MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > 【GRとは】おすすめ車種や一覧表・チューニンググレードなど紹介!
GRとは
トヨタ

更新

【GRとは】おすすめ車種や一覧表・チューニンググレードなど紹介!

「GR」とはトヨタが展開するスポーツカーブランド

GRのロゴ
GRのロゴ

「GR」とは、トヨタのモータースポーツにおけるノウハウを活かし、専用チューンアップを施した”スポーツカーブランド”です。

モータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing」が由来となっており、「G’s」というモデルを前身に、2017年から展開されています。

GRではスポーツカーだけでなく、「街乗り向けのクルマ」もスポーツタイプにチューンアップしており、幅広い車種を展開しています。つまり、GRは「日常使い」と「走る楽しさ」の両方を満たしてくれるのです。

家族みんなでクルマを使う場合、『”刺激的な走り”を楽しみたいけれど、スポーツカーは使い勝手が悪い…』という方も多いはず。そんなとき、普段乗りのクルマとして使用でき、同時に走りも楽しめるGRは、魅力的な選択肢になります。

チューニンググレードとは?

GRはチューニングのコンセプトに合わせ、「GRMN」「GR」「GR SPORT」の3ブランドに分かれています。

GRブランドの最高峰「GRMN」

マークX GRMN(2019年)
マークX GRMN(2019年)

「GRMN」はモータースポーツ活動の中で開発されたコンプリートカーブランドで、GRの頂点に立っています。

GRMNという名称は「GAZOO Racing tuned by Meister of Nürburgring」の頭文字を取ったもの。ニュルブルクリンクは車両開発テストの地として有名です。

レーシングカー並のボディ剛性や空力性能、専用チューニングのパワートレインが採用された、台数限定モデル。例えば、過去には「86 GRMN(2016年)」が100台限定、「マークX GRMN(2019年)」が350台限定で販売されましたが、即完売となりました。

本格的な走りを追求した「GR」

GRスープラ GT4 EVO
GRスープラ GT4 EVO

GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ「GR」。GRの目指す走りや世界観を表現するメインブランドで、こだわりのチューニングにより”走りの味”を追求しています。

「GR86」や「GRスープラ」、「GRヤリス」などが分類されており、本格的な走りを求めたモデルをラインアップしています。

『GRMNほどじゃなくていいけど、走りにはこだわりたい』という方におすすめのモデルです。

GRブランドの走りを体感できる「GR SPORT」

ハイラックス GR SPORT
ハイラックス GR SPORT

「GR SPORT」は、GRブランドのエントリーモデル。スポーツコンバージョン仕様であり、幅広い車種から選択可能です。

エントリーモデルのため、「GRMN」「GR」よりも求めやすい価格で”GRブランドの走り”を体感できます。

アクア、ヤリスクロス、ハイラックスなどがベース車両となっており、日常での使い勝手を失うことなく、気軽にスポーツドライブを楽しめるのが魅力です。

GRブランドのおすすめ車種5選

この項目では、「GR」ブランドのおすすめ車種を5つピックアップして解説します。

取り扱いやすいボディサイズで、抜群の走行性能を備えた5種類の車種から、お気に入りを見つけてみてください!

GRヤリス

GRヤリス(2020年)

「GRヤリス」は、WRC(世界ラリー選手権)に参戦するヤリスWRCを開発・参戦してきた経験を活かし、“モータースポーツ用の車両を市販化する”コンセプトで誕生した3ドアハッチバックタイプのスポーツカーです。

1600ccの3気筒インタークーラーターボエンジンの高出力を、スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」が受け止めて高いパフォーマンスの走りを実現します。

また、廉価版で1500cc3気筒NA(自然吸気)エンジンにCVTトランスミッションを搭載したグレード「RS」もラインナップ。初心者から上級者まで幅広いユーザーに親しまれやすいモデルです。

スペック詳細情報

  • 全長(mm):3,995
  • 全幅(mm):1,805
  • 全高(mm):1,455
  • 車両重量(kg):1,130~1,280
  • 乗車可能人数(人):4
  • 燃費(WLTCモード、km/L):13.6~18.2
最新「ヤリス」中古車情報
本日の在庫数 1387台
平均価格 175万円
支払総額 90~330万円

GR86

「GR86」は、スバルと共同開発で誕生した2ドアクーペタイプのスポーツカーです。

低く水平に通ったアンダーボディとキャビン後部の絞り込みにより、ロー&ワイドなスタイリングが特徴。

搭載している2400ccの水平対向NAエンジンは、235馬力を引き出す高回転型のセッティングが施されています。限界域まで攻められる、スポーツカーらしいフィーリングとダイレクト感抜群の走りを堪能できるモデルです。

スペック詳細情報

  • 全長(mm):4,265
  • 全幅(mm):1,775
  • 全高(mm):1,280~1,310
  • 車両重量(kg):1,260~1,290
  • 乗車可能人数(人):4
  • 燃費(WLTCモード、km/L):11.7~12.0
最新「86」中古車情報
本日の在庫数 1109台
平均価格 209万円
支払総額 83~866万円

GRカローラ

GRカローラ(2022年)

「GRカローラ」は、様々な生活シチュエーションで愛用されている「カローラ」シリーズのスポーティモデルとして2022年に登場しました。

搭載されている1600㏄3気筒ターボチャージャー付エンジンは、304馬力のスペック値を実現しておりスポーツカーさながらの走りをサポートします。加えて、排圧低減と消音性能を両立したバルブ付き3本出しマフラーを採用し、アクセルを踏んでエンジンを回せば迫力あるスポーツサウンドを体感できます。

5ドアハッチバックボディの利便性を生かしつつ、高次元の走りを楽しめる1台です。

スペック詳細情報

  • 全長(mm):4,410
  • 全幅(mm):1,850
  • 全高(mm):1,480
  • 車両重量(kg):1,470
  • 乗車可能人数(人):5
  • 燃費(WLTCモード、km/L):12.4
最新「カローラ」中古車情報
本日の在庫数 327台
平均価格 207万円
支払総額 50~473万円

アクア GR SPORT

アクア GR SPORT(2022年)

「アクア GR SPORT」は、ハイブリッドコンパクトカー「アクア」にGRのテイストを加えたスポーティモデルです。

ボディ剛性の強化、足回りおよびパワーステアリングのセッティングを変更したことで走行性能がパワーアップ。ベース車であるアクアの乗り心地の良さを引き継ぎつつ、様々な路面で快適なドライブを楽しめるコンパクトハッチバックとなりました。

スペック詳細情報

  • 全長(mm):4,095
  • 全幅(mm):1,695
  • 全高(mm):1,485
  • 車両重量(kg):1,150
  • 乗車可能人数(人):5
  • 燃費(WLTCモード、km/L):29.3
最新「アクア」中古車情報
本日の在庫数 6877台
平均価格 116万円
支払総額 26~327万円

ヤリスクロス GR SPORT

ヤリスクロス GR SPORT(2022年)

「ヤリスクロス GR SPORT」は、コンパクトSUV「ヤリスクロス」のスポーティグレードとして2022年に追加登場したモデルです。

上質かつスポーティなスタイリングやSUVの使い勝手、市街地からワインディングまで、意のままにドライビングを楽しめるのが特徴。専用のサスペンションや剛性アップパーツが装着されていたり、パワーステアリング、パワートレーンのセッティングが調整されたりと特別なヤリスクロスとなっています。

「ヤリスクロス GR SPORT」は、コンパクトSUV「ヤリスクロス」のスポーティグレードとして2022年に追加登場したモデルです。

上質かつスポーティなスタイリングやSUVの使い勝手、市街地からワインディングまで、意のままにドライビングを楽しめるのが特徴。専用のサスペンションや剛性アップパーツが装着されていたり、パワーステアリング、パワートレーンのセッティングが調整されたりと特別なヤリスクロスとなっています。

スペック詳細情報

  • 全長(mm):3,395
  • 全幅(mm):1,475
  • 全高(mm):1,800
  • 車両重量(kg):970~1,000
  • 乗車可能人数(人):4
  • 燃費(WLTCモード、km/L):19.2~20.9
最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 1789台
平均価格 263万円
支払総額 160~386万円

GRのラインアップ一覧

この項目では、GRシリーズのラインナップを一覧表にしてみました。

GRとは GRのラインアップ一覧

前述で紹介した5つの車種に加え、「GRスープラ」「ハイラックス GR SPORT」「コペン GR SPORT」も含めると合計で8つのラインナップから選べます。

車両価格やボディサイズ、どのような人におすすめかも簡単に解説。ぜひ、参考にしてGRシリーズからお気に入りの1台を見つけてみてください。

GRがおすすめな人

GRヤリス(2020年)

GRシリーズの車種はどのような人におすすめなのでしょうか。

トヨタがモータースポーツで得た知見を生かして市販車にも反映させているのが特徴であるため、以下の3つに当てはまる人ならGRシリーズを長く楽しめるでしょう。

  • 本格的なスポーツ走行を楽しみたい人
  • 手軽にスポーツカーの雰囲気を味わいたい人

本格的なスポーツ走行を楽しみたい人

1つ目は「本格的なスポーツ走行を楽しみたい人」です。

GRヤリスやGR86、GRカローラが当てはまります。いずれもモータースポーツで活躍しているほか、トヨタ公式や外部のメーカー問わず改造用のアフターパーツが充実しています。

購入直後は街やワインディングでのドライブを楽しみつつ、慣れてきたらサーキットへ出かけてスポーツ走行を楽しむとよいでしょう。

手軽にスポーツカーの雰囲気を味わいたい人

2つ目は、「手軽にスポーツカーの雰囲気を味わいたい人」です。

GRスープラやアクア GR SPORT、ヤリスクロス GR SPORTなどが当てはまります。

外観を彩るエアロパーツだけでなく、ノーマルモデルと異なる走りの味付けが施されていて、ひと味違ったスポーツカーの雰囲気をもつ所有したい人に適しているでしょう。

また、「Gazoo Racing」のブランドが施されていることで、モータースポーツあるいはトヨタのファンであるのを示すのにも適しています。一度はGRシリーズの車に乗って、“推し”をアピールするのもよいかもしれません。

トヨタSUVの特徴と人気の理由について解説

スポーツカー人気おすすめ10選!国産・外車で人気の車種は?

SUV人気ランキング!買ってはいけない条件はある?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード