MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > 日産の高級車おすすめ人気ランキング&価格・燃費一覧|2022年最新情報
日産

更新

日産の高級車おすすめ人気ランキング&価格・燃費一覧|2022年最新情報

日産の高級車とは

©Viewfinder/stock.addobe.com

高級車という言葉が意味するものの中には、高級感や品格、品質、高い技術力とメーカーの歴史などさまざまなものがあります。日産の歴史は、1934年にダットサンの製造を手掛けることに始まりました。

1958年には『欧州一周モービルガストライアル(通称、欧州ラリー)』でのクラス優勝を皮切りに技術力の高さを証明しています。1960年にはセドリックが誕生し、故障の少ない「技術の日産」として親しまれてきました。

『プリンス自動車』が経営難に陥り、1966年に日産と合併を行ったことによりグロリアも日産を名乗るようになります。グロリアとセドリックはトヨタのクラウンを追って誕生し、合併によって兄弟車となった歴史を持っているのです。 

2代目グロリアは当時の国産最強のスペックを誇り、2L直列6気筒のエンジンが搭載されました。インテリアでは、シートに『西陣織』が施されるなど豪華なものとなっています。大排気量のエンジンを始め、快適な室内装備を持つ3ナンバーの車が高級車の条件になっていったのはこの頃から始まったといえるでしょう。 

「セド・グロ」の愛称で親しまれた高級セダンは2004年に後継者のフーガの登場により、生産を終了することになります。1980年代後半の、バブル経済期にはシーマが登場し、高級志向化によって高額なシーマが大ヒットしたことを「シーマ現象」と呼んでいます。

歴代の高級車

1993年に『ルノー』と経営統合をされたことを境に、デザインコンセプトが大きく変化しました。グローバル戦略を掲げ、洗練されたスタイリッシュな車種が多くなっています。それ以前は、時代の流れもあったため直線的なボディに個性的なデザインが特徴的でした。

ここからは、年代順に日産が作り上げた高級車と呼ばれるにふさわしい車たちを、年代順にご紹介します。

日産 グロリア(1959~2004年)

日産 グロリア Y30 1983年

『プリンス自動車』が日産と合併する以前に、スカイラインの派生系として誕生しました。1.5Lのエンジンは当時としては大排気量で、クラウンを上回るハイスペックです。また輸入車に引けを取らない大型のボディは注目を集めることになります。3代目では4灯ヘッドライトを縦にデザインしていたことから「縦グロ」と呼ばれていました。 

1980年代には国内初となるBピラーがない4ドアハードトップを誕生させ、スタイリッシュなフォルムとハイスペックな性能で、クラウンを超える大ヒットとなりました。日本初となるターボ装着車や直列6気筒のディーゼルの設定などトヨタ車にはない魅力を引き出していきます。

7代目のY30型系では国産初のV型6気筒SOHCエンジンを搭載したターボも登場。セダンを超えたスポーツセダンという地位を確立していきます。1999年の11代目で最終モデルとなりましたが、歴代において新しい風を巻き起こした一台だったといえるでしょう。

日産 セドリック(1960~2004年)

純国産中型乗用車として1960年に開発されました。イギリスの『オースチン』とライセンス契約を結んでいたことから、その流れを汲んでいるといえるでしょう。1971年の3代目からグロリアとプラットフォームを同一とする姉妹車になりました。 

1987年に誕生した7代目のY31型系では、4代目で登場した最上級グレードの「ブロアム」に加え、スポーツ性能に振り切った「グランツーリスモ」も設定されています。高級車であることと同時に、速い車でありたいというコンセプトの元、パワーアップした走行性能を発揮しました。

1999年にフルモデルチェンジを行った10代目では、世界初となる無段変速機「エクストロイドCVT」を採用。また「1ブランド1モデル」という考えになり、セドリックには「ブロアム」、グロリアには「グランツーリスモ」が設定されました。日産らしさを十分に発揮したセドリックも2004年に生産を終了しています。 

日産 プレジデント(1965~2010年)

日産のフラッグシップセダンとして約50年に渡り販売されてきた車こそプレジデントです。初代は公官庁の公用車として、また企業のトップやVIP対応の専用運転手が運転を行う「ショーファードリブン」モデルとして活躍。戦後初となる専用設計の3ナンバーです。

初代のデザインは、本来ならば2代目セドリックに採用されるはずでしたが、セドリックのデザインが欧風デザインに差し替えられたことにより、転用されたデザインです。1973年にフルモデルチェンジした2代目では、フロントマスクが大胆なイメージチェンジを行い、初代と一転した押し出しの強いアメ車の雰囲気となっています。

3代目はインフィニティQ45、4代目ではシーマをベースに開発されました。後席にはリラックスシートが採用され、テーブルや乗降用のアシストグリップが使用されるなど豪華な作りとなっています。プレジデントが生産終了後はシーマがフラッグシップを引き継ぐことになりました。 

日産 ローレル(1968~2003年)

国内初となる「ハイオーナーカー」として誕生したローレルは、ブルーバードの上級クラスの立ち位置です。また当時は一般的だった、商用車をラインナップに設定しないという斬新さも目を惹きました。初代のサスペンションとエンジンの組み合わせはBMWと同様で、最新の技術が駆使されています。 

4ドアセダンのみのラインナップに加えて2代目では2ドアハードトップが設定され、スカイラインとプラットフォームの共通化が図られました。またデザインコンセプトは「ノーブルでダイナミックな彫刻美」とされ、彫りの深いロングノーズの2ドアハードトップの人気もあり歴代最高の販売を達成しています。

次に人気となっているのは1989年に販売された6代目です。折しもバブル経済真っただ中、デザイン性の高さと4輪操舵システム「HICAS-Ⅱ」の搭載なども手伝い歴代2位を記録しています。排ガス規制に対応させることなく1997年8代目を最後に2003年に生産を終了することとなりました。

日産 レパード(1980~2000年)

バブル景気に沸いた1980年代は高級車ブームを巻き起こし、クラウンに続きマークⅡ三兄弟にセドリックなどが台頭。車雑誌では「ハイオーナーカー」から「ハイソカー」へと呼び方が変更されていきました。その先駆けとなった車こそレパードです。

 エンジンはブルーバードを流用して開発された日産の定番で、「パワーエリート」と呼ばれるほど上質なパワーを発揮しました。グリルには透明樹脂が採用され、今までにないスタイリッシュさを演出。インテリア装備にはマルチ電子メーターで機能を集約し、オートエアコン、さらにはワイパー付きフェンダーミラーを世界初搭載したことも話題でした。

2代目ではテレビドラマ「あぶない刑事」に登場したことで高い人気となります。デザインのスタイリッシュさに加えて、3.0LエンジンのDOHCインタークーラーターボが設定されていたことも人気に拍車をかけていました。しかし4代目となっていた2000年に生産終了を迎えています。 

日産 ティアナ(2003~2020年)

世界戦略車として登場した大型セダンのティアナは、「洗練された大人のための高級セダン」というコンセプトで開発されました。大きな特徴として挙げられるのはモダンリビングを思わせるハイソなインテリアにあるといえるでしょう。 

初代から最終モデルとなる3代目まで、乗車する人の「くつろぎ」と「おもてなし」をテーマとしていたことからも室内の静寂性や贅沢なシートが採用されています。そのため、VIP対応の公用車として使用されることも多かった一台です。

最終モデルとなった3代目では「モダンリビング」や「おもてなし」に加えて思いのままに操るという、走りの部分での快適性にもこだわりました。また安全装備にも力をいれ衝突回避の「エマージェンシーブレーキ」や衝突防止アシストといった、今では当たり前となりつつある当時の最新装備を備えています。

日産の高級車ブランドであるインフィニティとは

インフィニティとは?

日産が海外向けとして販売している高級モデルとして知られていますが、元々は国内で販売されていた大型セダンです。1980年代の円高によって海外での販売に苦戦を強いられたため、高級車の付加価値を高めた開発を行いインフィニティQ45が誕生しています。

 1977年のフルモデルチェンジで海外ではQ45が2代目となり、国内では、各車の姉妹車として販売されていました。例えば、インフィニティMはレパード、インフィニティIがセフィーロという具合です。現行車としてはQ50がスカイライン、Q70がフーガとされていますが、そのほかは、海外の専売車種となっています。 

販売が終了したモデルはQX30、QX70、Q70が挙げられるでしょう。ここからは現行車をご紹介します。

インフィニティ QX50

2017年にフルモデルチェンジを行った際に話題となったのは、世界初となる「量産可変圧縮比エンジン」を搭載したことです。圧縮比が高いことで得ることができるメリットは、燃費向上です。更にターボ並みのエンジントルクを発揮することを可能にしています。 

国内では2009年からスカイラインクロスオーバーとして販売されていましたが、2016年に販売を終了。スカイラインの名を冠に、優れた走行性能を持った実用的なSUVだっただけに、惜しまれます。

インフィニティQX55

2020年にフルモデルチェンジを行ったクロスオーバーSUVで、QX50の兄弟車として誕生しました。現在は販売されていないQX70の後継車にあたるモデルといえます。エクステリアの特徴として、クーペのようなルーフラインが魅力のひとつです。

インテリアに採用されている「デュアルセンターディスプレイ」は、国内で販売されていたV37スカイラインセダンと同じ仕様となっています。スポーティで存在感のあるエクステリア、また豪華なインテリアは実用性も高いといえるでしょう。

インフィニティ QX60 

2014年の新ネーミング戦略のため、インフィニティXJからインフィニティQX60へと名前が変更されました。インフィニティの中では、中核をなすモデルとして人気のあるモデルです。コンセプトモデル「QX60モノグラフ」をベースにデザインされ、エクステリアはほとんどそのまま採用されています。

日本の伝統的なモチーフが採用され、ヘッドライトは着物、フロントグリルには折り紙からデザイン。インテリアではハイテクと職人の技を融合しています。タッチパネルと、フィジカルなダイヤル操作を使用することで、使い勝手とシンプルな見た目のバランスを演出。日本の良さも活かした車作りに果敢にチャレンジしているといえそうです。 

インフィニティ QX80 

フルサイズの高級SUVとして誕生したQX80は、インフィニティSUVのフラッグシップモデルです。2013年までインフィニティQX56として販売されていました。国内で、1980年から2007年までサファリの名で販売されていたといえば、思い出す人も多いかもしれません。 

モノコックのスクエアで力強いデザインはそのままに、灯火類にLEDを採用し最新のライティング装備となりました。パワフルな走行性能は、更に力強さを増し、余裕の走りを体感できるでしょう。

インフィニティ Q50

国内では現行のスカイラインとして販売されているQ50は、2021年のモデルチェンジによって、今までの4グレード「PURE(ピュア)」「LUXE(リュクス)」「RED SPORT 400」に加え「SENSORY(センサリー)」が加わりました。

 スカイラインと同様だったエクステリアデザインも2019年のマイナーチェンジからフロントマスクが異なっています。新たに加わった「SENSORY」は、スポーティなフロントグリルなどを専用装備。ハイパフォーマンスモデルの「RED SPORT 400」も専用のアルミホイールやエキゾーストを採用しています。 

インフィニティ Q60 

前身はGクーペとして2001年に誕生していましたが2014年からQ60の車名を変更。現行ではクーペのみが設定されています。フロントマスクはQ50と共通ですが、クーペならではの美しい曲線が特徴的といえるでしょう。国内ではスカイラインクーペとして販売されているモデルです。

ワイドなボディサイズと低めに設計されているボンネットによって、ワイド&ローなサイズ感が、存在感を引き立てています。ダブルアーチのフロントグリルや、Cピラーが三日月状となっているスタイリッシュなデザイン性を引き立てているといえるでしょう。 

国内販売モデルの日産高級車ランキング

第7位:日産 エルグランド  

  • 販売価格:369~759万円
  • 燃費:8.4㎞/L~10.0㎞/L

運転席の下にエンジンを搭載するキャブオーバーの1BOXが主流だった90年代の終わりに、エンジンをフロントに搭載した新しいジャンルを切り開いた車がエルグランドです。瞬く間に「ミニバン」旋風を巻き起こしていくことになります。

威風堂々とした存在感のあるボックス型で、高級感のある広々とした室内空間を実現。フロントグリルにはメッキを多用して迫力を演出し、高級車の定義を覆したといえるかもしれません。現行で3代目を迎えていますが、2014年にマイナーチェンジを行い、2018年には安全装備の充実が図られています。

セカンドシートのオットマンや、上級グレードには本革シートの採用などラグジュアリーな室内空間はいうまでもありません。何よりエルグランドの大きな特徴となっているのは、車高の低い低重心のプラットフォームによる走行性能の高さです。コーナーの横揺れや段差の縦揺れに対して、快適な乗り心地を感じることができるでしょう。

第6位:日産 フーガ

  • 販売価格:502~639万円
  • 燃費:8.3㎞/L~10.2㎞/L

セドリック/グロリアの後継車で、フラッグシップセダンであるフーガは2009年に2代目を迎え、ハイブリッドモデルも設定されるようになりました。セダンの基本的スタイルともいえるロングノーズスタイルが継承された数少ないモデルとなっています。 

5速MTのトランスミッションから、マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速MTを全グレードに採用し、滑らかな加速感を体感できるようになりました。人が触って心地よいと感じる触り心地にこだわったシートの質感や、銀粉本木目を使用したセンターコンソールなど随所に高級感を演出。

 高級車とFRスポーツセダンの両方を持っており、スポーティなサスペンションを採用し快適な乗り心地と俊敏性を兼ね備えています。またオプションとはなりますが、コンフォートタイプとスポーツタイプの足回りをセッティングすることも可能です。

第5位:日産 スカイライン

  • 販売価格:435~562万円
  • 燃費:5.6㎞/L 

1957年に「プリンスセダン」の後継車として誕生以来、長い歴史を持つ名車です。「ハコスカ」や「ケンメリ」と呼ばれているGT-Rが誕生し、高い人気を得てきました。8代目で復活したGR-R通称「R32」は最強の異名を持っています。『全日本ツーリングカー選手権』での勝利を目的に開発が行われたモデルです。

2013年から現行となる13代目を迎え、ボディサイズが大型化しています。しかし初代から一貫したポリシーのもと、「正統派セダン」を守り続けてきました。スポーツセダンとしての走行性能に加えて、ラグジュアリーなセダンとしての魅力も特徴のひとつになりました。 

日産の先進技術となる「プロパイロット2.0」や「ダイレクトアダプティブステアリング」の搭載のほか、ハイブリッドも設定されています。実用性と快適性を兼ね備えたプレミアムセダンになっているといえるでしょう。 

第4位:日産 フェアレディZ 

  • 販売価格:524~646万円
  • 燃費:9.5㎞/L~10.2㎞/L

 日本を代表するスポーツカーとして、1969年から現在まで半世紀に渡り生産されている名車の一台です。初代ではスカイライン2000GT-Rに搭載していたレース用エンジンをデチューンしたモデル432など、ロングノーズ・ショートデッキスタイルは、高い人気を集めました。 

現行で6代目を迎え、2022年の夏にフルモデルチェンジされた新たなZが販売されるようなので、街で見かける機会も増えることが期待されます。『SUPER GT』では「Nissan Z GT500」が参戦しており、第3戦となった『鈴鹿サーキット』ではセーフティカーとして活躍し、話題となりました。 

歴代のZを彷彿とさせるスタイリングは、「伝承と最新技術の融合」によるデザインテーマから誕生。美しいプロポーションは健在です。また今までの3.7LのNAエンジンから3.0Lのターボエンジンにパワートレインが変更。ターボが戻ってきたことによって歴代最高のパワーも手に入れており、期待が高まります。

第3位:日産 アリア

  • 販売価格:539~740万円
  • 電費(一充電走行距離):470㎞

2021年に誕生したアリアはクロスオーバーSUVです。新たなEV専用のプラットフォームが採用されており、リーフの初代から考えると10年ぶりのことになります。デザインコンセプトには「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」を掲げ、力強さとモダンさを感じることのできるデザインです。 

アリアが展開するグレードは以下の4つが設定されています。 

  • B6(2WD)…65kWhバッテリー搭載
  • B9(2WD)…91 kWhバッテリー搭載
  • B6 e-4ORCE(4WD)…65kWhバッテリー搭載
  • B9 e-4ORCE(4WD)…91 kWhバッテリー搭載 

新たなプラットフォームの採用は、室内空間にも大きな影響を与えました。空調ユニットの配置などにも配慮をし、フラットで広い室内を実現。ダッシュボードには、スイッチ類を失くしたシンプルなデザインが採用されているところも特徴的です。

第2位:日産 シーマ 

  • 販売価格:823~933万円
  • 燃費:12.4㎞/L 

シーマが誕生したのは1988年のことでした。当時日産のフラッグシップであったプレジデントは、法人やハイヤーなどの公用車などのショーファードリブンです。それに対して一般オーナー向けに開発されたシーマは、歴史的大ヒットを収めます。 

2001年に4代目を迎えますが、時代の流れによってセダンの人気が衰え、2010年に生産を終了することになりました。しかしシーマユーザーから「代替えできる車がない」という声に応え北米で販売されているインフィニティMをベースに後席を拡大したシーマが誕生します。 

ハイブリッドモデルのみとなっており、熟練工の匠による「水研ぎ」塗装など、手の込んだ生産工程で作り上げる一台です。2017年にはマイナーチェンジが行われ、安全装備の充実が図られています。大型セダンの持つ迫力ある佇まいは、ほかでは味わうことのできない醍醐味といえるでしょう。

第1位:NISSAN GT-R

  • 販売価格:1,082~1,788万円
  • 燃費:7.8㎞/L 

スカイラインGT-Rの後継車として2007年に誕生しました。名前は変わってもRのエンブレムは、走りに徹底的にこだわる性能の証です。0-100㎞/hは2.7秒を誇り、世界ランキングの10位に迫る記録をたたき出しました。

現行車の最高出力は570psをマーク。日産独自の電子制御式4輪駆動システム「アテーサE-TS」をチューニングしているほか、一般的なモデルとは異なる技術が搭載されています。そのためタイヤを始めオイルに至るまで社外品を使用した場合に保証の適用外となるほどのこだわりを持って開発されていることが容易に理解できるでしょう。

2017年にビッグマイナーチェンジを行い、後期モデルへと変更されています。インパクトのあるフロントバンパーはGT-R NISMOを彷彿とさせ、サイドステップも曲線を用いた仕上がりで、超高速域での空力性能の向上を追求しました。現在も日本のハイパフォーマンスカーを牽引している存在といえるでしょう。

日産はセダンを3車種ラインナップ!

新車で買える日産のハイブリッド車モデル一覧

国産車・外車の高級ミニバン人気おすすめランキング

執筆者プロフィール
KAKO MIRAI
KAKO MIRAI
AE92やSOARER Z30を乗り継ぎ、たどり着いたのはトルクフルなV8サウンド。ユーロライクなCAMARO Z28からDODGE CHARGER HEMIとアメ車にどっぷりハマってしまいました。Bライセンスの所持経験を持ち、普段の足にVitz...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事