MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > フォレスター > スバル フォレスター完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
フォレスター

更新

スバル フォレスター完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

スバル フォレスターとはどんな車?

スバル 5代目フォレスター フロント
スバル 5代目フォレスター リア

フォレスターはスバルが製造・販売するミドルクラスのクロスオーバーSUVです。

悪路での高い走破性を持つモデルとしてインプレッサをベースに開発され、スバルの得意とする水平対向エンジンと四輪駆動を車高の高いボディに搭載していることが特徴となっています。初代がデビューしたのは1997年、現行モデルは2018年発売の5代目です。

スバルのSUVとしてはXVよりも大型なモデルとしての位置づけ。トヨタ RAV4や日産 エクストレイルなどのライバル車には2WDモデルが設定されていますが、フォレスターは4WDのみ。駆動方式によって車両価格に大きな差が出ないため、好みのグレードを探しやすくなっています。

スバル 5代目フォレスター 運転席

現在販売している5代目フォレスターでは、初めてハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載しました。先代モデルまで設定されていた6MT車は廃止されており、全グレードにCVTの「リニアトロニック」が採用されています。

スバル 5代目フォレスター 内装

3列シートの設定はなく、全グレードで5名乗り。ドア開口部が大きいため人の乗り降りや荷物の積み降ろしが楽におこなえます。また、後席の足元スペースも広くとられているため居住性が高く、余裕のある空間で快適なドライブを楽しむことが可能です。

2021年8月に大幅改良モデルが発売

スバル 5代目フォレスター 2021年モデル フロント
グレード:Advance

スバルは2021年6月14日、フォレスターの大幅改良モデルを同年8月から国内で発売すると発表しました。

すでに先行予約を開始しています。

5代目フォレスターの改良前後のデザイン比較
左:改良前 右:改良後

今回の大幅改良では新デザインのフロントフェイスやアルミホイールを採用。

走行性能では全グレードで足回りに改良が加えられたことに加え、アダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」がe-BOXER搭載車全グレードに搭載されます。

スバル 5代目フォレスター 2021年モデル 内装
Advanceの内装

安全性能では「新世代アイサイト」を搭載し、ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良により安全性能の向上が図られました。

おすすめグレード

フォレスターのグレード構成と車両価格

2021年5月時点で販売されているフォレスターのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
Touring2,915,000円
X-BREAK3,058,000円
Advance3,157,000円
SPORT3,289,000円

2.0Lハイブリッド車がメイングレード

フォレスターのメインパワートレインは、2.0L直噴エンジン+モーターによる「e-BOXER」です。ガソリン車を希望する場合は迷わず「SPORT」を選びましょう。

ハイブリッドの3グレードは見た目の印象が異なりますので、第一印象でピンときたグレードの装備を確認していくのがおすすめです。

簡単にまとめると、Touringはシンプルな都市派SUV、X-BREAKはアクティブで個性的な印象、Advanceは見た目も装備も上級グレード、といった感じです。

上位装備は「Advance」と「SPORT」

スバル 5代目フォレスター Advance フロント
グレード:Advance
スバル 5代目フォレスター SPORT フロント
グレード:SPORT

ハイブリッド車の最上位グレード「Advance」と、唯一のガソリングレード「SPORT」は、標準設定されている装備およびオプションで選べる装備がほぼ同じです。

他グレードでメーカーオプションとなっている、アイサイトの拡張機能「アイサイトセイフティプラス」の、後側方警戒支援システムやドライバーモニタリングシステムなどが標準設定となっています。

サンルーフもこの2グレードでのみ選択可能。シートはSPORTがウルトラスエード&本革仕様が標準なのに対し、Advanceはオプションで本革仕様にアップグレードできます。

アイサイトセイフティプラスの視界拡張機能はオプション

フォレスターは、「アイサイトセイフティプラス」の視界拡張機能が全てのグレードでメーカーオプション。選択すると、フロントビューモニターとスマートリヤビューミラー機能、いわゆるスマートミラーにアップグレードとなります。

スマートミラーを標準装備としているライバル車はまだ少ないため、こちらはドライバーの好みで選択してよいでしょう。

アウトドア用の荷物を沢山積んで、ルームミラーが見えなくなってしまう人にはおすすめのオプションです。

ハイブリッド3グレードは価格差がほぼない

見た目の好みはともかく装備を充実させたいという人は、「Advance」と「X-BREAK」の価格差が10万円ほどしかない点に注目してもよいでしょう。

X-BREAKにあれこれオプションをつけるより上位グレードのAdvanceを選ぶ、というのもアリです。

お得感があるのは「Touring」より「X-BREAK」

スバル 5代目フォレスター Touring フロント
グレード:Touring

エントリーグレードの「Touring」と「X-BREAK」は、標準設定されている装備およびオプションで選べる装備がほぼ同じです。

スバル 5代目フォレスター X-BREAK フロント
グレード:X-BREAK

価格差5万円ほどで、X-BREAKには「テアリングヒーター」「後席左右シートヒーター」「ルーフレール」が装備されますので、X-BREAKはお買い得といえます。

デザインやテイストが好みであれば、X-BREAKをおすすめします。

ボディカラーは全9色

スバル 5代目フォレスター SPORTのボディカラー一覧画像
画像のグレードはSPORT

フォレスターは「X-BREAK」のみ選べるボディカラーラインナップが異なります。

通常は全9色ですが、X-BREAKはブラック、ホワイト、シルバー系の4色のみ。査定額が高くなるのは、「クリスタルホワイト・パール」「アイスシルバー・メタリック」「マグネタイトグレー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」などでしょう。

カラー名称カラーコード
クリスタルホワイト・パール(K1X)
アイスシルバー・メタリック(G1U)
マグネタイトグレー・メタリック(P8Y)
クリスタルブラック・シリカ(D4S)
クリムゾンレッド・パール※(M1Y)
ホライゾンブルー・パール※(SAZ)
ダークブルー・パール※(M2Y)
ジャスパーグリーン・メタリック※(SBC)
セピアブロンズ・メタリック※(M4Y)

※X-BREAKでは選択不可

スバル フォレスターのスペック

スバル 5代目フォレスターの走行イメージ

ボディサイズ

全長4,625mm
全幅1,815mm
全高1,715~1,730mm
ホイールベース2,670mm
車両重量1,570~1,640kg
乗車定員5人

フォレスターはミドルサイズSUVなため比較的大柄のボディサイズとなっていますが、最小回転半径は5.4mとサイズが一回り小さいXVと同程度の数値で小回り性能に優れていると言えます。全幅も同クラスのライバル車の中では小さめとなっているため、都市部での走行もそこまで苦にはならないでしょう。

比較的小さいとは言ってもミドルサイズSUVらしく室内空間は広々としています。3列シートではない分、後席は大人が座っても足元に余裕があるほど広いため、後席でも快適に長距離ドライブを楽しむことができます。

パワートレイン

エンジン水平対向4気筒水平対向4気筒
排気量1,995cc1,795cc
最高出力107kW[145PS]/6,000rpm130kW[177PS]/5,200-5,600rpm
最大トルク188N·m[19.2kgf・m]/4,000rpm300N·m[30.6kgf・m]/1,600-3,600rpm
モーター最高出力10.0kW[13.6PS]
モーター最大トルク65N・m[6.6kgf・m]
トランスミッションリニアトロニックリニアトロニック
駆動方式AWDAWD
使用燃料レギュラーレギュラー

2.0L直噴エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドの「e-BOXER」と、ダウンサイジングターボの1.8L直噴ターボ「DIT」の2種類がグレード別に設定されています。

「e-BOXER」はモーター走行、エンジン走行、またはエンジンとモーターを併用して走行など、パワーユニットをシーンに応じて最適になるよう制御。力強い走りと優れた燃費性能を両立させ、気持ちの良い走行が可能です。

「DIT」は「SPORT」のグレードにのみ搭載される新開発のエンジンで、2.5Lモデルに搭載されていた2.5Lエンジンに代わって搭載されます。1,600rpmの低回転から30.6kgf・mのトルクを発揮するエンジンで、力強い加速と静粛性の高い走りを楽しめます。

トランスミッションは全グレードでCVTの「リニアトロニック」となっていますが、走行状況に応じて段階的な変速を行う「オートステップ変速」や7速のマニュアルモードを搭載しているためギアチェンジをしているようなダイレクトな走行も可能です。

歴代モデル

【初代】フォレスター:SF系(1997年~2002年)

スバル 初代フォレスター フロント

初代フォレスターの登場時は、まだSUVという概念がありませんでした。当時のコンセプトはステーションワゴンとクロスカントリーの中間的存在。基本構成はインプレッサを流用しています。

途中で追加されたt/25では、国内では2000ccのEJ20エンジンが中心だった中、低回転のトルクを重視して実用的なセッティングが施された、2500ccのEJ25エンジンが搭載されます。

スポーティーなクロスオーバーのイメージが先行するフォレスターですが、実際には実用性を重視したモデルも販売していました。

【2代目】フォレスター:SG系(2002年~2007年)

スバル 2代目フォレスター フロント

ほぼ先代のイメージを引き継ぐように変化したのが2代目です。しかし、2500ccのEJ25モデルが消滅するなどの、残念な点も多くありました。

EJ20ターボのスポーティーなグレードも、エンジントルクを重視したことで乗りやすくなりましたが、最高出力が若干低下するなどの変化も。

アメリカのアウトドアブランド「L.L.Bean」とのコラボレーションを行ったこともあり、キャンプブームの今注目の1台です。

【3代目】フォレスター:SH系(2007年~2012年)

スバル 3代目フォレスター フロント

3代目のデザインは従来よりも丸みを帯び、最低地上高も大幅に大きくしたことで、クロスオーバーテイストが強くなりました。

当初は、先代と同じ2000ccのエンジンのみのラインナップになっていましたが、後期型から、Sエディッションや、tSにて2500ccモデルをターボ付きで復活させます。

走破性を意識したターボセッティングは、低回転のトルクを重視し、パワーは高くないまでも、余裕をもった走りを実現します。

【4代目】フォレスター:SJ系(2012年~2018年)

スバル 4代目フォレスター フロント

この頃になると、排ガス規制も乗り越え、過去のEJ系と異なる新開発エンジンが搭載されるようになります。

また、MTモデルが5速から6速へと多段化され、より適切なギアを細かく選べるようになりました。

また、SI-DRIVEの採用により、スポーツモード、インテリジェントモードなど切り替え、アクセルレスポンスを変更するユニットを搭載し、アクセル操作の難しい燃費走行を楽に行えるような機能も搭載しました。

最新「フォレスター」中古車情報
本日の在庫数 1714台
平均価格 167万円
本体価格 12~368万円

新型情報はこちら!

スバルの最新新型車情報はこちら!

【スバルのSUV】新車一覧比較&口コミまとめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (17枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード