MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 車の百花繚乱時代を思い出せ!ちょいワルオヤジが乗るべき国産高級クーペ【推し車】
メーカー・車種別

更新

車の百花繚乱時代を思い出せ!ちょいワルオヤジが乗るべき国産高級クーペ【推し車】

ワルそうに見えるけど、中身までワルい人とは限らない(ワルくないとは言ってない)ちょいワルオヤジなら、ラグジュアリークーペも高級輸入車でいかにもお金持ちそうな雰囲気を漂わせるより、国産でシブくキメたいもの。

だからといって、無難にレクサスやトヨタを選ぶより、ちょいワルオヤジに乗って欲しい国産ラグジュアリークーペがあります。

今回はそんな国産クーペを厳選してみました!

日産 レパード(2代目・1986年)

「あぶ刑事」世代ならサングラスとコートも準備

日産F31 レパード V30ツインカムターボ アルティマ

ちょいワルオヤジ世代なら、1986年にTVシリーズ第1作が放映され、最後の劇場版が2016年に公開されるまで30年にわたった人気の刑事ドラマ「あぶない刑事(デカ)」シリーズの全盛期に少年時代~青春時代を過ごした人が多いはず。

ならば、1980年代のTV版および劇場版で多用された2代目レパードは、「刑事のクセにちょいワルオヤジ」にとって最高のチョイスで、1人でハードボイルドをキメたり美女を乗せるもよし。2人揃ってどっちがタカでユージなのか、コメディ調にモメてもヨシ!

中古車市場だと専門店で仕上げた程度良好車は高価ですが、気分を台無しにしないためなら必要な投資と思いましょう。

ユーノス コスモ(1990年)

実燃費がリッター1〜2km/L?いい車だから仕方ないネ!

ユーノス コスモ

ラグジュアリーな内装、3ローターの20Bは大排気量V12エンジン並の静粛性とパワーの余裕を持ち、そして燃費はオイルショック以前のアメ車もビックリなリッター1~2km。しかしそこで「必要な投資だと思えばネ」と、涼しい顔で懐の広さを見せましょう。

もちろん2ローターの13Bでも見栄は張れますが、男女を問わず車好きから「え~20Bじゃないの?」と言われ、言い訳したり適当にごまかす姿は見たくありません。

ガソリン価格が高騰しているご時勢、ハイブリッドやEVと言わないまでも、せめてATが4速ではなくイマドキの8速ならと思ったりはしますが。黙ってガマンと哀愁深く、ちょいワルオヤジのロータリーサウンドが響く…。

スバル アルシオーネSVX(1991年)

WRX S4でも高級だけど、やっぱクーペのボクサーっしょ?

スバル アルシオーネSVX バージョンE

スバリストなちょいワルオヤジにとって、レオーネ以前はちょっと古すぎ。初代レガシィやWRCで活躍した初代インプレッサWRXは神。それ以降のスバル車は大きく立派になっていきますが、基本アメリカ向けなのが少々寂しいかもしれません。

せっかくプレミアム路線で売っているのに、SUVセダンのWRX S4はラグジュアリーとはちょっと違うよナァ…一昔前なら6気筒のボクサーエンジンも積んでたけど、とボヤくちょいワルオヤジ必見なのが、アルシオーネSVX。

ボクサー6を積むスバルらしい4WDクーペは、発売当時こそ高級すぎて時期尚早でしたが、今のちょいワルスバリストオヤジになら、最高に似合うラグジュアリークーペです。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード