MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【2022年版】3列目でも乗り心地の良いミニバン&コンパクトミニバンランキング
メーカー・車種別

更新

【2022年版】3列目でも乗り心地の良いミニバン&コンパクトミニバンランキング

「ミニバンは乗り心地が悪い」と言われるのはなぜ?

@vpilkauskas/stock.adobe.com

ミニバンは、家族や友人・知人を複数人乗せつつも大量の荷物を積み込めるため、旅行やアウトドアレジャーで活躍するのがメリットに挙げられます。

一方で、セダンやワゴン、コンパクトカーなど他ジャンルの車と比較して”乗り心地が悪い”点がデメリットに挙げられるケースが多いようです。

なぜ、「ミニバン=乗り心地が悪い」という方程式が出来上がっているのでしょうか。2つの要素をピックアップして解説します。

重心が高くて横揺れがある

1つ目の理由は「重心が高くて横揺れがある」点です。

ミニバンは、他ジャンルの車と比較して車高が1,600mmから1,800mm(160cmから180cm)程度と高めの設計となっています。車高に対して、車幅が1,700mmから1,900mm程度です。車高と車幅の比率がおよそ”1:1”と、正方形に近い形状でミニバンができているのが特徴です。

高めの車高では、直線道路でスピードを出していると横から吹く風に煽られたり、カーブを走っているとロール(車体が横方向に傾くこと)が発生したりする場面があります。ドライバーだけでなく助手席や2列目、3列目のシートに乗っている人は、上記の”横揺れ”現象に悩まされてしまうのです。

3列目=”非常用”と考えて設計されているケースが多い

2つ目の理由は、「3列目を非常用と考えて設計されているケースが多い」点です。

ミニバンの多くは、セダンやワゴンなど他ジャンルの車をベースに作られているケースが多く、ボディサイズもさほど差がありません。本来は2列シートで4人から5人乗りを想定して作られている土台に3列目を追加している車種も少なくないでしょう。

設計段階で3列目シートを配置する際は、車の後方でリアタイヤに近い位置となるため、路面の状況が伝わりやすくなります。3列目に乗っている状態で道路の段差やつなぎ目を通過すると身体が振動を感じ取り、人によっては気分が悪くなってしまうでしょう。

上記の要素から3列目シートは自ら希望して乗る位置ではなく、あくまで多人数乗車のために使わざるを得ない考え方がされています。

乗り心地が良く揺れの少ないミニバンとは?

@Yuri Bizgaimer/stock.adobe.com

ボディ設計の都合で、他ジャンルの車と比較して乗り心地が不利となりやすいミニバン。

しかし、中には構造に工夫を加えることで、乗り心地が良好となり横揺れが少なくなっている車種があるようです。

乗り心地が良く揺れの少ないミニバンとは何か、2つの要素をピックアップして解説します。

フロアの重心を低く抑えている

1つ目の要素は「フロアの重心を低く抑えている」点です。

かつてのミニバンは商用バンをベースとしたモデルが多く存在しました。エンジンが運転席の真下にあったり、FR(フロントエンジン・後輪駆動)レイアウトであったり、商用バンに付加価値がついた程度の車種が珍しくなかったのです。

1990年の「RVブーム」に伴い、乗用車がベースとなる車種が増えましたが、FRレイアウトを採用するモデルが引き続き存在していました。FRレイアウトでは、フロア下に”ドライブシャフト”と呼ばれる駆動用パーツを装着しなければなりません。車高が高くなると同時にフロアが高めの設計となってしまいがちです。

しかし、近年市販されているミニバンのほとんどは、FF(フロントエンジン・前輪駆動)レイアウトをベースとしています。

FFレイアウトを採用するとドライブシャフトが不要となり、エンジンやトランスミッション、駆動系パーツを車体前方に集められる点で有利です。フロアの重心が低くなれば走行安定性が高まり、室内空間を広げるのに貢献します。

ミニバンの乗り心地、使い勝手の向上に繋がっている要因とも考えられるでしょう。

ボディ剛性を高めて足回りのセッティングを上手に調整している

2つ目の要素は、「ボディ剛性の向上と足回りのセッティングの最適化」です。

1つ目の要素で、かつてのミニバンは商用バンがベースとなる車種が多かったと解説しました。商用バンは荷物を運ぶ前提で作られているため、運転席以外のシートに人を乗せて長時間走らせるのを想定した設計ではありません。多人数乗車は可能でしたが乗り心地が良好とは言い難いのが実情でした。

しかし、1990年代のRVブーム到来により、FFレイアウトの採用や多ジャンルの車をベースに開発されたミニバンが相次いで登場したことが転機となります。安全性も加味したアルミニウム素材の使用と、強化材を車体各所に取り入れたことでボディ剛性が向上。サスペンションをはじめとした駆動系パーツも、セダンやワゴンなどで使われているような構造の部品が取り入れられて、走りの質が高まりました。

商用バンに付加価値がついた程度から進化を遂げて、ドライバーは運転を、いっしょに乗る人は快適に移動を快適に楽しめる車となっています。

3列目シートの乗り心地がいいミニバンランキング

第3位:三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5(2021年)

シリーズ50周年を迎えて、三菱だけでなく日本のミニバンジャンルでは代表格の1台となる「デリカD:5」。

デリカD:5の強みには4WDシステムによる走破性の高さが真っ先にピックアップされますが、乗り心地でも優れた感覚をもっています。

2019年の大幅改良により、オフロードだけでなく舗装されたオンロードでの乗り味が改善。サスペンションが上手に調整されて、ドライバー視点ではハンドリングレスポンスが向上しています。車体の敏捷性が高まったことによりロールが減少して、2列目や3列目に乗る人も快適性が高まっているのもセールスポイントです。

ドライバーだけでなく乗る人全員が移動を楽しめるミニバンです。

第2位:トヨタ アルファード/ヴェルファイア

トヨタ アルファード S type gold(2022年)

トヨタの高級ミニバンである「アルファード」と「ヴェルファイア」は兄弟関係にあります。

”威風堂々”を感じさせる高級感が魅力のアルファードと、”チョイ悪”で強靭なフロントマスクが特徴のヴェルファイア。ともに後部座席の乗り心地に優れた車となっています。

トヨタ ヴェルファイア(2020年)

その理由はシートの構造に隠されていました。クッション性を持たせたり、シート側面のサポート部分が深めに作られていたりするため、カーブを走行している時の横揺れにも対応します。

3列目も、ワンクラス下のミニバンや同クラスのライバル車種に比べて十分な居住性をもち、クッション性も頭上空間も揃って余裕をもたせた作りです。

第1位:トヨタ グランエース

トヨタ グランエース(2019年)

トヨタのミニバンラインナップでは特大のボディをもち、4列シート8人乗り仕様もラインナップされている「グランエース」。屈指の乗り心地をもつ後列シートが特徴です。

特に、3列シート6人乗り仕様は足元の余裕はもちろん、シートにも十二分な性能をもたせています。座り心地が良好で、パワーオットマンの使用や温度調節を可能としており便利な機能が充実しています。

現代のミニバンでは珍しいFRレイアウトとなっていますが、ラダー(ハシゴ)形状となった土台を取り入れることでボディ剛性が高まり、上質な乗り心地を味わえるミニバンです。

コンパクトミニバン乗り心地ランキング

第3位:日産 セレナ

日産 セレナ ハイウェイスターV(2020年)

2016年に現行・C27型が登場してからロングセラーとなっている「セレナ」。乗り心地は「柔らか目」との評価をされています。

サスペンションの取り付け部分やボディ各部の剛性を高めて、大径のダンパーを採用した結果、路面の段差やつなぎ目を上手に交わす走りを実現。乗る人に疲れを与えにくい作りとなっています。

第2位:トヨタ ノア/ヴォクシー

トヨタ ノア S-Z Hybrid(2022年)

トヨタのミニバンラインナップでは中核を担う「ノア」と「ヴォクシー」は、ともに売れ筋モデルとなっています。

兄弟車ながらフロントマスクに差別化が図られて、穏やかなノアと辛口で強靭なヴォクシーとキャラ分けがされています。2022年に行われたフルモデルチェンジで乗り心地が向上していると話題です。

トヨタ ヴォクシー S-Z Hybrid(2022年)

路面の段差やつなぎ目を上手に交わして走り抜く走行性能の高さが注目されており、運転席、助手席ではフラットな乗り心地を味わえるとの評価がされています。2列目・3列目に座っていても車体のロールの少なさが注目されていて、横揺れによって不快な気分になりにくくなっているのも特徴です。

第1位:ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン e:HEV スパーダ(2022年)

2022年に6代目へのモデルチェンジを実施した「ステップワゴン」は、最新モデルならではの優れた乗り心地を実現したミニバンとなっています。

スライドドアをもつミニバンが弱点としやすいドア開口部の剛性を高めたり、足回りのセッティングを柔軟にしたりと、先代・5代目とは異なるキャラクターへ変貌しました。路面の段差やつなぎ目が乗る人に伝わりにくくなっているのが特徴。突き上げが少なく、カーブでのロールが少なめとなっていて走行安定性が向上しています。

高級ミニバンと高級セダン、快適さを徹底比較!

国産車・外車の高級ミニバン人気おすすめランキング・トップ10

かっこいいミニバンランキングTOP10|低燃費でかっこいいミニバンは?

執筆者プロフィール
長谷川 優人
長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期にライター業を開始。日常系アニメと車好き。現在所有はワゴンR(MH95S)。アニメ作品の聖地巡礼などで、各地へドライブに出かける。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード