MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > CR-V > ホンダ新型CR-V PHEVは燃費が「100kmあたり1.6リットル」という驚異のスペックに!?
CR-V

更新

ホンダ新型CR-V PHEVは燃費が「100kmあたり1.6リットル」という驚異のスペックに!?

北米で6代目CR-Vデビュー!日本は生産終了…中国では?

アメリカでは6代目となる新型ホンダ CR-Vが2022年9月から発売開始されます。その一方で、日本では2022年8月末日をもって5代目ホンダ CR-Vの生産が終了しました。

CR-Vは1997年のデビュー以来、アメリカでもっとも売れているクロスオーバーSUVです。しかし、大柄であるため日本では受け入れられず、その存在は徐々に陰が薄くなりつつあります。

そんななか、中国ではCR-VのPHEV(プラグインハイブリッド)モデルの登場が中華人民共和国工業情報化部のWEBサイトに掲載された情報から明らかになっています。

新型CR-Vの詳細はこちら

100kmあたり1.6リットル!? PHEV版CR-Vの驚異の燃費性能

出典:miit.gov.cn

中国の工業製品データベースともいえる中華人民共和国工業情報化部のWEBサイトには、6代目CR-VをベースとするPHEVモデルの情報が追加されています。

外観は前後のバンパーデザインがわずかに異なるだけでデビューしたばかりの6代目CR-Vほぼそのままです。しかし、その中身はまったく異なります。

出典:miit.gov.cn

CR-VPHEVに搭載されるエンジンは、150PSを発揮するLFB16型2.0L直列4気筒エンジンに、184PSのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドであり、その燃費性能はWLTCモードで「100kmあたり1.61リットル」。

リッターあたりのキロメートルに換算すると、燃費性能は驚異の62.5km/Lとなります。

中国では5代目CR-VにもPHEVモデルがあった

ホンダ CR-V SPORT HYBRID e +

中国では先代にもPHEVモデルが用意されていました。

車名は「ホンダ CR-V SPORT HYBRID e +」で、燃費性能は新型PHEVモデルを上回る76.0km/L。EV走行距離は85kmでした。新型の方がスペックダウンしているのは、車重の増加や騒音規制への対応のためかもしれません。

先代のCR-V SPORT HYBRID e +の価格は、27万3,800元(約570万円)からとなっていたため、中国で販売される新型CR-VのPHEVモデルも同程度の販売価格となるでしょう。

CR-V PHEVの販売は中国のみ

CR-VのPHEVモデルが販売されるのは電動化が著しい中国のみです。日本にはPHEVモデルの導入以前に、6代目CR-Vが販売されるかすら現段階では定かではありません。とはいえ、5代目は2年遅れて日本導入された経緯もあるため、新型も後々追加販売される可能性は残されています。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの最新情報はこちら

遂に日本発売!新型シビックタイプRが国内デビュー

「ホンダがエンジンをやめるなんて…」2040年までにガソリン車は販売終了

その他国産メーカーの新型車情報はこちら

現行アルファード受注終了!次期型は来年5月登場が濃厚に

スズキがインドで開発中のジムニーシエラ5ドアをスクープ!

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード