車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【ポルシェ】ジュネーブモーターショー2019|現地フォトレポート

ジュネーブモーターショー2019のポルシェブースのフォトレポート。現地時間3月5日から17日まで開催されるジュネーブモーターショー。現地から届いた最新画像をお届けします。

ジュネーブモーターショー2019 ポルシェ

世界5大モーターショーの1つ「ジュネーブモーターショー」は、毎春スイスのジュネーブにて開催される大規模な国際自動車見本市です。

ポルシェは新型の「911」をはじめ、「マカン」や「パナメーラ」などを展示。
新型911と対比させるかのように初期型の911も展示され、長きにわたる伝統を感じさせる展示となりました。

ポルシェ 911カレラ4S

カレラ 4Sは911シリーズの8世代目である「カレラ S」の四輪駆動モデルです。2018年11月にロサンゼルスで世界初公開されました。

カレラ Sとの違いは四輪駆動であることと、燃料タンクの容量が3リットル多い67リットルであることぐらいで、ほかのスペックやデザインは同様のものとなっています。

ポルシェ マカン

2018年12月に発表された新型マカン。2014年のデビューからマイナーチェンジが行われるのは今回が初となります。

今回のマイナーチェンジは環境性能や内装装備を重視したもので、外観に大きな変更はありません。

目立った変更点はダッシュボード中央に先代より3インチ大きくなった10.9インチフルHDタッチスクリーンが追加されたことです。環境性能の向上のため、最高出力はやや低下しています。

これほどの改良にもかかわらず価格は据え置きの699万円です。

ポルシェ パナメーラ ターボS E-ハイブリッド

4ドアクーペ、パナメーラ ターボSのPHVモデルです。

最高出力550psの4.0リッターV8ツインターボと100kWの電気モーターを搭載し、総合出力680psと850Nmを記録。0-100km/hは3.4秒で、最高速度はPHVとは思えない310km/hを打ち出しました。

ポルシェ 718ボクスターT

今回初公開された718ボクスターT。718ケイマンとともにツーリングを意味する「T」が初めて設定されました。

「T」のルーツは1968年に発表された「911T」にあり、911カレラにも設定されています。ベースグレードよりも軽量化が図られたモデルで、様々な機能がレスオプション化されています。

ポルシェ マカンS

マカンのハイパフォーマンス版であるマカンS。

こちらはベースグレードとは違って先代のマカンSよりも最高出力が15PS増加し、354PS/kWになりました。

加えて新型マカン同様に内装設備が充実し、まさに正当進化を遂げたと言えます。

ポルシェ カイエンターボ

日本では2017年8月末にフルモデルチェンジをして発表された新型カイエン。カイエンターボはそれから10日ほど後にフランクフルトで発表されました。

カイエンターボのトランスミッションは新型8速ティプトロニックSを搭載し、駆動方式はフルタイム4WDシステムの「PTM(ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム)」を採用しています。

2019年5月7日には新たにプラグインハイブリッドのカイエン E ハイブリッドが発表されました。

ポルシェ パナメーラGTS

2018年10月に発表されたパナメーラGTS。「GTS」というのはポルシェの高性能モデルに付けられるグレードで、新型のパナメーラにGTSグレードが設定されるのは今回が初となります。

先代パナメーラGTSよりも出力・トルク共に増加し、最高速度は292km/h、上級グレードの「スポーツツーリスモ」は289km/hを記録しています。

「ポルシェアドバンスコックピット」や「ポルシェ コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)」を始めとする最新設備を搭載し、操作性の高い12.3インチフルHDタッチスクリーンを採用しています。

ポルシェ パナメーラ4 e-ハイブリッド スポーツツーリスモ

パナメーラ4 e-ハイブリッドは4ドアセダン「パナメーラ」のPHV(プラグインハイブリッド)モデルです。

「スポーツツーリスモ」は通常のパナメーラよりもルーフが長く設定されています。エンジンにはPHVながらV6ツインターボエンジンが搭載されており、非EV走行時には重厚なエンジン音を聴くことができます。

ポルシェ 911 カレラS

カレラ 4Sとともに発表されたカレラSは、後輪駆動で水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載しています。

最大出力は先代と比較して30PS増加した450PSになり、8速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)と呼ばれる新開発のATとかけ合わさって高い加速力を手に入れています。

ポルシェ 911 2.0クーペ

1963年に356の後継モデルとして発表された初代911。もともと901というコードネームでしたが、商標の関係で911に変更されました。901という数字は初期生産型の型番に使用されています。

2.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載し、130PSもの最高出力を生み出しました。

ポルシェ 718ケイマン T

今回初公開された718ケイマンT。オープン仕様のボクスターと異なり、こちらはクーペモデル。

718ボクスターTと同じく軽量化が図られ、多くの機能がレスオプション化されました。

撮影:舟迫 洋平(ピーエイチ・プラス)
文:MOBY編集部

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す