロスのモードスイッチ(E-Four)
モードスイッチ(E-Four)。 左右に捻ってモードを切り替える。

ヤリスクロスは、コンパクトカー用の1.5LハイブリッドパワートレインにE-Four(ハイブリッド用四駆システム)を採用。これによりハイブリッド車は「TRAILモード」と「SNOWモード」によって、滑りやすい雪道や凍った道に適したトルクコントロールを実現する。

降雪地域では4WD車が人気だが、燃費性能の高いハイブリッド4WDに悪路走破性を持たせたことで、さらに実用的な車選びができるようになったといえる。

動画ではTRAILモードとSNOWモードを確認できる

ヤリスクロスの燃費はどのくらい?

WLTCモード燃費
*km/L
ハイブリッド
FF
ハイブリッド
E-Four
ガソリン
FF
ガソリン
4WD
平均27.8
~30.8
26.0
~28.7
18.8
~20.2
17.4
~18.5
市街地モード29.4
~31.4
26.4
~29.5
14.4
~15.3
13.5
~14.2
郊外モード29.9
~33.5
27.2
~30.9
19.7
~21.3
18.0
~19.3
高速道路モード26.1
~29.0
25.1
~27.1
21.1
~22.5
19.3
~20.6

ヤリスクロスのWLTCモード燃費を記載した。ガソリン車であっても燃費は優秀だ。実燃費でも13~20km/Lが期待できる。

もちろん、ハイブリッドFF車は実燃費でも30km/Lに近い数値が期待できる。 しかし、ガソリン車との価格差は約38万円。燃料代だけで車両本体価格差の元を取ることは難しい。

ヤリスクロスの外装色は8色&グレード限定の7種類のツートーン

新型ヤリスクロスはモノトーンカラーとツートンカラー、合計15種類のボディカラーを選べる。

ヤリスクロス ボディカラー(モノトーン)

全グレードで選べるのはモノトーンカラー。全8色だ。

左列上より、

  • プラスゴールドメタリック
  • センシュアルレッドマイカ
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック

右列上より、

  • ダークブルーマイカメタリック
  • グレイッシュブルー
  • ベージュ
  • ブラックマイカ
ボディカラー(ツートーン)

「Z」「G」ではツートンカラーも選択できる。全7種類だ。基本的には各色と黒との組み合わせ。ボディが黒の場合はルーフがゴールドとなる。

左列上より、

  • ブラックマイカ×プラスゴールドメタリック
  • ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ
  • ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラックマイカ×シルバーメタリック

右列上より、

  • ブラックマイカ×グレイッシュブルー
  • ブラックマイカ×ベージュ
  • プラスゴールドメタリック×ブラックマイカ

リセールバリューが高いのは「Z」だろう

トヨタ内のSUVで見ると、コンパクト路線かつ車両本体価格の安いヤリスクロスは、ハリアーやRAV4ほどはリセール価値が高くはならない。

3~5年後のリセール前提でグレードを選ぶなら、最上位グレード「Z」がおすすめだ。有利なボディカラーは、白、シルバー、黒。なかでも売れ筋カラーの「ホワイトパールクリスタルシャイン」はリセール価値が高い。

コンパクトSUVという性格上、ヤリスクロスは数年後の買い替えを視野に入れやすい車だ。家族が増えたり、子供が大きくなったりする3~5年後に、ミドルサイズSUVやミニバンに買い換えることを前提として、残価設定型クレジットを検討するのもおすすめだ。

新型トヨタ ヤリスクロスのおすすめグレードやオプションをおさらい

おすすめは「G」+リアクロストラフィックオートブレーキ

ヤリスクロス HYBRID G(ブラックマイカ×ベージュ)
HYBRID G(ブラックマイカ×ベージュ)

実用性と車両本体価格とのバランスがよいのは、ミドルグレードの「G」だ。

車内のオーディオとスマホを連携させて、カーナビや音楽を利用するのであればディスプレイオーディオ仕様でじゅうぶんだろう。

MOBY編集部は、リアの予防安全を高められるブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキをおすすめする。

おすすめオプションを含む参考価格

グレード名車体本体価格オプション価格参考合計額
G ハイブリッド2,394,000円49,500円2,443,500円~
G ガソリン2,020,000円49,500円2,069,500円~

「X」おすすめのオプション:バックガイドモニター

ヤリスクロス HYBRID X(グレイッシュブルー)
HYBRID X(グレイッシュブルー)

エントリーグレード「X」は選べるオプションの数が少ない。

購入費用を抑えつつ、使いやすさや安全性を手に入れたいのであれば、バックガイドモニターだけでも選んでおくのがおすすめだ。

おすすめオプションを含む参考価格

グレード名車体本体価格オプション価格参考合計額
X ハイブリッド2,284,000円16,500円2,300,500円~
X ガソリン1,896,000円16,500円1,912,500円~

「Z」おすすめのオプション:リヤクロストラフィックオートブレーキ

ヤリスクロス HYBRID Z(ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン)
HYBRID Z(ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン)

運転席パワーシートがほしいなら、最上位グレード「Z」を選ぼう。

数年後のリセールを考えている場合は、「Z」のホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックマイカがおすすめだ。

オプションは「G」と同じく、リアの予防安全を高められるブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキをおすすめする。

また、「Z」と「G」の差額は19万円なので、ライトのフルLED化や18インチアルミホイールを望むなら、「Z」を選ぶのが英断だ。

おすすめオプションを含む参考価格

グレード名車体本体価格オプション価格参考合計額
Z ハイブリッド2,584,000円49,500円2,633,500円~
Z ガソリン2,210,000円49,500円2,259,500円~

ヤリスクロスを検討している人におすすめの記事

注目の新型車情報はこちら!

すべての画像を見る (19枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード