MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【超高級車】価格の高い高級車ランキングTOP10!最高価格は億超え?|2021年最新情報
メーカー・車種別

更新

【超高級車】価格の高い高級車ランキングTOP10!最高価格は億超え?|2021年最新情報

“超高級車”ランキングTOP10|超高級車の定義は何?

©noraismail/stock.adobe.com

1,000万円ほどまでの車を”高級車”とするなら、“超高級車”は2,000万円、3,000万円もしくはそれ以上の車という見方ができます。日本車でいうとセンチュリーは約2,000万円なので”超高級車”と言ってよいでしょう。

また、細かな車両価格を見なくても「この自動車メーカーなら高級ブランドだ」という共通認識もあるでしょう。例えばロールス・ロイスであれば、全てのモデルが「高級車」「超高級車」と言えます。

【異論は認める】外車・国産自動車メーカーのブランド格付けランキング!

また、生産台数が極端に少ないモデルや、台数限定モデルは、億を超えてくることも珍しくありません。過去に販売された限定モデルにプレミアがつき、さらに高額な値段で中古車オークションに出されることもあります。こういった車は、さらに庶民には馴染みのない「超高級車」と言えるでしょう。

以上をふまえると、”超高級車”の定義としては以下を挙げてよいでしょう。

  1. 2,000万円、3,000万円もしくはそれ以上の車
  2. “超高級車ブランド”の車
  3. 台数限定の希少車(中古車含む)

まずは、日本国内で正規輸入販売されている高級車の中から、最も価格の高い車種順にランキングしました。ランクインしたのは3,500万円~6,500万円ほどの車でした。

※このランキングでは、SUVセダン、スポーツカーなど全てのボディタイプを含み、生産台数が限定されていないモデルの中から、最上級グレードの車両本体価格(オプションを除く)、消費税10%を含む価格を基準としています。

第1位:ロールス・ロイス ファントム エクステンデッド ホイールベース

ロールス・ロイス ファントム エクステンデッド ホイールベース

車両本体価格(税込)6,670万円

堂々の第1位は、現行で第8世代目となるロールス・ロイス ファントムシリーズのエクステンデッド ホイールベース(EWB)です。初代ファントムは1952年にデビューし、どの世代のモデルも「世界最高のラグジュアリーカー」と評されています。6,670万円と今回紹介する車種でも圧倒的な価格設定がなされています。

・発売日:2018年1月
・最下位グレード:ファントム ショートホイールベース(SWB)(車両本体価格(税込)5,570万円)

最新「ファントム」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 1,956万円
本体価格 888~4,980万円

第2位:ランボルギーニ アヴェンタドールS ロードスター

ランボルギーニ アヴェンタドールS ロードスター

車両本体価格(税込)5,091万円

ランボルギーニ アヴェンタドールS ロードスターは、アヴェンタドールSシリーズのオープンエアーモデルです。ランボルギーニの量産ラインナップではフラッグシップに位置づけられ、先代のアヴェンタドールから引き継いだV型12気筒の豪快なエンジン音を堪能できます。

・発売日:2018年2月
・最下位グレード:ランボルギーニ アヴェンタドール S クーペ(車両本体価格(税込)4,575万円)

最新「アヴェンタドール」中古車情報
本日の在庫数 27台
平均価格 4,042万円
本体価格 2,950~7,950万円

第3位:ロールス・ロイス ブラック・バッジ・ドーン

ロールス・ロイス ブラック・バッジ・ドーン

車両本体価格(税込)4,570万円

ロールス・ロイス ブラック・バッジ・ドーンは、同社のコンバーチブルの4シーター、ドーンのブラック・バッジ仕様モデルです。「ブラッグ・バッジ」は「魔法の絨毯」とも評されるロールス・ロイス車の乗り心地そのままに、よりスポーティーに仕上げられたモデルに冠されるブランドです。オープンならではの優雅なドライブが楽しめるでしょう。

・発売日:2017年6月
・最下位グレード:ドーン(車両本体価格(税込)3,975万円)

最新「ドーン」中古車情報
本日の在庫数 10台
平均価格 3,460万円
本体価格 2,798~4,180万円

第4位:ロールス・ロイス ブラック・バッジ・カリナン

ロールス・ロイス ブラック・バッジ・カリナン

車両本体価格(税込)4,530万円

こちらもロールス・ロイスから、SUV車カリナンのブラック・バッジモデルがランクインです。ボディ塗装・パーツも「黒」にこだわり、ブラック・バッジシリーズの中でも「最もダーク」に映える1台に仕上げられています。

・発売日:2019年11月
・最下位グレード:カリナン(車両本体価格(税込)3,920万円)

最新「カリナン」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 4,456万円
本体価格 3,680~5,800万円

第5位:ロールス・ロイス ブラック・バッジ・レイス

ロールス・ロイス ブラック・バッジ・レイス

車両本体価格(税込)4,306万円

レイスは、同社が1938年から1939年の僅かな期間だけ生産していた車名をリバイバルしたものです。2013年に復活し、次いでブラック・バッジシリーズへと展開されました。「運転手付きの車」というイメージの強いロールス・ロイスですが、ブラック・バッジシリーズではより若年層に向けてスポーティーさをアピールしています。

・発売日:2016年5月
・最下位グレード:ロールス・ロイス レイス(車両本体価格(税込)3,711万円)

最新「レイス」中古車情報
本日の在庫数 23台
平均価格 2,642万円
本体価格 1,980~4,250万円

第6位:フェラーリ 812スーパーファスト

フェラーリ 812スーパーファスト

車両本体価格(税込)4,128万円

フェラーリのフラッグシップモデルのクーペが812スーパーファストです。最高出力800psのV12エンジンを搭載し、最高速度は340km/hに達するまさにモンスターマシンです。車好きなら一度は乗ってみたい羨望のスーパーカーといえるでしょう。

・発売日:2017年5月
・最下位グレード:なし

最新「812スーパーファスト」中古車情報
本日の在庫数 20台
平均価格 4,177万円
本体価格 3,650~4,480万円

第7位:ロールス・ロイス ゴースト エクステンデッド ホイールベース

ロールス・ロイス ゴースト エクステンデッド ホイールベース

車両本体価格(税込)4,118万円

マイナーチェンジされ「シリーズII」となった4ドアサルーン、ロールス・ロイス ゴーストのエクステンデッド ホイールベース(EWP)。ホイールベースがゴースト(SWB)の3,295 mmから3,465 mmに延長され、さらに安定した乗り心地を実現しています。

・発売日:2014年10月
・最下位グレード:ゴースト ショート ホイールベース(SWB)(車両本体価格(税込)3,474万円)

最新「ゴースト」中古車情報
本日の在庫数 24台
平均価格 1,752万円
本体価格 990~2,980万円

第8位:ベントレー ミュルザンヌ スピード

ベントレー ミュルザンヌ スピード

車両本体価格(税込)4,022万円

ミュルザンヌ スピードはベントレーの4ドアサルーン、ミュルザンヌの上級モデルです。クラシカルな印象の佇まいとは裏腹に、0-100km/h加速までわずか4.9秒という圧倒的な走行性能を誇ります。長らく同社のフラッグシップを務めてきたミュルザンヌですが、2020年春の生産終了が公表されています。

・発売日:2015年
・最下位グレード:ミュルザンヌ(車両本体価格(税込)3,474万円)

最新「ミュルザンヌ」中古車情報
本日の在庫数 6台
平均価格 1,529万円
本体価格 998~2,880万円

第9位:アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ ヴォランテ

アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ ヴォランテ

車両本体価格(税込)3,801万円

DBS スーパーレッジェーラ ヴォランテは、アストンマーティンの最上級コンバーチブルクーペです。「スーパーレジェーラ」はイタリア語で「超軽量」を意味します。「超軽量」とはいえ車重は1,863kgに達しますが、パワフルなV12エンジンやチューニングの妙技で重さを感じさせない走りを実現しています。

・発売日:2019年4月
・最下位グレード:DBS スーパーレッジェーラ(車両本体価格(税込)3,672万円)

第10位:ランボルギーニ ウラカン EVO スパイダー

ランボルギーニ ウラカン EVO スパイダー

車両本体価格(税込)3,611万円

ランボルギーニ ウラカン EVO スパイダーは、マイナーチェンジを機に「EVO」シリーズに名称を改めたウラカンのオープンタイプモデルです。「ランボルギーニV10史上最速のオープンモデル」の名の通り、0-100km/h加速は3.1秒という圧倒的なスピードです。言うまでもなく市販されているオープンタイプ車と比べても最速クラスの性能を誇ります。

・発売日:2019年2月
・最下位グレード:ウラカン EVO(車両本体価格(税込)3,282万円)

最新「ウラカン」中古車情報
本日の在庫数 59台
平均価格 2,731万円
本体価格 1,980~3,998万円

世界が認める超高級車ブランド3選

ロールス・ロイス(イギリス)

ロールス・ロイスのシンボル「スピリット・オブ・エクスタシー」
ロールス・ロイスのシンボル「スピリット・オブ・エクスタシー」

ロールス・ロイスは王族や貴族のクルマというイメージが強い、ロイヤルなブランド。高額な車を常に一定数生産・販売しているという点では、最も手に入れやすい超高級車かもしれません。

フェラーリやランボルギーニといったスポーツ志向の車よりも、 ロールス・ロイスのような運転手付きショーファーカーのほうがラグジュアリーのイメージが強いです。

高額なスポーツカーは「スーパーカー」として区別されているのかもしれません。ちなみにフェラーリやランボルギーニなどの「超高級車」といえば、台数限定の億超えカーになりがちです。

また、ベントレーもロールス・ロイスと共にイギリスの高級車ブランドとして君臨していますが、どちらかといえばオーナーが自分で運転する車であるといえます。

【ロールスロイス】新車で買える現行車種一覧|最新情報

ブガッティ(フランス)

ブガッティ シロン
ブガッティ シロンは約3億円
©VanderWolf Imagesstock.adobe.com

ブガッティはどちらかといえば「超高級スーパーカー」にあたります。生産・販売台数はロールス・ロイスよりも極端に少ないものの、限定モデル以外は常にラインナップしています。

ブガッティに超高級車というイメージがあるのは、ブランドイメージ維持のために新規オーナーの信用度を厳しく審査している影響も大きいでしょう。

購入できるお金があることはもちろん、ブガッティを維持できるお金や環境にあるか、社会的信用度や責任はあるかなど、様々な調査がなされるそうです。

パガーニ(イタリア)

パガーニ ウアイラ
パガーニ ウアイラは1.5億円
出典:wikipedia.org Author:Autoviva CC 表示 2.0

パガーニも「超高級スーパーカー」ブランドといえます。少数生産のため、パガーニ自体を日本で見かけること自体がほとんどありません。現在は「パガーニ ウアイラ」を生産・販売しています。

少数生産を活かし、顧客の細かなオーダーを反映させたワンオフモデル(世界に1台のモデル)なども作っていることからも、究極のプレミアムカー=超高級車のイメージがあるのかもしれません。

MOBY編集部が自動車ブランドを勝手に格付けしてみた記事はこちらからご覧ください。

【異論は認める】外車・国産自動車メーカーのブランド格付けランキング!

台数限定の希少な超高級車3選

【14億円】ロールス・ロイス スウェプテイル

ロールスロイス スウェプテイル

とある熱心なロールス・ロイスファンのオーダーを受けて制作された、世界で1台の特別モデル。構想より完成までにかかった期間は実に4年だそう。

帆船をイメージさせるエクステリアや、ミニマムをテーマとしたインテリアなど、オーナーのこだわりが贅沢に反映されています。

【史上最高価格14億】ロールスロイス新型スウェプテイル(Sweptail)爆誕!その全貌とは?

【14.5億円】ブガッティ ラ・ヴォワチュール・ノワール

ブガッティ ラ・ヴォワチュール・ノワール

ジュネーブモーターショー2019にて発表された、ブガッティの110周年を記念して制作された世界で一台の車です。

ブガッティ シロンの車体をベースに、手作業で作られたカーボン製ボディをまとっています。最高出力は1,500HP、最大トルクは163kgmのモンスターマシンです。

【76億円】1963年式 フェラーリ 250GTO

1962年型フェラーリ250 GTO
Adam Swank パブリック・ドメイン
出典 : https://www.flickr.com/

「フェラーリ 250GTO」は、1962年に登場したレーシングカー。トゥール・ド・フランスやタルガ・フローリオ、ル・マンなどの、数々のレースで優勝を飾った歴史的なモデルです。

2018年6月、250GTOが5,200万ポンド(約76億円)で個人売買されました。この金額は自動車の取引額として過去最高額。当時優勝に輝いた貴重な車だからこその金額といえるでしょう。

【フェラーリ】新型デビュー予想&現行新車一覧|最新情報

億超えの超高級車には歴史ある名車も多い!

各メーカーの限定生産モデルやワンオフモデルはもちろん、歴史ある名車も取引額が億を超えてくることがしばしばあるようです。

こうした旧車の価値は今後も高まると思われますので、フェラーリ 250GTOの記録を塗り替える車も登場するかもしれません。

億超え車ばかりの世界一高い車ランキングはこちらからご覧ください。

【世界一高い車ランキング最新情報】歴代最高額は76億円!?

おすすめの車ランキングはこちら

国産スポーツカー・オープンカーおすすめ人気ランキング

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (17枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード