MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フェラーリ > 【フェラーリ】新型デビュー予想&現行新車一覧|2021年7月最新情報
フェラーリ

更新

【フェラーリ】新型デビュー予想&現行新車一覧|2021年7月最新情報

【296GTBスパイダー】すでにスパイダーの開発に着手?予想CGを入手

296 GTBスパイダーの予想レンダリングCG

6月24日に発表された296GTBのオープンモデル「スパイダー」が既に開発中の可能性が高いとの情報と予想CGを入手しました。

296GTBスパイダーは「SF90 スパイダー」同様、外部のノイズを徹底的に遮断する「RHT(リトラクタブル・ハードトップ)」を採用すると予想されます。

スパイダーモデルが登場するとしたら、2022年春以降になるでしょう。

【296GTB】V6搭載PHEVスポーツとして世界初公開

296 GTB

6月24日に発表されたプラグインハイブリッド採用のミッドシップスーパーカーです。

車名から分かるように、搭載するエンジンは2,992ccのV型6気筒エンジン。エンジン単体の最高出力は663PS。モーターと組み合わせることによるシステム総合出力は830PSにまで達します。トランスミッションには8段DCTを採用しています。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は7.3秒を達成。

最高速度は330km/hで、EVモード時は135km/hかつ航続距離は25kmといった具合です。

【シムーン】プロサングエに続く新たなクロスオーバー登場?

シムーンの予想レンダリングCG

フェラーリが現在開発中であるブランド初のクロスオーバーSUV「プロサングエ」とは別の新たなクロスオーバーを予想したCGを入手。

Dejan Hristov氏が作成した予想CGでは、フロントエンドにエアインテークを備える特徴的なバンパーを装備し、ボンネットに沿うような湾曲したLEDヘッドライトを搭載しています。往来のドアミラーやドアハンドルを廃し、Aピラー上部に小さなデジタルカメラを採用したり、軽く触れるだけで自動でドアが開くするシステムを実装したりするようです。

フェラーリがプロサングエを発売すれば、プレミアムSUV市場における主要な自動車ブランドが、SUVモデルをラインナップしたことになります。そうなると、いよいよ第2弾となるSUVモデルの投入も予想されるので、シムーンのようなモデルが登場するのもそう遠くないかもしれません。

【プロジェットF171】新型V6ハイブリッドモデル、車名に「ディーノ」採用?

F171のテスト車両

フェラーリが現在開発している、車内コードネーム「Progetto F171(プロジェットF171、通称:F171)」と呼ばれる新型モデル最新プロトタイプがスクープされました。

開発車両は、生産モデルと思われるボディパネルをまとい、細部をカモフラージュしています。

ボンネットフードには以前のプロトタイプから若干の変更が見られ、「SF90ストラダーレ」を彷彿とさせるボディ、スリムなヘッドライト、クワッドテールライト、サイドミラー、コーナーエアインテークが確認できます。

後部では中央にデュアルエキゾーストパイプが配置されています。またフェラーリを象徴する「レーシングレッド」(ロッソ・コルサ)がブレーキキャリパー、及びフロントフェンダーの偽装が露出していました。

【プロサングエ】フェラーリ初となるSUVのテスト車両をスクープ

プロサングエのテスト車両

フェラーリ初のSUVとして大きな話題を呼んでいる「プロサングエ(仮称)」。

プロトタイプは以前から何度も目撃されていますが、最新のものもこれまでと同様、マセラティ「レヴァンテ」の改造されたボディを用いています。

しかし、最新プロトタイプではフロント中央に水平LEDストリップを備える「ローマ風」ヘッドライトが初めて確認され、それに対応するためにボンネットフードが再調整されているほか、カモフラージュにいくつかの変更がみられました。

市販型は世界最速のSUVになることが期待され、パワートレインには最大4基のeモーターと、80kWhのリチウムイオンバッテリーパックを積み、「GTC4ルッソ」の3.9L V型8気筒ツインターボエンジンのアップグレード版と組み合わされることが有力。

ワールドプレミアは、早くて2022年後半と予想されます。

【ラ・フェラーリ後継】V12エンジン&ハイブリッド搭載の新型車

ラ・フェラーリの後継モデルと思われるテスト車両

現在開発中と言われているラ・フェラーリ後継モデルのテスト車両が目撃されました。

フロントバンパーの左右に新設計のエアインテークが配され、サイドのエアインテークもコンパクトかつ新形状に。後部では、センターに設置されていたプランシングホースバッジやフォグランプを備える柱が廃止され、上向きのクワッドエキゾーストパイプが確認できます。

ほかにも変更が見られますが、最終的にボディパネルの大半が交換されると予想され、生産モデルのデザインはテスト車両と大きく異なる可能性があります。

ラ・フェラーリ後継モデルのデビューは最速で2022年、遅くても2023年内になるのではないでしょうか。

【ポルトフィーノ】改良新型のテスト車両をスクープ!

新型ポルトフィーノ スクープ画像
新型ポルトフィーノのテスト車両

フェラーリの4人乗りオープンカーのポルトフィーノにマイナーチェンジのスクープ情報が入りました!詳しくは下記の記事をご覧ください。

国産車の最新情報リーク情報

海外メーカーの新型車スクープはこちらから

執筆者プロフィール
MOBY新型車スクープ&予想チーム
MOBY新型車スクープ&予想チーム
すべての画像を見る (12枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード